米ぬかパックは毎日いらない!自宅で作れる米ぬか美白パックの驚きのニキビとシミ対策効果!?

一日たった一回もいらない!米ぬか美白パックの驚きのニキビとシミ対策効果!?の画像
一日たった一回もいらない!米ぬか美白パックの驚きのニキビとシミ対策効果!?
広告

こんなことを言うと、あなたに同意してくれると思うが。

 

それは:

 

 

シミやニキビ対策はとっても難しい!

 

いかがだろう?

 

ここで今日、書いてあなたにお伝え痛い事とはまさに、米ぬかパックのニキビやシミへの効果である。

 

分かりやすく、実践しやすい内容にしたため、あなたのシミやニキビ対策の助けとなるだろう。

 

こうご期待である。

米ぬかパックのニキビとシミ対策&効果

米ぬかパックの驚きのニキビシミ対策と、その効果をお伝えする。

 

ニキビが出来たり、シミが増えていくのを見ると女性は誰でも落ち込む。

 

あなたはいかがだろうか?

 

米ぬかには多くの美白に効果が期待できる美容成分が含まれている。

 

ここでは自宅でも簡単にできる米ぬかパックの美容法をご紹介しよう。

 

また米ぬかとニキビの内容はリンクにもしたので、こちらを見てほしい。

自宅でできる米ぬかパックとはどんなもの?

自宅でできる米ぬかパックとはどんなもの?
自宅でできる米ぬかパックとはどんなもの?

自宅でできてしまう米ぬかパックとは、米ぬかを水に混ぜて、ペースト状にしたものを顔に塗る。

 

という方法が一般的だ。

 

また:

 

 

この方法だけに限らず、米ぬかをお湯など入ったコップに入れ、米ぬか成分を抽出し、ティッシュなどに湿らせたやり方や、米ぬか化粧水を用いた方法などもある。

 

米ぬかには美肌成分が数多く含まれており、その種類は7種類もある。

 

その中にセラミドがあるのだが、これにおいては20種類も確認されていて、ヒトに相性の良い近ヒト型セラミドが植物性でもダントツの7つが確認済みである。

 

さらに:

 

 

植物性セラミドの中でも、米ぬかセラミドは一番保湿効果が高いのだ。

 

 

このような優れた美容、美白、美肌成分を持つ米ぬかを利用し、手作りパックにして自宅で行うことが出来るから、驚きである。

米ぬか美容成分の画像
ボタニカルな米ぬかには美容成分が数多く含まれている

 

 

米ぬかは昔から女性の美容美肌のためのスキンケアとして親しまれてた。

 

その理由も米ぬかにはセラミドが20種類も含まれており、さらにヒト型セラミドと同じく、人の肌に浸透しやすい植物性セラミドが7種類も含まれていたからである。

 

さらに:

 

その他6種類もの美容成分があり、たった一つの米ぬかだけでトータル13種類の美容成分を与えることができる。

 

つまり、米ぬかコスメとは、人のお肌に与える最良の素材だったのだ。

広告

毎日要らない!米ぬかパックの効果

米ぬかパックの効果は素晴らしい。

 

はっきり言って:

 

 

米ぬかはお肌を良好する成分の宝庫である。

 

それらがお肌にしてくれることとは:

 

 

・潤い効果

 

・紫外線防止効果

 

・抗酸化効果

 

・細胞再生効果

 

・ハリ効果・

 

・弾力効果

 

・ターンオーバー促進効果

 

・皮膚保護促進効果

 

お肌を整える効果などなど、たくさんあるのだ。

 

これだけの効果をたった一つで賄ってしまうのが米ぬかのすごい所であり、安心の天然成分であるからこそ、お肌にしっかりと、たっぷりと与えてあげることが出来るのだ。

 

毎日でなくても、一週間に一回からの頻度からスタートし、最終的には週に二回から三回など、増やせるときは頻度を増やしていくと、上記のような効果を得られやすくなる。

 

また増やさなくても効果は実感できる場合が多いだろう。

 

つまり:

 

 

毎日も要らないのだ。

 

美白や美肌には、米ぬかが非常に効果的であり、スローライフやボタニカルライフなどに興味がある方々など、すでに多くの人が取り入れている。

 

その理由もというのも、たった一つの米ぬかという原料が、これら多くの効果を期待できるからなのだ。

自宅で簡単!三つの米ぬかパックの取り入れ方法とは

パックを実践し、効果が出来る方法とは、一つだけではない。

 

いくつかあるのでそれらをご紹介しよう。

 

それらは:

 

 

一つ目は、市販の米ぬかを購入して、パックを自分で作る方法。

 

二つ目は、市販の米ぬか化粧水を湿らせる方法。

 

三つ目は、米ぬから成分を抽出し、湿らせる方法。

 

 

その他にも実践方法はあると思うが、とりあえず簡単にできる方法から、少しマニアックな方法までを一覧にするとこんな感じになるだろう。

 

一つ一つ解説していこう。

市販の米ぬかを購入してパックする。作り方など

市販の米ぬかを購入してパックする。作り方など
市販の米ぬかを購入してパックする。作り方など

一つ目のパックを自分で作るという、米ぬかパックの作り方では、原料の米ぬかが必要になる。

 

