【口コミ比較】ボタニカルコスメとは?ニキビにも良い?ボタニカル化粧水のラブユアスキンや、他のスキンケアローションの口コミの違いは?

ボタニカル化粧水と普通の化粧水の違いの画像
ボタニカル化粧水と普通の化粧水の違い
広告

あなたにこんなことを言うと賛同してしまうかもしれないが。

 

それは:

 

 

ボタニカルコスメやボタニカル化粧水は、きいたことがあるけど・・・ 

 

何が良くて、どんなものかはあまり分かっていない…。

 

いかがだろう。

 

近年、

 

ボタニカルというワードはスキンケアコスメ、コスメ、

 

またはシャンプーなどの諸品から普及し始めているワードである。

 

 

私たちがあなたにここに書いて、今日まさに知っていただきたい事とは、失敗しないボタニカル化粧水の中身である。

 

これを読めばあなたには、どんな商品が本当に安心できるボタニカル化粧水か、すぐにわかるようになるだろう。

 

こうご期待だ。

まずはじめに、ボタニカルとは??

まずはじめに、ボタニカルとは??
まずはじめに、ボタニカルとは??

最近ではボタニカルシャンプーのヒットを皮切りに、ボタニカル商品が化粧水、オールインワンゲル、柔軟剤などでも商品化されている。

 

 

ボタニカルとは英語でbotanicalと表記し、意味は植物性や植物由来などであることは知っている人も多い。

 

ボタニカルの反対は、ケミカル(chemical)で、化学的、化学合成由来などを意味する。

 

これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは
これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは

またボタニカルとは、ファッションなどでよく使われている柄でもある。

 

 

上のような柄だ。

 

 

これはグーグル検索で「ボタニカル柄」で画像検索したときのトップページである。

これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは
これで理解できる!ボタニカル(botanical)とはボタニカル(botanical)とは

このようにボタニカル柄は、植物のアットランダムな柄であり、よく見るとワンピースなどにも使用されていて、最近ではリゾートファッションやゴルフウェアなどにも多い。

 

広告

まず、ボタニカルを広げた商品が、ボタニカルシャンプー

 

最近はさらに女性の間でシャンプー、化粧水などのスキンケアコスメも続々と登場している。

 

ボタニカルシャンプーは一世を風靡したともいえる。

ボタニストは株式会社I-neという大阪の会社から発売された、ボタニカルシャンプーである。ボタニストはかなりの反響を呼び、ボタニカルというジャンルを開拓した商品だ。

 

しかし:

 

 

 

最近になり、ボタニストの口コミで髪がに変化が訪れている。

 

それらは・・・・?

 

 

 

べたつく、フケやかゆみが止まらない。

 

またはできものができた。

 

などという口コミが多くなってきているのだ。

 

このボタニストというシャンプーはコンセプトからしても決して悪い商品ではないのだが、使用者の意見を見て見ると、特にべたつく、フケ、かゆみの内容が多く見える。

 

さらに付け加えると:

 

 

 

これはボタニストだけではなく、モイストダイアンから発売されているボタニカルシャンプーにも同様の口コミが多くなっている。

 

購入を考えているなら、ボタニストやモイストダイアンのボタニカルシャンプーでのかゆみ等については、それに関するページをリンクしておいたので、ぜひ参照頂きたい。

 

混乱しやすいボタニカル。でも理解できる!ボタニカルの範囲の広さと品質

ボタニカルの範囲は、上述のように植物的な要素のことであるため、非常に広く扱われている。

 

つまり:

 

 

植物的な要素は全て、ボタニカルと言える。

 

 

そして、

 

少量であろうと「これは植物由来の成分だ」といえば、

 

ボタニカルと販売しても何もお咎めはない。

 

ボタニカルにはオーガニックと大きな違いがあり、ある大きな要素が欠落しているのだ。

 

大きな要素の欠落とは何か?

 

 

 

それは「定義」や「決まり」だ。

 

ボタニカルには、

 

その定義がないのだ。

 

ボタニカルという表記のある商品には定義がほぼないと言っていい。

 

そのためボタニカルをうたう商品にも、非常に広範囲な意味合いで使用されているのが現状だ。

 

つまり:

 

 

 

なんでもかんでも植物由来であれば、そのレベルは問われない。

 

販売側がボタニカルと言えば、それはボタニカルの商品となるのだ。

 

これにはとても一般消費者にとって、大切な要素が含まれている。

 

何か?

