ボタニスト(botanist)シャンプーの口コミ解析がエグい!?ボタニストとは?香りや成分、スムースや詰め替えタイプ種類なども口コミを徹底評価!

【トラブル続出】3秒に1本売れてるボタニカルシャンプー、ボタニスト(botanist)の口コミ解析がエグい!?
【トラブル続出】3秒に1本売れてるボタニカルシャンプー、ボタニスト(botanist)の口コミ解析がエグい!?
広告

これから私がいう事について、あなたは同意してくれるかもしれない。

 

 

それは:

 

 

安心安全なボタニカルシャンプーを検討しているけど、自分の髪に合うか心配・・・。

 

いかがだろうか?

 

もちろん、

 

髪質は人それぞれ違う。

 

私の妻や、母親は、

 

シャンプーを常に変えていると思ってしまうほど、シャンプーは女性に大切なのようだ。

 

しかし:

 

 

ここではあなたの髪質にボタニカルシャンプーが合うか、合わないかが、非常に簡単にわかる。

 

私がこの場を借りて、あなたにお伝えしたい事とは。

 

 

まさに:

 

 

ボタニカルシャンプーのボタニストが、あなたに合う商品であるかどうかだ。

 

もし:

 

 

あなたが色々ネットサーフィンをして、まだ情報に困っているのなら、ここに書いてあることをしっかりと読んでほしい。

 

まだ、

 

あなたはきっと:

 

 

ネットにあふれている、


「カラクリ」

 

に気が付いていないのだろう。

 

それは何かって?

 

それはこのページを読み進めていけば、次第に分かってくるようになっている。

 

これを知ればあなたはきっと、ボタニストだけでなく、しっかりとした判断のもと、シャンプーやトリートメントを購入できるに違いない。

 

 

こうご期待だ。

ボタニストとは?

ボタニストとは?
ボタニストとは?

ボタニストとは:

 

 

株式会社I-neから発売された、植物由来のシャンプーである。

 

以下の動画は、短くコンセプトが分かるので、見て頂きたい。

 

ボタニストの商品内容は、なんといっても植物由来の原料が90%を占めていることだろう。

 

 

 

これは:

 

 

使用する人に、とても安心感をもたらせることは間違いない。

 

また:

 

ボタニストにはいくつか種類があり、それぞれの特徴を持っている。

 

次に、ボタニストの種類を見ていこう。

 

種類は以下の通りだ。

 

 

広告

ボタニストの種類とは?

ボタニスト モイスト

ボタニスト モイスト
ボタニスト モイスト http://ninaclip.com/beauty/502より画像引用

黒いボトルキャップが目印の、ボタニストのモイストだ。

 

これは:

 

 

アプリコットとジャスミンの香りがあり、

 

傷んだ髪もしなやかに洗い上げ、潤いのある髪にしてくれる。

 

というものだ。

 

配合されている植物由来の原料は以下のようなものがある。

 

ココヤシ

 

パームヤシ

 

トウモロコシ

 

天草

 

サトウキビ

 

大豆

 

だ。

 

モイストのシャンプーの成分一覧は次の通りだ。

 

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、サトウキビエキス、セラミド2、PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、コカミドMEA、リンゴ酸、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

(ボタニスト公式サイトより引用) 

 

セットのトリートメントは:

 

 

アップルとベリーの香りがあり、

 

毛先がまとまるような、しっとりとした仕上がりをしてくれる。

 

このモイストは以下のような人に適していると、説明している。

 

配合されている植物原料は:

 

ココヤシ

 

パームヤシ

 

トウモロコシ

 

 

大豆

 

である。

 

洗浄成分としても、これら植物由来のものを使用しており、肌に安心なシャンプーとトリートメントと言えるだろう。

 

このモイストが適している人は、ある特徴があるというのだ。

 

それは:

 

 

髪のひろがりを抑えたい人、

 

ダメージヘアが気になる人、

 

乾燥やパサつきが気になる人、

 

で、あるそうだ。

 

このような悩みが、安心と安全のもと解決できるとしたら、女性は嬉しいだろう。

 

モイストのトリートメント成分の解析一覧は、次のとおりである。

 

