【何語?】ボタニカルbotanicalとは?意味を解説。ファッション,インテリア,オーガニックとの違いとは?

これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは

ボタニカルとは英語でbotanicalと表記し、意味は植物性や植物由来などであることは知っている人も多い。

 

ボタニカルの反対は、ケミカル(chemical)で、化学的、化学合成由来などを意味する。

 

これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは
これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは
広告

またボタニカルとは、ファッションなどでよく使われている柄でもある。

 

 

上のような柄だ。

 

 

これはグーグル検索で「ボタニカル柄」で画像検索したときのトップページである。

これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは
これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは

このようにボタニカル柄は、植物のアットランダムな柄であり、よく見るとワンピースなどにも使用されていて、最近ではリゾートファッションやゴルフウェアなどにも多い。

 

これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは
これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは
広告

女性に嬉しいボタニカル商品がある。そう化粧水やシャンプー!

 

最近はさらに女性の間でシャンプー、化粧水などのスキンケアコスメも続々と登場している。

 

ボタニカルシャンプーは一世を風靡したともいえる。

ボタニストは株式会社I-neという大阪の会社から発売された、ボタニカルシャンプーである。ボタニストはかなりの反響を呼び、ボタニカルというジャンルを開拓した商品だ。

 

しかし:

 

 

 

最近になり、ボタニストの口コミで髪がに変化が訪れている。

 

それらは・・・・?

 

 

 

べたつく、フケやかゆみが止まらない。

 

またはできものができた。

 

などという口コミが多くなってきているのだ。

 

このボタニストというシャンプーはコンセプトからしても決して悪い商品ではないのだが、使用者の意見を見て見ると、特にべたつく、フケ、かゆみの内容が多く見える。

 

さらに付け加えると:

 

 

 

これはボタニストだけではなく、モイストダイアンから発売されているボタニカルシャンプーにも同様の口コミが多くなっている。

 

購入を考えているなら、ボタニストやモイストダイアンのボタニカルシャンプーでのかゆみ等については、それに関するページをリンクしておいたので、ぜひ参照頂きたい。

 

混乱しやすいが、あなたは理解できる!ボタニカルの範囲の広さと品質

ボタニカルの範囲は、上述のように植物的な要素のことであるため、非常に広く扱われている。

 

つまり:

 

 

植物的な要素は全て、ボタニカルと言える。そして、少量であろうと「これは植物由来の成分だ」といえば、ボタニカルと販売しても何もお咎めはない。

 

ボタニカルにはオーガニックと大きな違いがあり、ある大きな要素が欠落しているのだ。

 

大きな要素の欠落とは何か?

 

 

 

それは「定義」や「決まり」だ。

 

広告

ボタニカルの範囲は、上述のように植物的な要素のことであるため、非常に広く扱われている。

 

つまり:

 

 

植物的な要素は全て、ボタニカルと言える。そして、少量であろうと「これは植物由来の成分だ」といえば、ボタニカルと販売しても何もお咎めはない。

 

ボタニカルにはオーガニックと大きな違いがあり、ある大きな要素が欠落しているのだ。

 

大きな要素の欠落とは何か?

 

 

 

それは「定義」や「決まり」だ。

 

ボタニカルという表記のある商品には定義がほぼないと言っていい。

 

そのためボタニカルをうたう商品にも、非常に広範囲な意味合いで使用されているのが現状だ。

 

つまり:

 

 

 

なんでもかんでも植物由来であれば、そのレベルは問われない。

 

販売側がボタニカルと言えば、それはボタニカルの商品となるのだ。

 

これにはとても一般消費者にとって、大切な要素が含まれている。

 

何か?

 

 

 

一言で言うなら、安心と安全性である。

 

特に肌に直接美容成分を与えたり、直接触れるような化粧水やスキンケア用品、シャンプーなどは肌への安心も考えなくてはならい。

 

そのため化粧水やシャンプーなどは人の肌に触れても安心であるか?

 

また本物であるか?

