月星座「獅子座」(しし座)2019年 性格から【引き寄せ波動】を診断(無料)

ここでは月星座が獅子座の性格を徹底分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる、波動を【無料】診断しています。あなたがどんな引き寄せをして、どうすれば良いかがわかるでしょう。

これより先を読む前に

 

あなたは波動の法則をご存知でしょうか?

 

波動の法則とは、あなたが引き寄せる現実などを決定づける、あなたの振動エネルギーの一つです。

 

ここでは、あなたの月星座占いから、あなたの波動を診断し、あなたは本当はどんな人なのか?

 

どんな現実を引き寄せ、どんな人生になって行くのか?

 

さらには、どうすれば今の望まない状態から抜け出すことができるのか?

 

それらをわかりやすく記載しています。

 

これは、ここにしかない新しい形の月星座占いです。

 

さぁ、今すぐ、あなたの人生の謎を紐解いて見ましょう!

 

 

あなたの「一生の宝」になるであろうものが、あなたに見られることを待っています。

 

 

 

そして今日から、

 

あなたの人生を少しでも良い方に変えていきましょう。

 

月星座「獅子座の性格」とは

月星座が獅子座の性格を分析してみると、誰より輝き、注目と称賛を浴びたいようです。

 

これはあなたの奥深くにある欲求とも言えるでしょう。

 

人生の主役は自分であり、それ以外は考えれない性格と性質の持ち主です。

 

華やかなステージ、喝采、それが大勢の人間であればあるほど幸福感が満たされるようです。

 

人から評価されたり褒められたりすることを望み、逆に批判を嫌います。

 

批判されたときは冷静さを欠くこともあるようです。

 

またこのような願望を持ち、達成しようと頑張って努力する姿は、とても若々しく、エネルギーに溢れています。

 

周囲の人からはいつまでも現役、いつまでも若い人だと思われているでしょう。

 

自分自身を心底肯定するのは、素晴らしい力でもあります。

 

それと同時に他人かの批判には敏感に反応してしまいます。

 

誰かがあなたを間違っているといえば、それに噛み付くように怒ったり、攻撃的になるようです。

 

自分は特別で、他人とは異なるスペシャルな存在として認められたいので、他人の評価も特に気にする傾向です。

 

この感情が過ぎると、謙虚に学ぶことができなくなったり、人のアドバイスや意見を聞く耳を持てなくなります。

 

突き進む活発なエネルギーと行動力は素晴らしいのですが、先輩の忠告や正しい意見を聞きすごすことで、無駄な労力を増やしてしまわないようにしましょう。

 

それでは、次にあなたの波動を診断して見ましょう。

 

この月星座で言う所の、奥深くのあなたは、波動にとっても重要なことを教えてくれています。

 

あなたの波動はどんな波動で、さらには、どんな現実を引き寄せやすいのか?

 

そして、その改善策などはどのようなものか?

 

 

さぁ、あなたの人生が変わる瞬間がやってきました。

 

 

乞うご期待の内容です。

 

月星座「獅子座の性格」から波動を診断すると

 

 

 

月星座が獅子座の性格から見る、あなたの波動とは・・・・・・

 

 

若いうちは良いでしょうが、30代を過ぎた頃から、人生はあなたの敵へと変わる、そんな波動を発しているかもしれません。

 

人生の主役は自分であり、それ以外は考えれない性格と性質の持ち主で、 華やかなステージ、喝采、それが大勢の人間であればあるほど幸福感が満たされるようです。

 

人から評価されたり褒められたりすることを望み、逆に批判を嫌います。 批判されたときは冷静さを欠くこともあるようです。

 

つまり言い換えるなら、自尊心(プライド)、自己顕示欲、自意識過剰、ということが言えるでしょう。

 

実のところ、これらがあなたの人生を望まない方向にするということではないのです。

 

自尊心(プライド)、自己顕示欲、自意識過剰などは、飽くまでも結果です。

 

結果というのは、原因があり、それが色々なものを形成したり、生んだりして、そのような自尊心や自己顕示欲などを高めた、ということです。

 

本当に着目すべきは、そこではなく、原因です。

 

そしてこの原因が、あなたの発する波動になっていて、引き寄せる現実を決定する要素になっているのです。

 

その原因というのが、あなたの認識というものです。

 

あなたの認識は波動になり、それは認識に似たような要素や現実を、あなたに引き寄せて体験させるエネルギーになる、これが波動の法則の基本的なものです。

 

言い換えるのなら、あなたが自尊心(プライド)、自己顕示欲、自意識過剰であることは、あなたがそうである訳ではないのです。

 

あなたの認識がそうだから、自然に、あなたもそうなってしまった。

 

ということです。

 

認識は、今この文章を読んでいる「あなた」ではなく、「あなたの脳」の中にあるものです。

 

