米ぬかの美容効果!シミやにきび、美白に効果的【手作りできる】米ぬか洗顔石鹸からパックまで作り方を解説!

さぁ米ぬかで美人になぁれ!簡単に出来る利用&活用法とその効果!の画像
さぁ米ぬかで美人になぁれ!簡単に出来る利用&活用法とその効果!
広告

こんなことを言うと、あなたに同意いただけると思う。

 

それは:

 

 

天然の美容成分で、美容効果を上げるのは難しい!

 

いかがだろう?

 

今日、ここであなたに知っていただくべく書いたこととはまさに、米ぬかの驚くべき美容効果の数々である。

 

米ぬかは昔から女性の美容のために使われてきた。

 

それには実は:

 

 

適期とした理由があったのだ。

 

それを余すことなくここで、あなたにご紹介しよう。

 

米ぬか(米糠)利用&活用!美容の効果

米ぬか(米糠)利用&活用!美容の効果
米ぬか(米糠)利用&活用!美容の効果

さぁ米ぬか米糠)美容効果で美人になろう!

 

米ぬかの美容成分や、簡単に出来る利用&活用法とその効果を解説していこう。

 

米ぬかの美容への活用法や利用法は、昔から行われてきており、女性の間ではごく当たり前のように米ぬかは美容に活用されてきた。

 

つまり:

 

米ぬかとはたった一つで多くの美容成分を含んでいることが、近年の研究で明らかになっている。

 

まずはその驚愕の美容効果の数々をご覧入れよう。

米ぬかの美容成分&美容効果

米ぬかの美容成分&美容効果
米ぬかの美容成分&美容効果

米ぬかはたった一つでオールマイティな美容成分を含んでいる

米ぬかの美容効果や美容成分は、たった一つの中に沢山の美容成分を含んでいることが特徴だ。

 

さらに:

 

 

米ぬかにしか含まれていない成分もあり、それらはヒトの肌と相性が良いことが分かっている。

 

それらは:

 

・米ぬかペプチド

 

・米ぬかセラミド

 

・オリザブラン

 

・γオリザノールだ

 

(その他にもビタミンB群や、紫外線に効果的なフェルラ酸など。)

 

 

オリザとは、イネ科やイネ属という意味があり、オリザのつくこれら天然の美容成分は、米ぬかにしか含まれない貴重な成分なのだ。

 

それらの美容効果は以下の通りである。

 

広告

米ぬかペプチドの美容効果

米ぬかペプチドの美容効果
米ぬかペプチドの美容効果

 

米ぬかペプチドの美容効果とは:

 

肌細胞の再生効果が代表的だ。

 

ペプチドとは再生医療にも使われているほど、注目されている成分で、米ぬかにはヒトの肌と相性の良い米ぬかペプチドである事が分かっている。

 

ペプチドは美容効果の高い成分として注目されており、現在では多くの化粧品などにも含まれている。

米ぬかセラミドの美容効果

米ぬかセラミドの美容効果は潤いや水分保持だ。

 

近年の化粧品シリーズではセラミドを配合させたものが多くある。

 

セラミドは:

 

 

大きく分けて植物性と、ヒト型に別れている。

 

ヒト型は吸収しやすいのが特徴であり、良い肌を作り上げる美容効果としては大きなメリットだ。

 

だが:

 

化粧品に加工する技術が非常に高く、難しいのがデメリットでもある。

 

そのためヒト型セラミドを含む化粧品やスキンケアコスメは高価になったり、本当に効果がある濃度が入っているかどうか、不透明な部分もある。

 

また:

 

 

ヒト型セラミドは、1つの化粧品に大抵が1種類しか含まれていない事が多くある。

 

一方:

 

 

植物性のセラミドは、化粧品に配合しやすい点、ヒト型と比べてお肌に浸透しにくい欠点がある。

 

ところが:

 

 

米ぬかセラミドは、なんと20種類以上のセラミド成分が確認されており、保湿力でいうと植物性の中で米ぬかが一番高いという研究結果出ているのだ。(オリザ油化の研究結果より)

 

また米ぬかセラミドは、ヒト型に近く、肌に浸透しやすいセラミドでもあるのだ。

 

オリザブランの美容効果

オリザブランの美容効果
オリザブランの美容効果

オリザブランの美容効果とは、ハリと弾力である。

 

オリザブランも保湿効果に長けている。

 

