【人間関係の引き寄せの法則】事実とは,あなたは認識通りに人を引き寄せる

人間関係は大きく変わる。それもあなたの望む方向に。ここでは【人間関係の引き寄せの法則】波動の効果と成功法 職場や仕事の人間関係,友達,嫌いな人,変化,同じレベルの人間など,すべてを徹底解説している。

 いきなりだが、

 

こんなことを言うと、あなたに賛同を頂けるに違いない。

 

それは・・・・

 

 

「人間関係は本当にうっとうしい!」

 

「人間関係なんか無くなればいいのに!」

 

 

いかがだろう?

 

でも、

 

今日、ここに書いて、あなたにお伝えしたい事とはまさに、

 

 

人間関係をうまく行かせるための、

 

波動の法則、なのである。

 

詳しく説明しよう。

 

波動と、波動の法則とは、

 

あなたが知らずに発している波動が、

 

あなたに、

 

それと似た現実を引き寄せる(引き寄せの法則)、

 

というものだ。

 

引き寄せの法則は、欲しいものや、すでにそれを手にしている自分をイメージしたり、

 

イメージの中でリアルに実感する事で、

 

それが引き寄せられてくるというが・・・

 

それは違う。

 

引き寄せの法則とは、

 

波動があって初めて発動するもので、

 

引き寄せとは、波動の法則なのだ。

 

 

そして、

 

 

もし、あなたが望めば、

 

たった今から、

 

人間関係の引き寄せと、波動の法則を知り体験してもらいと思っている。

 

あなたは誰なのか?

 

あなたの発している波動は、どんな人間関係を引き寄せられるか?

 

その本質を全て、ここで包み隠さずお伝えしよう。

 

 

今日という日はあなたの、

 

望まない人生、

 

最後の日である・・・・

あなたの波動が人間関係を引き寄せる・・・

ここでまずお伝えしておきたい事は、

 

波動があなたの人間関係の現実を引き寄せる、

 

という事だ。

 

つまり、

 

あなたのイメージや、

 

妄想に似た想像力が、あなたの人間関係を引き寄せるものではない。

 

人は誰しも、

 

何かしらの要素をもって、

 

その環境に生まれついている。

 

それは必然とか、

 

偶然とかいう問題は度外視しても、

 

あなたは、現実を引き寄せて、体験する存在である。

 

という事をここでお伝えしておこう。

 

つまり、

 

 

人生の好転の方法とは、

 

あなたが引き寄せている現実を変えることであり、

 

分かりやすく言いうと、

 

望まない現実から、

 

望む現実を多く引き寄せることにある。

 

では、

 

それが可能かどうか?

 

といえば・・・

 

物理学の観点からすれば、

 

可能といえるのだ。

 

詳しく説明しよう。

 

 

私たちの存在は物理的なものだと誰もが信じてやまない。

 

物理的な要素とは、

 

物であり、時間であり、空間の中にあって、

 

目で見えるものだ。

 

ところが、

 

 

現在、最先端で研究している物理学者はすでに、

 

時間とか空間、

 

目で見えることを重要視していないのだ。

 

 

彼らが、今重要視しているのは何か?

 

 

それは、

 

 

波動なのだ。

 

なによりも先にあなたは、

 

波動とはいったい何か?

 

ということを知る必要があるだろう。

 

あなたが今まで知らなかった、

 

この世のカラクリ、

 

人生の本質、

 

何よりも、あなたのそのもの、

 

それを知るのと、知らないまま、

 

今後を生きていくのとでは、

 

あなたの今後の人生に大きな差を生むことだろう。

波動の法則とは、

 

 

 

波動とは:

 

 

現代物理学の学者たちが本気で取り組んでいる、

 

私たちや万物の根源的な要素である。

 

物理学者たちはすでに、目に見える範囲のことは重要だと考えていない。

 

なぜか?

