玄米の栄養効果!玄米はダイエットや肌に良い効能が?さらにカロリーや白米との違いとは

【必須】玄米栄養を食す!玄米はなぜ体に良いか?
【必須】玄米栄養を食す!玄米はなぜ体に良いか?
広告

あなたはこんなことを感じてはいないだろうか?

 

それは:

 

 

玄米を食べたいけど、本当に体に良いか心配!

 

玄米は体に良いことは頭でわかっている人は多くいる。

 

だが:

 

 

実践している人は非常に少ない。

 

ここであなたに書いてお伝えしたい事とはまさに、玄米の栄養価のすばらしさである。

 

私自信も玄米食で、友人にも進めている。

 

すすめられた友人は皆、驚愕の効果を感じているのだ。

 

それらは:

 

 

痩せた

 

便秘が治った

 

太りにくくなった

 

疲れがとれた

 

などなどだ。

 

この効果は玄米に変えただけである。

 

それらを余すことなくお伝えしたいのだ。

 

こうご期待である。

玄米の栄養と効果

玄米の栄養
玄米の栄養

玄米食は最近見直され、若い世代を中心に普段の食栄活に取り入れるかたが増えてきている。

 

玄米食を行っている皆さんが共通して言うことが、便秘が改善された。肌の調子が良くなった。健康的になれた。体重が減った。

 

などなどだ。

 

玄米食は私たちも行っていて、毎日かあるいは:

 

 

週に2回から3回玄米やそれに雑穀を混ぜたご飯を食べている。

 

玄米の栄養
玄米の栄養

玄米の栄養価は白米よりも高いことはあえて言うまでもないほど、皆さんが知っている事実だ。

 

なぜか?

 

 

それは「ぬか」の栄養価が桁違いだからだ。

 

詳しく説明しよう。

 

玄米にある「ぬか」という部分がある。

 

精米された後に生成される部分だ。

 

米ぬかという。

 

この米ぬかは全体の10パーセントに満たないわずかな量だ。

 

つまり:

 

普段私たちが食べている白米は9割の重要を占めている。

 

1割の米ぬかと、9割の白米。

 

どちらに多くの栄養素が入っているだろう?

 

驚くことに:

 

 

米ぬかに9割の栄養素が入っている。

 

つまり:

 

 

ぬかのついている玄米を食べることは、この9割の栄養素を摂取することが出来るのだ。

 

白米をいくら食べても1割の栄養素しか摂取できない。

 

 

玄米は白米に比べ、食物繊維、ミネラル、さらにギャバなども多く含まれている。

 

ギャバとは:

 

 

GABAと表記されることも多く、脳内分泌ホルモンだ。

 

ギャバはストレスなど多い現代社会人には効果的である。

 

以前ギャバ配合のチョコレートが空前の大ヒットを記録した。

 

玄米にも含まれている。これをさらに増やすことが出来る。

 

その方法とは:

 

 

発芽させるのだ。

 

発芽させるとGAVAの量は、およそ7から10倍ほど増えることがわかっている。

 

私は:

 

 

以前はよく、一日おいて発芽させてから玄米を食べていたこともあった。

 

ところが:

 

 

発芽まで行かなくても一日か18時間ほどつけておくだけで、ギャバは高まるのだ。

 

前日に一日食べる分を付けて発芽を促す。

 

それが一番簡単な方法だ。

 

玄米は食物繊維に加え、糖質を同時に食べられる。

 

そのため:

 

 

血糖値の急上昇を防ぐことが出来る。

 

血糖値が上がると、インシュリンを分泌するが、これが脂肪などをため込んでしまうだ。

 

ダイエットでは低糖質や、糖質制限、または玄米の様にインシュリンを急上昇させない主食の取り入れ方を指導されているのは、インシュリンの脂肪蓄積作用が強いからだ。

 

さらに:

 

 

インシュリンの急上昇は、体内に水分をため込む。

 

これはむくみとしてそのまま表れ、体のラインを消してしまう要因になる。

 

広告

玄米にはミネラルも多く含まれているのも特徴的だ。

 

玄米にはマグネシウムやカリウムというミネラルが豊富にある。

 

豊富に含まれるカリウムは:

 

 

便秘改善に効果的だ。

 

実は:

 

 

便秘の原因はただでないだけではない。

 

腸内の水分調整にあるのだ。

 

 

食物繊維を食べると便秘が悪化する人がいるが、そのような人は腸内の水分調整が行えていない。

 

つまり:

 

 

食べたものが腸内に入り、便にはなるが、その便の水分が抜かれてしまい、小さく硬くなる。

 

これがコロコロ便だ。

 

腸内の水分調整はナトリウムを控え、カリウムを摂取すると劇的によくなる。

 

コロコロ便は:

 

 

そのままでは中々排便されることはない。

 

怖いのは:

 

 

コロコロ便の停滞を続けることで、本来排泄するはずの毒素を体に再吸収してしまう事になることだ。

 

