月星座「牡牛座」(おうし座)2019年 仕事,適職から【引き寄せ波動】を診断(無料)

ここでは月星座が牡牛座の仕事,適職を徹底分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる、波動を【無料】診断しています。あなたがどんな引き寄せをして、どうすれば良いかがわかるでしょう。

これより先を読む前に

 

あなたは波動の法則をご存知でしょうか?

 

波動の法則とは、あなたが引き寄せる現実などを決定づける、あなたの振動エネルギーの一つです。

 

ここでは、あなたの月星座占いから、あなたの波動を診断し、あなたは本当はどんな人なのか?

 

どんな現実を引き寄せ、どんな人生になって行くのか?

 

さらには、どうすれば今の望まない状態から抜け出すことができるのか?

 

それらをわかりやすく記載しています。

 

これは、ここにしかない新しい形の月星座占いです。

 

さぁ、今すぐ、あなたの人生の謎を紐解いて見ましょう!

 

 

あなたの「一生の宝」になるであろうものが、あなたに見られることを待っています。

 

 

そして今日から、

 

あなたの人生を少しでも良い方に変えていきましょう。

 

月星座「牡牛座の仕事,適職」とは

牡牛座が月星座のあなたの仕事と適職について分析をしていきます。

 

仕事について

仕事について、月星座が牡牛座の人は、とにかく堅実な働きぶりが特徴です。

 

コツコツと仕事をこなすこと、コツコツと実績を積み上げることのできる能力は、素晴らしいものがあります。

 

決して危険なギャンブルに出ることはなく、行動をする前に多くの分析をし、様々な角度から考えてから行動します。

 

堅実な仕事に徹底します。

 

しかし月星座とは、あなたの隠れた本質的な部分であり、あなたが必ずしもこのような行動をすることは、むしろ限られていることでしょう。

 

それでもあなたには、このような要素があり、堅実さを兼ね備えていると言えます。

 

あなたは仕事において、特に安定性を求めます。

 

変化の激しい会社の経営者や、先頭に立って自らマーケットを開拓していくようなことには、あまり関心がないようです。

 

安定と安心を求める牡牛座の人は、マイペースで、着実に仕事が進んでいくような作業を好む傾向があります。

 

上司から言われたことは、着実に、かつ正確にこなします。

 

そのため仕事場での信頼は厚く、管理者や責任あるリーダーを任されることがあります。

 

仕事の出来には、とてもこだわりを強く持っていて、完璧主義者の部分が強くあるようです。

 

それが時にあなたのストレスになることがあるようです。

 

気がつかないでストレスを抱えている場合、このようなこだわりの強さと完璧主義者の性質が、あなたを苦しめているのかもしれません。

 

気がつくと徹底的にのめり込んでいる、というのが仕事面のストレスを増やす原因でしょう。

 

適職について

あなたの適職については、安定した職業、職場、仕事内容を大切にする傾向が強く、長続きするものも、そのような職業が多くあるでしょう。

 

そして自ら積極的にアイディアを出して、自分でビジネスを起こすようなことは、たまに願望は生まれたとしても、実際に行動に移すことは少ないようです。

 

あなたにとっての適職は、コツコツと実績を積み上げていく仕事や、安定的で内向的な仕事が良いようです。

 

また完璧主義者で、仕事の完成度に強いこだわりがあるので、芸術家や専門特化した職人も良いでしょう。

 

のめり込んで、いつまでもその仕事や作業ができることで、幸福を感じられるかもしれません。

 

適職としては企業の組織の中での仕事、デスクワーク、職人、芸術家、運送業、学者、学校の先生などが良いでしょう。

 

 

それでは、次にあなたの波動を診断して見ましょう。

 

この月星座で言う所の、奥深くのあなたは、波動にとっても重要なことを教えてくれています。

 

あなたの波動はどんな波動で、さらには、どんな現実を引き寄せやすいのか?

 

そして、その改善策などはどのようなものか?

 

 

さぁ、あなたの人生が変わる瞬間がやってきました。

 

 

乞うご期待の内容です。

 

月星座「牡牛座の仕事,適職」から波動を診断すると

 

 

月星座が牡牛座のあなたの仕事の波動とは・・・・・・

 

あなたは、自然と大きなことを成し遂げることができる波動である可能性が高いでしょう。

 

月星座が牡牛座の人は、とにかく堅実な働きぶりが特徴で、 コツコツと仕事をこなすこと、コツコツと実績を積み上げることのできる能力は、素晴らしいものがあります。

 

決して危険なギャンブルに出ることはなく、行動をする前に多くの分析をします。

 

考えてから行動するというのが本来の仕事スタイルのようです。

 

そんなあなたの仕事への価値観は、あなたの脳の中にある過去の認識や、それに伴う認識が、あなたをそうさせていることを知っていますか?