 

 

 

一言で言うなら、安心と安全性である。

 

特に肌に直接美容成分を与えたり、直接触れるような化粧水やスキンケア用品、シャンプーなどは肌への安心も考えなくてはならい。

 

そのため化粧水やシャンプーなどは人の肌に触れても安心であるか?

 

また本物であるか?

 

という要素は非常に大切である。

 

広告

ボタニカル化粧水や商品で、安心の象徴を知るには。

ボタニカルの商品でも、オーガニック原料が使用されていることが多くある。

 

このような商品の値段はそれなりに高くなる傾向があるが、オーガニック原料を使用しているという時点で、ある程度の安心感は担保されているだろう。

 

なぜか?

 

 

オーガニックには定義が存在しているからだ。

 

ボタニカルは植物という意味合いで何でも使用されるのに対し、オーガニックにはしっかりとした定義がある。

 

オーガニックの定義について

オーガニックと言われるものには、

 

しっかりと定義がある。

 

 

それらは:

 

 

化学合成で得た農薬と肥料を3年以上使用していない作物。

 

という定義である。

 

化学合成で得た農薬や肥料は、人体にとって非常に危険であることは言うまでもない。

 

このような栽培方法を有機栽培や、オーガニック栽培と言う。

 

ところが:

 

 

 

ボタニカルにおいては農薬や肥料の制限があるかといえば・・・?

 

これが一切ないのだ。

 

 

詳しく言うと:

 

 

たとえあるボタニカル商品が農薬を大量に使用していたとしても、

 

ボタニカルと表記し、

 

この流行に乗り自然由来や安心感をアピールすることが出来てしまう。

 

これは消費者にとっては非常に危険のように感じる。

 

ではオーガニックも安心であるのか?

 

というと:

 

 

オーガニックも化学合成で得た農薬でなければ、使用が認められている。

 

ところが有機栽培やオーガニック栽培で使用される農薬にも、しっかりとした殺虫成分や、殺菌成分が含まれている。

 

 

これをあなたが服用したらと想像すると・・・?

 

 

当然危険である。

 

化学合成の農薬は確かに危険だが、有機的な農薬もすべてが安心ではないのだ。

 

では、一番良い物は何か?

 

私たちの答えとは、 

 

 

農薬を極力使用していないことである。

 

または:

 

 

原料に一切農薬がかかっていないことが証明できる栽培方法や、メーカーの商品である。

これで質の良いボタニカル商品がわかる!

ボタニカルの商品は、

 

植物柄の服やシャンプー、

 

化粧水などコスメにも多く広がりつつある。

 

ボタニカルの意味や定義があいまいで広い。

 

 

そんため、誰でもボタニカルの商品は作れる。

 

だから、

 

 

これほど早く広まったのだろう。

 

 

上述したように: 

 

 

意味が広いということは、商品の質も広く存在する。

 

そのため、

 

ボタニカルという言葉だけで判断し、

 

品質の悪いものを手にしてしまう可能性があるので注意が必要なのだ。

 

このようにボタニカルにはピンからキリまである。

 

原料の栽培方法もあいまいだし、上述のように農薬散布や残留している可能性も否定できない。

 

さらに:

 

 

日本の農業では、8割以上が農薬散布されたものだ。

 

言い換えれば、安全な原料を見つけることの方が難しいし、メーカー側も手に入れることは出来ないくらい困難なのだ。

 

日本は農薬の使用において世界でトップ3にランクインしている。

 

農薬の使用量に関する情報はネットでもあるし、このページにリンクされているページを読んだりすれば、その真相がお分かりいただけるようになっている。

 

 

ではオーガニックなら確実に安心はできるのだろうか?

 

その答えは:

 

 

私はNOと言いたい。

 

なぜか?

 

 

日本の有機栽培は、農薬の使用が許されている。

 

これは殺菌成分と、殺虫成分が含まれており、当然人間が食べれば危険だ。

 

日本の気候で農薬を使用しないことは、実は相当難しい。

  

なぜか?

