六白金星の波動と引き寄せアドバイスとは

 

六白金星の波動を診断すると、おそらく、あなたの波動は、自尊心の高さによって調和が乱れているだろう。

 

プライドが高いというのは悪い事ではない。

 

悪いことなど一つも、この世には無いのだが、プライド高く振舞っている時のあなたの感情や、意識、認識がどうであるか?というほうが重要なのだ。

 

波動の法則は、あなたの身の回りにある、物理的なもの、現象にはなんら作用していない。

 

むしろ、あなたが作用させている。といった方が良いだろう。

 

あなたがプライド高く、お高く留まった態度でいるときの感情や意識を、よく観察してみてほしい。

 

多くの場合、自尊心やプライドの高さで、引き起こされる感情とは、「自分が相手よりも、劣っているのか?勝っているのか?」という意識が強く働いている。

 

そして、勝っていれば、気分が良い感情が起こり、逆に劣っているとわかれば、相当、気分が悪い感情が生まれているだろう。

 

これは、気分が良い時も、悪い時も、つまり、あなたが例え、相手よりも勝っていようが、いまいが、望まない現実を引き寄せる、波動を発してることになるだろう・・・

 

なぜか?

 

プライドの高さとは、「自分を認めてもらいたい!」意識や認識が奥底にあることが多い。

 

あなたはいつも、どんな時も自分が有利な立場でありたいし、それを認めてもらいと思ってはいないだろうか?

 

波動は、純粋にあなたがどのような意識であるか?

 

どのような認識であるか??

 

ということが波動となる。

 

つまりこのときは、波動を言葉にすると以下の様になるだろう。

 

それは、

 

「私は今、誰からも認められていない!」

 

「私はいつも認められて、自分が上でないとダメになる人間なんだ。」

 

「私は立場が上でないとダメな、弱い人だ。」

 

「私はこの人よりも劣っている(かもしれない)。」

 

と・・・

 

少々きつい言い方かもしれないが、純粋にあなたが意識していることは、あなたの思惑や、願望とは大きく異なる事の方が多いのだ。

 

このときの波動によって、引き寄せられる現実とは、あなたがいかに弱い人間か、それを見せつけられたり、あなたや、あなたの能力、良い部分や分かってほしい部分を、全く認めようとしない、またはあまり認めようとしないような人が出来事ばかりが引き寄せられる。

 

なぜ?

 

このような波動を発していると言えるのか?

 

それは、あなたが上記したことについて、気にしていなかったり、満足していたらどうか?

 

それを考えて見てほしい。

 

例えば、

 

「私という存在は、多くの人にすでに認めてもらっている。」

 

「私は多くの人に、私の伝えた部分を理解されている。」

 

「私は能力があり、すでに素晴らしい存在である。」

 

という認識や意識でいたら・・・

 

何も他人と競う事は、なくなるからだ。

 

 

あなたはすでに自分に満足しており、相手から理解されていることが分かっており、勝ってるとか、劣っているとか、決める必要がない状態だ。

 

それとは、逆に、今の現状の状態で一番苦しいのは、あなた自身の奥底の意識と認識が、

 

「自分は認められていない」

 

「弱い人間だ」

 

「劣っている」

 

という波動を発しながら、努力することである。

 

つまり、この波動のままで、あなたがいくら努力したり、自分を理解してもらおうとしたり、認めてもらおうとしても、苦労や努力の絶えない日々となるだろう。

 

今、あなたに必要なことは、この奥底の波動、つまり本当は、どのような意識を持っていて、認識をしているのか?ということを知ることである。

 

上記の内容は正確ではないにしも、似たような意識があるはずだ。

 

あなたは誰かに認められようとしていたり、それが欲しいと感じている部分に気が付くことだろう。

 

だから、プライドが高く、上から目線だったり、人見知りな態度をしてしまうという行為に繋がっているかもしれないのだ。

 

「自分はこんなんじゃない!」

 

「この人よりも凄いんだ!」

 

そう思いたい気持ちはわかるが、これも、「今、私はこの人よりも劣っている(かもしれない)。」という波動を出していることになる。

 

現実は波動によってでしか、引き寄せられたり、変化することは出来ない。

 

あなたはいつも、誰かと比べて、優劣を勝負して、それを自分だと思っているようだが、それは違う。

 

あなたの本来の姿や、波動の状態とは、かなりポジティブで、楽しく、さらには、愛と豊かさに満ち満ちている。

 

あなたの本来の波動を、あなたに流し込むには、優劣の勝負から意識を反らした方が良い。

 

それは、誰かと会って、お世辞やおべっかを使う事ではない。

 

あなたが、純粋に、今の自分の認識(意識)状態を確認することだ。

 

つまり、「今自分が劣っているか、勝っているかを気にしている。」とか、

 

「この人に認めてもらおうとしている。」

 

「この人に自分の方が勝っていることを、認めさせようとしている。」

 

「今私は、優劣で負けることに恐れている。」

 

などなど、あなたの波動が、望まない現実、

 

「私は認めてらていない。」とか、

 

「私は今、劣っている存在だ。」という波動を発して、引き寄せていることに気が付くのだ。

 

気が付けば、抵抗をする思考はなくなり、あなたは自然と、相手と接することが出来るだろう。

 

もし、それがなかなかできないときは、考え方を少し変えて見よう。

 

あなたが認めてもらっていないと、感じたとき、優劣の差を気にした時、つまり、高いプライドが前面に出た時、「私をわかってくる人は、必ずいる。」と、考えてみるのも良いだろう。

 

それはたとえ過去の事でも構わないし、未来の事でも構わない。

 

たった一握りの人間でも構わない。

 

 

例えば、

 

「私は以前は理解されていた。素晴らしく分かってもらっていた。」

 

「私は家族には良く理解されている。」

 

「私はきっと、将来は理解されている。」

 

どんなことでもいい。

 

あなたが素直に認識できる事実なら、何でもよい。

 

波動は、時間の概念などないし、大きさの概念もない。

 

誰かとかの指定の概念もない。

 

つまり、純粋にあなたが感じていること。なのだ。

 

どれだけ小さくても、どれだけ少なくても、どれだけ遠い未来の話でも、どれだけさかのぼった過去でも、あなたが「そうだろう。」と純粋に思えることが、波動となるのだ。

 

それはしっかりと、それと似た現実を引き寄せる。

 

あなたが「このレベルならそうだと思える。」という部分を探してみてほしい。

 

それが事あるごとに(あなたのプライドが出るときに)、この意識が支配的にあなたを包めば、本来のあなたの波動、つまり、あなたを自然と幸福へと導く波動のエネルギーと調和して、あなたの現実は変わり始めるだろう。

 

 

六白金星の詳細へ

 

性格 / 運勢

恋愛 / 相性

 引き寄せ波動

 

 今日の運勢へ

 

 

他の人の九星と波動を知りたいなら

 

 

まだ自分や占いたい相手の九星を知らない場合は、

九星気学占い早見表

 

 

一白水星

 

 

二黒土星

 

 

三碧木星

 

 

四緑木星

 

 

五黄土星

 

 

六白金星

 

 

七赤金星

 

 

八白土星

 

 

九紫火星

 

まだ自分や占いたい相手の九星を知らない場合は、

九星気学占い早見表