便秘は女性に多くあるが、これは女性ホルモンのプロゲステロンの働きにより、コルチゾールというホルモンの濃度が高まることにある。

 

コルチゾール濃度が高まると:

 

 

体は腸内水分の調節に大切なカリウムを排出し、ナトリウムを出さないようにしてしまう。

 

ナトリウム過多になると:

 

腸内水分はどんどん細胞外へ出されていくことになり、コロコロ便や便秘は加速的になる。

 

女性は生理周期によって便秘が悪化するのはこのためだ。

 

玄米や、カリウムを摂取する必要は、特に女性には高いのだ。

 

ちなみに:

 

 

これは腸内水分だけでなく、体の水分が出ていかなくなり、結果むくみが引き起こされていく。

 

つまり:

 

 

玄米とは便秘解消や、体質改善に効果的な食事になるのだ。

 

結果:

 

 

体重減少や、スタイルが良くなった人が多くいる。

 

 

玄米のカロリーとメリット 白米との違い

玄米のカロリー
玄米のカロリー

玄米のカロリーは白米よりも低い。

 

なぜなら:

 

 

米ぬか層が重量の1割ほどあるため、その分カロリーは低くなるのだ。

 

詳しいカロリーは:

 

 

米一合の534キロカロリーの白米に対して、玄米一合では529キロカリーと、若干低くなる。

 

ところが:

 

 

低くなっても得られる栄養素はかなり高まる。

 

そのため、大きなメリットがあると私は感じている。

 

白米とは大きな違いがやはり栄養価だ。

 

カロリーが低くなり、栄養価が高くなる玄米は、日本人にとって最良のダイエット食ではないだろうか。

 

玄米の効果的な食べ方

 

 

玄米の効果的な食べ方は:

 

玄米はそのまま炊いて食べるほかに。

 

雑穀を混ぜる

 

白米と混ぜる

 

または押し麦やもち麦などを混ぜる

 

など、色々な食べ方がある。

 

最近の炊飯器は玄米モードがついているのが多くあるので、それに任せればふっくらと炊けて美味しい。

 

ただ:

 

 

白米と混ぜる場合は、白米と玄米が半分半分までなら、普通の白米モードで炊くことが出来る。

 

消費期限は:

 

 

玄米は米ぬかを含んでいるので、波高しやすい。

 

速めに食べた方がよいだろう。

 

なぜなら:

 

 

米ぬかは細菌が好むアミノ酸や糖分を含んでいるため、炊いた後は麹菌や乳酸菌が繁殖しやすくなる。

 

これらはヒトにも良い影響を与えてくれるものもあるが、保存状態が悪く、腐敗菌が勝ってしまうと食べられなくなるので注意が必要だ。

 

 

現在では:

 

炊飯器の中に三日間ほどおいておく酵素玄米などが流行っている。

 

これは炊飯器という密閉の中だから出来ることだ。

 

つまり:

 

 

発酵し、酵素をため込むには開閉をしない方がよい。

 

空中には発酵菌だけでなく、腐敗菌も漂っている。

 

それがご飯の中にはいると、一気に繁殖してしまう。

 

だから:

 

気にしすぎてあまり炊飯器を開けたりしないようにしよう。

 

食べる時を楽しみに、酵素が回るのを待るのが賢明だ。

 

広告

玄米の炊き方 炊飯器など

玄米の炊き方は今では、ほとんどの炊飯器に玄米モードがある。

 

そのため:

 

 

玄米モードで水下限もメモリの通りに行えばふっくら炊くことが出来る。

 

玄米モードがない場合:

 

 

半日以上、しっかりとふやかしてから炊くと良い。

 

水も2ミリか3ミリほど多めにするといい。

 

ただ:

 

 

20から30分しか加熱しないので、玄米モードほどふっくら炊きがることは難しい。

 

そういう時は:

 

 

玄米と白米を混ぜると、通常の白米モードでもしっかりと、ふっくら炊くことが出来る。

 

比率の量としては:

 

 

最大で1対1までだ。

 

これ以上玄米が多くなると、ふっくら炊き上がらない可能性が出てくる。

 

半分程度の比率でふっくら炊ける理由とは:

 

 

白米を炊いているときに染み出たでんぷんの粘りが、熱を閉じ込めそれが玄米にあたる。

 

そのため、熱効率が上がる。

 

だから玄米にも熱が通りやすくなり、炊けるのだ。

 

また:

 

 

普通の炊飯モードで雑穀を混ぜる場合、玄米と白米が1対1なら、普通に炊けるが、水分調整は雑穀などの商品説明したがって調整しよう。

 

白米と玄米を混ぜるメリットは:

 

 

白米と混ぜたほうが、おにぎりにしたり、ぼそぼそになりにくいので、レシピやお弁当などの用途が広がるの。

 

そのため、私たちは時折混ぜるようにしている。

 

 

美味しく、さらに体が喜ぶような玄米の方法を取り入れて頂ければ幸いだ。