【銀のインディアン2019の運勢】行動は慎む。「ゲッターズ飯田の五星三心占い」

 

銀のインディアン2019運勢ゲッターズ飯田の【五星三心占い】ここでは「銀のインディアン」である今年の運勢を解説!

2 ゲッターズ飯田の五星三心占いとは

 

ゲッターズ飯田の五星三心占いとは、

 

ゲッターズ飯田氏が生み出した、10種類以上の占いの良い部分を組み合わせて、

 

完成させたオリジナルの占いである。

 

 

下記のリンクによって導き出された1~60の命数によって占うのが特徴だ。

 

生まれた西暦年が偶数であれば「金のインディアン」、

 

奇数であれば「銀のインディアン」があなたのタイプとなる。

 

まだ確認できていない場合は、ゲッターズ飯田の五星三心占いで、

 

確認しよう。

3 銀のインディアン2019の運勢とは【ゲッターズ飯田の占い】

 

2019年の銀のインディアンの運勢とは、

 

今年は要注意な運勢になると言える。

 

今年一年は不安定で、悪い運気から良い運気に変わる境目の年なので、

 

アンバランスな出来事が多くなるだろう。

 

特に年始と年末では大きな違いとなっている。

 

年始は困難が尽きないことだろうが、

 

年末に向けてそれらは解消されていきそうだ。

 

体調面においては特にダメージが激しく、

 

これまで運勢が味方しなかった時期を乗り越えた来たため、

 

体力も消耗していることが原因だ。

 

休養も大切なことと捉えて、無理はしないようにしよう。

 

年始は良いことがあっても、大きく期待をしないで、

 

年始こそ注意して過ごすことだ。

 

でも年始はある意味で、自分を伸ばす機会でもある。

 

ものごとは多面的であり、

 

無限ともいうべき見方があると心得た方が良いだろう。

 

辛いとか、厳しいというのは、見る角度を変えれば、

 

全く違う出来事にさえ思える。

 

マイペースで、中学生のような純粋な心の持ち主のため、

 

人のためにということは苦手だろうが、

 

年始は自分勝手に振舞いすぎないようした方が良いだろう。

 

大切な人間関係にヒビが入ったり、

 

信頼を失墜することにつながりそうだ。

 

下半期に向けて、人間関係は大切にし、徳を重ねていき、

 

自分の弱点に向き合ってみよう。

 

それでもダメな人は、やはり出てくるだろう。

 

そのような時は、やるべき努力はした上で、

 

付き合いを少なくして行くか、もう付き合わないようにすることだ。

 

このような人間関係の整理もできる時期で、

 

そのためには良い時期と言える。

 

上半期はお世辞にも良い運勢とは言えないが、

 

下半期には持ち直して来て、よくなって来たという実感を持てるだろう。