 

 

高温多湿の気候では、虫や菌が繁殖しやすく、作物が病気になりやすいからだ。

 

詳しく言うと:

 

 

特に果菜類、果樹、畑で育つ麦や、大豆などは乾燥した大地を好む。

 

さらに、ミネラルが豊富な土地で、すくすくと育つ。

 

乾燥していると、

 

葉や実などにカビなどが生えにくい。

 

そして、高温多湿に比べ虫も少ない。

 

このような環境で育てば当然、病気もすくない。

 

ところが一方で:

 

 

日本は高温多湿の中で、これら乾燥に向いている作物、あるいは化粧水などの原料を生産している。

 

気候に合っていない作物は基本的に、虫と菌、病気の発生と被害により作物の生育がダメージを受け、生育が遅れてしまう。

 

生育が遅れれば収穫量や品質に問題が生じてくる。

 

ではどうするのか?

 

 

農薬を播くのだ。

 

つまり:

 

 

虫、菌、病気の予防のために日本のような高温多湿の地域では大量の農薬が使用される。

 

しかしそれでも病気になればなおさら、生育が遅れてしまう。

 

多くの農家は生育が遅れて、収穫量が減らないように・・・、

 

肥料を播く。

 

 

そしてこの肥料が、さらに虫を発生させるのだ。

 

肥料の多投(多く使う事)は、

 

虫の発生と、虫の食害に繋がる。

 

問題なのは:

 

 

このとき発生した虫は、食害と言って作物の葉や実など食べる虫ばかりだ。

 

虫を退治するために、はどうすればよいか?

 

おわかりだろう・・・。

 

農薬を播くのだ。

広告

このように、

 

気候が適切でなくて、

 

それでも作物を育てようとすると、無理が生じてきて、

 

複数回に渡って農薬は散布され続ける。

 

そうでないと、日本のような地域では作物がまともに収穫できないのだ。

 

ところで:

 

 

高温多湿でも農薬など播かなくても、虫や病気もつかず、頑丈に育つ農作物がある。

 

それは:

 

 

お米だ。

あなたはボタニカルという真実がわかるようになるだろう

農薬の使用は日本は高い。例えば野菜にしてもなんにしても、国産が安心だという感覚をあなたもお持ちだろう。

 

しかし、こちらを見てほしいのだ。

 

 

 

 

日本の農薬使用量は・・・、

 

出典先http://techno-impex.co.jp/jyo/
出典先http://techno-impex.co.jp/jyo/

またこんなデータもある。

 

http://fujinomi8.exblog.jp/21087915/より画像を引用
http://fujinomi8.exblog.jp/21087915/より画像を引用

あなたはこれでもう、ボタニカルという単語だけが安心の象徴でないことは理解できたはずだ。 

 

これがボタニカルのあいまいさが出来る技であり、一般消費者が知っておくべきことだと思う。

 

 

では、オーガニックなら安心だ。そう思ったのではないだろうか?

 

少しここでオーガニックの事をお話しよう。

 

実のところ、

 

 

 

オーガニックも、

 

 

絶対的に安心とはいえない。

 

なのにオーガニックは、人気があり、値段が高いのはなぜだろう?

オーガニックってどういうこと?

オーガニックにおいて、日本にも海外と同じようにオーガニックの協会や団体などある。

しかし:

 

 

日本においてオーガニックの統一基準はないのだ。

 

オーガニック商品は、

 

原料が最低3年以上、化学合成の農薬と化学合成の肥料を使用していないものとなっている。

 

 

 

 

ところが、

 

 

 

 

あとの原料の調整や内容はメーカーの判断で行われている。

 

今すぐ下の画像を見てほしい。

 

引用元http://joca.jp/cosmetics/genjyou.html
引用元http://joca.jp/cosmetics/genjyou.html

日本にはオーガニックの統一基準がないのが分かるだろう。

 

さらに:

 

 

世界でもまだ統一した基準がなく、

 

品質も、こだわりも各団体でバラバラだという。

 

ただ:

 

 

世界的に有名なオーガニック団体の基準を見て見ると、

 

 

日本よりも厳しい基準であり、農薬の完全不使用を徹底しているものも多くあった。

 

海外製のオーガニック商品はかなり値段が高い。

 

だが:

 

 

原料から品質の高いものを使用している。

 

なので、輸送コストもさることながら原料コストも高くかかっているのだと思って違いはないだろう。

 

 

いかがだろうか?

