【天の六白】(六白金星)の運勢,性格,相性,恋愛 【無料】9code(ナインコード)占い

9code(ナインコード)占い×九星占いの、【天の六白】(六白金星)ここではあなたの運勢,性格,相性,恋愛を独自に徹底分析し、あなたの現実を引き寄せる波動を無料で診断している。

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが・・・

 

今、あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

ここはあくまで九星気学占いをベースにしたオリジナル占いの診断である。

 

中野氏の『ナインコード占い』を知りたい方は、書籍を検索して参考にしていただきたい。

1 天の六白(六白金星)とは?

 

まずは、9code占いと九星占いで判明したあなたの性格や、運勢、恋愛や相性などを詳細に見ていこう。

 

 

天の六白の(六白金星)の人は、西暦で言うと、以下の生年月日の人である。

 

 

1922

 

1931

 

1940

 

1949

 

1958

 

1967

 

1976

 

1985

 

1994

 

2003

 

2012

 

天の六白は九星占いで、六白金星といい、金の性質を持っている。

 

 

 天の六白のシンボルは、権力、勝負、規則、天、太陽、都などだ。

 

では、天の六白の基本的な性格を次に書いてあるので、見ていこう。

 

 

それは、以下のような性格である。

2 天の六白の基本的な性格とは?

 

天の六白の基本的な性格とは、まず、プライドが高い所だろう。

 

これは人見知りにをすることにも繋がっているようだ。

 

交友関係も浅く広くというより、狭く深くという関係を作る人が多い。

 

 

このプライドの高さは、なにくそ精神や、反骨精神を育んでおり、自分から頭を下げたり、誤ることも苦手のようだ。

 

自分を捨ててまで相手に合わせたりすることがなく、誤解を生みやすい。

 

これは、短気でわがままな印象を与えていることが多く、実際に、すぐカッと頭にくることが多い。

 

要求は素直に、そのまま口に出し、白黒はっきりつけようとする。

 

裏を返せば正直な物言いの人といえるだろう。

 

そして、とてもストイックで、向上心にあふれている。

 

出世願望も強く、出世もしやすい。

 

意欲は高いが、自分が興味あることには、特にそれを発揮するようだ。

 

この性格は、負けず嫌いで、蹴落とされても這い上がってくるタイプだ。

 

さらに、リーダー気質があり、上から目線が多い。

 

でも、後輩や部下、下の人間はあなたのリーダー的素質と、向上心、さらには的確なアドバイスに信頼を持っており、尊敬していることが多いようだ。

 

3 天の六白の基本的な運勢とは・・・

 

天の六白の基本的な運勢とは・・・

 

金運に関しては良いといえるだろう。

 

とにかく、お金の管理が細かく、徹底している。

 

ケチという印象は否めない。

 

1円単位の間違えも許さず、お金の貸し借りもきっちりとしている。

 

そのため、お金で苦しんだとしても一瞬で、すぐに持ち直す金運の良さがあるようだ。

 

仕事運や、人生に関しては、リーダー気質と、指導力を生かした仕事や、その道の選択が良いだろう。

 

負けず嫌いで必ず這い上がってくるので、苦労はするが、成果や成功を掴むだろう。

 

 

プライドの高さは、自分が一番上でないと気が済まない所がある。

 

上からの指示も嫌い、自分で何か事業を起こした入りしても良いだろう。

 

ただし、指導者の立場や、職種の方が成功しやすいようだ。

 

4 天の六白の人間関係や恋愛の相性とは

5 まずはあなたの、恋愛事情からみていこう

 

天の六白の恋愛は、愛情が豊かで、とても家庭的だ。

 

結婚後は温かい家庭を築く人が多く、しっかりと家族を守る。

 

持ち前のプライドの高さは、男性なら亭主関白になるだろう。

 

女性なら家族を守り、肝っ玉の据わったタイプになるだろう。

 

 

結婚前の恋愛では、自分からあまりアタックしないようだ。

 

