【CMで話題】モイストダイン ボタニカルシャンプー!!ダイアンボタニカルの口コミ評価を解析!成分内容や衝撃の証言が・・・リフレッシュ、うるおいサボンなど

広告

こんなことをいうと、あなたに同意してもらえるかもしれないが。

 

それは:

 

 

シャンプーを変えるには、とっても、勇気がいる!

 

 

いかがだろう?

 

モイストダイアンのボタニカルシャンプーである、ダイアンボタニカルが、CMなどで人気のようだ。

 

商品コンセプトやデザイン、

 

CMでのイメージも良いのがうかがえる商品だ。

 

だが:

 

シャンプーは、一度購入したら、それを使い続けなくてはならない。

 

それが肌と合わなかったりすると、最悪のケース捨てなければならない。

 

私たちも何度も経験してきた。

 

ここで、今日、あなたにお伝えしたい事は、

 

まさに:

 

 

モイストダイアンの、ダイアンボタニカルの口コミ解析から得られた、答えである。

 

これを読めば、あなたの頭皮と、ダイアンボタニカルがマッチするかどうかが分かるだろう。

 

さらに:

 

 

ダイアンボタニカルは、販売から好調だったが、最近ではトラブルの口コミ内容が増えてきている。

 

なぜ?

 

そんなことが起きるのだろうか?

 

実は:

 

 

そこにはネットで情報を与えている側の、立場のカラクリがあるのだ。

 

それも、余すことなくお伝えするので、楽しみしてほしい。

 

 

こうご期待の内容だ。

 

宮崎あおいさんのCMでおなじみの、ダイアンボタニカルの正体とは?

モイストダイアンとは、

 

株式会社ネイチャーラボという会社の、シャンプーブランドである。

 

その数々の中には:

 

 

山田孝之さんがCMを務める「MARO」や、道端ジェシカさんがCMを務める「ランドリン」などがある。

 

その他にも、多くのシャンプーブランド、柔軟剤、歯磨き粉などを展開している。

 

あなたもご存知のものばかりのはずだ。

 

以下より、企業サイトに公開されているCM動画の一覧を紹介しているので、見て見てほしい。

 

知らない。

 

と感じていても、きっと、「ああ!」と気づいてくれるはずだ。

 

中には、意外なものもある。

 

まずは:

 

 

ここで取り上げているダイアンボタニカルある。

広告

これは知っての通り、宮崎あおいさんのCMで、話題の者だ。

 

次に、

 

山田孝之さんのMAROである。

 

忘れかけた人でも、これでだいぶ気が付いてくれたはずだ。

 

 

では:

 

最後に、歯磨き粉で有名な、「TO BE WHITE」である。

 

以外に、「え?」これもモイストダイアンの仲間なの?

 

と、驚くだろう。

 

このように:

 

 

モイストダイアンのダイアンボタニカルを取り扱う会社は、有名なブランドシリーズばかりを展開ている会社なのだ。

 

最終的にどれくらいのブランドの数を展開している会社なのか?

 

実は:

 

それは、凄まじい量だ。

 

以下が一覧である。

 

見て見ればその数と、ブランドの知名度に驚くだろう。

 

株式会社ネイチャーラボhttps://www.naturelab.co.jp/product/brand.htmlより画像引用
株式会社ネイチャーラボhttps://www.naturelab.co.jp/product/brand.htmlより画像引用

紹介できないほどのブランド数と、

 

紹介する必要もないほどの知名度の高いものが多くあるのがお分かりいただけるだろう。

 

会社の規模的にも、ブランドイメージ的にも全く問題はないようだ。

 

なのに:

 

 

冒頭でも言ったように、

 

トラブルの口コミが増えているのだ。

 

その答えは、もう少し後に言うので、ダイアンボタニカルの真相に、もう少し迫っていこう。

 

 

では次に:

 

 

ダイアンボタニカルにしぼって、細かくご説明していこう。

広告

モイストダイアンのボタニカルシャンプー、ダイアンボタニカルとは?

ダイアンボタニカルのボタニカルシャンプーとは?
ダイアンボタニカルのボタニカルシャンプーとは?

モイストダイアンのシャンプーの中で誕生した新しいシリーズが、

 

ダイアンボタニカルである。

 

 

商品コンセプトは、ボタニカル、つまり植物性や植物由来を主体にし安心安全をコンセプトにしている。

 

その商品の設計は素晴らしいもので、

 

商品シリーズはどれも:

 

 

・90%以上、天然由来成分

 

・日本初のアルガンオイル洗浄成分

  オイルクレンジング効果で

  頭皮に詰まった汚れや皮脂まで

  スッキリと洗い上げる。

 

 

・8種類のレアオイルを配合

  アルガンオイル

  (アルガニアスピノサ核油)

  クプアスバター

  (テオブロマグランジフロルム種子脂)

  バージンプルーンオイル

  (プルーン種子エキス)など、

  ダイアンオリジナルレアオイル8種配合。

 

・オーガニックダイアンボタニカルエキス10種類を配合

 オーガニック

 ローズマリーエキス

 

 オーガニック

 アルテアエキス

 

 オーガニック

 カミツレエキス

 

 オーガニック

 セージエキス

 

 オーガニック

 ラベンダーエキス

 

 オーガニック

 タイムエキス*1

 

 オーガニック

 カレンデュラエキス*2

 

 オーガニック

 ダマスクローズエキス

 

 オーガニック

 ワームウッドエキス*3

 

 オーガニック

 ブレスドシスルエキス*4

 