水、 ジメチコン、 セテアリルアルコール、 グリセリン、 ベヘントリモニウムクロリド、 マカデミアナッツ油、 オレイン酸オレイル、 ビスセテアリルアモジメチコン、 セラミド2、 PEG-30フィトステロール、 ヒアルロン酸Na、 アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、 加水分解ヒアルロン酸、 加水分解コラーゲン、 ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、 リンゴ酸、 セタノール、 BG、 DPG、 PPG-4セテス-20、 イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、 ステアルトリモニウムクロリド、 ベヘントリモニウムメトサルフェート、 エタノール、 イソプロパノール、 アミノプロピルジメチコン、 メチルイソチアゾリノン、 メチルクロロイソチアゾリノン、 香料

(ボタニスト公式サイトより引用) 

 

公式サイトでも、以下のような説明があるのでご紹介しよう。

 

 

『髪に自然の恵みを』 ダメージを補修し、毛先まとまるやわらかい仕上がりへ

 

・植物由来のうるおい成分を配合 「自然の恵み」そのものにこだわり、健やかな髪へと導きます。

・ダブルフレグランス

 自社サイトと店舗オリジナルの限定としてミュゲ(すずらん)とネクタリンの香りを特別感のある香りとしてお楽しみいただけます。

 

・濃厚なテクスチャーで、すっと髪になじみ、髪内部のバランスを整え、髪にツヤを与えます。

 

[ノンシリコン][合成着色料・ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Naフリー]

 

(公式サイトより引用)

 

次に:

 

 

ボタニストのスムースをご紹介しよう。

ボタニスト スムース

ボタニスト スムース http://ninaclip.com/beauty/502より画像引用
ボタニスト スムース http://ninaclip.com/beauty/502より画像引用

スムースは、白いキャップが目印だ。

 

このスムースは:

 

 

グリーンアップルとローズの香りがあり、

 

洗い心地はさっぱりとしていて、髪にハリとコシを与え、軽やかな仕上がりにしてくれるという。

 

配合されている植物由来の原料は以下のようなものがある。

 

ココヤシ

 

パームヤシ

 

トウモロコシ

 

天草

 

サトウキビ

 

大豆

 

だ。

 

これは上記のモイスト同じ内容である。

 

スムースの成分一覧は下記のとおりである。

 

水、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウレス-4カルボン酸Na、セラミド2、加水分解ヒアルロン酸、PEG-30フィトステロール、サトウキビエキス、グリチルリチン酸2K、加水分解ケラチン(羊毛)、デシルグルコシド、コカミドMEA、ジステアリン酸PEG-150、リンゴ酸、PEG-400、ポリクオタニム-10、BG、DPG、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、塩化Na、エタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

(ボタニスト公式サイトより引用) 

 

一方:

 

 

トリートメントは、上記のモイストと同じアップルとベリーの香りがあり、

 

ハリとコシを与え、さらに髪の件毛先まで、さらっとした軽い仕上がりを与えるという。

 

配合されている植物成分も同じで:

 

ココヤシ

 

パームヤシ

 

トウモロコシ

 

 

大豆

 

である。

 

 

このスムースがおすすめな人は:

 

 

髪の毛のハリとコシが気になる人、

 

髪の毛が細く柔らかい人、

 

さらさらした指どおりが好きな人、

 

にお勧めのセットのようだ。

 

成分の一覧は次の通りだ。

 

水、セタノール 、ジメチコン、グリセリン、DPG、ベヘントリモニウムクロリド、アボカド油、セラミド2、加水分解ヒアルロン酸、PEG-30フィトステロール、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、加水分解ケラチン(羊毛)、ヒアルロン酸Na、ジリノール酸ジイソプロピル、イソステアリン酸イソステアリル、リンゴ酸、乳酸、BG、ステアルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムメトサルフェート、PPG-4セテス-20、イソプロパノール、シクロペンタシロキサン、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー、アモジメチコン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

(ボタニスト公式サイトより引用)

 

このスムースは、公式ページでは以下の様に説明されている。

 

 

『髪に自然の恵みを』 

さっぱりとした洗い心地で髪にハリ・コシを与え、サラサラとした軽やかな仕上がりへ 

 

・植物由来の洗浄成分を配合 

「自然の恵み」そのものにこだわり、健やかな髪、地肌へと導きます。 

 

