「金の羅針盤」2019年女性の恋愛&結婚  今年の恋愛運と運命の出会いの時期とは?

金の羅針盤2019年恋愛ゲッターズ飯田の【五星三心占い】ここではあなたの恋愛運と運命の出会いの時期などを解説!

2 ゲッターズ飯田の五星三心占いとは

 

ゲッターズ飯田の五星三心占いとは、

 

ゲッターズ飯田氏が生み出した、10種類以上の占いの良い部分を組み合わせて、

 

完成させたオリジナルの占いである。

 

下記のリンクによって導き出された1~60の命数によって占うのが特徴だ。

 

生まれた西暦年が偶数であれば「金の羅針盤」、

 

奇数であれば「銀の羅針盤」があなたのタイプとなる。

 

まだ確認できていない場合は、ゲッターズ飯田の五星三心占いで、

 

確認しよう。

3「金の羅針盤」2019年の基本性格を確認

 

金の羅針盤の基本性格とは、

 

プライドが高いが、真面目て、礼儀と秩序にはこだわりを持っている。

 

特に礼儀の正しさは一級品だろう。

 

真面目とサボり癖の二つを併せ持つ性格をしている。

 

そして運が最も良い星でもある。

 

金の羅針盤の人は、多くの場合、

 

表の顔と、裏の顔があり、

 

その差も大きいのが特徴だ。

 

表の顔は、礼儀正しく、

 

冷静沈着、

 

正義感も強く、

 

気品がある、

 

と言った感じだ。

 

 

一方で、

 

裏の顔は、サボり癖があり、

 

人から言われてから動く、

 

指示がないと何もしない・・・

 

という側面を持っている。

 

だから金の羅針盤の人の二重の性格に理解を示し、

 

上手にリードできる人や、上司、リーダーに恵まれると、

 

才能が開花することに繋がりやすいだろう。

 

4「金の羅針盤」2019年の恋愛の傾向と結婚とは

 

金の羅針盤の恋愛傾向とは、

 

異性からは付け入る隙がないように思われるだろう。

 

その理由とは、金の羅針盤の真面目さと、

 

礼儀の良さや、品格のある対応から、

 

そのつもりがなくても、つい相手にそう感じさせてしまうところがあるようだ。

 

真面目で几帳面すぎるという印象を持たれると、

 

相手はより近づき難くなり、恋愛からは遠ざかる関係になっていく。

 

また自分からアプローチしたり、告白したりということは、

 

ほぼ皆無に等しいようだ。

 

これはプライドが邪魔をしていて、自分から動くことを嫌う性格が災いしている。

 

そのため、恋愛は常に受け身という立場が圧倒的に多いだろう。

 

結婚は願望は持っているが、

 

家庭と仕事の両立や、家庭と自分のプライベートの両立を強く望んでいて、

 

 

あまりパートナーに合わせることは少ないだろう。

5「金の羅針盤」2019年の恋愛運とは

 

2019年、金の羅針盤の恋愛運について、

 

今年は、裏目に出る運気であり、

 

それは金の羅針盤の好みのタイプにも現れる。

 

全く好きでもなかったタイプの人を好きになったり、

 

それでうまく行ったり、

 

全く意に介していなかった人から告白されたり、

 

理想とはかけ離れたモテ方をするかもしれない。

 

 

 

またそれでも嬉しいこともあり、

 

ずいぶん前に諦めていた恋が実ったり、

 

自分の顕在的な考えとは異なった結果が多くなりそうだ。

 

恋の機会がなくて諦めていたと思ったら、ふとそのチャンスが来たり、

 

意思とは相反することが起こるだろう。

 

ただ恋愛運自体が本調子ではないのは確かなので、

 

本当に付き合ったり、

 

この人だと決めるときは、冷静に考え、

 

ときに外部の意見もよく取り入れながら、

 

不測の事態でも、その人への気持ちが揺らがないか、

 

それを見極めていくと良いだろう。

 

6「金の羅針盤」2019年 運命の出会いの時期とは

 

金の羅針盤が2019年、運命の人と出会える時期とは、

 

裏目の運気のため、

 

恋はあるが、それは予想外なことばかりになりそうだ。

 

今までだったらありえないような、一目惚れ、スピード婚、

 

パーティーや合コンでの出会いがきっかけで急接近など、

 

恋愛沙汰が全くないわけではない。

 

ただこの時期に結婚はやはりおすすめはできない。

 

 

結婚を決める時期や、入籍する時期も、

 

来年の年末などが良いだろう。

 

逆に相手が今年に結婚した方が良いなら、

 

相手に合わせて進めていくと良いかもしれない。

 

予想が不可能な運気が裏運気であるため、

 

 

あまり真剣にならず、

 

距離を保ちながら恋愛に挑むと、

 

冷静かつ客観的に自分も観れて良いだろう。