【火の九紫】(九紫火星)の運勢,性格,相性,恋愛 【無料】9code(ナインコード)占い

9code(ナインコード)占い×九星占いの、火の九紫(九紫火星)ここではあなたの運勢,性格,相性,恋愛を独自に徹底分析し、あなたの現実を引き寄せる波動を無料で診断している。

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

いきなりだが・・・

 

今、あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

ここはあくまで九星気学占いをベースにしたオリジナル占いの診断である。

 

中野氏の『ナインコード占い』を知りたい方は、書籍を検索して参考にしていただきたい。

1 火の九紫(九紫火星)とは?

 

まずは、9code占いと九星占いで判明したあなたの性格や、運勢、恋愛や相性などを詳細に見ていこう。

 

 

火の九紫火星(九紫火星)の人は、西暦で言うと、以下の生年月日の人である。

 

 

1919

 

1929

 

1937

 

1946

 

1955

 

1964

 

1973

 

1982

 

1991

 

2000

 

2009

 

火の九紫の人は、火の性質を持っている、九星では、九紫火星というタイプだ。

 

 

火の九紫のシンボルとは、名誉、先見、華美、燃焼、明かり、精神などである。

 

では、火の九紫の基本的な性格を次に書いてあるので、見ていこう。

 

それは、以下のような性格である。

 

2 火の九紫の基本的な性格とは?

 

火の九紫の基本的な性格とは、まず明るく、そして、個性的なところだろう。

 

人と違うことをするのが好きで、目立つことが大好きのようだ。

 

性格も明るいだけでなく、優しさも持っている。

 

でも、気分にむらがあり、明るい時と、気分が悪い時の落差は激しい。

 

これは、わがままな印象を周囲の人に与えていることが多いようだ。

 

燃え盛る火のように、行動力があり、非常にアクティブである。

 

外交的で、思ったことは何でもすぐにやるタイプだ。

 

性格にも勢いがあり、競争が好きだ。

 

でも、人一倍の負けず嫌いで、勝ちたいという願望を強く持っている。

 

勝ち負けを気にして人とすぐ比べたがるところがあり、人によっては、けむったいと感じられているかもしれない。

 

エスカレートしていくと、妬みや嫉妬心が高まり、 周囲に文句や、嫌みを言うようになるようだ。

 

勢いがある分、良い方向へも悪い方向へも、勢いがついてしまう。

 

ところが、美的なセンスに関しては一級品で、美しいものに対して敏感だ。

 

輝くもの、派手なものが好きで、ファッションセンスも長けている。

 

 

もちろん、ブランド物も大好きだ。

 

時に無理したり、衝動で高いブランドを買うこともあるようだ。

 

火の九紫は、上述しように、競争が好きで、闘争心が旺盛、好きなものは衝動で買ったりなど、気が短いところが特徴だろう。

 

頭に血が上りやすく、思ったことはすぐ口にしてしまうようだ。

 

好きな人と、嫌いな人の差は激しく、あなたの交友関係には、敵も多いようだ。

 

それでも、この性格は瞬発的な決断力や、直観力に優れており、リーダーのような存在になる人も少なくない。

 

頭の回転も速く、頭脳明晰だ。

 

競争が好きなので、前面で指揮を取りながら活躍する人が多くいるようだ。

 

3 火の九紫の基本的な運勢とは・・・・

 

火の九紫の基本的な運勢とは・・・・

 

金運は若いうちはとても良いようで、お金に困ることが少ない。

 

火の九紫は、お金よりも、自分の地位や名誉にこだわる人が多くいる。

 

なので、自分を高く見せたり、良く見せたりすることには、たくさんお金を使う事が多いようだ。

 

ところが、年齢と共に、良好だった金運は減少していく人が多く、晩年はお金に恵まれない人もいるかもしれない。

 

貯金という考えを早くに持ち、転ばぬ先の杖的なお金の管理を心掛けた方が良いだろう。

 

あなたが人生で活躍しそうな場とは、センスを生かしたり、発揮できるような職種や仕事だろう。

 

美的センスが高く、ファッションや、メイクのセンスも抜群だ。

 

そんなあなたには、ファッションデザイナーや、服飾、宝飾関係の仕事が良いだろう。

 

時代を先よむ先見の明と、鋭い直観力などを活かし、若くして成功する人も少なくない。

 

4 火の九紫の人間関係と恋愛の相性とは?