・ダブルフレグランス 

 自社サイトと店舗オリジナルの限定としてミュゲ(すずらん)とチュベローズの香りを 

 特別感のある香りとしてお楽しみいただけます。 

 

・臭いの元となる皮脂を取り除き、植物由来の洗浄成分で洗い上げます。

 

  

[ノンシリコン][合成着色料・ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Naフリー]

(ボタニスト公式サイトより引用)

 

 

最後が:

 

 

 

スカルプだ。

 

スカルプの特徴は、以下のようなものだ。

広告

ボタニスト スカルプ

ボタニスト スカルプ 公式YOUTUBEより引用
ボタニスト スカルプ 公式YOUTUBEより引用

こちらも黒いキャップに、白いボトルが目印だ。

 

スカルプは、画像にもあるように、アップルとライム香りで、

 

頭皮と髪を優しく洗い上げてくれるようだ。

 

配合されている植物成分は以下のようだ。

 

植物エキス 8種類配合

 

・ココヤシ

 

・パームヤシ

 

・ダイズ

 

・トウモロコシ

 

・ローズマリー

 

・甘草

 

・リンゴ酸

 

・サトウキビ)

 

と、上記の二つより多い種類が配合されている。

 

スカルプの成分一覧は次のとおりである。

 

水、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、PEG-30フィトステロール、ローズマリー葉水、サトウキビエキス、グリチルリチン酸2K、リンゴ酸、ジステアリン酸PEG-150、エタノール、BG、DPG、EDTA-2Na、塩化Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

(ボタニスト公式サイトより引用)

 

 

スカルプシャンプーと言えば、ラウレス硫酸Naなどの、高い洗浄力をもったものが主流だが、こちらはフリーのようだ。

 

以下が、公式サイトにある説明文である、

 

・こだわりの植物由来成分配合

 

・華やかさを彩るアプリコットとジャスミンのダブルフレグランス(モイスト)

 

・「せっけん成分」で刺激物から身を守り、水分を保ちます。

 

・髪をふんわりした仕上がりに仕上げます。

 

・こだわりの植物由来成分配合

 

・植物エキス 8種類配合(ココヤシ・パームヤシ・ダイズ・トウモロコシ・ローズマリー・甘草・リンゴ酸・サトウキビ)

 

・ボタニカルウォーター(ローズマリー葉水)で洗い上げます。

 

・頭皮と髪を優しく洗い上げます。

 

※アミノ酸由来の洗浄成分が髪と頭皮をマイルドに洗い上げます。

※弱酸性pHのシリコーンフリー・シャンプーです。

 

・Wフレグランス(アップル&ライム)

 

・植物由来のグリチルリチン酸ジカリウム配合(スカルプライン 共通)

 

・シリコン・ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na・合成着色料フリー

(ボタニスト公式サイトより引用

 

 

次に:

 

 

トリートメントでは、シトラスとムスクの香りで、さっぱりとした印象であるようだ。

 

頭皮ケアをしながら、健康な髪へ導くことを目的としている。

 

成分一覧は、以下の通りだ。

 

水、セタノール、グリセリン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ソルビトール、グルタミン酸、オレイルアルコール、PEG-30フィトステロール、ヒマワリ種子油、マカデミアナッツ油、シア脂、ヒアルロン酸Na、加水分解ケラチン(羊毛)、ローズマリー葉水、グリチルリチン酸2K、スギナエキス、ホップエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、レモン果実エキス、ローズマリーエキス、クララ根エキス、センキュウ根茎エキス、アンズ種子エキス、カワラヨモギ花エキス、シャクヤク根エキス、エタノール、BG、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香

(ボタニスト公式サイトより引用)

 

 

このスカルプは次のような人におすすめである。

 

頭皮の乾燥が気になる。

 

髪のハリとコシが気になる。

 

さっぱりとした洗い上がりが好み。

 

という人のようだ。

 

こちらも公式ページで、このような説明がある。

 

・頭皮につけられるトリートメント。頭皮からいたわることで、髪にツヤやハリ・コシを与えます。

 

・こだわりの植物由来成分配合。

 

・植物エキス 18種類配合(ココヤシ・パームヤシ・ダイズ・トウモロコシ・ローズマリー・甘草・マカデミアナッツ・ヒマワリ・シア脂・スギナ・ホップ・セイヨウアカマツ・レモン・カワラヨモギ・アンズ・クララ・シャクヤク・センキュウ)