 

彼らは、

 

「私たちは物理的な存在ではない。」

 

という答えに達しているからだ。

 

彼らが出した答えとは・・・

 

私たちは、

 

「振動するエネルギー」 

 

で、出来ている。

 

という答えだ。

 

 

 

信じがたいことだが・・・、

 

 

私たちは分子や原子という粒の集合体ではない。

 

私たちは、

 

波動の存在であり、

 

波動の振動の違いや種類の違いが、

 

あなたという個を創り、

 

固有に発している波動が、現実を創造している、

 

というのだ。

 

そしてあなたが発する波動の正体とは、

 

あなたの認識なのだ。

 

あなたの認識は波動となって、認識と相応のあらゆる現実を引き寄せ、

 

あなたに体験させている。

 

つまり簡単に言うと、

 

人は誰も、

 

自分の認識(波動)の通りの人生を送っている。

 

という事なのだ。

 

認識とは、

 

あなたが「これはこうだ!」とか、「私はこうだ!」と、

 

強く、確信的に、

 

事実として認めている意識の事である。

 

これはあなたの思考や感情とは全く異なり、

 

さらに奥にあるものである。

 

そしてむしろ、あなたの思考や感情とは、

 

認識によって常に引き寄せられいるものだ。

 

 

 

これはあなたが意図的に、意識的に、

 

「自分は一体、何を事実として認めているのだろう?」

 

という事を冷静になって掘り下げて見ないと判明する代物ではない。

 

これは非常に大切である。

 

なぜなら、

 

それがあなたの体験する現実を引き寄せる、

 

波動エネルギーになるからだ。

 

 

さぁ、

 

あなたもさっそく、

 

自分の波動が気にならないだろうか?

 

 

あなたは一体、

 

 

どのような波動の持ち主だろう・・・・

 

欲しいものを引き寄せる波動とは、どのようなもので、

 

どうすれば?

 

それが可能なのだろう・・・・ 

 

今日、

 

あなたの人生の行く先が、

 

分かるかもしれない。

 

人間関係と引き寄せの法則

引き寄せの法則で人間関係について言われることとは、だいたい以下のことだろう。

 

それらは、

 

 

波動の高い人、波動の低い人、

 

類は友を呼ぶ、

 

人間関係を良くするには、波動を高くする、

 

などなどだ。

 

このサイト内の引き寄せの法則関連のページで、必ず伝えていることがあるが、

 

この人間関係のページでも、もちろんそれをあなたにお伝えしたい。

 

なぜなら、

 

 

引き寄せの法則において、または、その本質である波動の法則において、

 

一番基礎となる部分だからだ。

 

では、

 

その基本的な部分とは、

 

 

波動に物理的な概念はない。

 

 

つまり、

 

波動とは、私たちが感じている、過去や未来といった時間、あそこからあそこまでという距離や空間、

 

さらには、

 

量的な多さや少なさ、

 

大きいや小さい、

 

高いとか低い、

 

高いから良い、低いから悪いといった善悪の基準、

 

それらは波動には、一切ないのだ。

 

人間関係に関する引き寄せの法則は、人間関係を良くするには波動を高くする、

 

低い波動は、良くない人間を引き寄せる、

 

などなど言われているようだが、

 

それらの概念は、波動は持ち合わせておらず、

 

それを決めるのは、

 

良いだの悪いだの、

 

高いだの低いだの、

 

と、

 

捉えた(その人)あなただけに限られるのだ。

 

つまり、波動的に言えば、

 

良い人間もいなければ、

 

悪い人間もおらず、

 

それを決めるのは、

 

その人と接した時に感じた、あなたの捉え方、

 

認識と意識、

 

という事なのだ。

 

波動は、あなたが純粋に「こうだ!」「これは真実だ!」という認識が、

 

波動になり、

 

現実を引き寄せる唯一のエネルギーになる。

 

だから、

 

あなたの認識が、これは「良い」これは「悪い」と決めてばかりいると、

 

良い人物や、悪い人物を交互に引き寄せることになり、

 

人間関係は、安定することは難しい。

 

さらに、

 

 

私たちの物理的なの脳は、危険(ネガティブ)な体験を特に記憶に残し、

 

それを二度と味あわないように、自然と回避する機能(自己防衛本能)がある。

 

この自己防衛本能は、年齢を重ねれば重ねるほど、危険な記憶は多くなり、

 

