新しい[動物占い]2019年 感情的なライオン(ゴールド)男女の性格と引き寄せ波動を診断!相性,恋愛

【新しい動物占い2019年】感情的なライオン(ゴールド)の性格,恋愛,相性を分析し、あなたの発する波動を無料診断!恋愛と相性も徹底解説!

動物の占い【57】の数字の人= 感情的なライオン 男女の性格と相性 恋愛
動物の占い【57】の数字の人= 感情的なライオン 男女の性格と相性 恋愛

1 これより先を読む前に

 

これより先を読む前に

 

いきなりだが・・・

 

今、あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

さぁ、今より、本当あなたを知る時間である。

  

あなたの人生を、

 

今日から、

 

良くしていこう。

 

またライオンの全体的な性格や恋愛、相性と波動の診断は以下をご覧いただこう。

 

【新しい動物占い2019年】ライオン 性格 相性から引き寄せる現実と波動を診断!

 

次に、感情的なライオン(ゴールドのライオン)の性格や恋愛における男女別の特徴をまとめると以下の様になる。

 

さっそく見て見よう。

2 感情的なライオン(ゴールドのライオン)の性格とは

 

感情的なライオンの基本的な性格は、男性も女性も、真面目で、愛想のよい振る舞いが出来ないほど、社交性に欠ける性格のようだ。

 

表向きは、自分の感情を抑えているので、社交的な印象を与えたり、社交的にふるまえる。

 

だが、内面は競争心が常にむき出しのようだ。

 

相手に抜かれたり、差を付けられるのが嫌いで、ふつふつと心の中で、競争心が燃えている。

 

これが、愛想よく振舞えない原因となっている。

 

また、歯に衣着せぬ物言いであり、それは独特のものがある。

 

実は、これは正直な意見を言ってくれる、という印象を与えることもあり、長所にもなっているようだ。

 

感情的なライオンは、心許せる人にはユニークな一面も見せるが、本来は戦うスタイルなので、いつでも自分に厳しい。

 

そして、妥協もしない。

 

弱い人を見れば自己犠牲を払ってでも助けようとする、正義感がある。

 

素晴らしい信頼のおけるリーダーとしての素質がある。

 

このように、人助けによって徳が重なっていけば、一生の財産となり、運勢が味方になるだろう。

 

では、感情的なライオンの男女の違いを見てみよう。

 

男女の違いは以下のようなものがあるようだ。

 

3 感情的なライオン(ゴールドのライオン)男性なら?

 

あなたが感情的なライオンで、男性なら、計算や分析が得意で、答えを出すのが得意なタイプだ。

 

その答えは、優れた分析によって導き出されており、なんでも、良いか悪いかを明確に区別するのが好きなようだ。

 

4 感情的なライオン(ゴールドのライオン)女性なら??

 

一方、女性なら、頭で考えるのが得意で、冷静な判断を下す。

 

自分の感情は前面には出す方ではなく、知的なイメージな女性だろう。

 

続いて、感情的なライオンの恋愛の相性を見てみよう。

 

次のような相性のようだ。

 

5 感情的なライオン(ゴールドのライオン)の恋愛 相性 2019年

感情的なライオンの恋愛の相性が良いのは?

 

足腰の強いチーターだ。

 

頭がキレて、情熱家であるが、人の心を見抜き、教養ある説得が出来るタイプなので、感情的なライオンのよきパートナーとなりうる。

 

恋愛の相性も良いようだ。

 

【新しい動物占い2019年】足腰の強いチーター(グリーンのチーター)男女の性格と引き寄せ波動を診断!相性,恋愛

恋愛の相性が良くないのは?

逆に恋愛の相性が良くないのは?

 

 

人気者のゾウである。

 

頑固な性格で人づきあいは苦手なタイプだ。

 

感情的なライオンも人づきあいは苦手なので、衝突が激しいようだ。

 

恋愛の相性は非常に良くないだろう。

 

【新しい動物占い2019年】人気者のゾウ(グリーンのゾウ)男女の性格と引き寄せ波動を診断!相性,恋愛

 

6 感情的なライオン(ゴールドのライオン)の波動パターンとは? 2019年

 

感情的なライオンの波動パターンは、内に秘めた強い競争心が、本来の波動との調和を邪魔しているようだ。

 

競争心は、自分が相手よりも勝っているときはいいが、負けたりしたときは、「私はあの人よりも劣っている。」という波動を強烈に出してしまう。

 

また、これは、完全に勝敗が付いていなくても、その意識が強く生まれ、負けないように努力しているうちは、自分が劣っているという波動が強く出ているだろう。

 

波動は、あなたの意識によって発するもので、相手も、その人が先輩とか、外国人だとかは、一切問わない。

 

「自分は劣っている人間だ。」ということを純粋に波動として発しているのだ。

 

ちょっとした差も許せない性格だと、これは非常に頻繁に、かつ強力になるだろう。

 

その波動があなたを、文字通り「劣っている人間である。」ということを証明するような、厳しい現実を引き寄せているのだ。

 

相手に勝つことは、物理的に見た価値観では正しい事に見える。

 

優劣をつけて、それを順番にして、能力の差をつける。

 

それに応じた報酬や、立場が与えられるべきと考えるのは、当然のことだろう。

 

でも、波動の法則は、そんな決まりはお構いなしだ。

 

あなたが、いま、劣っていると感じているか?

 

それだけに反応するのだ。

 

出来ればこのような自己否定の波動は、発する機会は少なくした方が良いだろう。

 

なぜなら、戦いと努力の人生で幕を閉じることになるからだ。

 

勝利や、力の優劣が必要と感じるときはあるかもしれない。

 

でも、その中でも自分は素晴らしい能力の持ち主だ。

 

という意識を持つ習慣を手にしよう。

 

あなたは目で見える差にこだわりが強い。

 

それに、強く焦点を合わせている。

 

といっても良いだろう。

 

 

自分が負けている所を見つけては、自己否定の波動を発している。

 

だから、自分が勝っている所だけを、自分で確認しよう。

 

自分が勝っている所を認めるのだ。

 

それは、いくら小さくてもいいし、1000個くらい負けていても、たった一つ勝っていると思えるだけで十分だ。

 

波動は上述したように、あなたが自分に能力があるか?ないか?

 

どちらを見ているか?という事だけに反応するからだ。

 

1対1000で負けても、この1点だけは勝っている。と、あなたが自分を認めることで、波動は、「勝っている」という波動を発していることになる。

 

やがて、あなたがほぼすべての場面で、(たとえ正式な勝負では負けていても)勝利を認めることが出来たら、あなたに敗北の二文字はなくなる。

 

あなたは、波動の勝利をおさめ、本質的な勝利を、手にすることになるだろう。

 

 

この記事を友人知人にオススメする場合は、

 

以下のシェボタンをご利用ください。