 

・ボタニカルウォーター(ローズマリー葉水)で頭皮をいたわり、うるおいを与えます。

 

・頭皮につけてご使用いただけます。頭皮のマッサージで地肌をほぐし、巡りをケア。  ※頭皮のスキンケア感覚でご使用いただけます。

 

・シリコン・ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na・合成着色料フリー

以上が、ボタニストの種類と、それぞれの説明である、 

 

また:

 

 

ボタニストの商品コンセプトが詳細に、以下の動画で説明されている。

 

2分ほどの動画なので見て見ると、より、ボタニストがビジュアルでわかるだろう。

 

ちなみに:

 

 

ボタニストは、さらにボディーソープもシリーズとして出している。

 

そのコンセプトをわかりやすく伝えているのが以下の動画である。

 

 

これでボタニストの事が、お分かりいただけただろう。

 

シリコンや、ラウレス硫酸Na、ラウリル系も無添加だ。

 

また、植物由来の天然成分を配合しており、使用者の肌の安全を守るコンセプトがストレートに伝わってくる。

 

このボタニストは何か月も待たないと買えないほど、バカ売れした。

 

少し前は、手に入るのは難しく、とにかく話題を呼んだシャンプーとトリートメントだ。

 

 

だが:

 

 

使用者からの口コミに、異変が生じているのだ。

 

それはどんなものか?

 

次に、その内容をひも解いていこう。

 

ボタニスト(botanist)がべたつく。という口コミが後を絶たない・・・。

まずはボタニスト(botanist)がべたつく。という内容を知ろう
まずはボタニスト(botanist)がべたつく。という内容を知ろう

ブームを引き起こしたボタニカルシャンプーのボタニスト(botanist)。

 

ところが:

 

 

 

使用者の中には「髪がべたつく」

 

「洗った感じがしない」

 

「かゆくなってきた」

 

という声が多くあるようだ。

 

もちろん髪質とシャンプーの使用感や仕上がりには個性があり、ユーザーが求めるものも、メーカーが提供するものも個性的だ。

 

 

ここではボタニスト(botanist)を口コミをもとに分析し、分かりやすくまとめてお伝えしたい。

 

 

ではあなたが気になる質問とは、以下のはずだ。

 

それは:

 

なぜボタニストはべたつくのか?

 

である。

広告

なぜボタニスト(botanist)はべたつくのか?

なぜボタニスト(botanist)はべたつくのか?
なぜボタニスト(botanist)はべたつくのか?

ボタニカルの言葉を有名にしたボタニストだが、口コミをよく見て見ると髪がべたつく。という意見が多くなっている。

 

ボタニスト(botanist)がべたつく原因は何か?

 

現在、使用者からの意見では原因とは・・・、

 

ボタニスト(botanist)のリンスに含まれるシリコンが原因だ。

 

という人もいたり、トリートメントなどが髪に合わないなどという意見が多い。

 

ところが:

 

 

これは本質的な問題ではないように私は思っている。

 

なぜなら、

 

シリコンシャンプーも髪がべたつきやすくなるというのは傾向としてあるのはあるだろう。

 

だが、それが頭皮にできものが出来たり、皮膚科に行くなどの大事になるのは稀のように感じている。

 

しかも、

 

 

その情報はとても、少しかしな情報である。

 

なぜなら:

 

 

ボタニストは基本的にノンシリコンだからだ。(シリコン配合もある)

 

またノンシリコンシャンプーも髪がべたつくということは、

 

私の経験的に、普通のシャンプーからは実感が少ない。

 

では何か?

