「尾宿」2019年 水晶玉子占いのルーツ!宿曜占星術,運勢,性格から,引き寄せの波動を徹底分析!(宿曜占星術)

水晶玉子の占いルーツにもなっている宿曜占星術尾宿】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

2「尾宿」とは・・・

 

尾宿(びしゅく)のあなたは、集中力があり、粘り強く、一度決めたことは、最後までやり遂げる、そんな強い人であるだろう。

 

妥協も許さず、まるで職人の様に、それを極めようとする。

 

そのため、自分の世界観が強く、社交的とは言えない。

 

あなたが一度、興味を持ったことは、納得するまでとことん突き詰め、自分だけでなく、他人にも負けたくない、という負けん気が強い。

 

周囲からは、少し怖くて、頑固なイメージを与えていることが多いだろう。

 

でも、持っている運や運勢は強く、かなり「ついている」人が多いが、自分の世界に入り、視野が狭く、周りが見えなくなることが多いので、たくさんのチャンスや機会を見失いがちのようだ。

 

そんなあなたの波動パターンとは、どのようなものだろうか?

 

ここでは波動が、人生を左右するという考えのもと、波動診断をしている。

 

あなたもそれを知り、自分の運命を変えてみてはどうだろう・・・・ 

 

3「尾宿」の波動の診断結果とは・・・・

 

 

尾宿のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、理想やこだわりを強く持つ割りに、なかなかそれを実現できない人生、と言えるかもしれない。

 

なぜか?

 

 

あなたは妥協を許さない職人気質があり、負けず嫌いな部分あるようだ。

 

そして、そのようなあなたの波動状態が、あなたの望む人生や、望む状態になることを邪魔している、と言えるからだ。

 

 

波動の法則は、あなたがどれくらいこだわりが強いかとか、どれだけ理想が高いかとか、まったく関係がない、というか、そのような概念を持っておらず、それを良くも悪くも、評価ができない。

 

波動とは、私たちが理解してるような、あるいは理解できている物理的な概念が、一切ないのだ。

 

波動が判断できるのは、私たちの抱いている認識であり、その認識が波動となり、波動は似た現実を創造し、引き寄せて、私たちに体験させる。

 

これが波動の法則の基本的な部分であり、変わることがないものだ。

 

つまり、あなたの感情も、思考も、願いも、理想の高さも、こだわりの強さも、全く関係がなく、その奥底にある認識によって、あなたは、現実を引き寄せて体験している、これは言い換えれば、あなたは、自分の認識通りの、人生を送っている。と言えるのだ。

 

 

では、理想とこだわりの強い、あなたの認識とは、どのようなものか?

 

それは大抵、以下のようなものが多くある。

 

 

「私はこうじゃないと満足できない。」

 

「私は、ここまで満たされないと幸せではない。」

 

 

というものだ。

 

そして認識は、あなたの現実を引き寄せるだけでなく、引き寄せるものは、

 

あなたの思考、

 

あなたの感情、

 

あなたの行動と選択を生むのだ。

 

あなたの認識は、認識通りの現実を体験するために、それと似たもの、そのための要素など、すべてを引き寄せ、生む。

 

こうして、あなた(誰もそうだが)の人生は、意図したことかどうかや、 予想通りだろうが、なかろうが、良かれと思っていようがいまいが、現実を体験することになるのだ。

 

 

あなたの認識である、

 

「私はこうじゃないと満足できない。」

 

「私は、ここまで満たされないと幸せではない。」

 

 

というものは、現状を否定している認識であり、あなたの今いる現実、あなたの人生、あなた自身を、否定的にとらえている認識に近い。

 

否定の認識は、分かりやすく言えば、否定的な波動となり、否定的な現実を創造し、あなたにとって否定的な現実を体験させるのだ。

 

 

あなたが、自分の望む人生を引き寄せ、歩んでいくなら、物理的な概念から、波動的な概念、つまり、本質的な概念を知り、それを実行していくことにある。

 

すなわちそれは、否定的な認識から、肯定的な認識にしていくのだ。

 

そして、波動の法則とは、物理的に考えてしまう私たちにとっては、難しく思えたり、不思議で実体のないもの、というように考えがちだが、それどころか、私たちが考えているほど、まったく難しいことではなく、むしろシンプルかつ、平等で、人生はいつでも、スムーズに変える事が出来ることを教えてくれるのだ。

 

波動には、物理的な概念が一切ない。と上述したが、これは物理的な概念とは、例えば、私たちが慣れ親しんでいる、

 

量的なものや、

 

大きさ、

 

または、

 

時間という概念や、

 

近いとか遠いと、空間の概念、

 

さらには、

 

あるとか、ないという概念も含まれる。

 

波動には、

 

「ある」という答えしかなく、

 

「ない」ということが、

 

