ボールペンを見て仕事運を上げる方法!ゲッターズ飯田さんから学ぶ

職場の奴隷のようだと感じていませんか?

もしかして、あなたは職場の奴隷になっている、と感じたことはありませんか?

 

毎日忙しく働いている方の中には、残業が多かったり、休日出勤が当たり前のような職場にお勤めの方もいるでしょう。

また、会社の飲み会は、強制参加、といった職場も、まだまだ多いようです。

 

そんな目まぐるしく忙しい毎日の中で、ふとした瞬間に、職場の奴隷になってしまったような気分になったりはしていませんか?

 

会社という組織に所属していれば、上司や同僚、部下との人間関係や、気遣いにすっかり疲れてしまう事もあるでしょう。自分がどの立場であろうと、そう言った悩みはつきものです。

 

また、取引先やお客さんに対しても、すごく気をまわしたり、愛想笑いをしなくてはなりません。もう、愛想笑いなのか、本当の笑いなのかも区別がつかない程、毎日周囲に気を使って疲れ果ててしまっている、なんて人も中には居るのではないでしょうか。

 

そんな中でも、最も苦労や大きなストレスを感じてしまうのが、先輩や上司がコミュニケーションが苦手、又は上手くない人であった場合です。

 

会話が苦手で、業務上の大切な伝達が上手く出来ない、といった人は、意外にも多いものです。ですが、そう言った人とも、うまく付き合っていかなければ、後々、自分が苦労することになる場合もあるでしょう。

 

そう言った上司から、指示を受ける時は、こちらが先回りして、聞いておくべきことを予測しておく技術が必要だったりします。

 

そんな先輩や上司と、どうすれば上手くやって行けるのか?

 

ゲッターズ飯田さんは、先輩や上司が使っているボールペンを見れば、その方法が解るようです。

あなたの周りにいる、コミュニケーション下手の先輩や上司は、どのようなボールペンを使っていますか?

 

 

こだわりのないボールペンを使っている先輩や上司の場合

特にこだわりのない、100均などのボールペンを使っている、コミュニケーション下手な先輩や上司の場合、度胸のない真面目なタイプである、とゲッターズ飯田さんは分析しています。

 

コミュニケーションをとる勇気がなく、自信のないタイプのようです。あなたから積極的に話掛けなければ、この先も話すことはないでしょう。

 

こういったタイプの人には、相手の反応は気にしないで、あいさつをしっかりとして、お礼もマメに伝えると良いそうです。細やかな気遣いをすると、仲良くなれる、という事です。

 

根がとてもまじめでデリケートなので、傷つきやすいようです。もしも、ギャフンと言わせたい!と感じていも、自ら傷ついていつので、何もしなくても大丈夫だそうです。

 

 

ゲッターズ飯田さんの分析に、なるほどと、うなずく人も多いのではないでしょうか?

 

こういったタイプの人は、基本真面目な人なので、何か悪気があって、コミュニケーションをとらないわけではないでしょう。自分の身を守る為にも、また、人間関係を円滑にして仕事効率を図る為にも、こちらから礼儀正しく、声をかけて接していくとよいのではないでしょうか。

 

繊細なタイプなので、おおざっぱな性格の人にとっては、大変かもしれませんが、少し相手の気持ちになってみると、接し方も変えられるかもしれませんね。

 

高価なボールペンを使っている先輩や上司の場合

ブランド品などの高価なボールペンを使っている、コミュニケーションが下手な先輩は、マイナス思考で、周囲からも苦手意識を持たれることがあるタイプ、とゲッターズ飯田さんは、分析しています。

 

このタイプは友人が少なく、心の開き方を知らないようです。基本的には、言われた事以外は仕事をしないタイプですが、組んだ上司によっては、大きな仕事を成し遂げるかもしれない、という事です。

 

このタイプの人は、そもそも人と接することがとても苦手のようです。仲良くなろうとは、考えずに割り切って、距離感を大切にすると良いようです。機嫌が悪い時は、話しかけない事を徹底するとよいようです。また、セレブのゴシップが好きな人が多い様です。

 

マイナス思考なので、もしもあなたがギャフンと言わせたい!と思っているのなら、はっきりと気持ちを伝えるだけで、十分だそうです。

 

なるほど。割り切ってお付き合いしていくことが、大切であるとのことでした。

 

きっとこういったタイプの方は、自分の世界観がとても強いタイプでしょうから、あまりその世界に首を突っ込まれることも苦手なのではないでしょうか。

 

あまり、干渉せず、相手を盾ながら上手に質問していくことで、業務の滞りをなくすように仕向けていけるとよいですね。

 

 

いかがでしたか?ゲッターズ飯田さんのアドバイスを参考に、職場の奴隷かも?!と感じたら、先輩や上司と上手く付き合っていく方法を取り入れてみるのもいいかもしれません。