 

 

 

このようなボタニカルシャンプーは自然由来の植物成分を90%以上という高い比率で作られているシャンプーだ。

 

これはオーガニックシャンプーのように自然由来を90%として安心と安全にこだわっている商品と共通している。

 

 

でも:

 

このような商品には、共通した課題を抱えていることがある。

 

 

それこそ・・・。

 

 

 

洗浄力という問題だ。

 

詳しく説明しよう。

 

安心安全を追求していけばいくほど、洗浄成分も天然成分にこだわりをもって商品を選ぶ人が多くなる。

 

もちろんメーカー側も天然由来や天然成分の洗浄成分を取り入れた商品をたくさん用意している。

 

しかし:

 

 

どうしても天然成分だけのシャンプーでは、洗浄力が足りない。

 

化学的な洗浄力には到底かなわないのだ。

 

これにはまだ続きがある。

 

ボタニカルシャンプーとして販売を開始したモイストダイアンのボタニカルシャンプーを使用した方々や、口コミからも、まったく同じ意見が多数見て取れる。

 

つまり:

 

 

自然派で安心はいいのだが、その分洗浄力を落とすことになり、洗浄力が弱い分だけ頭皮に汚れやシャンプー成分が残りやすくなるのだ。

 

頭皮からは常に油脂が分泌されている。

 

これは頭皮をある程度は必要である。

 

その理由は:

 

 

 

保湿しておくことと、人体に害のあるカビやウィルスなどが繁殖しないバリアにもなっているからである。

 

ところが:

 

 

これが大量になると雑菌が繁殖する原因ともなるのだ。

 

頭皮の油脂や皮脂は、落としすぎても菌への抵抗力が落ちてしまう。

 

そのため、落としすぎも頭皮トラブルのもととなる。

 

だが、

 

 

多すぎてもまた雑菌が繁殖しやす環境になり、頭皮トラブルを招く。

 

広告

髪は洗っていなかったり、また洗い残しがあったりすると、頭皮に油脂が貯まり続ける。

 

 

これが全体的に起こり、長期間続くと「べたつく」髪になってしまう。

 

そして:

 

 

べたついた頭皮の状態は、上記の様に雑菌が繁殖しやすい環境になり、かゆみ、フケ、抜け毛やできものを発症させるという原因になっていく。

 

つまり:

 

 

 

これが洗浄力の弱いシャンプーになると一層起こりやすいのだ。

 

 

また、汚れが残り、頭皮トラブルまでの一連の流れは個人の差によって違いがり、トラブルの症状が出るのが早い人と、遅い人がいるようだ。

 

あなたは頭皮トラブルが起こりやすいか?それとも起こりにくいか?

あなたは頭皮トラブルが起こりやすいか?それとも起こりにくいか?
あなたは頭皮トラブルが起こりやすいか?それとも起こりにくいか?

ボタニスト(botanist)でべたついた人の口コミをまとめてみて気が付いたことがある。

 

それは:

 

 

ボタニストで頭皮トラブルに発展するケースやペースには個人差があるという事だった。

 

ボタニスト(botanist)の口コミの中には、もちろん良いものもあるのは確かだ。

 

ただ注意したい:

 

 

それらはモニター・プレゼントの口コミである事が多い。

 

これははじめは高評価につながる。

 

そして、その高い評価を信用して購入者が増える。

 

知名度も高まり、商品は売れていく。

 

だが、

 

 

高評価の口コミとは違う現実が浮き彫りになるのだ。

 

まずボタニストの口コミの数から見て見よう

 

口コミ数は:

 

 

1545件である。

 

 

これを購入者の口コミだけに絞ってみると、どうなるか?

 

それが:

 

 

1203件となる。

 

 

これが、冒頭で言ったカラクリの一つだ。

 

 

これらを差し引くと、モニターの人数がおおよそわかる。

 

その人数が:

 

 

342件となった。

 

付け加えるとこの342件という数字は、自社のモニターと、ブロネットなどを通じたモニター・プレゼントの口コミの数であることが多い。

 

これは:

 

 

メーカーや販売者側の認知やブランディングを促すためのマーケティング前略で、これを読んだユーザーが興味を持ち、拡散したり、購入しることを目的に行われてている。

 

 

 

ちなみに以下のホームページが有名な口コミマーケティング会社である。

 

ブロネットホームページより引用
ブロネットホームページより引用

平均的なモニター・プレゼントの数は、150から300個ほどを配っているようで、これは上記のボタニストのモニター・プレゼントの口コミの数とほぼ一致する。

 

300以上を超えたものは、おそらく自社モニター・プレゼントの口コミの数だろう。

 

さらに:

 

 

モニター・プレゼントの口コミでは、評価はおのずと高いのが特徴だ。

 