ない。

 

波動は、常に「ある」「存在している」という、肯定的な解釈しか持たない。

 

「ない」という存在を否定的な捉え方はないのだ。

 

物理的な身体を持つ私たちは、自分が手にしているか、いないかとか、自分のものか、他人のものか、多い方が良いことで、少ないことは悪いとか、そのような物理的な概念で、物事を判断し、自分は今、どのような状態か?という事を認識している。

 

 例えるなら、お金があるとか、ない。

 

お金が多い方が幸せで、少ないと不幸だ。

 

一方で、体重は少ない方が(ダイエットや健康面でも)良くて、多いことは悪いこと、などなどである。

 

 

そのような「ある」とか「ない」、十分か不十分かというもので、自分は満たされているか、満たされていないかを認識している。

 

あなたが、

 

「~がない」とか、「~が足りない」という事を認識していると、

 

波動はその現実を創造する。

 

つまり、

 

「ない」現実を「ある」「存在している」という創造をするのだ。

 

あなたが如何なる「ない」という体験ができrのは、その現実が、事実として「ある」からなのだ。

 

あなたは、自分の認識を、物理的な概念である「ある」とか「ない」、足りる足りない、そして、あなたがここまでなら、満足する、しない、という概念をいったん忘れ、

 

 

「ある」

 

 

という認識を持てることが需要になってくる。

 

あなたが満足するか、しないか、という満足レベルは、あなたの認識を「ない」という否定の認識を多くする。

 

なぜなら、あなたがその満足レベルを満たされないとき、または、そのすべての期間は、

 

 

「ない」

 

と、認識を強めるからだ。

 

もちろん、波動はあなたに「ない」を体験させるし、そのための要素を全て引き寄せる。

 

その結果、あなたがいくら望みや理想、こだわりが明確にイメージ出来ていてたとしても、それが現実になることは、かなり難しい。

 

あなたが認識を肯定的なものにしていくには、その強すぎるこだわりはいったん忘れて、今、ここまでなら満たされている。

 

というものを自発的に見つける事だ。

 

それだけで、あなたはずっと、否定的にとらえていた現状や、自分自身を、肯定する認識を持てるようになる。

 

これを全くの不満足としてとらえることは多くあるだろう。

 

でも、波動の法則を思い出してみよう。

 

波動には、どんな物理的な概念が存在しない。

 

つまり、あなたがたった一つでも、ほんのわずかな事であっても、自分の望みが(この部分だけなら、)

 

 

「ある」

 

 

と肯定的に認識できれば、それは肯定の波動を発することになるのだ。

 

だから、あなたの満足レベルや、満足の基準を満たしているかに、執着する必要はなく、あなたが「ある」と認めたものは、「ある」という現実が創造され、あなたはそれを引き寄せ、体験することになるのだ。

 

私たちはつい、物理的なアプローチで物事をとらえ、認識する習慣がある。

 

これは、私たちが波動の存在であると同時に、物理的な身体や、神経、脳の機能を持った、物理的な存在でもあるからだ。

 

でも、物理的なものは、波動の本質的な概念の前では、無力同然であり、物理的な現実は、常に、あなたの発した波動に、その姿や形を合わせるしかないのだ。

 

波動は、時間という概念もない。

 

だから、 あとどれくらいしたら、望みの現実が味わえるのか?

 

数か月後には、私は望みの現実を引き寄せたい!と思い、願っていても、それは無理である。

 

なぜなら、その時点で、あなたの認識には、

 

「今、私の望みがここにはない」

 

「今、私は望まない現実に居る」

 

という認識があるからだ。

 

波動の法則にのっとるなら、未来、自分がどうなるかという時間的な概念も忘れ、今、あなたの望みが、

 

「これだけなら、実現している」

 

「この部分だけなら、手にしている。」

 

と今、肯定的に見ることなのだ。

 

波動には時間という概念がなく、時間の概念は忘れた方が良い、と言ったのは、あなたが、今、「望みがある」と、肯定したことは、(物理的な)あなたの過去も、未来も全て肯定したことになるからである。

 

そして、私たちが波動にアプローチできるのは、過去でも、未来でもなく、「今」しかないのだ。

 

あなたが理想がないとか、こだわりや、満足レベルが満たされているか、いない、などと認識し、辛い思いになるたびに、それに気が付いて、

 

「いやいや。ここだけなら私は満たされている。」

 

と、肯定的な認識を新たに持ってみる事だ。

 

それは、あなたの全ての物理的な時間と空間を肯定的にし、肯定的な現実を、体験するようになるだろう。

 

その繰り返しと習慣は、あなたの肯定の波動を多くし、肯定の現実の中で、あなたはあなたが本当に望んでいるものを見つけることになる。

 

今、

 

それがすでに始まっているのだ・・・・・