 

という要素は非常に大切である。

 

特に化粧水では、顔に浸透させるものであるから、どれくらいのレベルの商品を、実際に使用するあたたが求めているかが非常に重要になってくる。

 

 では:

 

 

どのようなボタニカル化粧水が現在売られているのか?安全性なども踏まえて解説したい。

 

そのあとにボタニカルシャンプーについても簡単に触れていきたいと思う。

 

以下でLOVE YOUR SKINが分かる

LOVE YOUR SKINは、ボタニストを世に出した株式会社I-neのボタニカル化粧水だ。

 

公式ページを見てわかる通り、このボタニカル化粧水はかなりプロモーション力が上手で、つい手が伸びてしまうような商品に感じてしまう。

 

そして、現在アットコスメでの口コミは非常に多い。

 

その口コミ数は:

 

 

 

204件だ。

 

 

ところが:

 

 

 

購入者はそのうち60人前後で、あとはモニター・プレゼントの口コミであることがわかる。

 

またリピート購入者は驚く数であることが分かった。ざっとした調査だが。

 

リピート購入者数は:

 

 

わずか4人だ。

 

つまり、モニターの方からも、また実際の購入者からも、それほどリピーターとして購入していないのがうかがえる。

 

口コミの内容としてはおおよそであるが、

 

以下のような感じだ:

 

 

使用感はあっさりした感じで、物足りなさを感じる人もいる。というものらしい。

 

口コミ評価においては、モニター・プレゼントの口コミが良い評価を独占しているため、本当のところ購入者の口コミを参考にした方がよさそうだ。

 

購入者の評価としては、使用感と香りの良さを上げている購入者が多いようだ。

 

ところが:

 

 

肌がひりひりする。などのトラブルもあるようで、またしっとり感を求めている方からは保湿に物足りなさを感じている声が多数みられた。

 

ボタニカルの化粧水といえば、ラブユアスキンのほかにもう一つかなり話題をさらった商品があるのをあなたも知っているだろう。

 

それは:

 

 

ボタニカルハトムギ化粧水である。

 

広告

話題のボタニカルハトムギ化粧水が分かる

話題のボタニカルハトムギ化粧水が分かる
話題のボタニカルハトムギ化粧水が分かる

またその他で話題となっているのがボタニカルのハトムギ化粧水だろう。

 

ボタニカルのハトムギ化粧水は、とても多くの化粧品会社が出しているが、最も有名で、かつ口コミも多いのがイミュというメーカーでブランドはナチュリエというハトムギ化粧水だ。

 

このハトムギ化粧水の口コミは、LOVE YOUR SKINの口コミとはまるで違う。

 

何か?

 

それは購入者の口コミがほとんどということだ。

 

またその数がすごい。

 

口コミ数はなんと・・・?

 

 

 

14916件中もあり、ダントツである。

 

さらにモニター・プレゼントの口コミではなく、実際の購入者の購入者の口コミも驚きの数である。

 

 

その口コミ数は・・・、

 

13141件である。

 

私が調査した時は6月のはじめだが、この記事をリライトしている現在は、口コミ数はさらに伸びていることが確認できた。 

ほとんどが実際の購入者の声であるから、このハトムギ化粧水の口コミは正しい購入基準として活用できるだろう。

 

さらにリピートした人はこの中でどれくらいの人がいるか?

 

あなたは気にならないだろうか?

 

ここではリピートした人の口コミを少しご紹介したい。

 

 

 

 

リピートした人数は・・・?

 

 

4457件だ。

 

まさにアットコスメの会員だけで、3人に1人がリピートして使用している。

 

 

LOVE YOUR SKINもハトムギ化粧水も、どちらもボタニカルで、特にラブユアスキンでは安心安全をアピールしているのがよくわかる。

 

ところが:

 

 

この二つも原料がボタニカルというだけで、その原料の本質はどのようなものかははっきりとはわからなかった。

 

原料は非常に大切な要素となる。

 

なぜか?

 

 

原料の安全性と、さらに品質の良さは商品の品質にかかわってくる。

 

それだけではない。

 

使用者の感じる幸福感や、安心感にも関わってくるのだ。 

 

まず大切な事とは:

 

 

農薬などの汚染があるかどうか、ということである。

 

農薬を使用している原料は、残留している可能性があり、それが化粧水などに混入している可能性もある。

 

また混入していなくても、その心配がストレスになり、心から安心して使用できなくなってしまうことで、肌はダメージを受ける。

 

心の不安で肌がダメージ?

 

 

そう感じてはいないだろうか?