5 まずは火の九紫の恋愛事情とは?

 

あなたの恋愛の傾向とは、自分が派手で、目立つことが好き、さらに、美的センスが抜群ということからも、相手にもそれ(外見の良さ)を求める傾向がある。

 

面食いで、顔で選んでしまう人が多いだろう。

 

恋愛となれば一途な火の九紫だが、短気な部分が顔出せば、喧嘩も多くなるので注意が必要だろう。

 

そして、競争や闘争の癖がある火の九紫は、結婚が早く、かつ離婚もしやすい傾向にある。 

 

好きになった人には自分から、情熱的なアプローチを重ね、結婚まで一気に進む人も多い。

 

でも、若さの勢いと、自分の性格も重なって、喧嘩のはてに離婚する可能性が高いようだ。

 

落ち着いて、恋愛をもっと育み、相手をよく知ることや、自分がこの人と暮らしていけるか?

 

という事をリアルに考えながら、結婚の決断をするとよいだろう。

 

6 火の九紫の人間関係と恋愛の相性とは?

 

九星占いや、9code占いは、五行というものがあり、それぞれの性質を大切にしている。

 

五行とは、木、火、土、金、水の五つで「もっかどごんすい」という。

 

この順番が相性が良い順番と言われているのだ。

 

簡単に説明すると、

 

木はこすれば火を生み、

 

火はやがて土とかえり、

 

土は中で金属を生成し、

 

金属は水滴を付ける。

 

というような自然の流れである。

 

これは、自分が誰かの力になり、誰かが自分の力になっている関係を相性が良い、と判断するのだ。

 

これを「相生」(そうじょう)という。

 

一方相性の悪いことを「相克」(そうこく)といい、お互いを傷つけあう相性とされている。

 

例えば、

 

金属は木を切り、

 

木は土の養分を奪い、

 

土は水を濁したり、流れをせき止め、

 

水は燃える火を消す。

 

というものだ。

 

9code占いも九星のこの五行の思想を取り入れており、相性が合うタイプと、合わないタイプに分かれる。

 

9code(ナインコード)占いの書籍も、その本質とは、人間関係を良くする本でもあることだ。

 

そのために、この五行の思想を取り入れて、難しい人間関係を改善するヒントをくれている。

 

それでは、あなたの相性診断をしていこう。

 

7 水の一白との相性

 

水の一白の人は九星では、一白水星と言い、水の性質を持っている。

 

五行の関係では、水は火を消す。という相克である。

 

つまり、あなたが相手から攻撃される、あるいはそう感じてお互いの関係が悪くなる関係といえる。

 

秘密主義で、あまり自分の事を話さない水の一白に対して、白黒はっきりつけたがるあなたは、イライラしたり、傷ついたりすることが多いようだ。

 

恋愛も人間関係も、あまりうまくいくことが少ない、悪い相性といえるだろう。

 

 

8 大地の二黒との相性

 

大地の二黒は、土の性質をもった、九星で二黒土星というタイプの人になる。

 

火はやがて土となる。

 

というような相生の関係だ。

 

これは火のあなたが、土の相手の力になる事で、運気が高くなったり、お互いが良くなる相性である。

 

真面目で優しい性格の大地の二黒は、あなたのわがままや闘争心がむき出しになっているところを、優しくなだめたり、包んでくれるようだ。

 

でも、相手はアプローチが苦手で、おそらく自分から動くにはかなり時間がかかる。

 

あなたからリードすると、円滑に関係を深めることができるだろう。

 