 *1 タチジャコウソウ花/葉エキス *2 トウキンセンカ花エキス *3 ニガヨモギエキス *4 サントリソウエキス(全て保湿成分)

 

 

公式サイトには、「赤ちゃんと使える」というフレーズのとおり、肌には安心安全を徹底して追及している。

 

まさに:

 

こだわりにこだわりぬいているシャンプーシリーズと言えるだろう。

 

さらに:

 

感心した素晴らしい、商品への安心安全への追及を発表しているので、こちらもご覧いただこう。

 

それは・・・

 

以下の約束である。

 

1、商品の90%は、天然由来成分で作ること

 

2、植物性原料を使用して、可能な限りオーガニック原料を使用すること

 

3、シャンプーは植物性洗浄剤を使用すること

 

4、シャンプーはシリコンフリーであること

 

5、サルフェートフリーであること(ラウレス硫酸Naなど)

 

6、パラベンフリーであること

 

7、合成色素フリーであること

 

8、鉱物油フリーであること

 

9、石油系界面活性剤フリーであること

 

10、エタノールフリーであること

 

11、植物性原料フリーであること

 

12、配合する原料は動物実験をしていないこと

 

13、商品の製造においても動物実験をしないこと

 

14、全ての商品はヒトパッチテストを行うこと

 

(http://www.moist-diane.jp/botanical/about/より引用)

 

という内容だ。

 

これらの約束事は、肌に危険を及ぼすような成分は、フリーであること、

 

さらに:

 

 

動物を使った実験をしていないというのも、商品を使用する人と、自然への配慮をうかがえる。

 

このような商品コンセプトは:

 

 

まさに女性の心を打ち、口コミも、瞬く間に良い評判が広がりそうだ。

 

 

 

肌の事を考えた商品は他にもたくさんあるだろう。

 

それらは:

 

ボタニカルの商品だけでなく、オーガニックの商品も同じことが言える。

 

だが、動物実験までを配慮した商品のコンセプトは斬新で、かつ、女性のこころをくすぐるものではないだろうか。

 

 

良く考えて見ても:

 

 

非の打ち所がないコンセプトに感じざるを得ない。

広告

 

 

現在:

 

 

モイストダイアンの、ダイアンボタニカルにはシャンプーとトリートメントのセットにボディーソープを含めて、4種類ある。

 

それらは全て:

 

 

上記したコンセプトで商品が作られている。

 

購入する私たち消費者からすると、本当に信頼のおける商品シリーズであり、事実そのための徹底した企画性と、努力を感じるのだ。

 

では:

 

 

ダイアンボタニカルのシリーズにはどんなものがあるんだろう?

 

結果的にダイアンボタニカルのどれか、または他の何を選ぶにしても、知っておいた方が良いだろう。

 

でないと:

 

 

ボトルごと廃棄する羽目になってしまう。

抑えておいて損はない。ダイアンボタニカルの種類と特徴、成分解析

リフレッシュ&モイスト(シャンプー、トリートメント)

リフレッシュ&モイスト(シャンプー、トリートメント)ダイアンボタニカルの公式ページより引用
リフレッシュ&モイスト(シャンプー、トリートメント)ダイアンボタニカルの公式ページより引用

一つ目は:

 

リフレッシュ&モイストのシャンプーとトリートメントである。

 

こちらのシリーズには現在、唯一のボディーソープがある。

 

もちろん上述した約束事で、植物由来90%で作られており、7つのフリーと、植物由来の洗浄成分だ。

 

特徴は:

 

 

さっぱりとした雰囲気を醸し出すエキスが配合されているところだろう。

 

それらは:

 

 

レモングラスエキス、

 

ビルベリーエキス、

 

アップルミントエキス

 

などだ。

 

さらに:

 

リフレッシュ&モイストの洗浄成分には、イタリア・トスカーナ地方で栽培されたオリーブから作ったオリーブ洗浄成分が追加されている。

 

 

次にリフレッシュ&モイストの成分を以下に紹介しよう。

リフレッシュ&モイストの成分解析一覧


【シャンプー】

 

水、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa、ポリクオタニウム-10、DPG、アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ、シア脂アミドプロピルベタイン、オリーブ油PEG-7カルボン酸Na、レモングラス葉/茎エキス、ビルベリー葉エキス、アップルミント葉エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、サントリソウエキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ダマスクバラ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ニガヨモギエキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、プルーン種子エキス、アルガニアスピノサ核油、シロバナルーピン種子油、マンゴー種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、バオバブ種子油、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、グレープフルーツ果皮油、塩化Na、ラウリン酸BG、ポリソルベート20、BG、グリセリン、クエン酸、水酸化Na、トコフェロール、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

 

【トリートメント】

 

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、レモングラス葉/茎エキス、ビルベリー葉エキス、アップルミント葉エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、サントリソウエキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ダマスクバラ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ニガヨモギエキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、プルーン種子エキス、アルガニアスピノサ核油、シロバナルーピン種子油、マンゴー種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、バオバブ種子油、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、グレープフルーツ果皮油、パルミチン酸エチルヘキシル、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、グルコース、BG、ジメチコノール、乳酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、トリ水添ロジン酸グリセリル、ステアルトリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、イソプロパノール、グリセリン、乳酸、クエン酸、トコフェロール、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

これら90%が商物成分又は、植物由来の原料とは驚きである。

 

使用感や、口コミの内容は後でご紹介しよう。

 