 

実は:

 

 

肌のダメージどころの騒ぎではない。

 

心の安心感が欠如すると、やがては薄毛や、精神疾患へとつながっていくのだ。

 

心の不安は非常に重要な要素であるのはあなたもお気づきだろうが、ストレスと肌の関係を詳しく知っていて、かつ実践している人は少ない。

 

ここではっきりとそれをお伝えするならば、ストレスと肌の関係。

 

それとは:

 

 

 

肌のコラーゲンの生成と分解にかかわっている、ということだ。

 

ストレスとコラーゲン
ストレスとコラーゲン
広告

ストレスは肌を傷つける本当の理由とは

ストレスは肌を傷つける本当の理由とは
ストレスは肌を傷つける本当の理由とは

ストレスは肌のコラーゲンやタンパク質を分解し、体外に排出してしまう。

 

体外に排出されたコラーゲンは、また外から食事などで摂取しなくてはならない。

 

だがここで大きな問題が発生するのだ。

 

それは:

 

 

 

人はストレス環境下では、タンパク質やコラーゲンを肌に届けることは出来ないのだ。

 

肌が合成されるには食事からのタンパク質やコラーゲンを分解し、そして合成という過程で、肌細胞を作る。

 

ところが:

 

 

ストレス環境下が続くと、この合成作用がされることが減り、タンパク質は分解の一途をたどる。

 

つまり:

 

 

 

ストレスとは、肌を壊す一方なのだ。

 

 

そのためにあなたが心から安心できるようなボタニカル化粧水の使用がおすすめなのだ。

 

ボタニカルの商品には定義がはっきりされていないし、認定基準もない。

 

だからこそ、中身はメーカ側の都合の用意用に解釈されてしますことが多い。

 

是非とも中身の確認などをして、心から安心して肌に与えることのできる簿谷あkる商品を見つけて頂きたい。

 

もっと注意して使用を決断すべき!ボタニカルシャンプー

もっと注意して使用を決断すべき!ボタニカルシャンプー
もっと注意して使用を決断すべき!ボタニカルシャンプー

ボタニカルシャンプーはボタニストで一世を風靡した。

 

現在はモイストダイアン、ラックスといった大手までボタニカルシャンプーを発売している。

 

ところが:

 

 

上述したようにボタニカルシャンプーの口コミは最近になり、ある異変が起きているのをご存知だろうか?

 

ある異変とは・・・?

 

 

ボタニカルシャンプーの使用者の髪の毛がべたつく。

 

フケが出る。

 

かゆみが出る。

 

 

そして最も深刻なものが:

 

 

できものが出来る。

 

といったものだ。

 

これらは安心と安全を優先し過ぎてしまい、オーガニックシャンプーの様に商品を作ってしまったことに原因があるようだ。

 

ボタニカルシャンプーの中には、植物由来や植物性を意味し、購入する一般消費者に安心と安全をアピールしているものが多くある。

 

安心と安全を追求するのは良いのだが、汚れを落とす要素まで、自然由来にしたものでは、ある欠点を生まざるを得ない。

 

それは:

 

 

どうしても洗浄力が落ちてしまうという欠点だ。

 

この落ちてしまった洗浄力が、頭皮トラブルのもとになっている。

 

また逆を言うようだが、洗浄力を強くすることもボタニカルシャンプーでは可能だ。

 

当然のように、安心と洗浄力を兼ね備えた商品を使用できることは消費者としても有難いものだ。

 

これもボタニカルの定義のあいまいさがあるからであり、それはボタニカル商品の良いところかもしれない。

 

増え続けるボタニカル商品シリーズ!でもあなたには本当良いものが分かるようになる!

今は徐々にボタニカルの商品が出てきている段階であるが、広い範囲で使用されている言葉のため、これからは商品のラインナップも非常に豊富なものが出てくることが予想できる。

 

事実、ツイッターでも、ボタニカルと言えば何でもよいのか?という皮肉交じりのツイートを見たことがある。

 

本当に日に日にボタニカルという商品名を付けた商品が出てきているように感じる。

 

テレビCMでもボタニカルシャンプーとは言わなくても、ボタニカル成分配合など、姿や形を変えてメーカーやブランドはアピールしている。

広告

ボタニカル化粧水や商品で、安心の象徴を知るには。

ボタニカルの商品でも、オーガニック原料が使用されていることが多くある。

 

このような商品の値段はそれなりに高くなる傾向があるが、オーガニック原料を使用しているという時点で、ある程度の安心感は担保されているだろう。

 

なぜか?