あなたは脳に蓄積された認識の内容によって、考えや行動を制限されていて、認識の通りの現実を体験し、認識の通りの人生を送っている、ということが言えるのです。

 

今の人生に対して、あなたが別に困っていないのなら、それそれで良いでしょう。

 

このような性格の持ち主は、若いうちは勢いがあり、とてもカリスマ性があるように見られるし、大人からも行動力がある褒められるでしょう。

 

しかし年齢を重ねていくと、自尊心(プライド)、自己顕示欲、自意識過剰は、周囲の人からは受け入れ難くなります。

 

これが恐らく30代を過ぎた頃から始まるパターンが多くあり、転換点とも言えるかもしれません。

 

また自分の自尊心(プライド)、自己顕示欲、自意識過剰などに、すでに苦しんでいるなら、あなたは自分の認識に着目して、それを古いものから、新しいものへと変える努力が必要になります。

 

今の認識は、あなたを今の現実に連れてきたものです。

 

あなたはそれに全く疑いもなく、そして自然なことだと処理し続けて、思考し、行動をしていきた結果。

 

それが今のあなたの現実です。

 

これはあなたの思考と行動や選択してきたものが、悪かったということを言いたいのではありません。

 

先ほども言ったように、あなたは認識によってそのようにされただけなのです。

 

あなたは今の現実や、今の人生になるように、動かされててきただけです。

 

だから、あなたの望む人生に方向を変えていくには、認識を変えていくことで、今度は望む人生に自然に、あなたは動かされていくことを意味しています。

 

さらに新しい認識は、あなたの新しい波動になります。

 

それは今までとは異なる、新しい現実を引き寄せる要素になります。

 

あなたはこれからの未来も、今の人生の延長上を生きたいですか?

 

それとも、望む人生へと舵を切り、その方向へ歩み始めたいですか?

 

これを決めるのは、あなただけです。

 

あなたがもし、望む人生へと歩み始めるなら、まずは自分を操作し、そして縛り付けている認識に着目し、それが何かを気がつくことです。

 

そのために必要なことは、あなたが誰とも話すことのできない一人の時間と空間を、これから数分間だけ作ることです。

 

例えば1日の最後に一人になり、部屋の電気を消して、両目をつむり、今日の出来事を冷静に振り返ります。

 

例え悪いことがあっても、「全く!あの人がミスなんてしなければ残業しなかったのに!」というような感情や思考は、一旦おいておきましょう。

 

むしろ、なぜ、あの人のミスに対して、あそこまで怒りを抱いたのか?

 

それを深く掘り下げることです。

 

そして忘れて欲しくないことは、これは1日や一回では、本当の答えがでないことです。

 

先ほどの例で言えば、あなたが相手のミスで怒りを覚えたのは、その人がとんでもないミスをしてからとか、チェック不足だから、自分も残業をしなくてはならなかった、というものではないのです。

 

あなたが怒りを抱く本当の理由は、自分を一番だと考えていたから、というものかもしれないのです。

 

自分を一番だと考えている認識があるから、人のミスを許せない、人が自分に迷惑をかけることを許せない、残業で自分の思うように物事が運ばれないことが許せない、ということだった。

 

これは深く考えてみれば、実に明確な気づきとして理解できることです。

 

 

 

あなたが自尊心(プライド)、自己顕示欲、自意識過剰がとても旺盛である認識にも、もしかすると以下のようなものが多くあるでしょう。

 

「私は本当は、弱い存在だ」

 

「私は本当は、劣っている存在だ」

 

「私は本当は、自分を信じていない」

 

認識は、あなたではなく、あなたの脳が事実だと認めている意識です。

 

そしてそれは、あなたの思考と行動を生み、普段あなたが自分で意識できることは、その部分だけです。

 

つまり上記のような認識が脳にあるからこそ、自尊心と自己顕示欲を強く持って、自分はすごいんだ!周囲にアピール必要があり、自意識が過剰になる結果を生んでいくのです。

 

そしてあなたの認識は波動になります。このような波動が引き寄せやすい現実は、恐らく以下のようなものでしょう。

 

 

「あなたは本当は、弱い存在だと思わせる現実」

 

「あなたは本当は、劣っている存在だと思わせる現実」

 

「あなたは本当は、自分を信じていないことを気がつかせようとする現実」

 

 

これはあなたの体験になればなるほど、脳の認識はさらに強く、そして深く、形成されていきます。

 

気がつくことが遅くなれば、あなたの人生は「なぜこんなことになったのか?」という答えの出ない疑問しか浮かばないでしょう。

 

そうであっても、あなたはいつでも、これからも自分をよくしていくことが可能です。

 

波動の法則が、あなたにそれを教えてくれています。

 

さぁ、

 

望まない人生を、今、体験しているなら、

 

 

今日から、それは変えていくことができるのです。

 

 

 

全ては、あなたの手で・・・・