あと、カラクリも・・・である。

ダイアンボタニカルのオイルシャンプー&トリートメント

ダイアンボタニカルのオイルシャンプー&トリートメントhttp://www.moist-diane.jp/botanical/product/
ダイアンボタニカルのオイルシャンプー&トリートメントhttp://www.moist-diane.jp/botanical/product/ より引用

青系のボトルデザインのリフレッシュ&モイストに対して、ダイアンボタニカルオイルシャンプーとトリートメントは緑系のデザインである。

 

上述したこだわりの内容に加え、オイルシャンプーとトリートメントでは以下のような成分がプラスされている。

 

それらは:

 

 

サクラ、

 

エンドウ豆、

 

海苔、

 

お米

 

 

である。

 

意外すぎるほどの植物成分が配合されているが、日本人の肌や頭皮にあっているという。

 

これらを:

 

以下のような天然エキスとして配合している。

 

サガラメエキス*2

 

ゼイン

トウモロコシ成分*3

 

ハチミツ*4

 

サクラエキス*5

 

サクランスイゼン

ジノリ成分*6

 

ライスペプチド*7

*1 アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ(洗浄成分・シャンプーのみ) *2 サガラメエキス(保湿成分) *3 ゼイン(保湿成分)

*4 ハチミツ(保湿成分) *5 サトザクラ花エキス(保湿成分) *6 スイゼンジノリ多糖体(保湿成分) 

*7 セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク(保湿成分)

(ダイアンボタニカル 公式サイトより引用)

 

 

これらの保湿成分がたっぷりと含まれているので、敏感肌で乾燥肌の方には安心して使用できるコンセプトのようだ。

 

では:

 

成分一覧を見て見よう。

ダイアンボタニカルのオイルシャンプー&トリートメント成分解析一覧

【シャンプー】

 

水、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ポリクオタニウム-10、DPG、アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ、シア脂アミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、ローズマリー葉エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ダマスクバラ花エキス、ニガヨモギエキス、サントリソウエキス、BG、プルーン種子エキス、シロバナルーピン種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、マンゴー種子油、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、サガラメエキス、ゼイン、ハチミツ、加水分解エンドウタンパク、サトザクラ花エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、スイゼンジノリ多糖体、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、塩化Na、ラウリン酸BG、ポリソルベート20、グリセリン、クエン酸、水酸化Na、リンゴ酸、トコフェロール、アスコルビン酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

 

【トリートメント】

 

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、グリセリン、ローズマリー葉エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス、 タチジャコウソウ花/葉エキス、 トウキンセンカ花エキス、ダマスクバラ花エキス、ニガヨモギエキス、サントリソウエキス、BG、プルーン種子エキス、シロバナルーピン種子油、テオブロマグラ

こちらの商品は、本当に保湿にこだわった成分だと感じられる。

 

色々な肌に合わせて、安心と安全を提供していることがわかる。

 

では:

 

 

こちらも、カラクリ含め口コミのまとめた解析を、あとで余すことなくお伝えしよう。

 

ダイアンボタニカル ダメージリペアリング オイルシャンプーとトリートメント

ダイアンボタニカル ダメージリペアリング オイルシャンプーとトリートメント
ダイアンボタニカル ダメージリペアリング オイルシャンプーとトリートメント 公式サイトより引用

最後に、ダイアンボタニカルのダメージリペアリングシリーズである。

 

こちらも:

 

オイルシャンプーとトリートメントであり、特徴としては、以下の様になる。

 

それは:

 

 

ククイナッツオイル、

 

マカダミアナッツオイル、

 

ハワイに古来より伝わる希少なオールドハワイアンオイル

 

を配合している。

 

以下は、商品をわかりやすく伝える、コンセプトフレーズだ。

 

「強烈な日差しに負けない自然の知恵を借りて、しっかり水分を補給しながら髪のダメージ補修を目指します」(公式サイトより引用)

 

日差しのダメージを自然の成分と力で補修するのが、この商品の主なコンセプトのようだ。

 

さらに:

 

以下なような成分で、それを実現している。

 

オールドハワイアンオイル*8

 

ハイビスカスエキス*9

 

グァバエキス*10

 

パッションフルーツ

エキス*11

 

ドラゴンフルーツ

エキス*12

 

*1 アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ(洗浄成分・シャンプーのみ) *8 マカデミア種子油/ククイナッツ油(保湿成分) 

*9 ハイビスカス花エキス(保湿成分) *10 グアバ果実エキス(保湿成分) 

*11 クダモノトケイソウ果実エキス(保湿成分) *12 ピタヤ果実エキス(保湿成分)

(公式サイトより引用)

 

保湿成分に優れた設計となっていて、またハワイアンという南国地域と文化の雰囲気を感じさせる商品だ。

 

では成分の解析はどうだろう?

ダメージリペアリングの成分解析

【シャンプー】

 

水、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ポリクオタニウム-10、アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ、シア脂アミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、DPG、ローズマリー葉エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ダマスクバラ花エキス、ニガヨモギエキス、サントリソウエキス、BG、プルーン種子エキス、シロバナルーピン種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、マンゴー種子油、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、ハイビスカス花エキス、グアバ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、ピタヤ果実エキス、マカデミア種子油、ククイナッツ油、塩化Na、ラウリン酸BG、ポリソルベート20、ジステアリン酸PEG-150、グリセリン、クエン酸、水酸化Na、トコフェロール、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

 

 

【トリートメント】

 