したがって回避する対象物も、次第に多くなる傾向がある。

 

その結果、

 

多くの人の場合、

 

危険な人や、危険な人間関係だけが、認識の中に強く残り、

 

人間関係は(改善の余地は全然あるのに)、年齢とともに悪化していく傾向がある。

 

それは、

 

あなたが危険だ、危ないという認識が増えて、

 

それが、波動となり、強化され、

 

ものの見事に、現実を引き寄せ、体験しているといえるだろう。

 

 

もちろん、

 

 

危険と思える人や、

 

あなたに物理的な危害を加えるような人は、存在しているし、

 

そう認識することは否定できない。

 

その理由は、

 

私たちが物理的な身体と、物理的な価値観を重んじる脳を持っているからであって、

 

物理的な価値観とは、

 

上述した、自分をあらゆる危険から守ろうとする、脳と神経系の機序そのものだからだ。

 

だから、

 

あなたに危害を加えた人(加えそうな人)は、

 

「悪い人」

 

という認識を持ちやすく、

 

あなたに得を与えた人(与えそうな人)は、

 

「良い人」

 

という認識を持ちやすいのは、私値の価値基準にほとんどが共通している。

 

物理的なものと、波動的なものには、大きな隔たりがあり、

 

私たちは、その両方を持っている、

 

という(ある意味やっかい?な)存在なのだ。

 

でも、本質的な波動の世界から言えば、

 

 

波動に高いも、低いもない。

 

波動に良いも悪いもない。

 

 

 

ということが、波動の答えになるのだ。

 

そしてもう一つ、

 

 

類は友を呼ぶ。

 

ということも、引き寄せの法則では多く言われていて、

 

これは引き寄せの法則に限らず、昔から世界に各国にそのようなことわざはある。

 

英語圏だと、

 

Birds of a feather flock together.

 

Great minds think alike.

 

like attracts like.

 

というものが代表的のようだ。

 

波動は、

 

それと似た現実を、あなたに引き寄せ、体験させる。

 

つまり、

 

あなたの波動は、

 

あなたの波動に似た、人間を引き寄せ、人間関係を構築している。

 

そして、

 

それに悪いとか、良いとかいう基準は、本来は持っていない、という事なのだ。

 

あなたの波動は、常に(波動状態を体験するように)現実や、人物を引き寄せている。

 

それが「こんなのは嫌だ!」

 

と、あなたが否定的に感じるものが、それらの中にはあるし、

 

その否定的な認識が、

 

否定的な波動をさらに発し、

 

否定的な現実(ここでは人物や人間関係)を、引き寄せるのだ。

 

 

あなたが、自分自身の人間関係を良くするために行うべき事とは、

 

いきなり嫌な友人と離れる、

 

嫌な人からの誘いを断る、

 

新しい友人を探す、作る、

 

グループを変える、

 

などではなく、これらはいくら努力して行ったとしても、

 

本質的な解決とはならないだろう。

 

むしろ、

 

 

嫌だと感じる人間関係や、人物から物理的な努力によって離れたことが出来たとしても、

 

あなたの認識と波動が変わっていない限り、

 

同じように、

 

あなたを嫌にさせる人物は引き寄せられてくるからだ。

 

ところが、

 

 

今、

 

あなたは、

 

自身の人間関係を、最も良いもの(認識にする事)に、

 

一番適した場所にいるのだ。

 

もう一度、大切な事を思い出そう。

 

 

波動と波動の法則には、良いも悪いもない。

 

物理的な基準さえない。

 

つまり、

 

今のあなたの人間関係、現状には、良いも悪いもなく、

 

あなたが良いものだという認識、それも純粋で、真実だ!と心から肯定的に認めることが出来れば、

 

波動も肯定的に変わり、

 

肯定的な現実を引き寄せ始める。

 

そして、

 

現状の人間関係は、あなたが良いと思えるようにものになっていくし、

 

その比率が依然とは比べ物にならないほど、多くなっていくのだ。

 

問題は、

 

 

「こんな(嫌な)人たちに囲まれて、

 

 いったいどうやって肯定的に思えと言うのか!?」

 

ということだろう。

 

では、二つ目の波動の法則を、もう一度思い出そう。

 

波動に物理的(量的)な基準は、ない。

 

という事だ。

 

つまり、

 

あなたが純粋に、

 

「今すでに、私は素晴らしい人間関係の中にいる。」

 

と、感じるまで、物理的な基準を落とすのだ。

 

波動には基準がないのに、なぜ基準を作り、それを落とすのか?

