「金のインディアン」2019年 女性の恋愛&結婚】今年の恋愛運と運命の出会いの時期とは?「ゲッターズ飯田の五星三心占い」

 

金のインディアン2019恋愛ゲッターズ飯田の【五星三心占い】ここではあなたの恋愛運と運命の出会いの時期などを独自分析!

2 ゲッターズ飯田の五星三心占いとは

 

ゲッターズ飯田の五星三心占いとは、ゲッターズ飯田氏が生み出した、10種類以上の占いの良い部分を組み合わせて、完成させたオリジナルの占いである。

 

下記のリンクによって導き出された1~60の命数によって占うのが特徴だ。

 

生まれた西暦年が偶数であれば「金のインディアン」、奇数であれば「銀のインディアン」があなたのタイプとなる。

 

まだ確認できていない場合は、ゲッターズ飯田の五星三心占いで、確認しよう。

3 「金のインディアン」2019年の基本性格を確認

 

金のインディアンの基本性格とは、中学生がそのまま大人になったようで、常に新しいことに目を向かせ、楽しそうなことや面白そうなこと、

 

またはそのような情報を集めているタイプだ。

 

好奇心が旺盛で、さらに活動的なので、新しいものや楽しそうなことに飛びつく速さは、まさに一級品と言えるだろう。

 

そのぶん、飽きるのも早い。

 

ロマンチックでもあり、夢や妄想をよくみている。

 

子供のように純粋で、勢いが中学生のままのようなので、外見も若く見える人が多い。

 

 

社会人になって人の出会いで運気が変わりやすいのも特徴だ。

 

だから昔の友人との付き合いにこだわるよりも、新しい環境にチャレンジしていく方が良いだろう。

 

順応性も高く、どんな環境でも対応ができるので、運気の流れをせき止めないようにしていこう。

 

人見知りは基本的にしない方だが、傷つけられると、人を避けるようになる傾向がある。

4 「金のインディアン」2019年の恋愛の傾向と結婚とは

 

金のインディアンの恋愛傾向とは、妄想の恋愛が好きのようだ。

 

とは言え恋愛が人生の重きを占めることは少なく、自分のペースが一番大切である。

 

まさに中学生が色々と、あんな人と付き合ったら、こんな人と結婚できたら、と言う妄想するように、恋愛はまず妄想から入り、自由な恋愛を好む。

 

束縛や、決めつけ、支配されたり、コントロールされるのは大の苦手で、そのような人だとわかった瞬間に、熱が冷めてしまう。

 

結婚願望はあるが、妄想が多く、結婚を現実にして行く行動が少ないようだ。

 

なんでも自分のペースでやりたいので、せっかくの結婚の機会を逃すこともある。

 

5 「金のインディアン」2019年の恋愛運とは

 

2019年、金のインディアンの恋愛運について、今年は新しい出会いがある年になるだろう。

 

恋愛運はまずまずの上昇傾向だ。

 

ここ数年間は恋愛と距離を置いていた人も多いだろうが、それは解消していきそうだ。

 

今年から新しい出会いが多く、本当に好きになれる人を、自分から求めるようになって行くだろう。

 

去年の恋愛運は良くなかったが、それは自分が一回り大きくなるための期間でもあった。

 

それをしっかりとこなして来た人には、今年出会う相手もレベルアップして、良い恋愛につながりそうだ。

 

 

付き合う人の見方や価値基準が大きく変わっていることもあるだろう。

 

それはそれだけ成長した、と言うことの裏返しである。

 

今までタイプだった人物像は、全く興味を示さなくなったり、それまでの自分の好みと違いを感じるだろうが、違和感があるような相手とのお付き合いはしない方が良いだろう。

 

自分は大きく成長して、本来の自分に見合う人が、分かるようになった。

 

そう捉えて、新しい恋愛に踏み出しみよう。

6 「金のインディアン」2019年 運命の出会いの時期とは

 

金のインディアンが2019、運命の人と出会える時期とは、上半期にその可能性が高いと言える。

 

新しい出会い、新しい恋愛、それが成就しやすい時期である。

 

上半期に好きになった人や、気なる人ができたら、自らアプローチして行くと良いだろう。

 

勢い余って付き合ってしまうこともありえるし、タナボタ的な展開もあるかもしれない。

 

また、上半期から下半期にかけても、新しい出会いは継続的にある。

 

結婚を考えているなら、今年は決断をしないか、年末に結婚を決める方が良さそうだ。

 

 

とにかく出会いが多くなる一年となるため、自発的に交流の場に行って、その数を増やして行くのも良い。

 

新しい場所に行ったり、新しくできた商業施設に行ったり、新しくできたお店に行ったり、気になった人をそのようなところに誘ってみよう。