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、グリセリン、ローズマリー葉エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス 、タチジャコウソウ花/葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ダマスクバラ花エキス、ニガヨモギエキス、サントリソウエキス、BG、プルーン種子エキス、シロバナルーピン種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、マンゴー種子油、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、ハイビスカス花エキス、グアバ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、ピタヤ果実エキス、ククイナッツ油、マカデミア種子油、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、パルミチン酸エチルヘキシル、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、ココイルアルギニンエチルPCA、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコン、トリ水添ロジン酸グリセリル、ステアルトリモニウムブロミド、ジココジモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、イソプロパノール、トコフェロール、エチドロン酸、フェノキシエタノール、香料、カラメル

こちらも潤い成分を重きに置いた設計であることがうかがえる。

 

以上の様に:

 

 

全ての3種類(ここではボディーソープは割愛)を簡単に見てきた。

 

文字で起こしても思うが。

 

 

安心と安全、そして使用する消費者のエモーショナルな高ぶりをさせるコンセプトと、実際の内容には脱帽だ。

 

つい:

 

買ってみたい!

 

と、思ってしまう。

 

しかし:

 

 

やはり、すこしそれは待ってほしいのだ。

 

あなたもあまり意識していないことが、ネットの情報には多く潜んでいる。

 

それを冒頭から、

 

 

「カラクリ」

 

と呼んでいるのだが、それをあなたが知ってから、購入を踏み切ってほしいし、それからでも遅くはない。

 

もっと言うと:

 

 

 

カラクリを知ってからの方が、正しい情報のもと、正しい購入が出来る。

 

というものだ。

 

そして:

 

 

あなたが本当に納得した形で、商品購入が出来ればそれは素晴らしいだけでなく、たとえ多少の失敗があったとしても、

 

十分い納得の上なので、

 

騙されたとか、

 

損や悔しい思いはする必要は小さくなるはずだ。

 

そのために、

 

 

このページがあると思っていただければいいと感じている。

 

では:

 

 

あなたにダイアンボタニカルのカラクリを、これからお話しするとしよう。

 

 

広告

ダイアンボタニカルのカラクリ

ダイアンボタニカルのカラクリ
ダイアンボタニカルのカラクリ

ダイアンボタニカルだけでなく、特に新商品や、新しいジャンルの商品位は、このようなカラクリが多く存在している。

 

ネットを中心に存在しているんだが、

 

しかもそれは:

 

 

少なくとも2つあるのだ。

 

それぞれ詳しく、さらに証拠もお伝えしたいと思っている。

 

まずは、カラクリの種類だ。

 

それを次より見ていこう。

ダイアンボタニカルのカラクリその1 口コミマーケティング

ダイアンボタニカルのカラクリその1は、

 

口コミを戦略的に行う、口コミマーケティング企業である。

 

これは有名な企業として、ブロネットという会社がある。

 

この企業は:

 

ブログを運営している個人モニターに、サンプルやモニター提供として本物の商品を配布し、ブログや、アットコスメのような口コミサイトに、口コミを投稿してもらう仕組みになっている。

 

他にも数社あり、

 

また、企業自体が同じようなことを行っていることもある。

 

だが:

 

 

ブログやアットコスメのアカウントを運営している個人だけを集めるのは難しいし、そういったユーザーを大量に抱えているのが、ブロネットのような口コミマーケティング会社なのだ。

 

こういったことは消費者にとって、公平性に欠けているわけではないが、

 

問題は:

 

 

口コミや評価が甘くなる。

 

という傾向が強い。

 

このサイトで運営している、フレリーボタニカルの口コミ内容をまとめたものがある。

 

そこにも、同様のカラクリをお伝えしている。

 

このようなモニターの口コミと、実際に購入した人の、

 

あまりの口コミの差に、

 

驚きを隠せないだろう。

 

もし、購入予定なら見て頂きた内容である。

 

さらに:

 

 

ネット通販大手のアマゾンも、このような口コミマーケティング戦略を行っている。

 

それは:

 

 

アマゾンVINEプログラムというものだ。

 

これも上記と同じく、商品を提供し、そのレビューを記入してもらう会員制度である。

 

次に:

 

 

これも、購入を大きく左右してしまうネットのカラクリだ。

 

それが以下である。

 

見て見よう。

ダイアンボタニカルのカラクリその2 アフィリエイター

ダイアンボタニカルのカラクリその2 アフィリエイター
ダイアンボタニカルのカラクリその2 アフィリエイター

シャンプーやトリートメントをはじめとした商品で、ネット上のアフィリエイターの存在は大きい。

 

アフィリエイターとは、商品を自分のウェブサイトで紹介し、商品が購入されたら紹介料が支払われる。

 

ということを生業としている人の事である。

 

アフィリエイターの数と、企業が利用するアフィリエイトサービスの需要は年々高まっており、マーケットが一層の拡大をしている。

 

私のページでは、ある商品ジャンルをを除いては、アフィリエイトは一切行っていない。

 

本当にお勧めできるものでないと、サイトに記載しないのが個人的なポリシーである。

 

だから:

 

 

ここでは正直に、公平な立場で色々な商品の口コミや、レビューを分析し、余すことなくお伝え出来るのだ。

 

 

実をいうと:

 

 

商品の名前を検索して、トップページにくるのは、公式の商品エージ以外にほとんどがアフィリエイターのウェブサイトである。

 

また:

 

 

口コミも利用して、

 

商品名 口コミ

 

と検索しても、アフィリエイターのウェブサイトが多くある。

 

なぜか?