 

そのような矛盾を感じることは、無理もないだろう。

 

でも、

 

 

波動に基準がないのは、

 

小さいとか、大きいとか、

 

多いとか、少ないとかの事であって、

 

波動は、

 

あなたが、

 

量が少ないとか、小さいとか、

 

大きいとか、多いとか感じていることに、

 

一切関わらず、

 

例えわずかでも、1パーセントでも、

 

「(それだけなら)今、すでに私は素晴らしい人間関係を持っている。」

 

「(そこまで基準を落とせば)すでに素晴らしい人間関係の中にいる。」

 

と、結果的に純粋な認識でいるか、否かだけに反応しているのだ。

 

大切な事なので、

 

もう少し詳しく説明しよう。

 

 

逆に、今まであなたが「なんて最悪な人たちの中にいるんだ!」とか、

 

「今の人間関係はストレスでしょうがない!」

 

とか、

 

「こんな人たちと早く離れたい!」

 

というように否定的な認識ていることは、

 

あなたに「こうだったら最高なのに・・・・」という、ある基準が存在していることが多い。

 

嫌だ、最悪だ、まったく理想の人間関係などない、

 

といった否定的な認識の中には、

 

必ず、

 

「これが良い」「これが好きだ」「これが理想だ」といった肯定的な認識もあるのだ。

 

あなたが嫌だ嫌だと、繰り返し唱えている理由とは、

 

それだけあなたは、理想的な人間関係を求めている、

 

と同時に、

 

「理想的な人間関係など、目の前にない!」

 

と、認識し、

 

その波動を発し、

 

理想的な人間関係などない、または思えない現実を引き寄せ、

 

体験しているようなものなのだ。

 

 

つまり、

 

 

あなたが「これなら良いのに・・・」と、

 

高くなってしまった基準が、

 

今のあなたの人間関係を、肯定的に思えなくさせている。

 

でも、

 

 

あなたが思い、願っているような理想的な人間関係は、

 

必ず存在し、

 

それは引き寄せられる。

 

そのためには、

 

高くなった基準は、いったん忘れ、

 

「すでに理想的な人間関係が、(ほんのわずかなら)ある」

 

という認識になる必要があるのだ。

 

すでに理想が目の前にある。

 

という認識は、

 

あなたの基準が高くても、低くても、

 

波動はその基準には全く反応せず、

 

あなたが純粋に、「すでに目の前にある」と、ただ認識しているかだけに反応し、

 

現実を引き寄せる。

 

だから、

 

 

あなたは、目の前の人間関係や、人物に対して、

 

1パーセント、

 

それでもリアルに思えないなら、

 

0,0001パーセントなら・・・

 

理想的な人間関係はすでにある、と肯定的に思えれば、 

 

波動は、それまでの「理想がない」という否定から、

 

「ある」という肯定的な波動になり、

 

あなたに現実を引き寄せ、体験させるのだ。

 

 

大きく話題を、はじめに戻すが、

 

良い人間関係を引き寄せるために、高い波動になる必要はないし、

 

 

あなたの低い波動が、悪い人間関係を引き寄せているのでもない。

 

あなたの現状に対する認識が、

 

理想が(わずかでもいいから)目の前にすでに「ある」という認識なのか、

 

それとも、

 

理想など「ない」という認識なのか、

 

それだけが、

 

あなたの人間関係の良し悪しを、引き寄せているのだ。

 

あなたが、

 

ここまで基準を下げれば、

 

リアルに、

 

純粋に、

 

理想的な人間関係があると、

 

「イエス!」

 

と、答えを出せるなら、

 

そして、

 