さらに:

 

皮膚の水分量を一定に保つという女性にとって嬉しい効果がある。

 

オリザブランは上述したように、オリザ(お米)という名のとおり、米ぬかにしかない成分だ。

 

米ぬかエキスというのがそれに当たるもので、米ぬか化粧水や米ぬかコスメには必ず入っている。

 

これは率先して活用したいものだ。

広告

γオリザノールの美容効果

γオリザノールの美容効果
γオリザノールの美容効果

γオリザノールの美容効果は紫外線防止効果に長けていることが分かっている。

 

紫外線は皮膚細胞を傷つけダメージを与えるが、γオリザノールはこのダメージを強力な高酸化作用によって防いでくれるのだ。

 

これも:

 

 

オリザの名前の通り、米ぬかにしかない美容成分であり、美容効果だ。

 

美白を目指す女性にはぜひ注目してもらいたい成分である。

 

実のところ、米ぬかの美容成分にはまだまだあり、以下の図を見て頂ければ一目瞭然だ。

 

米ぬか美容成分の画像
ボタニカルな米ぬかには美容成分が数多く含まれている

 

米ぬかは昔から女性の美容美肌のためのスキンケアとして親しまれてきた。

 

その理由も:

 

米ぬかにはセラミドが20種類も含まれており、さらにヒト型セラミドと同じく、人の肌に浸透しやすい植物性セラミドが7種類も含まれていたからである。

 

さらにその他6種類もの美容成分があり、たった一つの米ぬかだけでトータル13種類の美容成分を与えることができるのだ。

 

米ぬかとは、人のお肌に与える最良の素材だったのだ。

 

いかがだろう。

 

米ぬかの隠された美容成分はこんなにも豊富だ。

 

続けてまだ、ここで紹介していない米ぬかの成分をご紹介しよう。

 

フィチン酸の抗がん作用

フィチン酸の抗がん作用
フィチン酸の抗がん作用

米ぬかにはフィチン酸という成分が入っている。

 

これには抗がん作用や、抗腫瘍作用という働きがある成分として注目されている。

 

玄米を食べると体に良い理由とは、この栄養成分があるからだろう。

 

米ぬかには:

 

 

お米全体の、実に9割の栄養が詰まっている。

 

これは知らない人も多くいるが、米ぬかは全体で10パーセントしかない。

 

その10パーセントの中に、9割の栄養素があるという事は、米ぬかを利用せずして効果はほとんどないようなものだ。

 

抗うつ効果があるイノシトール

抗うつ効果があるイノシトール
抗うつ効果があるイノシトール

米ぬかにはイノシトールという成分が含まれている。

 

これはビタミンB群の一種である。

 

イノシトールは上述したフィチン酸の仲間でもあり、特に植物の種子には多くあるのが特徴だ。

 

特に:

 

 

セロトニンの異常で引き起こされるうつ症状や、パニック障害などに効果があるといわれている栄養成分である。

 

その他:

 

 

脂肪感など、肥満予防にも役立つ。

紫外線に効果的なフェルラ酸

紫外線に効果的なフェルラ酸
紫外線に効果的なフェルラ酸

フェルラ酸は、紫外線に効果があることが分かっている。

 

この成分は米ぬかに特有の美容成分であり、紫外線の吸収や、抗酸化作用がある。

 

紫外線を吸収することは美肌や、美白に良くないことだと思われがちだが、この場合は少し異なる作用だ。

 

それは:

 

 

肌のメラニンが紫外線を吸収する場合と、フェルラ酸が吸収する場合とでは異なるからだ。

 

通常、紫外線は肌のメラニンが吸収し、シミやそばかすの原因となりやすい。

 

だが:

 

 

フェルラ酸が体内や皮膚表面にあれば、フェルラ酸が紫外線を吸収することで、シミやそばかすが出来るのを防いでくれる。

 

最近では化粧品などに多く含まれている美容成分として注目されているのだ。

ビタミンB1

ビタミンB1
ビタミンB1

ビタミンB1はチアミンとも呼ばれている栄養成分だ。

 

この栄養素は:

 

 

肌の新陳代謝を活発にしてくれる美容成分でもある。

 

さらに:

 

 

皮膚や粘膜の健全な状態を維持するように働くため、美肌成分とも言われている。

 

また、脳神経の正常な働きにも関与している栄養素でもある。

 