 

これで、ボタニカルがどのような商品であるか?

 

それがよくつかめたと思う。

 

では次に:

 

 

現在売られている、有名なボタニカルコスメやボタニカル化粧水とは、

 

どのようなものなのだろうか??

 

口コミも比較しながら見ていく事にしよう。

 

 

驚く内容は、

 

以下のようになっている。

広告

ボタニカル化粧水にするか、購入を迷っているなら

ボタニカル化粧水にするか、購入を迷っているなら
ボタニカル化粧水にするか、購入を迷っているなら

ボタニカル化粧水は非常に注目されているワードでもあり、商品である。

 

あなたは今:

 

 

 

ボタニカルの化粧水にしようか、それともいつもどおりの化粧水にしようか迷っていないだろうか?

 

ボタニカルとは植物性や植物由来というだけの意味で使用されていることも多く、普通の化粧水とそう変わらないものも増えてきている。

 

本当に良い化粧水は:

 

 

果たしてボタニカルなのか?

 

それとも普通の化粧水と変わらないなら、普通でも良いのか?

 

これは試してみたい好奇心と、無駄はしたくない気持ちとで迷う事でおあるだろう。

 

今ッ現在、ボタニカル化粧水にどんな種類があるのかざっと見ていきたい。

 

まずはボタニカルという言葉を流行らせた先駆者、株式会社I-neのラブユアスキンだ。

LOVE YOUR SKIN ラブユアスキン

http://loveyourskin.jp/pc/pclys-01.html より画像引用
http://loveyourskin.jp/pc/pclys-01.html より画像引用

こちらのボタニカル化粧水は、ボタニストというボタニカルシャンプーで一世を風靡したボタン刈る化粧水である。

 

使用感はどちらかというとあっさりしており、脂性肌の方には良好なアットコスメの口コミのようだ。

 

口コミはこちら【最新版】(簡単&分かりやすい)真実をひも解く今流行のボタニカルbotanicalとは?でまとめたものがあるので、ぜひ参照願いたい。

 

今では:

 

 

マツモトキヨシなどのドラッグストア、ドン・キホーテなどのディスカウントストアなどでも販売がされており、身近に手に入るメジャーなボタニカルスキンケアローションと成長している。

 

次に:

 

 

エービーエルのボタニカルスキンローションという化粧水である。

 

エービーエルのボタニカルスキンローション

エービーエルのボタニカルシリーズは、ボタニカルのオールインワンゲルなども取扱があり、どれも定価と比べかなり安く販売されている。

 

オールインワンゲルの定価が:

 

 

4800円で日用品店で690円で販売されていたなどの口コミを拝見した。

現在評判的にはあまり高評価を得られていない上に、ラブユアスキンのようなしっかりとした商品コンセプトを感じない印象だ。

 

それでも:

 

 

豆乳発酵エキスや、加水分解コラーゲンなどを配合しており、肌への保湿等の機能性において留意した商品だ。

 

次に:

 

 

ウテナのスキンローション、マジアボタニカである。

 

広告

ウテナのスキンローション、マジアボタニカ

マジアボタニカは、肌収れん作用のあるハトムギエキスを配合したボタニカルスキンローションである。

 

アットコスメでの口コミ数もかなり多い。

 

その数:

 

 

私が調べた時点で、1061件だ。

 

さらに:

 

 

注目人数も多く、その数は:

 

 

497件である。

 

ところが:

 

 

気になってみたので、口コミを購入した人のみで絞ってみると驚愕の事実が判明した。

 

それは:

 

 

口コミ数が極端に減少したのだ。

 

これは:

 

 

1061件の口コミのうち、335件が購入者の口コミという事である。

 

残りの700件ほどは全て、モニタープレゼントでの口コミであり、これらは口コミマーケティングを利用した企業戦略の一つだ。

 

