「銀の羅針盤」2019年の運勢 決断が鍵。

 

銀の羅針盤2019年運勢ゲッターズ飯田の【五星三心占い】ここでは「銀の羅針盤」である今年の運勢を解説!

2 ゲッターズ飯田の五星三心占いとは

 

ゲッターズ飯田の五星三心占いとは、

 

ゲッターズ飯田氏が生み出した、10種類以上の占いの良い部分を組み合わせて、

 

完成させたオリジナルの占いである。

 

 

下記のリンクによって導き出された1~60の命数によって占うのが特徴だ。

 

生まれた西暦年が偶数であれば「金の羅針盤」、

 

奇数であれば「銀の羅針盤」があなたのタイプとなる。

 

まだ確認できていない場合は、ゲッターズ飯田の五星三心占いで、

 

確認しよう。

3 「銀の羅針盤」2019年の運勢とは

 

2019年の銀の羅針盤の運勢とは、

 

今年は最も良くない運勢となる年だろう。

 

去年からそれは始まっていたが、

 

本格段階に入ったようだ。

 

運勢が味方しないということは、あなたの実力や、素質が丸裸になった、

 

といことであり、それで何年かを乗り切って行くことを意味している。

 

でも、

 

これは良い知らせでもある。

 

運勢が味方しない時期になると、

 

あなたの弱点や、弱さの本性が明るみに出る。

 

そして、

 

それ改善する機会が、この運勢が低迷した時期なのだ。

 

失敗もミスも、素直に受け入れて、自分自身を見つめ直すと良いだろう。

 

 

調子の上がる時期もやってくる代わりに、

 

逆の時期もやってくる。

 

その時期、その時期で、生き方が変わってくるし、

 

変えていったほうが良いのだ。

 

そして一人で抱え込まないで、相談をすることだ。

 

一人での判断は視野も狭くなっているため、

 

どうしても他人でないと見れない部分、気が付けない部分がある。

 

性格上、それによって決断にさらに困ることもあるだろうが、

 

今年はそれくらい慎重に決断していいだろう。

 

この一年間は不運ではなく、見方を変えればむしろラッキーだ。

 

物事は常に多面的であり、真実は無限に存在する。

 

良い部分も、悪い部分も、無限に。

 

あなたの態度が、今年や、その先の人生を明るくするのだ。