これでは実際にお金を支払って試すユーザーにとって、あまり効果的な口コミ内容ではないし、現実が食い違ってしまうのは確かにあるだろう。

 

それでも:

 

 

購入者で口コミをしている人が、1201件あるというのは購入に大きくつながっているといえるが、もっと大切な情報はリピートしているかどうかだ。

 

ボタニストのリピート購入者の数は・・・。

 

 

201件であった。

 

(時期が違うので私の最終確認は207件だ)

 

 

これは、6人に一人がリピートする計算になる。

 

ところが:

 

 

リピートの口コミの多くが、初めて購入したものばかりの口コミもまぎれている。

 

そのため:

 

 

この計算は正確には成り立たないのだが、実際に口コミの内容を見て見ると、ボタニストの内容が分かる。

 

モニターの口コミとはかなり開きがあるのに驚いた。 

 

それは何かというと?

 

 

・「香りはいいけど、くせ毛がひどくなった。」

 

・「髪が広がった。」

 

・「本当に合わなかった。」

 

・「伸びた髪の毛がうねっていた。」

 

・「髪が重たくなった。」

 

・「触るとべたつきが増えた。」

 

・「自分の髪がべたつくと思ったのは初めての経験。」

 

・「フケが増えた」

 

などなどだ。

 

一度は良かったが、使い続けてくると、髪が重たくなる、フケが出るなどの口コミが多くある。

 

さらに:

 

 

開きのある口コミは続く。

 

・「尋常じゃないくらい頭皮がかゆくなり、べたついた。」

 

・「髪の毛が束になる感じになった。」

 

・「乾かしても重い。」

 

・「髪の当たる首のあたりに湿疹ができた。」

 

・「寝起きの広がりがすごい。」

 

・「頭にニキビができた。」

 

広告

 

このような口コミを非常に多く見て取れたのだ。

 

また使い初めにも多く頭皮トラブルがあるようだった。

 

もちろん:  

 

ボタニストの購入者の確かに良いものもある。

 

良い口コミは:

 

髪がサラサラになった。

 

香りがいい。

 

つやが出た。

 

バサバサだった髪がまとまるようになった。

 

などなどだ。

 

 一方で:

 

 

評価の高くない口コミの内容が、上述したようなもので、

 

べたつくようになった。

 

ベタベタがまったくとれない。

 

お風呂に入ったのに入っていないようだった。

 

フケが出てきた。

 

抜けが多くなった。

 

などなどが続出しているのだ。

 

 

問題は:

 

 

モニターを利用したマーケティングで、最初に口コミを書いた人たちは・・・

 

 

評価が高めになる。

 

という事だ。

 

これを信用して、購入が次々と多くなっていく。

 

そして:

 

 

予期せなかった問題が浮き彫りとなる。

 

今回は多くの口コミから、

 

洗浄力の弱さがべたつきや、頭皮のトラブルを起こしている原因という事が分かった。

 

 

でもなぜ?

 

 

このような事態が広がったのだろう?

 

それは、

 

 

もう一つのカラクリにあるのだ。

 

それが次のとおりである。

大手検索サイトなどの検索結果にある情報は、偏っている。

というカラクリだ。

 

このようなカラクリがなぜ起きるのか?

 

知らない人は実に多くいる。

 

実は:

 

 

ボタニストのような商品は、口コミを紹介てたり、自分で使用した感想をブログやホームページに書いたり、

 

たくさんの人がボタニストの事を書いている。

 

だが:

 

 

その情報は非常に偏ったものばかりになるのだ。

 

なぜか?

 

 

上記のブロネットのように、感想や口コミを紹介している人は、なにも企業に登録しているユーザーだけではない。

 

実際に売って、その紹介料をもらっている人も多くいるからだ。

 

これをアフィリエイトやアフィリエイターという。

 

アフィリエイターは当然、自分の売り上げが欲しい。

 

そのために記事を書くのだ。

 

だから、

 

 

モニター同様に、掲載されている情報は、高く評価しがちになる、

 

おススメをするのだから、マイナスな事は書く必要はないし、そのようなアフィリエイターは少ない。

 

買ってもらえなければ、収入にならないし、記事を書いたり、商品を紹介した意味がない。

 

 

あなたが同じ立場だったら?