恋愛はもちろん、人間関係も相性の良い組み合わせだ。

 

 

9 雷の三碧との相性

 

雷の三碧とは、九星で木の性質を持っている、三碧木星というタイプだ。

 

五行は、木は火を生む。という相生の関係である。

 

つまり相手からのサポートをあなたが受け取り、お互いをよくする相性である。

 

お互い明るい性格で、双方が魅力的に感じるような仲であるようだ。

 

一緒にいて楽しくて、居心地がよく、落ち着きさえ感じる。

 

そんな関係になっていくだろう。

 

恋愛に発展するまで時間はあまり必要ではなく、とても相性がよい。

 

もちろん、人間関係も良い相性である。

 

 

10 風の四緑との相性

 

風の四緑も、上述のとおり、木の性質を持っている。

 

九星では、四緑木星という。

 

五行の関係も同じく相生で、この時点で、お互いの相性は良いと言える。

 

平和主義で落ち着いた性格の風の四緑は、競争が好きで、勝ち負けにこだわるあなたとは反対の性格だ。

 

また、優柔不断な相手を見て、あなたはイライラすることもあるかもしれない。

 

本来は相性が決して悪いわけではないので、あなたがリードする立場になり、相手を導ていけば、良好な関係が築けるだろう。

 

そうすれば平和で、優しい心で、あなたの事を癒してくれるだろう。

 

人間関係と恋愛の相性は「中」といえる。

 

 

 

11 ガイアの五黄との相性

 

ガイアの五黄は九星では、五黄土星といい、土の相性を持っている。

 

五行も、火はやがて土となる。という相生の関係である。

 

かなり気が合うようで、あなたのほうが、あなたをグイグイと引っ張り、導いてくれるガイアの五黄に魅了されてしまうようだ。

 

どちらも行動力があり、活発に動く性格だ。

 

どこへ行っても楽しく、お互い満たされる時間が過ごせるだろう。

 

人間関係も、恋愛の相性もとても良いと言える。

 

 

12 天の六白との相性

 

天の六白は、九星では、六白金星といい、金の性質を持っている。

 

五行で言うと、火は金を溶かす。という相克になる。

 

つまり、あなたの行動や言動によって、相手はストレスや、傷ついたりして、お互いの関係が悪化するような関係性だ。

 

警戒心が強く、プライドが高い天の六白は、あなたの勢いのある態度を、あまり理解できないだろう。

 

でも、時間をかけてお互いの仲が深まり、恋愛にまで発展すると、二人とも一途な性格がよい方向へ持っていくこともあるようだ。

 

相性としては「中」と言える。

 

 

13 湖の七赤との相性

 

湖の七赤は、九星では、七赤金星といい、これも金の性質を持っている。

 

五行も同じく、相克の関係である。

 

お互いが理解に苦しみ、火の九紫はイライラしてしまうだろう。

 

一緒にいても、冷めた感じで、あまり楽しくないようだ。

 

人間関係も、恋愛においても、相性は良くないだろう。

 

 

14 山の八白との相性

 

山の八白は、九星では、八白土星といい、土の相性を持っている。

 

五行も、火はやがて土なる。という、相生の関係だ。

 

山の八白は何事もコツコツと一生懸命で、困難を困難と感じず着実に進んでいく性格を持っている。

 

これは火の九紫にとってあこがれている要素で、山の八白に魅了されてしまうようだ。

 

口下手な山の八白に、あなたの方からアプローチをすることになるが、それはそれで、結果的には楽しい恋愛ができたり、人間関係も良好に築けるだろう。

 

相性はかなり良いと言える。

 

 

15 火の九紫どうしの相性

 

あなたと同じ火の性質を持った相手となる。

 

どちらも明るく、競争が好きな性格だ。

 

仲良くなるのはとても早く、恋愛に発展するスピードも速いだろう。

 

ただ、嫌なことがあったり、喧嘩になったりすると激しいバトルになるので、付き合うのも早いが、別れるのも早いケースが多い。

 

お互いが冷静になれば、きっと楽しい時間をお互い過ごせるだろう。

 

 

いかがだろう?