不足した場合:

 

 

かっけの原因になるとも言われている哀切な栄養成分である。

ビタミンB2

ビタミンB2
ビタミンB2

ビタミンB2はリホフラビンともいう。

 

これもビタミンB1のように、皮膚の粘膜の健康維持の効果がある。

 

生体においては:

 

 

脂質や炭水化物の代謝の役割を果たし、さらには呼吸にも関与している。

 

美容的には肌トラブルの改善や、乾燥肌の改善、さらには痒みの改善などもある美容成分だ。

 

不足した場合:

 

皮膚炎、口内炎、舌炎といった皮膚トラブルや粘膜トラブルがある。

 

ひどくなると、てんかんなどの発作も引き起こす。

 

アンチエイジングのビタミンE

アンチエイジングのビタミンE
アンチエイジングのビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとも言われている。

 

ビタミンEは不妊症がきっかけで研究された歴史があり、不足は不妊症を招く恐れがある。

 

さらに:

 

 

ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、体内の活性酸素や過酸化脂質などによる酸化ダメージを防いでくれる。

 

当然:

 

 

肌にも大切な美容成分で、肌の酸かも防ぎ、アンチエイジング効果として注目されているビタミンだ。

広告

実は超大切!マグネシウム

実は超大切!マグネシウム
実は超大切!マグネシウム

実をいうと、マグネシウムは私たちにとって、緊急ともいうべき重要な栄養素である。

 

なぜか?

 

 

マグネシウムは体内酵素の300以上の働きに関与していて、それが不足すると人は、ストレス状態となるのだ。

 

ストレス状態とは、マグネシウムが足りていないためだけに、体は常にストレスホルモンを分泌し続け、体がストレスの環境を自ら作り、自らそこに居続けるようにしてしまう。

 

さらに:

 

 

ストレスホルモンは肌に含まれるコラーゲンやタンパク質を分解し、エネルギーとして使うか、体外に排出してしまう。

 

ストレスが肌に悪い原因は、このホルモンの作用によるものだ。

 

マグネシウムが足りない人は実に多くいる。

 

いや:

 

 

全員だ。

 

私たち日本人のマグネシウム摂取量は、全ての世代で実に3分の1が不足している。

 

世界基準からすると半分ほどになる。

 

マグネシウムの不足はそれだけで、ストレスホルモンを生み、ストレス状態を作り上げる。

 

これは精神にも関わっており、マグネシウムの不足は精神病に発展するという事が分かっている。

 

 

 

肌を壊し、精神を蝕むマグネシウムの不足は、今現在誰も声を高らかに上げていない。

 

しかし:

 

私たちは自力で重度の精神病(うつ、パニック障害、統合失調症)を完治させてきた。

 

そのなかでマグネシウムの働きは非常に強力だったのだ。

 

マグネシウムの不足分を摂取しただけで、たった一日でひどい痛風の痛みが全く消えたり、慢性便秘が解消されたりした。

 

さらに:

 

 

1か月もしないうちに、生理不順が治ったり(毎月のように満月にくるようになった)、何十年も苦しみ続けたにきび肌が改善したり、夜の睡眠の質が良くなったりと、たくさんの人に様々な効果があった。

 

マグネシウムについて:

 

 

セロトニンやオキシトシンのページをたくさん読んでいただきたい。

 

これらのページでは、マグネシウムとストレスや、肌の関係まで詳しくお伝えしている。

 

健康で美しい肌を目指すには、ストレスを根本から解決する必要がある。

 

そのためにもマグネシウムは大切な栄養素なのだ。

 

以上、米ぬかの栄養素をたくさん見てきた。

 

どれも肌に良く、さらには健康的な人生を送るうえで大切な栄養素が含まれているのがお分かりいただけたと思う。

 

次は:

 

 

米ぬか美容の実践方法をご紹介していこう。

 

広告

米ぬか美容の実践方法

米ぬか美容の実践方法
米ぬか美容の実践方法

米ぬかは上述したように、様々な美容効果が豊富に含まれている天然原料である。

 

これはもちろん食べても効果的だ。

 

そのため:

 

 

米ぬかでダイエットを使用する人も増えている。

 

 

米ぬかダイエット

米ぬかダイエット
米ぬかダイエット

 

米ぬかはダイエットして効果的な食べ物だ。

 

米ぬかには上記した成分のほかに:

 

 

食物繊維が豊富に含まれているのだ。

 

これは満腹感を与えながら、さらには便秘の改善効果がある。

 

米ぬかを直接的に食べてダイエットする時は、必ず安心なものを手に入れよう。

 

米ぬかダイエットの方法と米ぬかの選び方、活用の方法はリンクしたページにあるので、ぜひ見てもらいたい。

 

米ぬかで美肌!美容方法とは

まずは美容成分をしっかりと浸透させる!

