ポスターで開運できる風水ゲッターズ飯田風水を応用する

ゲッターズ飯田さんは、風水もマスターしていて、自宅の風水鑑定などもしています。

 

そこで、今回はゲッターズさんの風水に加えて、基本的な風水の概念を取り入れて、ポスターで簡単にできる運気アップをご紹介して行きます。

 

ポスターで風水開運する

 

ゲッターズ飯田さんは、風景や、綺麗な風景のポスターを部屋に飾ると運気を変えることができると言います。

 

またお金持ちや成功者の人は、大きな絵画などを飾っていますが、これも運気を上げる風水効果があると言います。

 

ゲッターズ飯田さんが紹介していたポスター開運風水術は、北の方位に憧れの人のポスターを貼るというものです。

 

北の方位は風水では、努力や集中という意味があり、憧れの人のポスターを北に貼ることで、そうなるための努力や集中力を高める風水効果があります。

 

北の方位に窓があるなどで、ポスターを張れないときは、写真立てに、憧れの人の写真を入れて飾るということでも良いでしょう。

 

また風景のポスターは自然のエネルギーを部屋の中に招き入れる効果がある風水術です。

 

たとえば、南の方位は人気運やインスピレーションを司っているので、南の太陽が入らない部屋には、南の壁に、太陽が明るい風景のポスターを貼ると良いでしょう。

 

ゲッターズ飯田さんも南に窓がない、または、暗いという状況なら、ライトで照らすことも効果的だと言います。

 

風水は家や部屋に入ってきた運気の流れを、できる限り邪魔しないようにする技術です。

 

だから南の方位が暗いとか、窓がないというのは、運気のスムーズな流れをそこで止めてしまっていると風水では考えます。

 

運気の流れは、外側からやがて中心に向かっていく流れだと風水では言われています。

 

だから南は太陽が一番明るい位置なので、明るい印象にすると良いのです。

 

ちなみに、東は太陽が出る方角で、新鮮さや、始まり、出会い、人間関係を司る方位です。

 

東には朝日ののぼるポスターや、西には夕日のポスターなど、太陽の動きに合わせた風景を用いて、運気の流れを調整して見ましょう。

 

もちろん掃除と整理整頓をしてないと、これらは全く意味がありません。

 

部屋きちんと綺麗にする。それだけで運気の流れは改善します。

 

風水の基本は掃除と整理。そこからです。

 

そして朝はちゃんと空気を入れ替えて、部屋の空気も綺麗にしましょう。