「張宿」2019年 水晶玉子占いのルーツ!宿曜占星術,運勢,性格から,引き寄せの波動を徹底分析!(宿曜占星術)

水晶玉子の占いルーツにもなっている宿曜占星術張宿】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当あなたを知る時間である。

 

 

 

あなたの人生はきっと、

 

 

良くなるのだ・・・・

 

 

 

 

2「張宿」とは?

 

張宿(ちょうしゅく)のあなたは、

 

見た目から派手で、目立つ存在であり、

 

かつ、努力家である。

 

華やかで、スター性があり、多くの人を魅了するだろう。

 

 

実際に、

 

 

自分自身も目立つことが好きで、

 

人前に立つことに抵抗感などなく、人を引き付けるような話し方が得意だ。

 

そのため、リーダー的な気質もある。

 

かなり勝気な性分で、実力もあるので、周囲の人は近寄りがたさもあるようだ。

 

あなたからすると、

 

才能だけでなく、多くの努力があって今の自分がいる、という認識が強いので、

 

だらしない人や、頑張らない人に対しては、自分から好意的にはなれず、

 

遠ざけるところもあるようだ。

 

あなたは努力を惜しまないが、

 

人生としては成功と失敗のどちらかの差が激しく、

 

不安定な運勢であることが多いようだ。

 

 

 

 でも、

 

運はいいので、誰かが援助してくれたり、

 

助けられて、危機を乗り越える、という事も多いようだ。

 

そんなあなたの特徴から、人生のカギを握る波動を、

 

これから見ていこう・・・・

3「張宿」の運命を変える波動パターンとは

 

 

張宿のあなたの波動パターンを診断してみると・・・・

 

 

あなたの人生は、

 

 

かなりの浮き沈みが激しい人生で、

 

特に人間関係と愛情面では、苦労が多いだろう。

 

なぜか?

 

あなたの波動パターンは、自分が頑張ったり、

 

努力すること、

 

そして、

 

才能や能力があることにおいては、

 

よい働きをしているといえる。

 

でも、

 

 

自分の実力と、他人の実力をつい比較してしまい、

 

人をなかなか信頼できずにいる。

 

この行為が直接的に悪影響を及ぼしているということではなく、

 

この行為の奥にある、

 

あなたの波動が、あなたを望む現実や、人生を引き寄せるものであるかどうか、

 

ということが問題である。

 

波動とは、

 

あなたの認識が波動になったものであり、

 

あなたは認識の通りの現実を引き寄せて、

 

体験しているといっていい。

 

これが波動の正体であり、

 

覚えておくべき、一番基本的な、

 

波動の法則である。

 

 

自分の実力と、他人のそれとを比較しまう、

 

そこに隠された認識とは大抵、

 

 

「私には、能力がない。」

 

 

と言うものが多くある。

 

これを聞いてあなたは、

 

 

「そんなわけがない!」

 

 

と思う事だろうが、

 

認識とは、あなたの行為の元となり、

 

それだけでなく、

 

思考や感情、

 

人生における選択の元になっている。

 

思考と感情も目には見えないが、

 

波動にはならない。

 

あくまで、あなたの認識が波動となり、

 

現実を変えてたり、

 

引き寄せる唯一のエネルギーになるのだ。

 

 

 

あなたは勝気なところがあり、自分にも自信があるから、

 

 

「私には、能力がない。」

 

 

という認識を持っている、そう聞かされた時は、

 

驚いたのだろうが、

 

仮にあなたの認識が、

 

 

「私には、確たる実力(能力)がある。」

 

 

というものであった場合、

 

他人と比較する必要性はほとんどなくなり、

 

行為はしないだろう。

 

これをもっとわかりやすく例えると、

 

赤ちゃんや、小さな子供が持つ力(能力)と、

 

自分の持っている力を、まったく比較しない事に似ている。

 

あなたが小さな赤ちゃんや、子供と自分の力が、

 

どちらが勝っているか比較しない理由は、

 

 

「すでに自分の方が勝っている。」

 

 

という認識が強力に働いているからだ。

 

むしろ、

 

小さくて、無力に思える存在を支えたいと思うし、

 

助けたいと思うだろう。

 

これは、

 

あなたの認識の中に、

 

(全く悪意を含めた意味ではなく、)

 

 

「相手は自分より無力な存在だ。」

 

 

という認識が、支えたい、助けたい、

 

という感情を生み、

 

そして行動を生むのだ。

 

大抵の場合は、

 

目の前の現象に対して、

 

(この場合は小さな赤ちゃんを見た時に、)

 

何も考えずに、まるで反射神経のごとく、

 

 とっさに支えようと思うし、

 

助けようとするだろう。

 

 

このように、

 

私たちには認識が、感情や行為と言った奥底にあり、

 