企業としては商品の認知度を一気に高めるために行うモニターを使ったマーケティング手法だ。

 

特にこのマーケティングが悪いわけではなく、ある傾向が問題となる。

 

それは:

 

 

高い評価が多くなる傾向になる、ということだ。

 

実をいうと:

 

 

これらはかなり多くのコスメ商品に使われている手法で、上述したラブユアスキンもその中の一つである。

 

リンクしたページには、調査当時204件の口コミの中で購入者の数が激減したことを書いてある。

 

ここでその数を発表すると:

 

 

 

わずか60件前後(当時)だった。

 

このマジアボタニカがどのような商品か判断し、評価を見るのは、購入者の口コミを聞いた方がよい。

 

なぜか?

 

 

口コミの質も評価も180度変わるからだ。

 

 

 

口コミには使用感や、自分に合うかどうかの内容がほとんどだが、中にはひりひりしたという報告もある。

 

マーケティングに踊らされないように口コミ内容を見るなら、購入者やリピーターに絞って参考にした方がよいだろう。

 

ハトムギ配合のスキンローションの話題になったので、こちらもご紹介しておこう。

 

それは:

 

 

ナチュリエのハトムギ化粧水だ。

 

ナチュリエのハトムギ化粧水

ナチュリエのハトムギ化粧水
ナチュリエのハトムギ化粧水

このナチュリエのハトムギ化粧水は、非常に人気度が高い。

 

なぜか?

 

 

ざっと口コミを紹介していこう。

 

まずは口コミの件数である。

 

口コミ件数:

 

 

14916件だ。

 

 

次にしっかりと見るべき購入者の口コミ件数だ。

 

購入者の口コミ件数:

 

 

13141件だ。

 

非常に多い購入者の口コミ件数である。

 

つまり、ほとんどの口コミが購入者の者であり、反映されている評価についても実際のものに近くなっている。

 

 

また:

 

 

注目人数も15365人と、かなり多くの人が注目しているのが分かる。

 

これだけの多くの購入者がいて、注目されているというのはおどろきだ。

 

だが:

 

 

また一つ気になってみたので、購入者でかつリピートした人の口コミ数はどれくらいか見て見た。

 

リピーターの口コミ数は:

 

 

4457件だ。

 

 

つまり3人に1人はリピートし、口コミを提供したことになる。

 

大容量で、価格も手ごろだし、ハトムギの肌収れん作用が今の女性が欲しい効果として結果に反映されているのではないだろうか。

 

いくつかのボタニカル化粧水をご紹介してきたが、これにはどれも共通点がある。

 

私たちはこの点が一番大切だと思い、また、大切にしている点でもある。

 

それは:

 

 

原料の生産地情報である。

 

中にはオーガニック認定原料などの記載はあるが、生産地の状態がどのようなものかはやはり公開はされていないし、難しい所なのだ。

 

良い原料は良い環境でしか作られない。

 

ボタニカルとは、植物由来というだけでメーカー側の思いのままに商品を製造できる。

 

だから、それほど厳しくなくてもボタニカルというネーミングが付けられるのだ。

 

そのため大きく品質の異なったものが乱雑することが今後予想されるので、消費者である私たちはこの点を留意して購入しなくてはならないだろう。

 

原料についてはこちらの[重要]素肌のためのスキンケア国産ボタニカル化粧水の真実のページに詳しくあるので、参照してほしい。

 

では:

 

 

ボタニカル化粧水と普通の化粧水ではどれほどの違いがあるのだろうか?

広告

ボタニカル化粧水と普通の化粧水の違い。

ボタニカル化粧水と普通の化粧水の違い。
ボタニカル化粧水と普通の化粧水の違い。

ボタニカル化粧水と、普通の化粧水の違いはまさに、植物性の原料を使用しているか、使用していないかである。

 

ボタニカルの意味は「植物の」、「植物的な」、または「植物由来」などを意味している。

 

このボタニカルの逆の言葉がケミカル。

 

つまり:

 

 

 

「化学的な」という意味だ。

 

化粧水における植物性のものとは、大豆やハトムギ由来のものがあったり、植物性油脂をしようしたものと様々あるのを上述した。

 

