四柱推命のタイプとは

初めての人のために、「四柱推命」とは

 

四柱推命とは、中国の古代思想である陰陽五行説をベースにして、人の運勢や運命を占う方法である。

 

四柱推命という語源は、日本独特の呼び名であり、中国の古文書からは四柱推命と言う呼び名は存在していない。

 

ところが、この日本独島kの言葉はそのまま英訳されており、Four Pillars Of Destiny や、Four Pillars Astrologyと呼ばれていて、世界に広がっている四柱推命を指すものになっている。

 

本家の中国では、「子平」「三命」「命学」「命理」「八字(パーツー)」などといわれている。

 

 

四柱推命は生まれたそれぞれの年、月、日、時、を四つの柱とし、それぞれの干支によって、その人の生まれ持った才能や、運勢、運命を占いものである。

 

それぞれの生年月日の柱は、年柱、月柱、日柱、時柱と呼ばれている。

 

出生年月日は覚えていても、出生時間を覚えている人は少ないため、時柱を省略して占うことが多い。

「四柱推命」の命式は人生の地図

 

四柱推命の占い方は、生年月日と、出生時間によって計算され占われる。

 

このときに、「命式」というものを作成して占う。

 

この命式は、その人の持って生まれた才能や、性格、性質などが分かるようになっていて、さらには、人生の中で何がこれから待ち受けているか、どのようなことが起こるのか、ということまで読み取ることが出来る。

 

まさに命式とは、運命の設計図や、人生の地図といえる。

◇四柱推命式の完成  ・Kさん。(昭和42年10月26日午前6時生)
四柱推の命式 Kさん。(昭和42年10月26日午前6時生)引用元http://www.michihiraki.org/michihiraki/m_sityu.htm

 

素人ではこの命式を読み取ることは出来ない。

 

またこの命式を読み取るには、「10年以上はかかる」とも言われている。

 

四柱推命とはそれだけ難しい占いであり、その技法や技術は、一子相伝や、代々受け継がれているものが多く、一般に広がることは少なかった。

 

四柱推命鑑定の第一歩は、この命式を創ることから始まり、複雑な計算が必要だ。

 

でも、今ではインターネットで、あらかじめ計算式がシステムに組み込まれており、誰でも簡単に、この命式を作ることが出来る。

 

(ただ、読み取ることは不可能だが・・・)

 

ここでは、あなたの命式の、ある一部分を読み取って、あなたの波動を診断している。

 

あなたが自分の波動を知り、それによってどのような現実を引き寄せているか?

 

あるいは、どのような人生になろうとしているか?

(または、すでになっているか?)

 

そこには、あなたが望んだ人生である場合と、望まない人生ある場合があるだろう。

 

しかし波動は変えることが出来、あなたの人生の引き寄せも、実を言うと、簡単に変えることが出来るのだ。

 

そのために、この四柱推命を使い、たった今、初めて出会ったあなたのことを知る要素にしている。

 

四柱推命には、あなたの性格や、性質の部分を司る生年月日と出生時刻のうち、「日」の部分をベースとして導出された天干から性格を鑑定する方法がある。

 

今回の波動診断においても、この方法を採用している。

 

ちなみにだが、四柱推命で性格を鑑定することにおいて「日」の部分を利用する理由とは、命式の数ある要素の中でも、この部分だけが、

 

「あなたがどのような人間であるか」

 

ということを判断できるからである。

 

例えば年の部分になると、あなたと父親や、父親との関係性などになる。

 

「四柱推命」で、あなたを知る

  

通変星は以下のように10種類あり、あなたの命式の「日柱」には、どのような通変星があるだろうか?

 

比肩(ひけん)

 

劫財(ごうざい)

 

食神(しょくじん)

 

傷官(しょうかん)

 

偏財(へんざい)

 

正財(せいざい)

 

偏官(へんかん)

 

正官(せいかん)

 

偏印(へんいん)

 

印綬(いんじゅ)

 

 

是非、あなたの信頼できる鑑定士の方に相談して、あなたや、あなたの大切な人の、日柱の通変星を確認していただきたい。

 

そして、正確なものを知ってから、下のリンク先に進んで、あなた通変星をタップしていただきたい。

 

 心の準備は整っているだろうか?

  

あなたの人生の引き寄せは、今日から、変わっていく・・・・