月星座「獅子座」(しし座)2019年 男女の【引き寄せ波動】を診断(無料)

ここでは月星座が獅子座の、人生と現実を引き寄せる、波動を【無料】診断しています。あなたがどんな引き寄せをして、どうすれば良いかがわかるでしょう。

これより先を読む前に

 

あなたは波動の法則をご存知でしょうか?

 

波動の法則とは、あなたが引き寄せる現実などを決定づける、あなたの振動エネルギーの一つです。

 

ここでは、あなたの月星座占いから、あなたの波動を診断し、あなたは本当はどんな人なのか?

 

どんな現実を引き寄せ、どんな人生になって行くのか?

 

さらには、どうすれば今の望まない状態から抜け出すことができるのか?

 

それらをわかりやすく記載しています。

 

これは、ここにしかない新しい形の月星座占いです。

 

さぁ、今すぐ、あなたの人生の謎を紐解いて見ましょう!

 

 

あなたの「一生の宝」になるであろうものが、あなたに見られることを待っています。

 

 

あなたの人生は、今、この場所から変わるのです。

 

 

「月星座」とは

月星座は「本当のあなた」を知ることができると言われています。

 

月星座とは、あなたが生まれた瞬間に月がどの位置にあり、移動していたかということが関係しています。

 

つまりあなたが生まれた時の月の位置が、どの星座の位置にあったかが、あなたの月星座を決めるのです。

 

一般的な星座占いでは、月星座の反対の、太陽星座という表現がされています。

 

これは読んで字のごとく、あなたが生まれた時、太陽がどの星座の位置にあるかで、判断されるものです。

 

多くの場合、太陽星座は馴染みがあっても、月星座は聞いたことがない人がいます。

 

太陽星座は、あなたの性格や社会性などにおける表面的なことや、外面のことを占ったり、知ることができます。

 

一方で月星座は、あなたの内面、つまり外には出していない「あなた」を知ることができるのです。

 

 

これがあなたの本性や、本当のあなたを知ることができると言われる所以です。

 

太陽星座と「月星座」の違い

上述したように、太陽星座はあなたの表面的な要素を知ることが可能な占いであり、占星術です。

 

太陽星座知ることができることは、あなたも自分で意識している部分、つまり、あなたが自覚していて、それが「自分である」または「これが私」と自分で認識している部分がほとんどです。

 

しかし月星座は、あなたの内面や深い部分を教えてくれる占星術です。

 

そう、それはあなたでさえ気がついていない部分、あなたのはずなのに、あなた自身でさえ、知らない自分を知ることができる特徴があります。

 

これはあなたの波動と、とても関係があります。

 

なぜなら、波動の法則とは、あなたが自分でよくわかっている表面的なものとは、むしろ関係があまりなく、奥深い部分が、あなたの発する波動になっているからです。

 

あなたの波動を知るには、表面的な、つまり太陽星座だけでは少し不十分といえます。

 

そのためあなたの引き寄せ波動を知るためには、月星座のように、あなたの内面、それもあなたでさえよく知らない奥深くの部分を知る必要があるのです。

 

今のあなたは、この奥深くのあなたによって司令されて動いていると言えます。

 

あなたの司令塔は自分のようで、実はもっと奥にいる「本当のあなた」なのです。

 

ここの月星座占いは太陽星座の占いとも異なりますが、ほかの月星座占いとも異なります。

 

ここでは、あなたの知らないあなたを診断し、あなたがどのような現実を引き寄せやすいか、またそれが積み重なり、どのような人生になる傾向があるかまでを、診断しています。

 

 

 

では、心の準備はできていますか?

 

 

 

 

あなたの人生は、もしかすると今日、

 

 

変わるかもしれません。

 

 

月星座「獅子座」の運勢と波動診断

月星座が獅子座の運勢とは、自分が一番輝くことに主眼おいて生きるようです。

 

主役は自分で、その存在価値を肯定するような生き方をします。

 

月星座からすると、隠れたあなたの本質部分では、とても自分を大切にしているのでポジティブな人生を求めており、また周囲からも若々しい印象やいつまでも青春を謳歌しているように輝いて見えるようです。

 

そして自分で人生を開拓する運勢を持っているので、選択、責任、行動力はかなりあります。

 

続きを読む・・・・(リンクの先へ)

 

月星座「獅子座」(しし座)2019年 運勢から【引き寄せ波動】を診断(無料)

 

月星座「獅子座」の性格と波動診断

月星座が獅子座の性格を分析してみると、誰より輝き、注目と称賛を浴びたいようです。

 

これはあなたの奥深くにある欲求とも言えるでしょう。

 

