新しい[動物占い]2019年 我が道を行くライオン(イエロー)男女の性格と引き寄せ波動を診断!相性,恋愛

【新しい動物占い2019年】我が道を行くライオン(イエロー)の性格,恋愛,相性を分析し、あなたの発する波動を無料診断!恋愛と相性も徹底解説!

1 これより先を読む前に

 

これより先を読む前に

 

いきなりだが・・・

 

今、あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

さぁ、今より、本当あなたを知る時間である。

  

あなたの人生を、

 

今日から、

 

良くしていこう。

 

またライオンの全体的な性格や恋愛、相性と波動の診断は以下をご覧いただこう。

 

【新しい動物占い2019年】ライオン 性格 相性から引き寄せる現実と波動を診断!

 

次に、我が道を行くライオン(イエローのライオン)の性格や恋愛における男女別の特徴をまとめると以下の様になる。

 

さっそく見て見よう。

2 「我が道を行くライオン」の性格とは

 

我が道を行くライオンの基本的な性格とは、男女ともに、意志が強く、自他ともに厳しい性格のようだ。

 

社交的に見えるが、独立心の方が旺盛で、孤独を恐れない。

 

自分の人生は自分の手で何とかする気質が高く。

 

弱音、言い訳は、口にしない強い性格である。

 

これは、負けず嫌いにもつながっており、周りの手助けも無視し、自分で独立独歩の精神で人生を切り開いていけるタイプだ。

 

そのため、他人と打ち解けるのは難しく、本心も語らないので、孤独なイメージと印象が強い。

 

でも、自力で培った経験は武器で、説得力のある話が得意だ。

 

そのため、指導力が溢れる気質を持っているようだ。

 

もちろん、厳しい教えだが、相手を思ってのことで、相手の気持ちを察しながら厳しい教えを貫いている。

 

この厳しさに耐えれたものだけが、我が道を行くライオンの信頼を勝ち取ることが出来、お互いが素晴らしい関係を築けるのだ。

 

強運には恵まれているが、それを活かしきれていない場面が多くあるようだ。

 

その理由も、他人を無視し、孤独に頑張るところが、この強運の勢いを弱めているようだ。

 

解決する方法は自分だけに生まれるわけではない。

 

という意識を持ち、他者の意見を聞くようになれば、人生を力強く推し進めることが出来るだろう。

 

3 「我が道を行くライオン」の男女別の性格 2019年

 

全体的な性格に男性と女性では、さらにまた個性が異なる。

 

それでは男女の違いを見ていこう。

 

4 男性の「我が道を行くライオン」は?

 

男性の我が道を行くライオンは?

 

 

あなたが男性の我が道を行くライオンの場合は、何でも思い通りにならないと気が済まない、ワンマンなタイプのようだ。

 

5 女性の「我が道を行くライオン」は?

 

あなたが女性の我が道を行くライオンなら、全ての事に妥協を許さない、完璧を求める女性のタイプだろう。

 

6 「我が道を行くライオン」の恋愛 相性 2019年

「我が道を行くライオン」の恋愛の相性が良いのは?

 

好感を持たれるオオカミだ。

 

知的で冷静、ユーモアのセンスは、厳しい我が道を行くライオンの癒しのパートナーとなりうる。

 

恋愛の相性は良いようだ。

 

【新しい動物占い2019年】好感を持たれるオオカミ(ブラックの狼)男女の性格と引き寄せ波動を診断!相性,恋愛

恋愛の相性が良くない相手とは?

 

逆に、恋愛の相性が良くない相手とは?

 

 

愛情あふれるトラだ。

 

厳しく当たる我が道を行くライオンのいう事を、はいそうですか、と聞けないタイプだ。

 

お互いとも恋愛の相性は良くないみたいだ。

 

【新しい動物占い2019年】愛情あふれるトラ(ブラックのトラ)男女の性格と引き寄せ波動を診断!相性,恋愛

7 「我が道を行くライオン」の波動診断 2019年

 

我が道を行くライオンの波動とは:

 

 

孤立を生む波動のようだ。

 

 

孤立を生むのは、周りの手助けも無視し、自分で独立独歩の精神で人生を切り開いていく性格からきているのだが、それは表面的な個人行動の意味だけにとどまっていないのだ。

 

このときの波動を言葉をすると、以下のようになるだろう。

 

それは、「誰も私のことなど理解は出来ない。理解者などいないのだ。」という感じだ。

 

孤立が好きなのではなく、理解者がいないと、意識の中で認めている。

 

これは、孤立を加速するばかりか、あなたの話す事が、たとえ真実や、実体験に基づき説得力のあるものでも、

 

誰も聞いてくれない。

 

誰も信用してくれない。という現実を引き寄せることになるだろう。

 

そして、その現実を体験すればするほど、あなたは、「ほら、だから理解できる人間などいないといっただろ。」という波動が確信的な事実へと更新されていく。

 

常に孤独で、「仲間といる(群れる)ことは弱いことだ。」と、周りを非難するようになったら、孤独の完全系に、ほぼ近い状態だ。

 

それと同時に、「私の事を理解してほしい。わかってもらいたい。」という意識も芽生えてくるだろう。

 

孤独がいけないことではない。

 

もっと詳しく言いたのは、孤独は不可能だといいたいのだ。

 

あなたが発しているのは、波動だ。

 

波動は必ずあなたに、誰かを連れてくる。

 

あなたが「誰もわかる人はいない。」という波動を発しているなら、あなたも、相手も、とことんお互いが理解できない人間を、波動の法則に従って、連れて来続けるだけだ。

 

意地を張っても、避けようとしても、波動を発している限り、次ぎなる刺客は、あなたの人生に送り込まれ続ける。

 

この思い込みを、勇気をもって手放してみよう。

 

孤独をやめて、仲間を作り、傷の舐め合いをしてほしいのではない。

 

あなたの本来の人生を、歩み始めて見ないか?という提案である。

 

たった独りで戦い、そこまで努力する必要はなかった。

 

 

そういう発見をしていこう。

 

波動が変われば、あなたは、援助者で満たされていることに気が付くはずだ。

 

見ようとしていなかっただけだったり、認めないように意地っ張りになっていただけで、あなたを心から助けようとしてくれている人は、今も、すぐそばにいるのだ。

 

もちろん理解できないと感じる人も、いるはずだ。

 

でも、それはそのままにさせてあげるのだ。

 

あなたを理解できないことが、彼らには自然な形で、あるがままの姿なのだ。

 

あなたが本来のあるがままを取り戻すように、彼らにもそうさせてあげるだけでいい。

 

そして、あなたは今持っている、意地をただ手放してみるだけでいい。

 

はじめは怖いかもしれないが、やがて、あなたの周囲は、あなたを求めている人で、いっぱいになっていることに気が付くだろう。

 

 

この記事を友人知人にオススメする場合は、

 

以下のシェボタンをご利用ください。