 

 

アフィリエイターの人たちは、グーグルなどの検索エンジンでトップに持ってくる方法を熟知している人たちである。

 

それだけでなく:

 

 

トップに上がれば、アクセスが集まり、それだけ商品が売れる。

 

だから:

 

 

検索で得られる(あなたが欲しい)商品の特徴は、商品を売りたいアフィリエイターの意見で埋め尽くされることが多くあるのだ。

 

 

商品を売れば、自分の収入になる。

 

だから:

 

 

当然、商品の評価は良い面ばかりになる。

 

検索のトップページから、主要な部分までは、

 

ほとんどがそのようなアフィリエイトを目的としたページが占め、偏った商品情報となることが頻繁に起きている。

 

どのようなサイトがアフィリエイトか簡単に見極めることが出来れば、このカラクリに惑わされることはないだろう。

 

簡単な判断方法を、次にお伝えしよう。

広告

偏った情報を回避する、アフィリエイトサイトの見極め方は

 

商品の購入はこちら、

 

商品の詳細を見る、

 

詳しく見る、

 

などの企業サイトの購入ページへの外部リンクがあれば、

 

それはアフィリエイターのウェブサイトであることがほとんどだ。

 

このページでも企業のサイトをリンクしているが、リンク先のURLは、アフィリエイトではなく、直接的に企業にリンクしている。

 

そのため:

 

 

いくら商品をあなたが購入しても、私に一戦も入ることはない。

 

もっと言うと:

 

カラクリその1と、カラクリその2は、実をいうと共存している。

 

なぜか?

 

 

ブログを運営し、商品を買ってもらいたいアフィリエイターは、

 

出来る限りモニターで商品をもらって、ブログに書き込み、さらには口コミサイトにも書き込み、商品の評判を良くしたい。

 

影響力を持つアフィリエイターは多くいて、その人がモニターにでもなれば、商品の良い情報は瞬く間に広がる。

 

モニターを提供した会社も、影響力のあるサイトに紹介されることを望んでいる。

 

そうなれば:

 

 

そこを利用した企業も大喜びだ。

 

 

だから:

 

 

モニターもランク付けされてることが多くあるのだ。

 

ネットでは、本当に多くの情報がアフィリエイターによって、語られている。

 

だからこそ:

 

 

今回のような「トラブル」な要素に気が付かず、購入を決めてしまう人が多くいる。

 

特に:

 

 

シャンプーのように洗浄に関係し、使用を続けなくてはいけないトラブルの中には、

 

皮膚科に行って治療をするほどのものもある。

 

肌に合う人と、合わない人がいるのは当然だ。

 

だがもっとも危険なことは:

 

 

その情報が偏り、手に届かないことであると感じている。

 

あなたには、私が目にしてた、ダイアンボタニカルの本当の姿を見て頂きたいと思っている。

 

では:

 

 

ダイアンボタニカルの口コミをまとめた答えを、しっかりとお伝えしよう。

 

以下よりお話していく。

 

モイストダイアンのボタニカルシャンプー口コミを解析と要約

モイストダイアン ボタニカルシャンプー口コミをまとめてみた
モイストダイアン ボタニカルシャンプー口コミをまとめてみた

これより:

 

ダイアンボタニカルの口コミをまとめたものを紹介したい。

 

 

ただ:

 

 

口コミをそのまま、紹介するのではない。

 

なぜか?

 

 

口コミの中には大量のモニター提供の口コミがあるからだ。

 

さらに:

 

 

グーグルなどで検索して得た、サイトの内容や、そこで紹介されている口コミも紹介しない。

 

紹介する口コミは全て:

 

 

購入者のみの声である。

 

購入者の口コミを集めるのは、そう難しい事ではない。

 

なぜなら:

 

 

アットコスで簡単に絞ることが出来るからだ。

 

では:

 

それぞれの口コミを実際に絞ってみて見よう。

 

そこには:

 

 

驚く現象が起きる。

広告

ますは、リフレッシュ&モイストの口コミだ

リフレッシュ&モイスト 公式サイトより引用
リフレッシュ&モイスト 公式サイトより引用

アットコスメに投稿されているすべての口コミ数をご存知だろうか?

 

それは:

 

 

現在、330件である。(2017年8月)

 

評価の5、2となかなか高評価といえるものだろう。

 

では:

 

 

購入者に絞ると、何件の口コミになるのか?

 

つまり:

 

 

残りは全てモニター提供の口コミということになる。

 

購入者のみの口コミ件数は:

 

 

なんと、

 

59件。

 

である。

 

実に半分をはるかに超える、

 

271件がモニター提供か、その類の口コミという事だ。

 

この271件の評価が、高評価にしていることは誰でも予想がつくだろう。

 

モニターとそうでない口コミの開きは、どれくらいかというと?

 

当然モニターの口コミは悪い内容はほとんどない。

 

「さらさらになる。」

 

「潤いがキープ。」

 

「すっきりとした感じ。」

 

「天然成分で安心!」

 

「香りがいい。」

 

といった内容が続く。

 

ところが:

 

 

購入者は必ずしも、そのような内容ではないのだ。

 

「潤いが足りない。」

 

「頭皮の乾燥がひどくなった。」

 

「痒みが出た。」

 

「ベタベタになった。」

 

「トリートメントが異常にべたつく。」

 

「シャンプーだけの使用で、ニキビのようなできものが多発した。」

 

「指どおりが悪くなった。」

 

「髪が油の様にテカテカになり、なのにパサつきでまとまらない。」

 

「合わなくて全て処分した。」

 

「引っかかってくしが全く通らない。」

 

などなどが、続くのだ。

 

中には、59件のうちにもモニターというものがあるが、購入したものだけを選択した。

 

評価の多くは:

 

 

1や2が多くあり、

 

評価を下げた人もいくらかいる。

 

また:

 

 

頭皮トラブルの多くは、

 

以前のシャンプーなどに変えたら治った。

 

という人が多くいた。

 

 

ちなみにリピートした人は・・・

 

 

3件である。

 

このうち、リピートで評価を下げた人が1人。

 

うち二人は、かなりの好感触だ。

 

「髪がまとまった。」

 

「天然パーマが落ち着いた。」

 

などの効果などがあったようだ。

モニターと、購入者の口コミの差はご覧通り激しい。

 

さらに:

 

 

検索結果のトップページに出てくる、商品の内容とも異なる点が多くある。

 

全てが悪いわけではないが、このような苦情は多く、それはダイアンボタニカルのみではないのだ。

 

ボタニカルシャンプーで一世を風靡した「ボタニスト」というシャンプーにも、同様の報告が上がっているのだ。

 

しかも、

 

そこには:

 

 

皮膚科に行かざるを得ないほど、頭皮が炎症してしまった例もあるほどだ。

 

この理由はあとで述べる。

 

 

また:

 

 

全てのダイアンボタニカルシャンプーが、リフレッシュ&モイストのようなものかも、確認しておきたい。

 

次は:

 

 

オイルシャンプーの方を見ていこう。

広告

オイルシャンプー&トリートメントの口コミも同じか?

オイルシャンプー&トリートメントの口コミも同じか?
オイルシャンプー&トリートメントの口コミも同じか? 画像は公式サイトより引用

オイルシャンプー系も同じなのか?

 

上述のリフレッシュ&モイストで、かなりのべたつきと、頭皮トラブルを確認できた。

 

もしかすると、オイル系はもっとひどいのか?

 

それとも、

 

こちらは大丈夫なのか?

 

かなり気になるところだ。

 

まず:

 

 

口コミ総数は?というと・・・

 

 

470件である。

 

同じように購入者に絞ると・・・

 

 

188件である。

 

これもおよそ300件がモニターであることがわかる。

 

さらに:

 

 

購入者に絞っても、モニターの口コミが含まれていることは多くあるので、この限りではないだろう。

 

口コミの内容は、バラつきも感じる。

 

だが、やはり:

 

 

頭皮や髪のべたつき、

 

きしみ、

 

フケ、

 

かゆみといったトラブルの声は絶えない。

 

同様の内容が口コミの低い人には共通していることが分かる。

 

それも:

 

 

使用回数が増えれば増えるほど、頭皮トラブルが多発するケースが多くあるようだ。

 

そうでない高評価の人は、

 

購入者は購入者であっても、

 

パウチなどのサンプルを購入して、1回や2回だけの使用である人が多くいた。

 

 

だが:

 

 

ボトルごと購入した人は、使用回数がそれだけ増える。

 

そのような人に、頭皮のトラブルが多く引き起こされているようである。

 

もう一つのダイアンボタニカルシャンプー、ダメージリペアリングも見て見よう。

 

ダメージリペアリングの口コミも、同じような内容なのか?

ダメージリペアリングの口コミも、同じような内容なのか?
ダメージリペアリングの口コミも、同じような内容なのか? 画像は公式サイトより引用

同様に、全ての口コミ件数を見て見よう。

 

口コミ件数は・・・

 

 

457件である。

 

では購入者に絞ると・・・

 

 

141件だ。

 

 

これですべてのダイアンボタニカルには、それぞれモニターが300人ほど投稿していることが分かった。

 

肝心なのはやはり、口コミの内容だ。

 

実は:

 

 

同じようなトラブルを招く口コミが多い。

 

あなたご自身でも見て頂きたいが、購入者の本当の声は、ボトル1本使用するまでに、髪の毛に異変が生じることだ。

 

私が、ここで口コミ内容をまとめるならば。

 

 

それは:

 

 

評価の低い人は、髪の毛のべたつき、

 

きしみ、

 

頭皮の痒み、

 

できもの、

 

フケ、

 

抜け毛の増加、

 

などを訴える人がほとんどだ。

 

なぜ?

 

 

これほどまでに、似たような口コミが多くあるのだろう?

 

これを回避できる方法はないのだろうか?

 

もしかすると、

 

あるかもしれないのだ。

 

それは:

 

 

イメージが先行して購入しがちだが、しっかりと、冷静になって考えることだ。

 

買いたい人は、良い口コミしか見ようとしない。

 

なぜなら:

 

 

買うための正当な理由を探しているからだ。

 

ここでは、少しそれを落ち着かせてほしい。

 

そして、なぜ??

 

トラブルを引き起こすのか?

 

それを冷静に見てもらいたい。

 

それは以外にも、簡単な理由から。

 

という事かもしれないからだ。

 

では:

 

 

このシャンプーのトラブルの原因を、あなたにお伝えしよう。

広告

ダイアンボタニカルのトラブルの理由とは?

ダイアンボタニカルは、上述したように、検索でトップに出てくるような内容と、アットコスメの大半占める口コミの内容とは異なることが多くある。

 

なぜなら:

 

 

検索トップは、商品を買ってもらいたいアフィリエイターからの情報であり、

 

一方:

 

アットコスメの口コミは、ほとんどがモニター提供(またはサンプル購入)の人の口コミと、高い評価だからだ。

 

 

これらがネットに広がる大きなカラクリとして、消費者の目をくらませている要因の一つである。

 

だから:

 

 

購入した後のトラブルの声は多くなり、偏った情報によって、トラブルは多発しているケースが後を絶たない。

 

良い商品ならトラブルなどないだろうが、このダイアンボタニカルには、一つ大きな問題があることが指摘できるのだ。

 

その問題とは?