人生の主役は自分であり、それ以外は考えれない性格と性質の持ち主です。

 

華やかなステージ、喝采、それが大勢の人間であればあるほど幸福感が満たされるようです。

 

人から評価されたり褒められたりすることを望み、逆に批判を嫌います。

続きを読む・・・・(リンクの先へ)

 

月星座「獅子座」(しし座)2019年 性格から【引き寄せ波動】を診断(無料)

 

月星座「獅子座」の恋愛,結婚と波動診断

獅子座を月星座に持つあなたの恋愛について分析していきましょう。

 

あなたの恋愛観は主に、ロマンチックで高揚感があり、情熱的な恋愛を好む傾向があるようです。

 

特に相手からは情熱的に愛されること望んでいます。

 

月星座が獅子座の人は、人生においてドラマチックとロマンを求める性質があります。

 

そして特別な存在として人から認めらることを望んでいるようです。

続きを読む・・・・(リンクの先へ)

 

月星座「獅子座」(しし座)2019年 恋愛,結婚から【引き寄せ波動】を診断(無料)

 

月星座「獅子座」の仕事,適職と波動診断

月星座が獅子座の仕事を分析していきましょう。

 

あなたの仕事における価値観は、旺盛な行動力で短期的に行動し、成果を獲得するタイプのようです。

 

仕事がなんであってもテキパキとしていて、とても器用に仕事をこなしていきます。

 

また正義感が強いので、正々堂々と仕事上の課題に挑んでいきます。

続きを読む・・・・(リンクの先へ)

 

月星座「獅子座」(しし座)2019年 仕事,適職から【引き寄せ波動】を診断(無料)

 

月星座「獅子座」の芸能人や著有名人

 

西野カナさん

 

木村佳乃さん

 

西川史子さん

 

田中みな実さん

月星座「獅子座」の相性

獅子座x牡羊座

月星座が牡羊座の人との相性は、大いに盛り上る楽しい関係となりそうです。

 

しかし負けず嫌いのため、衝突もあることが注意する部分でしょう。

 

許容することが大切となります。

獅子座x牡牛座

月星座が牡牛座の人との相性は、相手のワガママなところが好きになれないでしょう。

 

しかしあなたにない魅力が相手にはあるので、感情的な勢いを抑えて、冷静に相手を見て、認めてあげましょう。

獅子座x双子座

月星座が双子座の人との相性は、はじめは良いのですが、あなたが見栄を張ったり、頑固な意見を曲げないでいると、お互いが疲れてしまう関係に発展しそうです。

 

 

獅子座x蟹座

月星座が蟹座の人との相性は、あなたが相手に身を委ねることができると、良い関係になるでしょう。

 

世話好きな性格の相手なので、それがうっとしく感じないよう気配りをすることが大切です。

 

獅子座x獅子座

月星座が獅子座同士だとライバル意識が高くなり、衝突は免れないでしょう。

 

意見や価値観があっている時は良いですが、そうでない時は衝突することが目に見える相性です。

 

獅子座x乙女座

月星座が乙女座の人との相性は、我が儘なあなたをサポートしてくれるようです。

 

それであなたのやる気が出て、より活動的になるでしょう。

獅子座x天秤座

月星座が天秤座の人との相性は、相性が良いパターンと悪いパターンのどちらかになりそうです。

 

あなたが我が儘になれば、相手はそんなあなたにうんざりしてしまうようです。

 

自意識過剰に気をつけましょう。

獅子座x蠍座

月星座が蠍座の人との相性は、あまり良い相性とは言えないでしょう。

 

お互いの性格の不一致が、とても険悪な関係を築きそうです。

 

二人がわかり合う努力が必要です。

獅子座x射手座

月星座が射手座の相性は、束縛せず、楽しい付き合いができそうです。

 

喧嘩してもすぐにまた仲が良くなる関係になるでしょう。

獅子座x山羊座

月星座が山羊座の人との相性は、あなたのわがままさに、相手が耐えられないようです。

 

それでもお互いが持っていない能力には惹かれ合うようです。

 

よく話し合う時間を取り、わかり合うことで相性はとても良くなるでしょう。

獅子座x水瓶座

月星座が水瓶座の人とはかなり相性が悪いと言えるでしょう。

 

全く相容れない性格を持っています。

 

しかしそれでも、本当に自分の力になるのは、このような人でもあります。

 

一番悪いか、一番良いかのどちらかのようです。

獅子座x魚座

月星座が魚座の人は、あなたとかみ合わないことが多そうです。

 

あなたが魚座の人のことを理解する必要がありそうです。

 

さらに、相手があなたに尽くしていることを認めることが大切でしょう。