 

 

オーガニックには定義が存在しているからだ。

 

ボタニカルは植物という意味合いで何でも使用されるのに対し、オーガニックにはしっかりとした定義がある。

 

オーガニックの定義とは

化学合成で得た農薬と肥料を3年以上使用していない作物。という定義だ。

 

化学合成で得た農薬や肥料は、人体にとって非常に危険であることは言うまでもない。このような栽培方法を有機栽培や、オーガニック栽培と言う。

 

ところが:

 

 

 

ボタニカルにおいては農薬や肥料の制限があるかといえば・・・?

 

これが一切ないのだ。

 

 

詳しく言うと、たとえあるボタニカル商品が農薬を大量に使用していたとしても、ボタニカルと表記し、この流行に乗り自然由来や安心感をアピールすることが出来てしまう。

 

これは消費者にとっては非常に危険のように感じる。

 

ではオーガニックも安心であるのか?

 

というと:

 

 

オーガニックも化学合成で得た農薬でなければ、使用が認められている。

 

ところが有機栽培やオーガニック栽培で使用される農薬にも、しっかりとした殺虫成分や、殺菌成分が含まれている。

 

 

これをあなたが服用したらと想像すると・・・?

 

 

当然危険である。

 

化学合成の農薬は確かに危険だが、有機的な農薬もすべてが安心ではないのだ。

 

では、一番良い物は何か?

 

 

 

農薬を極力使用していないことである。

 

または:

 

 

原料に一切農薬がかかっていないことが証明できる栽培方法や、メーカーの商品である。

さらに、ボタニカルで安心の象徴を知るには?

無添加の商品は多くあるが、ボタニカルを謡う商品でも、無添加であることは安心をアピールでき、かつ無添加は本当に安心の象徴と言える。

 

 実際に:

 

 

無添加をうたう商品は非常に多く有る。

 

たとえばそれらは、保存料、香料、エタノール、鉱物油などである。

 

しかしここで注意してほしいことがある。

 

あなたに注意してほしい事とは:

 

 

無添加は一つだけでも、無添加と言えるのだ。

 

無添加は添加物がすべてない商品のことではなく、一つだけでも添加物が使用されていなければ無添加と堂々と表記できる。

 

そいう場合は小さく、使用されていない添加物が書いてあることが多い。

 

つまり香料がないなら、香料無添加。

 

エタノールがないならエタノール無添加という感じだ。

 

また、上述したが無添加なもので注意したいところといえば、シャンプーやボディーソープなど洗浄力が必要な場合である。

 

すべて無添加にしてしまうと洗浄力が低いものとなる。

 

安心安全を最大限にアピールし、敏感肌の女性には安心して使用できる無添加のボタニカル商品であるが、どこまでの洗浄力を求めるか必要になってくるだろう。

 

洗浄力が弱いより、強くても良い場合は、できる限り化学合成した成分や添加物を避けることで、安心安全にボタニカルの商品を取り入れることができるだろう。

 

広告

これならきっと、あなたは騙されない

ボタニカルという言葉は、安心安全をイメージしてくれるものである。

 

そのため:

 

 

当然中身も安心安全なものを期待してしまうのは、私たち購入者側の心理だ。

 

ボタニカルという範囲が広がり続ける中で、質の良いボタニカル商品を見極め、手にするにはどうしたらよいのだろう?

 

それは、公開情報が一番だ。

 

詳しく説明しよう。

 

 

一言で公開情報と言っても多くのボタニカル商品にはそれぞれこだわりをもち販売されている。

 

そのため何を重要に見たらよいのかが少し大変かもしれない。

 

そこで:

 

 

良質なボタニカル商品は、どのようなものかご紹介したい。

 

まずは以下の事が公開されているか?

 

あるいは問い合わせたら教えてくれるか?

