「偏財」のあなたの波動と引き寄せアドバイスとは

 

偏財のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、自分の望む人生を、引き寄せにくいといえるだろう。

 

それはお人好しな部分が、原因なのかもしれない。

 

なぜか?

 

 

まず波動とは、あなたの性格そのものが波動となるわけではない。

 

あなたの性格は、あなたの発する波動の生産物で、波動の状態があなたの性格を含めた、多くの要素を決めている。

 

その性格的な部分が、全く関係していないわけではないが、もっと着目すべきは、あなたの性格の奥にある部分、そう、あなたの波動となる部分なのだ。

 

そしてあなたが、望みを引き寄せにくい理由とは、お人よしな性格の奥底にある、あなたの認識というものが、そのような現実を招いている、といえるのだ。

 

あなたの波動の正体とは、じつは、あなたの認識である。

 

認識は波動となり、波動はそれと似た現実を引き寄せて、あなたに体験させる。

 

そう、あなたは、あなたの認識通りの人生を、送っている、ということである。

 

あなたのお人好しな性格の、奥にある認識、それは一体どのようなものが多いかと言うと、

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

という認識が多くある。

 

これをもっとわかりやすく言うなら、あなたが頼まれごとなどを断り切れずに、つい引き受けてしまうとき、

 

 

「本当は嫌だけど・・・」

 

 

という思考や感情が湧いているときがあると、この認識が強く働いている証拠である。

 

認識とは、あなたが「私は今、こうだ」とか、あるいは、「これはこうだ!」というように、あなたが物理的な現状を体験して、事実として強く認めている意識である。

 

あなたには、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

という認識があるから、

 

「嫌だな」

 

と言う思考や感情が生まれる。

 

逆に、あなたの認識が、

 

 

「私は今、望んだ現実にいる」

 

「私は今、自由だ」

 

 

ということを自分で認めていら、たとえ頼まれごとをされても、本当は嫌だな・・・

 

という思考と感情は生まれにくい。

 

あなたが例え、人の良さで、引き受けて、しっかりと頼まれたことを完遂したとしても、

 

あなたの発している波動は、あなたの認識である、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

というものだ。

 

 

あなたの認識は、波動になり、あなたが体験する現実を引き寄せる。

 

これは変わることのない波動の超基本ルールである。

 

だから、あなたが引き寄せ、体験する現実とは、(たとえあなたが真面目に、頼まれごとをやっていても、)あなたが自由ではない現実、自由になれない現実、望まない現実、そして、あなたが望む現実から離れる現実、などなどになっていくのだ。

 

 

あなたがすでに、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

という実感があるとするなら、あなたは波動の法則を知り、

 

認識を変えていき、波動を変え、引き寄せる現実を、望まない現実から、望む現実に変えていく必要があるだろう。

 

そして、その方法とは、いたって簡単で、すぐに出来るのだ。

 

あなたの認識は、最も日常にあり、そしてリアルに感じてしまう、あなたの思考や感情ではない。

 

上記のように、それらは認識によって生まれる(引き寄せられるもの)だ。

 

あなたの認識は、物理的な現実を体験して、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

というように捉えている。

 

ところが、波動の法則には、

 

「~ない」という否定はない。

 

波動の法則、波動の概念とは、物理の法則と概念がまったくなく、それは、

 

「今、全てが、ここにある」

 

というすべてが「~ある」という肯定の答えしかない。

 

つまり、あなたの今には、

 

あなたの過去も、

 

あなたの未来も、

 

あなたの望む現実も、

 

あなたの望まない現実も、

 

全てが今、そこにいるあなたに存在しており、そのどれかの現実を、あなたは体験していることになる。

 

そして、どの現実を体験するかを決めるのが、あなたの認識なのだ。

 

あなたの認識が、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

というなら、望んだ現実がない、自由がないという現実を引き寄せて、体験する事になる。

 

