月星座「蠍座」(さそり座)2019年 性格から【引き寄せ波動】を診断(無料)

ここでは月星座が 蠍座の性格を徹底分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる、波動を【無料】診断しています。あなたがどんな引き寄せをして、どうすれば良いかがわかるでしょう。

これより先を読む前に

 

あなたは波動の法則をご存知でしょうか?

 

波動の法則とは、あなたが引き寄せる現実などを決定づける、あなたの振動エネルギーの一つです。

 

ここでは、あなたの月星座占いから、あなたの波動を診断し、あなたは本当はどんな人なのか?

 

どんな現実を引き寄せ、どんな人生になって行くのか?

 

さらには、どうすれば今の望まない状態から抜け出すことができるのか?

 

それらをわかりやすく記載しています。

 

これは、ここにしかない新しい形の月星座占いです。

 

さぁ、今すぐ、あなたの人生の謎を紐解いて見ましょう!

 

 

あなたの「一生の宝」になるであろうものが、あなたに見られることを待っています。

 

 

そして今日から、

 

あなたの人生を少しでも良い方に変えていきましょう。

 

月星座「蠍座の性格」とは

月星座が蠍座の性格を分析していきましょう。

 

あなたのもう一つの一面である、隠れた性格とは、とてもミステリアスなのが蠍(さそり)座の特徴なのです。

 

そのため人と仲良くなるのに時間がかかるタイプで、交友関係も広くはないようです。

 

ところが蠍座の人が一度相手を信頼し、仲が良くなると、かなりの深い仲になることが多くあります。

 

濃密で、深い人間関係を構築するのは、時間をかけてようやく信頼に値する関係が築けた時です。

 

多くの人から理解されようとは考えないようです。

 

信頼できる人間がそばに二人か三人いれば、それでとても満足なようです。

 

さそり座は洞察力の高く、物事の本質を見抜きます。

 

ちょっとした変化や、人の態度の変化に敏感で、すぐに気がつきます。

 

特に外見の変化はとても早く気がつくようです。

 

本質を見極める能力に長けている蠍座の人は、外で行なっている行動、つまり目で見える部分と、内面で考えていることには大きな差があることがあります。

 

蠍座の人は常に感情を沈めなら相手を見抜き、計画性を持って行動することができるタイプです。

 

危険なことや机上の空論は最も嫌い、安直な考えで決断は下さないようです。

 

物事のリスクをしっかり分析をするので、自分が背負えるリスクだとわかれば大胆に行動していきます。

 

自己主張はあまりしないので、冷静な印象ですが、感情が爆発したときは、まるで別人のようになることもあるでしょう。

 

それでは、次にあなたの波動を診断して見ましょう。

 

この月星座で言う所の、奥深くのあなたは、波動にとっても重要なことを教えてくれています。

 

あなたの波動はどんな波動で、さらには、どんな現実を引き寄せやすいのか?

 

そして、その改善策などはどのようなものか?

 

 

さぁ、あなたの人生が変わる瞬間がやってきました。

 

 

乞うご期待の内容です。

 

月星座「蠍座の性格」から波動を診断すると

月星座が蠍座の性格から、あなたの波動を分析していきましょう。

 

あなたの性格から見る、波動というものは・・・・・

 

満足感や、満足を引き寄せやすい波動が多く発していると言えるでしょう。

 

その理由は何か?

 

波動というものは、あなたの考え、価値観、感情などが波動になるのではないからです。

 

 

どういうことかと言うと、波動とはあなたの脳が事実として認めていることが波動になるからです。

 

そして、あなたの考えや価値観、感情などは、この脳が事実として認めていることから形成されているということです。

 

あなたがの脳が事実として認めている意識を、認識と呼びます。

 

 

あまり欲が深くない性格をしていることが、月星座の性格診断から見て取れます。

 

これも実は、星座などの生まれ持った素質に加えて、あなたの脳の認識によって形成されているものでもあるです。

 

また波動の法則とは、あなたの認識が波動になり、波動は認識に似たような現実や要素を、あなたに引き寄せる性質があるというものです。

 

問題はここからです。

 

あなたの認識は一体、どのようなものがあり、そしてそれはどんな現実を引き寄せやすいのか?と言うことです。

 

まず、このような性格から、あなたの認識はどのようなものがあるのかと言うと・・・・・

 

 

「私は今、満足している」

 

 

と言うものが多くあるでしょう。

 

これは欲が深くない人に多く見られる認識です。

 

欲が深い人は、常に何かを欲しています。

 

あれが欲しい、これが欲しいだけでなく、自分にはそれがない、足りないと言うことを、よく思考し、感情を抱きます。

 

欲求が大きくなるのは、このように認識のレベルで、自分は不足している、足りない、持っていないと言うことを、脳が認めているからです。

 

だから、色々と欲しくなり、欲が深くなって行きます。

 

しかし、最も大切なことを思い出してください。

 

それは認識は波動になり、認識のような現実を引き寄せることです。

 

このように不足していることを認めた認識は、不足の波動を発してしまい、本当に不足する現実を引き寄せやすくします。

 

よく願望が強い人が、結局は何も手にできないことがあるのは、不足する現実を引き寄せている中で、行動しているからと言えます。

 

 

しかし、あなたは欲が大きくなりにくいので、あなたの認識は常に不足を認めている状態とは言えません。

 

そして、そのような認識は、あなたが満足できるような現実を引き寄せることに繋がります。

 

これから、あなたが気をつけたいことは、感情的にならないようにすることです。

 

感情的になると、本当はある程度すでに満たされていることや、事実から焦点がずれやすくなります。

 

怒りや嫉妬、不安や恐れは、とても不足感を認識しやすいものです。

 

そのような感情が大きくならないことは不可能ですが、それでも、対応することは簡単にできます。

 

もし、このような感情が大きくなったのなら、その時は敏感に気がついて、あなたは自分で自分に問いかけてみることです。

 

 

「落ち着こう」

 

「この恐れや不安、怒りや嫉妬は、本当に事実か?」

 

と、問いかけてみましょう。

 

このようにすると、あなたの感情的な思考や働きを司る、扁桃体という部分の活性化が弱くなります。

 

そして問いかけるとは、あなたが感情的になったときはいつも、理性的に導く脳の働きがあります。

 

理性は前頭前野という部分が働くのですが、それは扁桃体の働きを抑える作用があるのです。

 

つまり、自分に問いかけることは、その時点ですでに、自分が理性的になることなのです。

 

だから、常に問いかけましょう。

 

自分の良い認識と波動を、良いままにしておきましょう。

 

あなたは理性的な自分を心がけることで、これからもっと、良い現実を引き寄せる可能性を高めることになるのです・・・・・・