 

以上が9code(ナインコード)占いと、九星占いで明らかになったあなたの運勢や性格、相性である。

 

 

この性分ともいえる、あなたの持って生まれた性質が、あなたの人生で何が起こるか?

 

どんな体験するのか?

 

という現実を引き寄せている要素になっているのだ。

 

それでは、以上を踏まえて、あなたの人生で何が引き寄せられやすく、また引き寄せられており、それを変える方法はないのか?

 

あなたの人生の好転方法をお伝えしたいと思う。

 

16 火の九紫の波動パターンを診断・・・

 

火の九紫の波動パターンとは・・・・

 

あなたの本来の波動と、大きく調和が乱れることがあるようだ。

 

あなた本来の波動とは、ポジティブで、楽しくて、豊かさと、愛情に満ちた波動である。

 

これから離れているということは、少なからずあなたに、イライラした気持ちや、嫉妬心、ネガティブな感情を感じていることが多い。

 

あなたが、誰かと比較し、勝ち負けにこだわったり、闘争心をむき出しているときは、ほとんどの場合、ストレスやネガティブな感情を抱いていることが多いだろう。

 

とはいえ、これ自体はさほど重要な事ではなく、もっというと、嫉妬心や、勝ち負けにこだわることが、必ずしも本質的に悪いわけではない。

 

つまり、これがどのような波動を発してるのか?

 

波動の法則はその方が重要なのだ。

 

嫉妬心や負けず嫌い、勝ち負けにこだわり、闘争心をむき出しにしている(それが頻繁である)あなたの波動とは、

 

「私は今、まったく認められていない!」

 

「私は(すごいのに)誰からも理解されていない!」

 

さらには、

 

「私はこの人よりも、劣っている。」

 

という波動を強烈に発しているといえる。

 

なぜか?

 

人よりも勝ろうとしたり、勝ちたい!という意識は、今、自分が相手よりも劣っている。

 

という認識が強くあることが多いからだ。

 

でも、あなたは、

 

「そんなんじゃない!」

 

「私はもっとすごいはずだ!」

 

「この人よりも私は勝っているんだ!」

 

と、ジタバタしながら、抵抗しているようなものだ。

 

 

波動の法則は、目に見える現象や、相手や、現状さえも関係はしていない。

 

関係するのは、あなたが、今の現状を、どうとらえているか?

 

つまり、現実に対するあなたの純粋な認識や、意識が波動となり、現実を引き寄せているのだ。

 

あなたの現実は、あなたの波動が引き寄せているもので、波動とは、あなたの純粋な意識と認識である。

 

この場合、人との優劣を比較する、あなたの意識を考えてみるとわかりやすい。

 

人と優劣を決める必要性があるのは、どんなときだろう?

 

また不要な時とは、どのようなときだろう?

 

それらは・・・

 

あなたが優劣を気にしたり、決めたがるときは大抵、

 

「どちらが勝っていて、劣っているかはっきりしよう!」

 

という感情や感覚が強くなっていることだろう。

 

一方で、優劣の差をつける必要がない時は、「自分がすでに勝っている。」と、認識しているときか、あるいは、「自分は自分で素晴らしい存在だ。」と、あなたが誰を見ても、比較したとしても、自分への自信が崩れることなく、満足感に満ちているときだろう。

 

 

つまり、あなたが(どのようなものであっても)優劣をはっきりしようと、誰かに勝負を挑もうとしているとき、「私は今、劣っている。」という認識があることが多く、イライラや、競争心、嫉妬心は、このネガティブな認識と感情が戦っているようなものだ。

 

そしてもっというと、そのような(劣っている)波動を発している。

 

もし、あなたが誰とも優劣をつける必要性を感じていなければ、「私は劣っている。」という認識はほぼないだろう。

 