 

そして商品説明にあるか?などを見てほしい。

 

公開されていて望ましい情報:

 

・原料に対する農薬の使用状況

 

・栽培履歴

 

・土の状態

 

・生産者との関係やコネクション、付き合い

 

・農薬が原料のどこにかけられているか

 

・農薬の残留の有無

 

などなどだ。

 

メーカー側がこれらを公開、あるいは問い合わせても返答が出来ない場合は、農薬の使用状況や残留の可能性を理解していないだろう。

 

さらに:

 

 

自分で生産現場に足を運んでいないことが多いだろう。

 

上記の農薬などについてちゃんと答えられる、あるいはホームページなどで公開しているメーカーのボタニカル商品や、ボタニカル化粧水などは安心できるといえる。

 

これで質の良いボタニカル商品がわかる!

ボタニカルの商品は、植物柄の服やシャンプー、化粧水などコスメにも多く広がりつつある。

 

またすでに売られている既存の商品に、ただ「ボタニカル」という表記を追記したものも増えてきたようだ。これもボタニカルの意味や定義があいまいで広いからと言える。

 

上述したように: 

 

 

意味が広いということは、商品の質も広く存在する。

 

そのため、ボタニカルという言葉だけで判断し、品質の悪いものを手にしてしまう可能性があるので注意が必要なのだ。

 

このようにボタニカルにはピンからキリまである。

 

原料の栽培方法もあいまいだし、上述のように農薬散布や残留している可能性も否定できない。

 

さらに:

 

 

日本の農業では、8割以上が農薬散布されたものだ。

 

言い換えれば、安全な原料を見つけることの方が難しいし、メーカー側も手に入れることは出来ないくらい困難なのだ。

 

日本は農薬の使用において世界でトップ3にランクインしている。

 

農薬の使用量に関する情報はネットでもあるし、このページにリンクされているページを読んだりすれば、その真相がお分かりいただけるようになっている。

 

 

ではオーガニックなら確実に安心はできるのだろうか?

 

その答えは:

 

 

私はNOと言いたい。

 

なぜか?

 

 

日本の有機栽培は、農薬の使用が許されている。これは殺菌成分と、殺虫成分が含まれており、当然人間が食べれば危険だ。

 

日本の気候で農薬を使用しないことは、実は相当難しい。

  

なぜか?

 

 

高温多湿の気候では、虫や菌が繁殖しやすく、作物が病気になりやすいからだ。

 

詳しく言うと:

 

 

特に果菜類、果樹、畑で育つ麦や、大豆などは乾燥した大地を好む。

 

乾燥していると、葉や実などにカビなどが生えにくいし、高温多湿に比べ虫も少ない。

 

このような環境で育てば当然、病気もすくない。

 

ところが一方で:

 

 

日本は高温多湿の中で、これら乾燥に向いている作物、あるいは化粧水などの原料を生産している。

 

気候に合っていない作物は基本的に、虫と菌、病気の発生と被害により作物の生育がダメージを受け、生育が遅れてしまう。

 

生育が遅れれば収穫量や品質に問題が生じてくる。

 

ではどうするのか?

 

 

農薬を播くのだ。

 

つまり:

 

 

虫、菌、病気の予防のために日本のような高温多湿の地域では大量の農薬が使用される。

 

しかしそれでも病気になればなおさら、生育が遅れてしまう。

 

多くの農家は生育が遅れて、収穫量が減らないように・・・、

 

肥料を播く。

 

 

そしてこの肥料が、さらに虫を発生させるのだ。

 

付け加えて言うと:

 

 

このとき発生した虫は、食害と言って作物の葉や実など食べる虫ばかりだ。

 

虫を退治するために、はどうすればよいか?

 

おわかりだろう・・・。

 

農薬を播くのだ。

このように複数回に渡って農薬は散布され続ける。

 

そうでないと、日本のような地域では作物がまともに収穫できないのだ。

 

ところで:

 

 

高温多湿でも農薬など播かなくても、虫や病気もつかず、頑丈に育つ農作物がある。

 

それは:

 

 

お米だ。

広告

あなたはボタニカルというだけで真実がわかるようになる

農薬の使用は日本は高い。例えば野菜にしてもなんにしても、国産が安心だという感覚をあなたもお持ちだろう。

 

しかし、こちらを見てほしいのだ。

 

 

 

 

日本の農薬使用量は・・・、

 

出典先http://techno-impex.co.jp/jyo/
出典先http://techno-impex.co.jp/jyo/

またこんなデータもある。

 

http://fujinomi8.exblog.jp/21087915/より画像を引用
http://fujinomi8.exblog.jp/21087915/より画像を引用

あなたはこれでもう、ボタニカルという単語だけが安心の象徴でないことは理解できたはずだ。 

 

これがボタニカルのあいまいさが出来る技であり、一般消費者が知っておくべきことだと思う。

 

 

では、オーガニックなら安心だ。そう思ったのではないだろうか?実のところ、

 

 

 

オーガニックも、

 

 

安心とはいえない。なのにオーガニックは高いのはなぜだろう?

