九紫火星の波動と引き寄せアドバイスとは

 

 

九紫火星の波動パターンとは・・・・

 

あなたの本来の波動と、大きく調和が乱れることがあるようだ。

 

あなた本来の波動とは、ポジティブで、楽しくて、豊かさと、愛情に満ちた波動である。

 

これから離れているということは、少なからずあなたに、イライラした気持ちや、嫉妬心、ネガティブな感情を感じていることが多い。

 

あなたが、誰かと比較し、勝ち負けにこだわったり、闘争心をむき出しているときは、ほとんどの場合、ストレスやネガティブな感情を抱いていることが多いだろう。

 

とはいえ、これ自体はさほど重要な事ではなく、もっというと、嫉妬心や、勝ち負けにこだわることが、必ずしも本質的に悪いわけではない。

 

つまり、これがどのような波動を発してるのか?

 

波動の法則はその方が重要なのだ。

 

嫉妬心や負けず嫌い、勝ち負けにこだわり、闘争心をむき出しにしている(それが頻繁である)あなたの波動とは、

 

「私は今、まったく認められていない!」

 

「私は(すごいのに)誰からも理解されていない!」

 

さらには、

 

「私はこの人よりも、劣っている。」

 

という波動を強烈に発しているといえる。

 

なぜか?

 

人よりも勝ろうとしたり、勝ちたい!という意識は、今、自分が相手よりも劣っている。

 

という認識が強くあることが多いからだ。

 

でも、あなたは、

 

「そんなんじゃない!」

 

「私はもっとすごいはずだ!」

 

「この人よりも私は勝っているんだ!」

 

と、ジタバタしながら、抵抗しているようなものだ。

  

波動の法則は、目に見える現象や、相手や、現状さえも関係はしていない。

 

関係するのは、あなたが、今の現状を、どうとらえているか?

 

つまり、現実に対するあなたの純粋な認識や、意識が波動となり、現実を引き寄せているのだ。

 

あなたの現実は、あなたの波動が引き寄せているもので、波動とは、あなたの純粋な意識と認識である。

 

この場合、人との優劣を比較する、あなたの意識を考えてみるとわかりやすい。

 

人と優劣を決める必要性があるのは、どんなときだろう?

 

また不要な時とは、どのようなときだろう?

 

それらは・・・

 

あなたが優劣を気にしたり、決めたがるときは大抵、

 

「どちらが勝っていて、劣っているかはっきりしよう!」

 

という感情や感覚が強くなっていることだろう。

 

一方で、優劣の差をつける必要がない時は、「自分がすでに勝っている。」と、認識しているときか、あるいは、「自分は自分で素晴らしい存在だ。」と、あなたが誰を見ても、比較したとしても、自分への自信が崩れることなく、満足感に満ちているときだろう。

 

 

つまり、あなたが(どのようなものであっても)優劣をはっきりしようと、誰かに勝負を挑もうとしているとき、「私は今、劣っている。」という認識があることが多く、イライラや、競争心、嫉妬心は、このネガティブな認識と感情が戦っているようなものだ。

 

そしてもっというと、そのような(劣っている)波動を発している。

 

もし、あなたが誰とも優劣をつける必要性を感じていなければ、「私は劣っている。」という認識はほぼないだろう。

 

また別のケースでは、「劣ってるかもしれない。」という恐怖感が募っている場合もあるだろう。

 

あなたが相手に勝ちたい!という強い衝動も、それは、負けたくないのではなく、「劣っているかもしれない。」という状況を何とか無理やりにでも打破したいから、一生懸命にそれを証明しようと、戦って(抵抗して)いる、といえる。

 

波動は、あなたの純粋な認識であり、意識である。

 

この場合、上述したように、「私は劣っている(だろう)。」という波動を発していて、引き寄せられる現実はまさに、あなたがいかに、相手よりも劣っているか。

 

ということを体験する現実ばかりになるだろう。

 