プライドの高さを邪魔をして、自分から好き言葉や、態度が出来ず、相手の出方を待つことが多い。

 

でも、付き合うと真面目で、浮気をすることは少なく、情熱的な恋愛になりやすい。

 

本当に好きなった人には、プライドの高さを忘れて、情熱的に自ら攻めていくようだ。

 

6 天の六白の人間関係と恋愛の相性とは・・・

 

九星占いや、9code占いは、五行というものがあり、それぞれの性質を大切にしている。

 

五行とは、木、火、土、金、水の五つで「もっかどごんすい」という。

 

この順番が相性が良い順番と言われているのだ。

 

簡単に説明すると、

 

木はこすれば火を生み、

 

火はやがて土とかえり、

 

土は中で金属を生成し、

 

金属は水滴を付ける。

 

というような自分が誰かの力になり、誰かが自分の力になっている関係を相性が良い、と判断するのだ。

 

これを「相生」(そうじょう)という。

 

一方相性の悪いことを「相克」(そうこく)といい、お互いを傷つけあう相性とされている。

 

例えば、

 

金属は木を切り、

 

木は土の養分を奪い、

 

土は水を濁したり、流れをせき止め、

 

水は燃える火を消す。

 

というものだ。

 

 

9code占いも九星のこの五行の思想を取り入れており、相性があるタイプと、合わないタイプに分かれる。

 

9code(ナインコード)占いの書籍も、その本質とは、人間関係を良くする本でもあることだ。

 

そのために、この五行の思想を取り入れて、難しい人間関係を改善するヒントをくれている。

 

それでは、あなたの相性診断をしていこう。

 

 

7 水の一白との相性

 

水の一白は、九星占いでは、一白水星といい水の性質を持っている。

 

水の一白は、とてもやさしく、人に会わせるのが得意だ。

 

二人の相性は、金は水を(水滴)生むことから、相生の関係である。

 

つまり、あなたが相手にエネルギーを与えることで、お互いが良くなるという関係性だ。

 

あなたのプライドの高さや頑固なところも、受け止めてくれ、一緒にいて心地よいだろう。

 

ただ、あなたはプライドの高さから、相手は自分の気持ちを表にだないことから、なかなかゴールインとはいかないようだ。

 

どちらかが思い切って踏み込んでみると良いだろう。

 

人間関係と恋愛の相性は、非常に良い方だ。

 

 

8 大地の二黒との相性

 

大地の二黒は、九星占いでは、二黒土星という土の性質を持ったタイプだ。

 

土は、土中で金(金属)を生成する、という両者は五行で言うと相生の関係性である。

 

お互いの性格はよく似ているようだ。

 

理解しあい、一緒にいて居心地もよいだろう。

 

でも、お互いがアプローチを苦手としており、これも関係が深まるまでは時間がかかるといえる。

 

相手の大地の二黒は、慎重すぎたり、まじめすぎたりで、あなたにアプローチをかけれない性格だ。

 

あなたがプライドの高さを捨て、自ら距離を縮めていくほうが、お互いがよりスムーズに次のステップへと進んでいけるだろう。

 

人間関係と恋愛の相性は、どちらも良いといえる。

 

 

9 雷の三碧との相性

 

 

雷の三碧は、九星占いでは、三碧木星といい、木の性質を持っている。

 

お互いの五行の関係は、金は木を切るという相克の関係だ。

 

明るく、エネルギッシュで、世渡り上手な雷の三碧を、あなたはどこか信用に欠ける人間だと思い、

 

なかなか関係性は深まらないようだ。

 

人間関係も、恋愛においても相性は良くない。

 

 

10 風の四緑との相性

 

風の四緑は、九星占いでは、四緑木星といい、木の性質を持っているタイプになる。

 

これも同じく、五行で言うと、相克の関係となる。

 

あまり相性はよくなく、平和主義で誰とでも優しい態度接する風の四緑をなかなか信用できないようだ。

 