ここでオーガニックの本質も理解できる。

オーガニックにおいて、日本にも海外と同じようにオーガニックの協会や団体などある。

しかし日本においてオーガニックの統一基準はないのだ。オーガニック商品は、原料が最低3年以上、化学合成の農薬と化学合成の肥料を使用していないものとなっている。

 

 

 

 

ところが、

 

 

 

 

あとの原料の調整や内容はメーカーの判断で行われている。今すぐ下の画像を見てほしい。

 

引用元http://joca.jp/cosmetics/genjyou.html
引用元http://joca.jp/cosmetics/genjyou.html

日本にはオーガニックの統一基準がないのだ。

 

さらに:

 

 

世界でもまだ統一した基準がなく、品質も、こだわりも各団体でバラバラだという。

 

ただ、世界的に有名なオーガニック団体の基準を見て見ると、日本よりも厳しい基準であり、農薬の完全不使用を徹底しているものも多くあった。

 

海外製のオーガニック商品はかなり値段が高いが、原料から品質の高いものを使用しているので、輸送コストもさることながら原料コストも高くかかっているのだと思って違いはないだろう。

 

広告

まとめ ボタニカル商品、化粧品の本質を調べよう

上述しようたように、ボタニカルの商品で原料にオーガニックのものを使用しているものもある。

 

その他にも:

 

 

ただのボタニカルの商品というものもある。

 

ただのボタニカル商品は、上述したように一番幅広く使用され、今後増えていくと思われる。

 

つまり:

 

 

 植物由来成分をわずかに含んでしまえば、ボタニカルとして販売できるからだ。

 

もっというと、商品の質の幅も一番広く使用できるのがボタニカルという単語だからだ。

 

よく成分や会社のホームページなどを見て、判断されることをおすすめしたい。

 

 

またボタニカルというだけの商品は、価格的にもリーズナブルなのが特徴である。

 

たとえば:

 

 

以前は植物由来成分配合と販売していたものが、ボタニカルとして売られていることもあるし、リーズナブルすぎる物はよく注意することをおすすめしたい。

 

これであなたは本当のボタニカルを選ぶことが出来る!

私たちはボタニカルということを、安心安全の担保の象徴としてとらえている。

 

そのため植物由来や天然由来の成分を配合していれば、それだけでボタニカルとは考えてはいない。

 

なぜか?

 

 

安心感こそ、女性らしい魅力を与えるセロトニンやオキシトシンといったホルモンを増やすことを助けてくれるからだ。

 

安心感はストレスと違い、肌細胞のコラーゲンやタンパク質の合成を促進してくれる。

 

一方ストレスは:

 

 

 肌細胞を分解してしまう。

 

これは上述したように、ストレスで分泌されるホルモンの作用によるものだ。

 

 安心感とは女性の肌と、そして女性らしい魅力を育むことにとても大切な要素である。

 

ボタニカルという言葉が流行しているからこそ、本当の安心安全が確認でき、癒しを与えれるようなコスメを提供したいと考えたいと考えている。

 

あなたはもう、ボタニカルというだけでボタニカル化粧水やボタニカルシャンプーを安易に購入することはないだろう。

 

あなたは以下の事が出来るようになっているはずだ。

 

それは何か?

 

 

本物を見極め、

 

しっかりとした判断で、

 

納得の上、

 

 

ボタニカル化粧水や、ボタニカルシャンプーなど、ボタニカル商品を上手にライフスタイルに取り入れ、楽しむことが出来る。

 

さらに:

 

 

増え続けるボタニカル商品やボタニカルシリーズでも、もう迷うことは少なくなるはずだ。

 

 

あなたが素敵な女性として光り輝くことを願って・・・。