本来、あなたはあなたのままで、素晴らしく、素敵で、魅力的だ。

 

これを素直に認めることができず、目に見える何らかの差や、誰かのジャッジがないと、あなた自身が信じることが出来ないようだ。

 

あなたの波動は、あなたを幸せに導こうといつも降り注いでいて、あるいは、あなたに流れようとしている。

 

でも、あなたの波動が、

 

「私は今、まったく認められていない!」

 

「私は(すごいのに)誰からも理解されていない!」

 

「私はこの人よりも、劣っている。」

 

という全くもって抵抗する波動を発していれば、本来の波動と調和し、あなたの幸せを引き寄せることは、難しい。

 

あなたがこれから、自分の人生をよりスムーズに好転させるために、必要な事とは、あなたの意識や、認識に少しだけ工夫を加えることだろう。

 

今、強烈に劣っていることや、劣ることの恐怖を手放し、あるがままの状態を受け入れることだ。

 

あるがままに受け入れるとは、あなたに、負けを認めろ。

 

とか、あなたは劣っているのだから、おとなしくしなさい。

 

ということでは全くない。

 

 

波動の法則からすれば、物理的な事には全く意味はない。

 

物理的なことは、確率的にただ、「ある」だけだ。

 

そこに一切の優劣も、勝ち負けも、差も生じていない。

 

それを決めるのは、それを見た人間がどのような意識をしたか?だけである。

 

あなたが、人と比較して、優劣を付けようとしたり、勝ち負けにこだわっ他と感じだ時はいつも、今、あるがままに見てみよう。

 

 

あるがままに現象や事態を見て、それはそのままで、いさせてあげよう。

 

あなたが今まで逆なでしていた波動は、影をひそめて、なくなり、あなた本来の波動が流れはじめる、その隙間がこれでできるだろう。

 

そして、以下のように、自分の考えや、意識、あるいは認識を持ってみよう。

 

たとえば、なかなか優劣や勝ち負けにこだわることが頭から離れなかったら・・・

 

「私はいま、劣っているという恐怖を感じている。でも、少し前は全くなかった。」

 

「私は明日になれば、また自分に自信を取り戻している。」

 

「私は劣っていると感じているが、これは寝るころにはなくなっている。」

 

などなどだ。

 

波動の法則は、過去や未来などの時間も、空間の概念もない。

 

また、量や、大きさ、レベルのような段階も全く関係ない。

 

あなたが、純粋に、「〇〇だ。」と事実として認識していることが波動となる。

 

だから、この場合は、(たとえ未来の事でも)「私は自信を持っている。」「私は自信を取り戻している。」という波動になるのだ。

 

嫌な、ネガティブな感情が出てきた時はいつも、あなたが「この部分は事実だ。」と思えることを、考えたり、「そうだ(これだけでも)事実だ。」と実感してほしい。

 

それによって、波動は変わり、調和を取り戻し、本来のあなたの幸福や、人生が舞い降りてくるだろう。

 

勝ち負けは、誰かが決めたことだが、それがあなたと関係していることは、非常に少ない。

 

あなたが自分自身に、信頼と愛と、自分を認める許可をすれば、それは波動的な勝利を意味することになる。

 

そしてその感覚が支配的になれば、あなたが得るべき幸福は、あなたの前に姿を現してくれるだろう。

 

 

九紫火星の詳細へ

 

性格 / 運勢

恋愛 / 相性

 引き寄せ波動

 

 今日の運勢へ

 

 

他の人の九星と波動を知りたいなら

 

 

まだ自分や占いたい相手の九星を知らない場合は、

九星気学占い早見表

 

 

一白水星

 

 

二黒土星

 

 

三碧木星

 

 

四緑木星

 

 

五黄土星

 

 

六白金星

 

 

七赤金星

 

 

八白土星

 

 

九紫火星

 

まだ自分や占いたい相手の九星を知らない場合は、

九星気学占い早見表