あなたの短気で、白黒はっきりつける性格が、相手を攻撃するようで、風の四緑や、あなたもイライラいて、お互いにとってはストレスになるだろう。

 

恋愛においても、人間関係も、相性は良くない組み合わせとなる。

 

 

11 ガイアの五黄との相性

 

ガイアの五黄は、九星占いでは、五黄土星といい、土の性質を持つ。

 

五行の相性は、土のガイアの五黄が、あなたにエネルギーを与える相生の関係だ。

 

でも、どちらもかなりのプライドの高さがあり、さらに相手は気が強い。

 

相手に好きなられたら、猛アタックを繰り返され、少し引いてしまうかもしれない。

 

ところが、関係が深まればお互い似た者同士と、さらに五行の相性は良いので、

 

楽しい関係になるだろう。

 

恋愛においても、人間関係も、相性は良いといえる組み合わせだ。

 

 

 

12 天の六白どうしの相性

 

どちらも同じ金の性質を持っていて、相性は決して悪くないのだが、プライドの高い両者は、お互いどうしの距離を縮めず、イライラさえ募るかもしれない。

 

両者が自尊心の高さをやわらげれば、良い関係となることがある。

 

相性としては「中」といった感じだろう。

 

 

13 湖の七赤との相性

 

湖の七赤は、九星占いでは、七赤金星といい、同じく金の性質を持っていつタイプとなる。

 

この組み合わせの場合は、社交的な湖の七赤が、プライドが高く人見知りなあなたに合わせることで、かなりうまくいくようだ。

 

ただ、華やかに生きて、華やかにふるまう、湖の七赤のことを、すこし嫌うこともあるかもしれない。

 

頑固でプライドの高さがいつも邪魔をするが、カギはそこにあるようだ。

 

相性は「中」よりも良い方だろう。

 

 

14 山の八白との相性

 

山の八白は、九星占いでは、八白土星という土の相性を持っていて、あなたとの五行の関係は、相生になる。

 

おそらく一番相性が良いのがこの山の八白で、お互いの距離が縮み、関係性が深まるまで時間はあまり必要ないようだ。

 

人見知りで、いつもプライドが邪魔をしていたが、不思議と山の八白には、心を開けるようだ。

 

趣味などの共通点も多く、価値観が似ている。

 

恋愛においても、人間関係も、かなり相性の良い組み合わせだろう。

 

 

15 火の九紫との相性

 

火の九紫は、九星占いでは、九紫火星といい、火の性質を持っている。

 

火は金を溶かす、ということから、あなたとの五行の関係は、相克となる。

 

情熱的な火の九紫は、自分からあなたにアプローチをするようだが、派手で、社交的な火の九紫を信用できないようだ。

 

あなたの頑固な性格が、火の九紫の色々なところを拒み、さらにはストレスになるだろう。

 

恋愛においても、人間関係も、相性は良くない。

 

 

いかがだろう?

 

以上が9code(ナインコード)占いと、九星占いで明らかになったあなたの運勢や性格、相性である。

 

 

この性分ともいえる、あなたの持って生まれた性質が、あなたの人生で何が起こるか?

 

どんな体験するのか?

 

という現実を引き寄せている要素になっているのだ。

 

それでは、以上を踏まえて、あなたの人生で何が引き寄せられやすく、また引き寄せられており、それを変える方法はないのか?