米ぬかには美容成分が豊富だ。

 

そして:

 

美容成分をお肌にしっかりと与えてあげるには、米ぬかでの洗顔だったり、米ぬか洗顔フォームを使用したり、または化粧水などが効果的である。

 

また:

 

 

米ぬか入浴なども良い。

 

アトピー改善効果もあるほどだ。

 

 

上述したように:

 

 

米ぬかに含まれている美容成分は7種類以上もあり、そのすべてにおいて、ヒトが使うのに相性が良いものばかりだ。

 

また注目のセラミドも、ヒト型に非常に近い、植物性のの近ヒト型の米ぬかセラミドを持っているのが特徴だ。

 

米ぬか美容成分の画像
ボタニカルな米ぬかには美容成分が数多く含まれている

 

米ぬかの本来持つ美容成分をしっかりと浸透させるには、市販の化粧水を使用することも効果的だ。

 

どれを使っても効果を望めるが、私たちの考えとしては農薬の心配が少なく、保存状態や加工までの段階で酸化の少ないものをおすすめしている。

 

たくさんの美容成分を一気に浸透させることが出来る米ぬかだから、酸化したものや農薬の危険性があるものではなく、安心出来るものに注意したい。

 

米ぬか美容の利用法として、米ぬかパックが効果的

美容成分をたくさんの種類配合している米ぬか美容の利用法としては、パックにしても効果的だ。

 

方法としては:

 

 

米ぬかをティーバックや、木綿の布の袋、あるいは手ぬぐいなどに入れ、コップなどの中にお湯を入れてふやかす。

 

十分に冷め、米ぬかの成分が抽出出来たら、それを不織布やガーゼ、ティッシュなどにしみこませ、お顔や気になる肌につける。

 

米ぬかには上述したようにセラミドという成分があり、ヒアルロン酸よりも潤い効果があるといわれている。

 

セラミドは:

 

 

ヒアルロン酸よりも小さな分子で、肌の角質層にも含まれている潤い成分だ。

 

これを直接パックとして浸透させてあげると、セラミドが十分にお肌に浸透し、潤い効果を持続させてくれる。

 

また:

 

 

ペプチドという肌細胞を活性化せ、再生をもたらしてくれる成分も、このとき同時に浸透されるので、潤いをキープさせるだけでなく、肌細胞の再生と活性化までを効果的にしてくれる。

 

肌にしみこむからこそ:

 

 

農薬と酸化、劣化の少ない米ぬかを手にした際は、贅沢に、十分に、パックにしみこませてお肌に与えてみてほしい。

  

そのほか注意として:

 

 

米ぬかそのものを使用する場合は、ホコリやゴミなどが付着してることが多くある。

 

ざる等で軽く水でゆすいでから使用しよう。

 

また、パッチテストをしてからのほうが、アレルギー反応を調べられるので、パッチテストは欠かさず行おう。

 

そして:

 

いくら農薬の心配が無くても、保存方法によって良質なものが劣悪なものになってしまうのが米ぬかだ。

 

米ぬかの保存方法についての詳しくはリンクを見てもらいたい。

その他活用法。パックが面倒なら・・・。

米ぬか化粧水をご使用するのも良い。

 

それも安心で安全なものを選ぼう。

 

結局お肌に浸透させるものだから、薬品が出来る限りなく、酸化の少ないものがおすすめだ。

 

 

実うぃいうと:

 

 

米ぬかが実際に化粧品なるまで、かなりの期間放置されていることが多くある。

 

これは運送業者さんのコスト上仕方のない事でもあるが、原料の時点から酸化したり残留農薬の危険があるものは、結果的にお肌のダメージになるので、米ぬか化粧水を選ぶ際には保管や加工方法にも注意して頂きたい。

 

実践方法としては:

 

化粧水も普通に使用するほかに、上記と同じように、ティッシュや脱脂綿などに湿らせてパックするもの効果的だ。

 