これらが少しでも入っていれば植物性原料を使用しているということで、ボタニカルといえる。

 

つまり:

 

 

一つでも入っていたら場合、メーカーや販売者の意向で「ボタニカル化粧水」と販売できるのが特徴だ。

 

また:

 

 

ボタニカルを安心安全のアピールに繋げるように、オーガニックの原料を使用しているものもある。

 

オーガニックとなると、化学的に合成された農薬や肥料を3年以上与えていないものが定義なので、安心感をより高めたボタニカル化粧水として販売もされている。

 

一方:

 

 

普通の化粧水にはこのような植物性の原料が使用されていることがない。

 

あるいは使用されていたとしてもメーカーや販売者側がそれをアピールしていない化粧水となる。

 

普通の化粧水のメリットでいうと、化学的に合成した美容成分を配合している点であるだろう。

 

ただ、上述したようにボタニカル化粧水には一切の定義がないような商品だ。

 

そのため:

 

 

ボタニカル化粧水にも機能性を用いた商品開発が可能なのである。

 

現在のボタニカル化粧水の多くは、オーガニックのようなナチュラル感や、安心感をアピールしたものが主流となっている。

 

だが:

 

 

これからは商品の表現の幅が増えていくため、様々な機能成分を配合したボタニカルなスキンローションがでてくるだろう。

 

つまり:

 

 

今現在は普通の化粧水は機能性が含まれ、ボタニカル化粧水には安心安全がアピールされたコンセプトの違いはあるが、両者はの差はほぼなくなっていくと私たちは予想している。

 

だから:

 

 

消費者であるあなたは、現在の違いだけでなく、今後の流れも理解しておかないと、ボタニカルとはいったい何で、普通の化粧水とは何なのか?

 

さっぱり見当がつかなくなっていくかもしれない。

 

両者の差は植物由来がわずかでも配合されていれば、美容効果の高い機能性成分を配合しようがしまいが、どれも同じになるのだ。

 

そのため:

 

 

中身の配合成分を今後もしっかりと見て、購入の判断材料にすることをおすすめしたい。

本当に高品質で良質なボタニカル化粧水を知るには?

本当に高品質で良質なボタニカル化粧水を知るには?
本当に高品質で良質なボタニカル化粧水を知るには?

 

本当に良質なボタニカル化粧水はどのようなものをいうのだろう?

 

私たちなりの考えをここでご紹介したい。

 

私たちの考え:

 

 

私たちはボタニカルという言葉を扱うコスメを製造しているものとして、機能性を有していようが、いまいが、まずは原料を大切にしている。

 

なぜか?

 

 

いかなる原料も、生産地なくしては作られない。

 

さらに:

 

 

土を無くして原料は作ることが出来ないからだ。

 

私たちはどんな認証よりも、いかなる機関からのお墨付きよりも、大切にしている基準がある。

 

それは:

 

 

「土の状態」である。

 

 

 

なぜか?

 

 

土の状態は、そのまま作物の状態(品質)にかかわっているからだ。

 

だからこそ:

 

 

 

 

人は安心感を得ているとき、幸福ホルモンと言われているセロトニンとオキシトシンというホルモンが分泌されている。

 

これは素敵な女性らしさを司ってくれるホルモンだ。

 

安心感はストレスから解放され、ストレスから解放されると人の肌はコラーゲンや、タンパク質を合成できる好循環が生まれる。

 

これを日々のスキンケアに感じて頂きたいのだ。

 

あなたがもし、心から安心できるスキンケアコスメを手にし、あなた自身を大切にいたわれることにほんの少しでも時間を使うようになれば、今後の状態は必ず変わっていくと信じている。

 

なぜなら:

 

 

心が人生を豊かにするのだ。

 

スキンケアの時に安心感に包まれ、癒されることは、今後の人生をどれだけ豊かにするのだろう?

 

これから何千万回、何万回とスキンケアをする機会があり、それを時間にするとどれだけの膨大な時間になるのだろう?

 

この時間の差が、将来大きな差となっていく。

 

 

あなたがこの世に生まれ、今後も素敵な時を過ごすことを願ってやまない。

 

広告