 

あなたの人生の好転方法をお伝えしたいと思う。

 

16 さぁ、あなたの人生の好転の方法とは・・・

 

私たちの現実は、私たちが持つ波動が引き寄せている。

 

これを物理学者は真剣に真実だと考えている。

 

 

引き寄せとは、引き寄せの法則などで、一度は聞いたことがあるかもしれないが、ここでいう引き寄せの法則は、あなたが知っているものとは少し異なるだろう。

 

ここでいう引き寄せの法則とは、波動の法則のことだ。

 

詳しく説明しよう。

 

ここでいう引き寄せや、引き寄せの法則とは、波動の法則から成り立っている。

 

波動とは、意識を持っている人間は、常に発している。

 

それは、感情や意識、認識や、思考などによって発動される。

 

このあなたが発している波動が、あなたに、それと本質と似た現実を引き寄せ、体験させている。

 

という考えだ。

 

この波動に関しては、すでに物理学者が到達している一つのある答えなのである。

 

その答えとは・・・ 

 

 

「万物は振動するエネルギー(波動)でできている。」という答えだ。

 

私たちは人間も、森も、水も、山も何もかも、振動するエネルギーであり、振動数の違いが、このような違いを創造しているというのだ。

 

あなたの人生は、あなたの生まれ持った性質が握っているようで、正確にはそうではない。

 

あなたの発する波動が握っているのだ。

 

 

では、これより、あなたの上記の占いからわかった性格や性質から、どのような波動を発しているか?

 

どのような現実を引き寄せているか?

 

それをもっと良くすることは出来ないか?

 

それを診断していくことにしよう。

 

ここからが、あなたの人生のハンドルであり、分岐点になるだろう・・・

 

17 天の六白の波動診断をすると・・・

 

天の六白の波動を診断すると、おそらく、あなたの波動は、自尊心の高さによって調和が乱れているだろう。

 

プライドが高いというのは悪い事ではない。

 

悪いことなど一つも、この世には無いのだが、プライド高く振舞っている時のあなたの感情や、意識、認識がどうであるか?というほうが重要なのだ。

 

波動の法則は、あなたの身の回りにある、物理的なもの、現象にはなんら作用していない。

 

むしろ、あなたが作用させている。といった方が良いだろう。

 

あなたがプライド高く、お高く留まった態度でいるときの感情や意識を、よく観察してみてほしい。

 

多くの場合、自尊心やプライドの高さで、引き起こされる感情とは、「自分が相手よりも、劣っているのか?勝っているのか?」という意識が強く働いている。

 

そして、勝っていれば、気分が良い感情が起こり、逆に劣っているとわかれば、相当、気分が悪い感情が生まれているだろう。

 

これは、気分が良い時も、悪い時も、つまり、あなたが例え、相手よりも勝っていようが、いまいが、望まない現実を引き寄せる、波動を発してることになるだろう・・・

 

なぜか?

 

プライドの高さとは、「自分を認めてもらいたい!」意識や認識が奥底にあることが多い。

 

あなたはいつも、どんな時も自分が有利な立場でありたいし、それを認めてもらいと思ってはいないだろうか?

 

波動は、純粋にあなたがどのような意識であるか?

 

どのような認識であるか??

 

ということが波動となる。

 

つまりこのときは、波動を言葉にすると以下の様になるだろう。

 

それは、

 

「私は今、誰からも認められていない!」

 

「私はいつも認められて、自分が上でないとダメになる人間なんだ。」

 

「私は立場が上でないとダメな、弱い人だ。」

 

「私はこの人よりも劣っている(かもしれない)。」

 

と・・・

 

少々きつい言い方かもしれないが、純粋にあなたが意識していることは、あなたの思惑や、願望とは大きく異なる事の方が多いのだ。

 

このときの波動によって、引き寄せられる現実とは、あなたがいかに弱い人間か、それを見せつけられたり、あなたや、あなたの能力、良い部分や分かってほしい部分を、全く認めようとしない、またはあまり認めようとしないような人が出来事ばかりが引き寄せられる。

 

なぜ?

 

このような波動を発していると言えるのか?

 

それは、あなたが上記したことについて、気にしていなかったり、満足していたらどうか?