その認識の通りに反応し、

 

人生を送っているのだ。

 

このように認識とは、

 

思考や感情のように表面的に感じるものや、

 

目で見えるものではなく、

 

「なぜ?そうなったのか??」

 

という本質的な出発点を見つける、

 

そのような論理的な部分であり、

 

ロジック的なものなのだ。

 

 

あなたの認識は、常に波動になり、

 

あなたが認識の通りの体験が出来るように、

 

現実を常に引き寄せている。

 

あなたが自分の人生を、望む方向へ舵を取り、

 

望む人生を体験していくには、

 

この認識の領域を、少しだけ理解する必要がある。

 

 

言い換えれれば、

 

望まない認識をしていたことが分かれば、

 

その呪縛から解放され、

 

望む認識が明確になり、

 

常に自分の進む方向をコントロールできるようになる、

 

ということだ。

 

さて、

 

 

あなたの認識である、

 

 

「私には、能力がない」

 

 

という部分に話を戻していこう。

 

あなたの認識は、波動となり、

 

波動はそれと似た現実を引き寄せて、

 

あなたに体験させる。

 

これが基本中の基本の波動の法則であることは。上述した通りだ。

 

つまり、

 

あなたの体験する現実の多くは、

 

「私には、能力がない」

 

と、あなたに思わせたり、

 

感じさせたり、

 

そのようにさせる人物たち、

 

などなど、

 

あらゆる要素を引き寄せ、あなたに体験させることになる。

 

あなたは勝気な性格なので、

 

そのたびに、

 

 

「よし!やってやる!!」

 

 

と対抗意識を高めて、さらなる努力を出来る人かもしれない。

 

ところが、

 

 

常に勝負に勝てればいいが、

 

敗北はあなたの能力がない、あるいは、

 

劣っているという認識をさらに強める体験になるだろう。

 

あなたの人生はこうして、

 

勝か負けるか、という瀬戸際に立たされるようになり、

 

あなたが勝利するかしないかの如何によって、

 

浮き沈みの激しいものとなっていく傾向が、

 

ますます高まるのだ。

 

あなたは自分の顕在的に感じる、

 

「そんなはずじゃない。」

 

「私はこんなに努力している。」

 

「私には、あの人よりも能力があるはずだ。」

 

という部分は、

 

あなたの「能力がない(かもしれない)」という認識が、

 

自然に生み出した副産物であり、

 

勝負による、勝利と敗北の体験は、

 

あなたの認識が引き寄せた現実なのだ。

 

あなたの波動を変えるには、

 

あなたの認識を変えるほか、

 

アプローチするする方法がない。

 

でも、

 

 

認識が変われば波動が変わり、

 

現実は、あなたの波動の通りに引き寄せられてくる。

 

これが、本質的な人生の好転方法であり、

 

先にも後にも、

 

この方法でしか、

 

人生を変えていくことは出来ないだろう。

 

では、

 

どのようにあなたの波動を、あなたの望む人生を引き寄せるようにかえるのか?

 

それをこれよりお伝えしていこう。

 

 

波動とは、あなたの認識であり、

 

認識は、あなたが事実として認めている意識のことを言う。

 

上述もしたが、

 

あなたの波動は、認識とだけ密接にかかわっていて、

 

同じように目には見えないが、リアルに感じる、

 

思考や感情は認識ではない。

 

認識の状態が、

 

(姿、形とも言ってもよいが、)

 

 

あなたの波動となり、思考や感情、

 

行動を生むのだ。

 

また、

 

もう一つ、大切な波動の法則をあなたにお伝えしよう。

 

それは、

 

波動とは、私たちが慣れ親しんでいる物理的な法則や、概念はなく、

 

まったく異なるものという事だ。

 

物理的な概念からすると、

 

手に触れられるものや、

 

目で確認できるものをリアルだと認識する。

 

ところが、

 

波動には、そのような境目はない。

 

波動は、全てが、

 

「ある」

 

「存在している」

 

という肯定的な答えしか持っていないのだ。

 

例えば、

 

あなたが欲しいものがあり、

 

手持ちのお金と、貯金を合わせても、

 

いくらか足りないとしよう。

 

このように買いたいものが買えないことを体験したとき、

 

大抵は、

 

 「お金がない。」

 

「お金が足りない。」

 

という認識をしてしまうのは、かなり自然なことである。

 

 

しかし、

 

波動は、「ない」という概念がなく、

 

イエスとしか答えないので、

 

あなたがお金がないとか、

 

お金が足りないという認識をして、

 

波動を発するならば、

 

 

「あなたのお金がなくなる現実」

 

「あなたのお金が足りなくなる現実」

 

という事を、体験させるために、

 

「ない」ということ「ある」

 

つまり、

 