そしてあなたが「~ない」という否定の現実を体験できるのは、それが、実際に「ある」からなのだ。

 

波動は全てが「イエス」としか答えない。

 

だから、たとえ現実が全くそうは思えなくても、たとえ他人があなたを可笑しな目で見ていても、あなたは、

 

「私は今、すでに望みを手にしている」

 

「私は今、すでに自由を手にしている」

 

 

という認識になる必要があり、そのような認識でしか、あなたの望む現実を引き寄せることは出来ないし、あなた自身が、体験する事も出来ないのだ。

 

 

では、物理的に全く逆にしか思えない状況で、どのようにすれば、

 

 

「私は今、望みを手にしている」

 

「私は今、自由である」

 

といった認識になることができるのだろう?

 

物理の法則や、物理的な概念で判断すれば、これは不可能だが、波動の法則と概念なら、簡単に出来るのだ。

 

まず、物理的な概念では、あなたが実際に手にしているか、していないか、または、あなたが今、手にしているものが、満足度を満たしているか、満たしていないか、などなど、あらゆる量的な基準で考えて、

 

「すでにある」

 

とか、

 

「ない」

 

という認識を持っている。

  

つまり、物理的な概念だけで生きてい行くことは、あなたが実際に手に入れるまでは、満足した量を満たすまでは、あなたの認識はずっと・・・・・

 

「ない」

 

という認識で生きていくことになるのだ。

 

当然、あなたの認識は波動となり、あなたの体験する現実になる。

 

そのため、あなたの望みを実現することは、かなり難しくなっていくのだ。

 

大切な事は、あなたが確実に「ある」と、あなた自身が納得でき、確信できるものを見つけることである。

 

あなたが物理的に100パーセント、望みを手にしている必要はない。

 

また、あなたが満足するような分量である必要もない。

 

あなたが、

 

 

「ここまでは、すでに、確実にある!」

 

 

と事実として認めれば、波動は「ある」という現実をあなたに持ってくるのだ。

 

波動のは、物理的な量など全く関係がない。

 

物理の法則など、全く無視だ。

 

だから、あなたの僅かでも、一部分でも、たた1パーセントでも、「ある」という事実を認めることは、無限に広がるあなたの現実の「ある」という現実に、あなたを連れて行く波動を、まさに生んでくれる。

 

あなたのすべての現実は、今、そこにいるあなたに、「ある」のだ。

 

あなたが認識が、あなたが体験する現実を連れてくる。

 

あなたの認識だけが、あなたの人生を決定する。

 

それが波動の法則である。

 

これからあなたが行う事とは、上記の事を、一日の終わりや、始まり、または、「ない」と感じた時、最低1度は、今のあなたの現実に、望みがすでに(これだけなら)ある・・・・と、肯定の認識を持ってみることだ。

 

もちろん、出来る限りの場面で行えたら良いが、はじめは一度の肯定だけで十分だ。

 

その一度は、あなたの感情と思考を肯定にし、いままでにないくらい、心地よく、安心した気分を与えてくれるはずだ。

 

そして、もっとこの感じを、人生で味わいたい。

 

そう思うだろう。

 

やがて、自分の今を肯定的にとらえること、肯定の認識と、肯定の波動に、あなたが包まれ始めた時、あなたは気が付けば、自分の最高の人生の、まさに道の上にいて、このまま進めば、必ず、望みへとたどり着ける。

 

そう実感することだろう。

 

そしてそれはすでに、

 

始まっているのだ・・・・・

 

 

「偏財」トップへ

 

 

 

四柱推命で他の人を占いたい

 

まだ自分や占いたい相手のタイプがわからない場合、

四柱推命のタイプの決め方

 

 

「比肩」

 

 

「劫財」

 

 

「食神」

 

 

「傷官」

 

 

「偏財」

 

 

「正財」

 

 

「偏官」

 

 

「正官」

 

 

「偏印」

 

 

「印綬」