 

それを考えて見てほしい。

 

例えば、

 

「私という存在は、多くの人にすでに認めてもらっている。」

 

「私は多くの人に、私の伝えた部分を理解されている。」

 

「私は能力があり、すでに素晴らしい存在である。」

 

という認識や意識でいたら・・・

 

何も他人と競う事は、なくなるからだ。

 

 

あなたはすでに自分に満足しており、相手から理解されていることが分かっており、勝ってるとか、劣っているとか、決める必要がない状態だ。

 

それとは、逆に、今の現状の状態で一番苦しいのは、あなた自身の奥底の意識と認識が、

 

「自分は認められていない」

 

「弱い人間だ」

 

「劣っている」

 

という波動を発しながら、努力することである。

 

つまり、この波動のままで、あなたがいくら努力したり、自分を理解してもらおうとしたり、認めてもらおうとしても、苦労や努力の絶えない日々となるだろう。

 

今、あなたに必要なことは、この奥底の波動、つまり本当は、どのような意識を持っていて、認識をしているのか?ということを知ることである。

 

上記の内容は正確ではないにしも、似たような意識があるはずだ。

 

あなたは誰かに認められようとしていたり、それが欲しいと感じている部分に気が付くことだろう。

 

だから、プライドが高く、上から目線だったり、人見知りな態度をしてしまうという行為に繋がっているかもしれないのだ。

 

「自分はこんなんじゃない!」

 

「この人よりも凄いんだ!」

 

そう思いたい気持ちはわかるが、これも、「今、私はこの人よりも劣っている(かもしれない)。」という波動を出していることになる。

 

現実は波動によってでしか、引き寄せられたり、変化することは出来ない。

 

あなたはいつも、誰かと比べて、優劣を勝負して、それを自分だと思っているようだが、それは違う。

 

あなたの本来の姿や、波動の状態とは、かなりポジティブで、楽しく、さらには、愛と豊かさに満ち満ちている。

 

あなたの本来の波動を、あなたに流し込むには、優劣の勝負から意識を反らした方が良い。

 

それは、誰かと会って、お世辞やおべっかを使う事ではない。

 

あなたが、純粋に、今の自分の認識(意識)状態を確認することだ。

 

つまり、「今自分が劣っているか、勝っているかを気にしている。」とか、

 

「この人に認めてもらおうとしている。」

 

「この人に自分の方が勝っていることを、認めさせようとしている。」

 

「今私は、優劣で負けることに恐れている。」

 

などなど、あなたの波動が、望まない現実、

 

「私は認めてらていない。」とか、

 

「私は今、劣っている存在だ。」という波動を発して、引き寄せていることに気が付くのだ。

 

気が付けば、抵抗をする思考はなくなり、あなたは自然と、相手と接することが出来るだろう。

 

もし、それがなかなかできないときは、考え方を少し変えて見よう。

 

あなたが認めてもらっていないと、感じたとき、優劣の差を気にした時、つまり、高いプライドが前面に出た時、「私をわかってくる人は、必ずいる。」と、考えてみるのも良いだろう。

 

それはたとえ過去の事でも構わないし、未来の事でも構わない。

 

たった一握りの人間でも構わない。

 

 

例えば、

 

「私は以前は理解されていた。素晴らしく分かってもらっていた。」

 

「私は家族には良く理解されている。」

 

「私はきっと、将来は理解されている。」

 

どんなことでもいい。

 

あなたが素直に認識できる事実なら、何でもよい。

 

波動は、時間の概念などないし、大きさの概念もない。

 

誰かとかの指定の概念もない。

 

つまり、純粋にあなたが感じていること。なのだ。

 

どれだけ小さくても、どれだけ少なくても、どれだけ遠い未来の話でも、どれだけさかのぼった過去でも、あなたが「そうだろう。」と純粋に思えることが、波動となるのだ。

 

それはしっかりと、それと似た現実を引き寄せる。

 

あなたが「このレベルならそうだと思える。」という部分を探してみてほしい。

 

それが事あるごとに(あなたのプライドが出るときに)、この意識が支配的にあなたを包めば、本来のあなたの波動、つまり、あなたを自然と幸福へと導く波動のエネルギーと調和して、あなたの現実は変わり始めるだろう。