それを、あなたが「嫌だ」と、感じるたびに、その感情に気が付き、

 

基準を下げに下げ、現状の人間関係に、

 

「イエス!」

 

という肯定的な認識と波動を発していけば、

 

周囲の人が、あなたを肯定的に認め始め、

 

あなたも周囲を肯定的に認め始め、

 

人間関係は不思議なくらい、みるみると変わっていくだろう。

 

そのために、

 

あなたは、

 

今、

 

最高の環境に立っているのだ・・・・

同じレベルの人間

引き寄せの法則でよく言われることは、

 

同じ人間を引き寄せるという事である。

 

そのため、

 

 

多くの引き寄せのサイトでは、

 

波動を高くしよう、

 

低い波動をやめよう、

 

というアドバイスが多くある。

 

上述したように、

 

波動には、高い低いはない。

 

むしろ、

 

波動を高いとか、低いとかを気にしている時点で、

 

あなたは「基準」を持つことになり、

 

高い波動になることを目指して、何らかの努力をするのだろうが、

 

波動は上がるどころか、

 

変化しない。

 

何度も言うが、

 

波動とは、

 

あなたの認識と意識である。

 

つまり、

 

認識と意識の状態であり、

 

あなたが好むか、好まないかはあるにせよ、

 

それにいかなる優劣はないのだ。

 

 

波動は純粋な状態であり、

 

その波動に近い状態(現実)を、

 

(あなたが好む好まざるに関係なく)

 

あなたに引き寄せている、と言った方が伝わるだろう。

 

例えば、

 

友人が一人もいない。

 

という認識(状態)は、あなたに友人がいないという現実(状態)を、

 

引き寄せることになり、

 

あなたがたった一人でも(人間ではないペットであっても)、

 

「友人がいる」

 

という認識であれば、

 

何人かは分からないが、「友人がいる」現実(状態)を、引き寄せることになる。

 

だから、

 

 

同じ人間が引き寄せられる、という解釈はあながち間違いではないが、

 

正確に言うならば、それは、

 

あなたの他人に対する認識や、

 

あなたの現状の人間関係の認識が、

 

あなたに現実(その状態)を引き寄せるのだ。

 

なので、

 

 

あなたが今の自分の周囲の人間や、人間関係の現実を見て、

 

「自分と同じ人間を引き寄せている・・・」

 

「私はこんな人間だったのか・・・・」

 

などなど、

 

悲観する必要は一切ない。

 

それは今まで変わってきたように、

 

これからも変わるし、

 

上述したように、簡単に変えることが出来るからだ。

 

あなたの今ある人間関係は、確かに満足のいかないものかもしれない。

 

でも、

 

 

あなたが、自分の望む人間関係を引き寄せるには、

 

「すでにそうなっている事実」

 

を、そこで見つける必要がある。

 

言い換えるなら、

 

(波動は物理的な次元は一切関与しないので・・・)

 

それだけで十分なのだ。

 

人間関係を良好にする事で、つい難しいと感じてしまうのは、

 

相手がいるから。

 

という事だ。

 

相手の嫌な行為は、変えることは出来ないし、注意することも難しい。

 

特に、

 

それが上司や、目上の人なら、なおさらやりにくいといえる。

 

それでも、

 

 

あなたが、その中で「理想はすでに、ここにある」と、思えるまで基準を下げ、

 

「すでにある」という認識と波動を持つ必要があるのだ。

 

そうするとどうなるか・・・・

 

 

あなたが、まず、その相手を肯定的に存在を認めることが出来るようになり、

 

相手は、あなたへの態度を変えるか、

 

変わらない相手は、そう遠くない未来に、

 

徐々にいなくなっていくだろう。

 

あなたが肯定的な波動を発しているのに、

 

相手が以前として否定的で、それを変えないようだったら、

 

波動がまったく別物だから、あなたも相手も、

 

お互いが近寄れなくなるのだ。

 

あなたは肯定的な波動として、あるべき場所に自然に導かれていき、

 

相手も否定的な波動として、あるべき場所に居続けるのだ。

 