 

単刀直入すぎる言い方になるでしょうが、それでも言わせてもらうことを許してもらえるなら、あなたは過去の記憶と、認識に操作されていると言えるのです。

 

それが、あなたが仕事において、ついそうしてしまう原因の一つです。

 

そして次に、その過去の記憶から形成された認識とは、あなたの発する波動になる、ということです。

 

そして波動は、それと似た性質や要素、または現実を引き寄せる力の一つとなる。

 

これが波動の法則です。

 

まとめると、あなたは過去の記憶と認識によって、その生き方をしていて、さらにそれは波動となり、現実を体験している、ということが言えるのです。

 

すなわち人は、自分の過去の記憶と、認識の通りに生きている。ということになり、これを言い換えると、かなり恐ろしいことになります。

 

 

それは・・・・

 

自分の過去と認識以外の人生を、選択することが困難である。ということです。

 

 

あなたは潜在的に、仕事がうまく行くような認識があり、波動を発していると言えるでしょう。

 

しかし、あなたが本当に望んでいるものを手にするには、あなたの記憶や過去の認識が邪魔をして、新しい可能性、新しい方法やアイディア、新しい道が、見えなかったり気がつくことができなくなっていると言えるのです。

 

仕事の失敗は危険だということが、過去の記憶と認識が蓄積しているなら、あなたは自然と冒険、挑戦、試みをすることはないでしょう。

 

その逆なら、あなたはよく考えながらも、自分の行きたい道や、それを可能にしてれるものに、次々と気がつき、できるという確信の元、進んで行くでしょう。

 

さらに波動が、どちらにおいても後押しします。

 

できない現実を後押しをするか、できる現実に後押しをするか、です。

 

あなたはよく考えることや、考えてから行動することは、とてもあなたを理性的にし、良い仕事の結果を引き寄せることや、その波動を発することを助けるものです。

 

それはやがて大きな成果にもつながります。

 

問題は、恐怖が大きくなりすぎて、考えた挙げ句の果てに、可能性さえ潰してしまうことです。

 

あなたの人生を野球のバッターに例えるなら、あなたがヒットやホームランを打つには、バッターボックスに入り、ピッチャーの投げるボールを見るのではなく、バットを振ることが大前提です。

 

もちろん、バッターボックスに入った時点で、ピッチャーの投げたボールが、あなたに衝突する可能性も、同時に秘めています。

 

その恐怖だけが先走り、バッターボックスにさえ入らないことは、もはや何も起こらないことと同じです。

 

これはよく考えて、何もしない方法を選んだだけといえます。

 

この時のあなたは、恐怖という感情に自分の体を抑えられたのであって、理性的な判断をしたとは言えないでしょう。

 

理性的な判断とは、ボールは自分にも向かってくるし、バットにも当たることをよく理解することに似ています。

 

そしてそんなギャンブル要素のあるバッターボックスに入る前に、自分にボールが向かってきたらどうするか?

 

バットにかすりもしなかった時、どうするか?

 

それをよく考えて、バッターボックスに向かうことです。

 

仕事で成果を得るために、既存の方法から抜け出すときも必要です。

 

まだ見ぬこと、体験していないこと、それらを少しだけ見る必要もあります。

 

それに躊躇してしまうのは、あなたの過去の記憶と認識が、ただあなたを止めようとしているからです。

 

そしてそれらは全て真実とは限りません。

 

それは少し視野を広げて見てみればわかります。

 

つまり、バッターボックスでヒットやホームランを打つ人がいること。

 

バントなどを巧みに使って、リスクを減らす人がいること。

 

本当にいろいろです。

 

あなたが仕事などで、危険を感じたり、恐怖を感じたりした時、あなたの体を縛り付けているものが、過去の記憶と認識であることを、思い出しましょう。

 

「できない」

 

「無理だ」

 

「むずかしい」

 

「危険だ」

 

「リスクしかない」

 

という思考と感情が生まれた時こそ、「これは思い込みの一つだ。」ということを思い出して見ましょう。

 

そして・・・・・

 

 

「私にもできる」

 

 

この言葉を、自分に投げかけてみましょう。

 

やるべきことや、新しい考えは、すぐには出てきません。

 

もっと言えば、その答えなどすぐに出てくる必要はないし、それに対して焦る必要もありません。

 

あなたの過去の記憶と認識に、少しだけ新しい刺激を加えるだけです。

 

あなたが、自分の脳に対して、今までになかった新しい刺激を、ほんの少し与えるだけです。

 

これは、あなたの脳が、それまで「できない」という不可能なことしか考えず、あなたを「できない」ように操作していた繰り返しに対して、「もしかすると違うかも・・・・」と脳に考えさせる機会を与えることを意味します。

 

そして脳が、「以前のそれは違う」という認識から、「私には、できるのだ」という認識になれば、待っていた答えは、その瞬間に訪れるでしょう。

 

そして波動はあなたの発する波動になり、それに似た現実を引き寄せる力の一つになります。

 

あなたの認識が変わることは、あなたの現実も変えることを意味しているのです。

 

さぁ、あなたはたった一言を自分に言ってあげることを、いつできるでしょう。

 

数年後にできるのでしょうか?

 

 

いえ、それは今、

 

 

できることです。

 

今、

 

あなたは自分を変えていけるのです。