 

 

きっと、

 

 

商品の良い所をピックアップして、ネットユーザーに伝えるはずだ。

 

アフィリエイターは、検索で上位表示させるプロである、

 

Googleでの上位表示こそ、彼らの収入と直接に繋がるのだ。

 

そのような、ボタニストを紹介して売りたい、プロ集団が、グーグル検索の上位を牛耳っている、

 

だから:

 

 

あなたが見る情報は、ボタニストの偏った情報ばかりになる。

 

これがもう一つの、

 

 

 

カラクリだ。

 

 

 

このカラクリは、口コミマーケティングよりも、種類が見分けずらい。

 

なぜなら:

 

 

純粋に検索していくと、アフィリエイターの情報がトップから3ページまであるのだ。

 

だから、

 

 

どのページをクリックしても、表現が違う、商品のメリットしか書かれていないことが多いのだ。

 

あなたが:

 

何かの商品に興味を持ち、

 

調べている時、

 

その情報とは、そのように操作されている情報が多くある。

 

というか、

 

そればかりがほとんどだ。

 

こんなにも多くのサイトで、良いことが書かれているのだから、

 

「とりあえず、

 

  一本買ってみよう。」

 

このように購入する人は非常に多くいる。

 

 

それで、

 

 

失敗したとか、自分に合わなかったという人や、口コミが多くなってきたのだ。

 

口コミを見ていくと:

 

 

そのような人は、捨てるのはもったいないし。

 

何とかボトル一本を使い切るために、色々な努力をしているのが分かった。

 

 

 

それが、以下にある内容だ。

 

見て見よう。

 

広告

もったいので、ボタニストの使い分けで難をしのいでいる。

これらのカラクリによって、被害は大きく拡大しているようだ。

 

 

このような口コミが増えてきた中で、

 

ボタニストを捨てるのがもったいないとか、

 

どうにか自分流に使う、

 

といった理由で、使い分ける人が多くいたのだ。

 

使い分けとは?

 

どのようなものか簡単に見ていこう。

 

 

それは以下のような内容である。

 

 

例えば:

 

シャンプーは洗浄力の強いものにして、トリートメントやリンスをボタニストにする。

 

またはシャンプーをボタニスト、リンスやトリートメントを他のメーカーのものにする、などだ。

 

さらに:

 

 

このシャンプーとリンスの使い分けは、ご自身の頭皮や髪質に歩調を合わせ使い分けているようだ。

 

肌には、

 

脂性肌、

 

敏感肌、

 

乾燥肌、

 

混合肌、

 

があるが、

 

ボタニストに良い肌質の人はどのようなものかというと、

 

それは:

 

 

 

乾燥肌である。

 

もっと詳しく言うと、

 

 

かなりの乾燥肌の人だ。

 

乾燥肌の人はむしろ皮脂や油脂が不足している。

 

そのため、

 

汚れが強烈に落ちてしまうようなシャンプーは、逆に外敵からのバリアが無くなり、頭皮トラブルを招きやすい。

 

ところが:

 

 

ボタニストは、洗浄力が弱く、化学的な成分もない。

 

そのため乾燥肌の人は使用が合う事が多いようだ。

 

 

乾燥肌とは頭皮バリアが非常に薄い。

 

だから:

 

 

敏感肌であると勘違いしている人も多い。

 

敏感肌の人も、本当は乾燥からくる皮膚ダメージであることを知らないことが多い。

 

 

自分は乾燥肌よりかな、と思っている程度の人は、むしろ頭皮トラブルを招きやすいかもしれない。

 

さらに脂性肌と、混合肌では頭皮トラブルを招きやすいだろう。

 

 

またモニター・プレゼントの口コミかどうかは定かではないが、良い口コミを信じて皮膚科に行くケースも多発している。

 

皮膚科と美容師に行って言われたことが書いてあったので、紹介したい。

 

ボタニストで皮膚科に行った人の口コミ内容とは

要約すると以下のような口コミだ。

 

「使いはじめて髪が薄くなったといわれることが増えた。

 

 口コミにあるようなべたつきは気にならなかったが、乾かし方が悪いのだと思った。

 

 しかし、その後、頭皮が赤くなり、頭皮がボロボロと剥けだした。

 

 頭皮が荒れてひどい状態になったので皮膚科に行った。

 