ない現実を創造し、引き寄せて、

 

あなたに「ない」という体験せるのだ。

 

波動には、ないという事などない。

 

あなたが「ない」と思えたり、

 

考えられたり、

 

感じらたり、

 

体験できる、

 

ということは・・・

 

 

「ない」という事実(現実が)、

 

 

それが存在するからだ。

 

つまり、ないという事はあるのであって、

 

「ない」という認識が、

 

あなたに「ない」人生を体験させている。

 

これが波動が物理的なものとは、大きく異なる点である。

 

私たちがこのことを物理的なもの以上に、リアルだと考えられないのは、

 

波動の存在の私たちが、物理的な身体を持っている、

 

物理的な存在でもあるからだ。

 

また、

 

あるとかないとかの概念がない以上、

 

多いとか、少ない、

 

大きいとか、小さい、

 

満足とか、不満足という概念も波動は持たない。

 

だから、

 

波動の法則を知り、それを利用すれば、

 

 

たった僅かなことが、

 

全てを変えることさえ不可能でもなんでもなくなるのだ。

 

 

 

あなたは、

 

 

「私には、能力がない」

 

 

という「ない」認識を持っているが、

 

それは、

 

たった一つのことでも、

 

全てに広がるし、

 

すべての面で、「ない」が増えていく体験していく音になるだろう。

 

逆に言えば、

 

たった一つの事を「ある」変えれば、

 

全てが「ある」に変わることになる。

 

人生とは、いたってシンプルに出来ていて、

 

平等になっている。

 

波動は、物理的な状況とも関係がない。

 

そのため、あなたの人生を望む姿にするのも、

 

何かが必要なことも、

 

何かが足りないこともない。

 

今、

 

全てが起きていて、

 

今、

 

あなたの目の前に、

 

人生を好転させる道があり、

 

その扉があるのだ。

 

それはずっと前からあった扉で、

 

「ない」「ない」と、

 

下ばかり向いて探していたにすぎない。

 

今日、

 

あなたは少しだけ顔を上げて、

 

その扉を開くことになる。

 

あなたが「ない」と感じていることは、

 

「自分には、能力がない」

 

という認識である事だろう。

 

ところが、

 

もはやこれは何でもよく、あなたがないと実感してしまっていることでもかまわない。

 

あなたには何かが不足しているとか、ないとか、

 

そのような認識があるものを一つでも挙げて、

 

それが「ある」

 

と、肯定的な認識にしていくだけだ。

 

方法は、相当簡単であり、

 

一番問題になるのは、

 

簡単すぎてあなたが信じられないことだろう。

 

 

あなたの認識を「ある」に変えていく方法は、

 

あなたが「ない」と感じた時、

 

つまり、

 

「ない」という認識が、働いたとき、

 

あなたの思考や、感情は、

 

否定的なものになり、

 

ネガティブな状態になることがほとんどだ。

 

それは悪い事ではなく、

 

あなたが、

 

「今、ないという否定的な認識でいるよ」

 

というサインになっている。

 

これに気が付き、

 

「私は、ないという認識があった。」

 

と、そのまま認めてあげるのだ。

 

「そんなことをしたら、ない現実が引き寄せられそう・・・」

 

と不安がるのも全く不思議ではない。

 

波動はそれだけ、私たちの感覚とはかけ離れた性質のもので、

 

私たちが波動のすべてをイメージできるようなものではない。

 

しかし、

 

「ないが、ある」と肯定的に認めた波動は、

 

肯定の波動を発し、

 

肯定的な現実を創造する。

 

そしてそれを引き寄せて、

 

あなたに体験させるのだ。

 

これが、波動の法則の基本だ。

 

つまり、

 

あなたが恐れている現実や、

 

否定的な現実などは、引き寄せられることなどなく、

 

(どんな現実が来るか分からなくても)

 

現実は、

 

あなたの発した波動に合わせるほかないのだ。

 

波動に数の概念も、

 

時間の概念もない。

 

 

あなたが、

 

たった一つの事を、

 

過去でも、未来でも、

 

肯定的に存在を認めることが、

 

スタートであり、

 

ゴールなのだ。

 

たった一回の肯定が、

 

あなたを変えて、

 

たった一回の否定も、

 

同じくあなたを変えていく。

 

私たちは物理的な身体を持ち、

 

必ず、物理的な概念を感じるから、

 

いつも、

 

肯定と否定を繰り返す特徴がある。

 

そのため、

 

物理的な世界では、

 

繰り返しは必要となる。

 

その繰り返しの中で、

 

肯定がほんの少しでも多くなっていけば、

 

あなたの引き寄せる現実は、

 

その時点で、

 

大きく変わっていることだろう。

 

そして、

 

そこからが、

 

本当のあなたの人生の始まりなのだ・・・・・