 

 

上述した徹底した商品づくりである。

 

そしてさらに:

 

 

ダイアンボタニカルの約束事である。

 

ダイアンボタニカルの約束には、安心と安全を提供するための徹底してこだわった内容がある。

 

今一度それを確認してみよう。

 

1、商品の90%は、天然由来成分で作ること

 

2、植物性原料を使用して、可能な限りオーガニック原料を使用すること

 

3、シャンプーは植物性洗浄剤を使用すること

 

4、シャンプーはシリコンフリーであること

 

5、サルフェートフリーであること(ラウレス硫酸Naなど)

 

6、パラベンフリーであること

 

7、合成色素フリーであること

 

8、鉱物油フリーであること

 

9、石油系界面活性剤フリーであること

 

10、エタノールフリーであること

 

11、植物性原料フリーであること

 

12、配合する原料は動物実験をしていないこと

 

13、商品の製造においても動物実験をしないこと

 

14、全ての商品はヒトパッチテストを行うこと

 

(http://www.moist-diane.jp/botanical/about/より引用)

 

という内容だ。

 

なぜこれが問題なのか?

 

というと、

 

90%以上の植物性由来を使用する。

 

ことと、

 

植物性洗浄成分を使用する。

 

という約束の部分である。

 

これは:

 

 

使用する人には、かなりの安心感を与え、小さな子供でも使用できるというアピールを感じる、素晴らしい内容だろう。

 

だが:

 

 

使用する人にとっては、使用を続けると、頭皮トラブルを招く恐れがあるのだ。

 

その理由が、

 

洗浄力の低下である。

 

以前からオーガニックシャンプーでも言えることだが、

 

植物性の洗浄成分は、洗浄力が非常に弱いのが特徴だ。

 

それがかえって、肌や頭皮に良いといわれている。

 

だが:

 

 

汚れが落ちきらないでいる状態が、毎日のように続けば、そこには雑菌が繁殖しやすくなり、雑菌が頭皮を傷つけ、フケやかゆみ、抜け毛の原因となり、

 

ひどい時は、

 

 

炎症までも引きこ起こす。

 

髪の毛がべたつくのも、トリートメントに含まれる成分もあるが、それよりも、頭皮の皮脂汚れが落ちたようで落ちていないことも原因としてあるのだ。

 

頭皮の皮脂の中には、油分が多い中で生息できる菌がいる。

 

それが:

 

 

普段は体内に侵入したり、悪い菌が繁殖しないように、バリアの役割をしてくれている。

 

だが:

 

 

その菌も、自分のエサである皮脂が増えれば、大繁殖するのだ。

 

広告

私たちの頭皮には、マラセチア菌という常在菌がいる。

 

これが、頭皮の汚れ落ちが悪いと、繁殖して、

 

フケや、

 

抜け毛、

 

かゆみ、

 

できもの、

 

炎症を引き起こすのだ。

 

ダイアンボタニカルのトラブルの原因は、このマラセチア菌の繁殖が原因であることが予想できるのだ。

 

これは他の洗浄成分が植物性で、比較的洗浄力が弱いシャンプーにも、同様のトラブルが多発しているようだ。

 

洗浄力の問題は:

 

 

上述した、使用回数によってトラブルが出てくる理由でもあるのだ。

 

なぜなら:

 

 

一度や二度では、その前にしっかりと汚れが落ちるシャンプーで洗っていれば、すぐにこのようなトラブルになることは稀だ。

 

だが:

 

 

汚れや皮脂は、洗い流さなければたまっていく一方だ。

 

そのため:

 

 

1日や2日ではなく、

 

1週間、

 

2週間と、

 

使用回数が重ねってきて、初めて表面化するトラブルなのだ。

 

事実:

 

 

使用していくと、頭皮トラブルが増えてきた。

 

という口コミは多くあるのだ。

 

 

では:

 

 

あなたに、ダイアンボタニカルは合っているのか?

 

どうか?

 

という問題だ。

 

その私なりの回答を、次にお伝えしているので、読んでみてほしい。

私が出したモイストダイアンのボタニカルシャンプーの答えとは

私が出したモイストダイアンのボタニカルシャンプーの答えとは
私が出したモイストダイアンのボタニカルシャンプーの答えとは

 

モイストダイアンのボタニカルシャンプー、

 

ダイアンボタニカルは、まずブランド名にモイストを使用しているように。

 

潤いという実感を与えるのが企業的なコンセプトのような気がする。

 

そこで:

 

 

犠牲になってしまうのがどうしても洗浄力となってくる。

 

汚れ落ちが良くない。

 

全く汚れが落ちたとは思えない。

 

と、使用者によっては批判的な声だ。

 

 

汚れ落ちが悪いと:

 

 

頭皮に細菌を繁殖させてしてしまう原因にもなる。

 

実際に:

 

 

多くのレビューや口コミでも、頭皮がかゆくなった。頭にできものやニキビができた。

 

というものが多く寄せられているのだ。

 

ところが:

 

 

モイストダイアンのボタニカルシャンプーは、着色料、界面活性剤、合成着色料など不使用だ。

 

このような、余分なものを使用していないことから、お子様への使用や、頭皮が乾燥しがちな女性には肯定的な意見もあるようだ。

 

このような、余分なものを使用していないことから、お子様への使用や、

 

頭皮が乾燥しがちな女性には肯定的のようだ。

 

そのような口コミには:

 

 

髪がさらさらになった!