 皮膚科の先生にシャンプーを変えてこうなる人が多いと聞いて、先生が勧めるシャンプーに変えた。

 

 その後、改善はしたが、抜け毛がひどく、髪も薄くなりひどいめにあった。

 

 美容師にも何のシャンプー使ってこうなったの?と聞かれるくらいひどく髪は痛んだ。

 

 美容師の方が言うには、同じような皮膚炎に悩まされた人が何人かいるらしい。

 

 洗浄力の弱さが、常在菌のマラセチア菌を繁殖させ、炎症を起こしたらしい。

 

 良い評価だけを信じないように気を付けたいと思う。

 

 使用される方は気をつけて。」

 

という内容である。

 

やはり洗浄力の弱さが、頭皮に住む常在菌を繁殖しすぎてしまうとの診察だった。

 

私たちの頭皮にはマラセチア菌という菌がいる。

 

 

この菌はいつもは外敵から身を守るバリアの役目する。

 

だが:

 

 

汚れが残り続けると、汚れの蓄積に比例してマラセチア菌も繁殖していく。

 

もちろん:

 

 

増えすぎれば頭皮をバリアするどころか、炎症を招いてしまう。

 

できものなどが出来た場合は、すでに常在菌か、その他の菌が繁殖していると思っていいだろう。

 

その場合は、すぐに皮膚科に行くか、使用をやめた方が良い。

 

そして一度、普通の洗浄力のシャンプーに戻すことだ。

 

私たちは:

 

 

昔に比べ、食生活が大きく変化している。

 

それまでは普段口にしなかったような、動物の肉を当たり前のように食べるようになった。

 

動物の油分は消化吸収されにくく、

 

そして:

 

 

頭皮や、皮脂腺から分泌される。

 

だから:

 

 

体全体の汚れは、昔に比べて多く分泌している可能性が高いのだ。

 

 

そのため:

 

 

洗浄力の強さが必要になっているように思える。

 

では:

 

 

このページの結論である。

 

あなたにボタニストは合うのか?

 

どうか?

 

という問いに対する、私の見解を述べるので、最後に見て頂きたい。

 

広告

あなたにボタニストは合うのか?

あなたにボタニストは合うのか?
あなたにボタニストは合うのか?

あなたの髪質や頭皮の質はどうだろう?

 

敏感肌?

 

脂性肌?

 

乾燥肌?

 

混合肌?

 

 

上述したように、敏感肌と乾燥肌で、かなり症状の辛い場合はむしろ、天然原料の多く、洗浄力が強くないボタニストは有効かもしれない。

 

というのも: 

 

 

私や私の家族は、特に乾燥や敏感には困っていため、ボタニストの使用は避けている。

 

これはボタニストだけでなく、洗浄力の弱いものや、洗い上がりがしっとりするようなシャンプー全般を避けている。

 

その理由も:

 

 

私のような肌質の人は汚れが残りやすく、

 

さらに自分で分泌してしまう油脂で頭皮状態を悪化させてしまう可能性があるからだ。

 

 

とくにかゆみが出てきたら、雑菌が繁殖しているサインだから、

 

すぐに使用をやめた方がよいだろう。

 

さらに:

 

 

できものがなおさらだ。良い口コミを書いている人は、乾燥肌や、頭皮も乾燥で、油脂の分泌の少ない人に共通している。

 

つまり:

 

 

今以上に潤いや保湿が欲しいという方だ。

 

このような方にはボタニストを使用していても、むしろ優しい商品に感じるだろう。

 

あなたはどうだろう?

 

もし、

 

 

乾燥よりかな?敏感な方かな?という具合だと、後々頭皮トラブルを招くかもしれない。

 

特にこの辺においては注意して検討をしていただきたい。

 

 

女性は死ぬまで美しさを求める。

 

それは当たり前の事であり、

 

むしろそうするべきではないだろうか?

 

あなたにぴったりのシャンプーやコスメを、心から満足して使用できれば、多くの作用があなたの美の形成に役に立つ。

 

これは経験上ではなく、ヒトの体とは本来そうできているからだ。

 

詳しくはこのページにリンクされているページや、その他のページを読んでいただきたいと思う。

 

 

あなたが素敵な女性の、素敵な人生を歩まん事を心から願って・・・。

 

広告