同じ人間を引き寄せることは、確かにあり得ることだ。

 

でも、

 

最も大切な事とは、

 

あなたが、どんな悲惨な人間関係だと思えても、

 

「この部分だけなら、まぁ良いと思えるか。」

 

という認識を、常に持ち、

 

肯定的な波動を発していることにある。

 

「なぜ自分だけが、(嫌な相手を)肯定的に受け入れなくてはいけないんだ?」

 

つい、そう思ってしまうのも理解できるが、

 

 

その認識は、いつまでたっても自分の今を肯定する事にならず、

 

さらには、

 

あなたの人生、

 

あなたの存在そのものを、

 

自己否定することにつながる。

 

あなたは相手を否定しているようで、それはあなたの認識が招いた現実だ

 

あなたの招いた現実を否定することは、

 

あなた自身を否定してしまう。

 

 

 

あなたの人間関係と、その現実をより良いものへ変えるすべての術と要素は、

 

いつも、

 

そして、

 

いつまでも、

 

あなたの「今」にあるのだ・・・・

職場や仕事の人間関係

職場や仕事での人間関係は、

 

人生においても、非常に多くの時間を共有するものになるだろう。

 

職場や仕事の人間関係の改善も、

 

上述したように、

 

あなたが、今、

 

その環境のたった一部分だけを、

 

肯定的に思えるか否かにかかっていることは言うまでもない。

 

波動は、たった一部分という量的な要素は、

 

無視をし、

 

あなたが認識として、

 

最終的に、

 

肯定的にとらえているか?

 

否定的にとらえているか?

 

ということが波動となり、

 

現実を引き寄せている。

 

だから、

 

 

本来、あなたが今その場から、あなたの望む人間関係や、人物などを引き寄せたいとき、

 

障害となる物理的な要素は一切ない。

 

障害となっているのは、

 

認識だけなのだ。

 

あなたがこれを実践し、

 

習慣化すれば、

 

肯定的な波動を発する機会が増大する。

 

そしてその肯定的な波動が、あなたの人生で支配的になれば、

 

気が付けば、

 

全く違う人間関係の中にいることを、あなたは知るだろう。

 

引き寄せの法則は、

 

まるで奇跡が起きたかのような、大きな好転や変化は起こりにくい。

 

起こりにくいだけで、全く怒らない事もないのだが、

 

それは、一瞬で目の前を通り過ぎることが多くある。

 

だから、望ましい変化とは、

 

物理的な時間をかけて、

 

確実に、

 

じっくりと、 

 

あなたの現状を、たった一つから、

 

肯定的な認識に増やしていき、

 

徐々に望む状態へと導かれていく。

 

 

これが安心して、あなたが望む人生へとシフトチェンジする方法だ。

 

職場や仕事上での人間関係は、

 

上司や部下だけでなく、

 

取引先の人も含まれる。

 

あなたが、どのような時でも、肯定的な波動を発していれば、

 

波動がちゃんと、そのような現実を引き寄せてくれるので、

 

何も恐れることなく、

 

今を、肯定的に生きてみてほしい。

 

あなたが望む方向へ変わっていくのは、

 

さほど時間などかからないのだ。

おわりに

いかがだったろうか。

 

引き寄せの法則は、波動の法則であり、

 

すでに多くの科学者が解明しつつある、本当の法則なのだ。

 

あなたも、周りにあるすべてが、

 

波動によって創造され、

 

波動によって引き寄せられているのだ。

 

あなたがこの法則を、少しでも理解できて、

 

また、少しでも楽しんでくれたら、このページの役目は果たしたことだろう。

 

最後に、

 

お別れのあいさつの代わりに、

 

私の大好きな言葉で、あなたとお別れしたいと思う。

 

その言葉とは・・・・

 

 

あなたの人生は、

 

きっと、

 

全てがうまくいっている・・・・

引き寄せの法則
引き寄せの法則の事実
望みはきっと叶う。ここでは引き寄せの法則の本質的なやり方、方法を公開している。あなたの恋愛、お金、仕事、人間関係の問題と悩みを全てここで解決しよう!
トップページ
トップへ