ワールドカップの日本代表と一般人は同じ!?ゲッターズ飯田が教える最高の波フォーマンんすの出し方

一般人のワールドカップ代表と同じ

ゲッターズ飯田さんがワールドカップについて言及していました。

 

4年後に向けて選手たちは最高の状態を整えるように自分を成長させたり、調整します。

 

そしてその前には数多くの練習試合があります。

 

大切なことは本大会で負けなければいいだけだとゲッターズさんは言います。

 

つまり自分が最高のパフォーマンスができるピークをワールドカップに持っていくことが大切だというのです。

 

そしてこれは運気と同じことが言えると言います。

 

 運気では最高の時は限られている数年かんです。

 

だいたい36年のうちで4~8回あり、12カ月だとで2~3月など運気がいい時があるそうです。

 

ワールドカップが4年に一回で、そこに自分の力のピークを持って行くなら、一般の人は運気の良い時期に向かって調整をすることが大切だということです。

 

それまでの期間は運気が味方をしていないので失敗や、思わぬトラブルはあるでしょう。

 

しかし失敗をしながらどう失敗から学んでいくかが、この時期に体験できて、学ぶことができる大切な時期だと言います。

 

学生なら、中間テストや期末テストがそれに当たると、ゲッターズ飯田さんは話しています。

 

テストの前の授業や、テストまでの期間が、大切な準備期間で、そこでしっかりと怠けることなく、たとえ遊びたい欲求があっても勉強に時間を費やしてきた人が、そうでない人よりも高いパフォーマンスを発揮します。

 

人生は全て同じことだとゲッターズさんは言います。

 

スポーツでも学校のテストでも、そして生き方もだと。

 

必ずピークに持って行かなければならないのです。

 

あなたの運気にもワールドカップやオリンピックと同じようなピークの時期があり、それに合わせるための準備期間があるということです。

 

そしてそこに向かってどう努力して調整をするかで人生は大きく変わる、そうゲッターズ飯田さんは教えています。

 

自ら目標を立てて努力できる人は、そのくせがついていることが多くありますが、自分で決めることが不慣れで、苦手な人は占いの運気グラフや、運勢カレンダーを指針にすると、ピークがわかり、それに向かっていく基準となるとアドバイスしています。

 

 

実際に日本代表を占っていたゲッターズ飯田

『週刊プレイボーイ』連載中のコラムでゲッターズ飯田さんが日本代表を占っていました。

 

若い世代のスターが出てくると予言をしていたゲッターズさんですが、本当に若手の起用が多くなった日本代表となりました。

 

井手口陽介選手、浅野拓磨選手、ハリルホジッチ監督、本田圭佑選手、香川真司選手も占ってみたそうです。

 

次の日本代表はさらに若手を起用することが予測されます。

 

変化していき、成長していくことで、日本代表のワールドカップ優勝も、きっといつかくるでしょう。