また別のケースでは、「劣ってるかもしれない。」という恐怖感が募っている場合もあるだろう。

 

あなたが相手に勝ちたい!という強い衝動も、それは、負けたくないのではなく、「劣っているかもしれない。」という状況を何とか無理やりにでも打破したいから、一生懸命にそれを証明しようと、戦って(抵抗して)いる、といえる。

 

波動は、あなたの純粋な認識であり、意識である。

 

この場合、上述したように、「私は劣っている(だろう)。」という波動を発していて、引き寄せられる現実はまさに、あなたがいかに、相手よりも劣っているか。

 

ということを体験する現実ばかりになるだろう。

 

本来、あなたはあなたのままで、素晴らしく、素敵で、魅力的だ。

 

これを素直に認めることができず、目に見える何らかの差や、誰かのジャッジがないと、あなた自身が信じることが出来ないようだ。

 

あなたの波動は、あなたを幸せに導こうといつも降り注いでいて、あるいは、あなたに流れようとしている。

 

でも、あなたの波動が、

 

「私は今、まったく認められていない!」

 

「私は(すごいのに)誰からも理解されていない!」

 

「私はこの人よりも、劣っている。」

 

という全くもって抵抗する波動を発していれば、本来の波動と調和し、あなたの幸せを引き寄せることは、難しい。

 

あなたがこれから、自分の人生をよりスムーズに好転させるために、必要な事とは、あなたの意識や、認識に少しだけ工夫を加えることだろう。

 

今、強烈に劣っていることや、劣ることの恐怖を手放し、あるがままの状態を受け入れることだ。

 

あるがままに受け入れるとは、あなたに、負けを認めろ。

 

とか、あなたは劣っているのだから、おとなしくしなさい。

 

ということでは全くない。

 

 

波動の法則からすれば、物理的な事には全く意味はない。

 

物理的なことは、確率的にただ、「ある」だけだ。

 

そこに一切の優劣も、勝ち負けも、差も生じていない。

 

それを決めるのは、それを見た人間がどのような意識をしたか?だけである。

 

あなたが、人と比較して、優劣を付けようとしたり、勝ち負けにこだわっ他と感じだ時はいつも、今、あるがままに見てみよう。

 

 

あるがままに現象や事態を見て、それはそのままで、いさせてあげよう。

 

あなたが今まで逆なでしていた波動は、影をひそめて、なくなり、あなた本来の波動が流れはじめる、その隙間がこれでできるだろう。

 

そして、以下のように、自分の考えや、意識、あるいは認識を持ってみよう。

 

たとえば、なかなか優劣や勝ち負けにこだわることが頭から離れなかったら・・・

 

「私はいま、劣っているという恐怖を感じている。でも、少し前は全くなかった。」

 

「私は明日になれば、また自分に自信を取り戻している。」

 

「私は劣っていると感じているが、これは寝るころにはなくなっている。」

 

などなどだ。

 

波動の法則は、過去や未来などの時間も、空間の概念もない。

 

また、量や、大きさ、レベルのような段階も全く関係ない。

 

あなたが、純粋に、「〇〇だ。」と事実として認識していることが波動となる。

 

だから、この場合は、(たとえ未来の事でも)「私は自信を持っている。」「私は自信を取り戻している。」という波動になるのだ。

 

嫌な、ネガティブな感情が出てきた時はいつも、あなたが「この部分は事実だ。」と思えることを、考えたり、「そうだ(これだけでも)事実だ。」と実感してほしい。

 

それによって、波動は変わり、調和を取り戻し、本来のあなたの幸福や、人生が舞い降りてくるだろう。

 

勝ち負けは、誰かが決めたことだが、それがあなたと関係していることは、非常に少ない。

 

あなたが自分自身に、信頼と愛と、自分を認める許可をすれば、それは波動的な勝利を意味することになる。

 

そしてその感覚が支配的になれば、あなたが得るべき幸福は、あなたの前に姿を現してくれるだろう。