 

まとまった!

 

 

という声もある。

 

また、髪のボリュームの多い女性からは:

 

 

髪のボリュームが落ち着いた印象になった。

 

という声もある。

 

また:

 

 

他にも子供にも安心して使えて家族で使っている。

 

という声もある。

 

 

 

非常に多くの意見の中で、安心感と、使用感の両立が難しい現状であることがうかがえる。

 

私はこのような、ダイアンボタニカルの性質と、多くの口コミから、次のような人には、良い影響を与えるのかもしれない。

 

という一つの答えがでた。

 

それは・・・

 

乾燥&敏感肌の人と、皮脂の多い人で使用を分けた方がよい

乾燥&敏感肌の人と、皮脂の多い人で使用を分けた方がよい
乾燥&敏感肌の人と、皮脂の多い人で使用を分けた方がよい

モイストダイアンのボタニカルシャンプーの良い点は:

 

なんといっても余分な合成成分が少ないことだろう。

 

しかし:

 

 

ほかのボタニカルだけでなく、余分なものをカットし安心安全をアピールしたオーガニックのシャンプーにも共通して言えることだ。

 

だが:

 

 

余分な合成成分をカットするという事は、それまで慣れ親しんでいた洗浄力や、すっきり感を手放すことになることは上述した。

 

では:

 

このようなシャンプーが適している人はどのような人か?

 

この洗浄力とすっきり感そして安心安全の両方が成立するには、お肌や頭皮が常に乾燥していて、さらに敏感肌である人。

 

という答えを私は出した。

 

事実:

 

 

皮脂分泌の多い男性には、皮脂で毛穴がつまり抜け毛が多くある声があったり、かゆみ、できもののトラブルの声が多くあった。

 

また:

 

 

皮脂が多くない人でも、使用を続けるとこのようなトラブルが出てくる傾向もうかがえた。

 

 

広告

 

ボタニカルシャンプーとはいえ、やはり洗浄力が必要なタイプの方には、洗浄成分のあるものが適しているように思える。

 

 

しかし:

 

 

スカルプタイプはかなり強い洗浄成分を配合している。

 

そのため頭皮を逆に傷つけてしまう事がある。

 

実をいうと私は:

 

 

その被害者の一人だ。

 

私は髪の毛が太く、多かった。

 

スカルプケアなど意識したことなどなかったが、数か月ほど試しに使ってみたのだ。

 

そうすると:

 

 

頭皮は赤くなりなじめ、太く強かった髪の毛が細くなったのだ。

 

スカルプ系のシャンプーは強すぎる洗浄力のため、必要な皮脂分や、皮膚を守る常在菌を全て洗い流がしてしまう。

 

洗浄力が強すぎると、逆にバリア機能が無くなってしまうのだ。

 

注意が必要だ。

 

以上の様に:

 

 

乾燥&敏感肌の方には安心して使えて、髪もまとまりやすいシャンプーと言えるのではないだろうか。

さらに、ダイアンボタニカルが効果的な人がいることが分かった

多くの口コミからわかったのは、頭皮としては、出来るだけ潤いが欲しい。

 

または、

 

敏感すぎて洗浄成分が弱い方がいい。

 

という方には、ダイアンボタニカルは適しているということだが、

 

じつは:

 

 

ある異なった理由から、ダイアンボタニカルが適している人がいるのだ。

 

それが:

 

 

くせ毛のひどい人や、

 

天然パーマの髪のヒトである。

 

くせ毛や天然パーマの人は、ダイアンボタニカルのオイル系シャンプーを使用すると、重たくさせる効果が功を奏するようだ。

 

くせ毛の人や天然パーマの人は:

 

 

タンパク質が行き届いていない、あるいは、変成によって髪の毛がうねりやすくなっている。

 

そのため:

 

 

ダイアンボタニカルのオイル系は、髪の毛を通常のシャンプーよりも重たくさせることが多いので、くせ毛や天然パーマが落ち着いたというひとが、多くいたのだ。

 

ただ:

 

 

上述したように、洗浄力は強くないので、使用が重ねればマラセチア菌の繁殖につながる可能性はあるので、そこは注意したい。

 

以上の様に:

 

 

洗浄力の弱いシャンプーは、人の肌質を選ぶことがお分かりいただけるだろう。

 

あなた自身、それをよく理解して購入すれば、ダイアンボタニカルはきっと良い商品となるはずだ。

 

 

 

まとめ

モイストダイアンのボタニカルシャンプーは、使用感のほかに、まず外見の良さの口コミが目立った。

 

それは:

 

 

ボトルデザインの高評価は非常に目立ち、

 

女性にはかなり良い印象を与えていた。

 

使用者の良い口コミでは:

 

使用者が女性で頭皮が乾燥しやすく、かつ敏感肌な方には一番良い口コミが見られた。

 

次に:

 

 

使用者が女性で頭皮は普通のタイプ。

 

または:

 

 

肌が脂性肌の方は、使用してからかゆみやできもの、また汚れ落ちの問題を指摘した。

 

男性においても:

 

 

口コミの中では。

 

 

「旦那様に試してみた結果、やはり汚れ落ちやできもの、かゆみと言った症状が出て、使用をやめた」

 

声も多くあった。

 

ただ:

 

 

お子様には安心して使えると評価は高く、安心安全には評価が高いものだった。

 

もしご購入を検討中なら、以上を参考にして検討してみてほしい。

 

 

 

あなたがより一層、美しく輝くことを願っている・・・。

 

 

広告