とても簡単で、実践しやすい。

広告

米ぬかそのものをパックに使う。

米ぬかそのものをパックに使う。
米ぬかそのものをパックに使う。

米ぬかそのものを使ってパックする方法もある。

 

ここでは簡単な方法をご紹介したい。

 

まず:

 

 

米ぬかを購入してほしい。

 

炒りぬかか、生ぬかでいいが、鮮度がよく、農薬のリスクがないものがもちろん良い。

 

糠漬け用では、塩などの調味料が入っているため、不向きなので使用は避けよう。

 

次に:

 

小さじ3杯か大さじ1杯ほどの米ぬかをとり、容器に入れて水で伸ばす。

 

水の量は米ぬかがペースト状になる程度の量で、多すぎないこと。

 

はちみつを加えると、ペーストが維持しやすく、肌にも良いのでおすすめである。

 

ペーストを:

 

 

顔や、気になる肌に塗り、5分から10分ほど放置する。

 

最後に:

 

洗い流すのだが、米ぬかは水を含むと乳酸発酵しやすい。

 

そのため:

 

繰り返すと水道管を傷めることがあるので、まずはパックのペーストをティッシュや濡らしたキッチンペーパーなどで拭き取り、ゴミ箱へ捨てるほうが望ましい。

 

これが米ぬかそのものを使用するパック方法である。

 

米ぬか美容方法 米ぬか洗顔

米ぬか美容方法 米ぬか洗顔
米ぬか美容方法 米ぬか洗顔

米ぬかの美容方法として米ぬか洗顔方法がある。

 

これは:

 

米ぬかを直接顔に塗る方法と、米ぬかで石鹸を作り、洗顔する方法とがある。

 

まず:

 

 

米ぬかを直接顔に塗り、洗顔する方法をご紹介しよう。

 

米ぬかを直接顔に塗る米ぬか洗顔

この方法は、石鹸を作るよりも簡単である。

 

まず最初に:

 

米ぬかを大さじ1杯ほど容器にとり、水でペーストになる程度に伸ばしていく。

 

次に:

 

ペーストを手に取り、顔を優しくこすりながら洗顔していく。

 

最後は:

 

米ぬかが水道管に入らないように、まずはゴミ箱に捨ててから、顔の米ぬかを綺麗に洗い流す。

 

これは、非常に単純な洗顔方法であると同時い、米ぬかには天然のサポニンという洗浄成分や、他にも洗浄に効果的な成分が含まれている。

 

これらの洗浄成分で汚れを落とすと同時に、ぬかのスクラブ効果で古い角質を落としてくれる。

 

かなり優れた米ぬか洗顔だが、これには注意点もある。

 

それは:

 

この米ぬか洗顔だけで汚れがすべて落ちるわけではないので、落ちなかった汚れは雑菌の繁殖原因となり、皮膚を延焼してしまう恐れがあるのだ。

 

しっかりと、汚れを落としてから米ぬかの美容成分を浸透させるために、米ぬか洗顔をするか。

 

または、米ぬか洗顔してから普通の洗顔で汚れを落とすなど工夫が必要だ。

 

米ぬか洗顔だけなら、週に1か2回ほど間に挟む程度が良いだろう。

 

米ぬか石鹸を手作りして洗顔する方法

米ぬかで石鹸を手作りして、洗顔に使用する方法もある。

 

これは:

 

 

作る手間があり、扱いが難しいためあまりお勧めしていない。

 

詳しく知りたい方は、米ぬか石鹸の作り方のページを参照してみてほしい。

まとめ

以上のように、米ぬかにはたった一つの原料で、こんなにも美容成分が含まれている優れた原料だ。

 

米ぬかの使い道や利用方法は昔から、女性の間でスキンケアとして親しまれてきた理由が、沢山の美容成分があり、そしてその美容成分がヒトとの相性が良い事にある。

 

あなたもたっぷりと米ぬかの美容成分を浸透させて、美肌美人を目指してはいかがだろうか?

 

天然で、安心で、そして効果的。

 

これが米ぬかの美容方法の特徴だ。

 

もし行う場合は:

 

米ぬか美容方法を実践する場合はパッチテストを行ってからにしよう。

 

 

あなたが今よりも美しく、魅力ある人になること。

 

そして:

 

素晴らしい人生を送っていただく音を心より願って・・・。

広告