この場合:

 

米ぬかが汚れやホコリなどがないクリーンなものであることが大切である。

 

かつ:

 

 

農薬の危険性がなかったり、保存や流通過程で酸化の少ないものであることが大切なのは、塗る側のあなたにとって重要な要素であることは間違いないだろう。

 

市販の米ぬかは、保存過程で酸化していることが多く、それを避けて選ぶのは至難の業だ。

 

というのも:

 

 

消費者にしたら、それがわかる情報というものが一切ないからである。

 

もし米ぬかを購入し、パックなどでお肌に浸透させたい時は、その米ぬかの保管状態や加工状態がわかるものが良いだろう。

 

以下のページにはその事実を物語っているので、気になる方は是非読んでほしい。

 

【流行】米ぬか食べてダイエット?なら米ぬか販売の実態を知れい!

 

【それダメ】米ぬかは全て品質も中身も一緒じゃない事実!

 

 

また米ぬかの商品が真空パックされていると、酸化の心配は未然に防げるため、これも良い選択と言える。

 

これを上述したように、ぬるま湯と混ぜ合わせ、塗れる状態になる硬さにコントローしていく。

 

あとは顔全体や気になるところに塗り、通常のパックと同じように、表面が少し乾くくらいまで待つだけだ。

 

米ぬかに含まれる米ぬかセラミドという美肌成分があり、セラミドはヒトにおいて角質層の8割を占める肌成分だ。

 

セラミドが不足すると:

 

 

 

・ニキビができやすくなったり

 

・乾燥肌になったり

 

・ターンオーバーを妨げたりしてしまう。

 

この米ぬかに含まれている(米ぬか)セラミド成分はヒトの肌と相性がよ異のが特徴だ。

 

研究でもすごく浸透しやすいセラミドであることが判明している。

 

さらに:

 

その他6から7種類も米ぬかには美肌成分がある。

 

これをお肌に直接与えてるには、米ぬかと小麦粉と水でパックを作り、お顔に塗るのが良いのだ。

 

詳しい手順を解説しよう。

 

作り方は簡単である。

 

まず:

 

米ぬか大さじ1、小麦粉大さじ1をボウルなどの容器に入れ、水かぬるま湯を少しづつ加えながら、伸ばしていく。

 

そして:

 

塗りやすい硬さになったら完成だ。

 

これはさらにアレンジも効く。

 

美肌成分を+することも出来るのだ。

 

例えば:

 

 

美肌効果のあるはちみつをいれたり、ニキビケアにも効果が期待されている抹茶を入れたりと。

 

その他天然の植物オイルや、美容効果の高いオイルや食物を入れても効果的だ。

 

ただ:

 

 

どちらにしてもパッチテストをしてからの方が安心してご使用できるだろう。

 

米ぬかパックは、米ぬかが液体ではなく、粉のペーストのまま塗ることになる。

 

そのため:

 

 

流しなど排水管を詰まらせる原因にもなるため、後始末がしづらい声をよく聞く。

 

一度よくティッシュやタオルなどで拭き取ってから、洗顔する方がよいかもしれない。

 

 

さらに注意:

 

 

余った米ぬかはそのまま保存してはいけない。

 

米ぬかは酸化に弱く、温度変化でも酸化は進行し、品質劣化が起こる。

 

そのため真空に出来るようなパックか、ジップロックなどで空気を抜いてほしい。

 

可能なら:

 

 

保管温度は低い方が望ましい。

 

そのため、冷凍庫や冷蔵庫に保存しよう。

 

米ぬかの保管方法についてはリンクしたページを参照してほしい。

広告

市販の米ぬか化粧水を湿らせてパックにする

市販の米ぬか化粧水を湿らせてパックにする
市販の米ぬか化粧水を湿らせてパックにする

たとえ市販の化粧水と言えど。

 

二つ目の米ぬか化粧品にも同じことが言える。

 

それらは: 

 

トレースがしっかりと取れる。

 

あるいは:

 

 

ホームページなどでしっかりと、わかりやすく書かれている。

 

そういう賞品をお選び頂きたい。

 

これは化粧水を脱脂綿や、ティッシュなどに湿らせパックにする方法だ。

 

化粧水を湿らせるだけでよいので、手作りの方法よりもシンプルといえる。

米ぬかから成分を抽出し、パックにする

米ぬかから成分を抽出してパックするのは、少しマニアックだ。

 

市販の安心で安全に使用できる米ぬかを選ぶことは言うまでもない。

 

方法とは:

 

 

 

この米ぬかをスプーンで大さじ2から3杯とり、コップ販売ほどのお湯でかき混ぜながら抽出させる。

 

完全にお湯が冷めてから、ティッシュや脱脂綿などに湿らせてパックするのだ。

 

だが:

 

 

これは冷蔵庫に保管して置けばそのまま、手作りの米ぬか化粧水にもなってしまう。

 

あらかじめ多めのお湯と米ぬかで抽出すれば、余ったものは後でも利用できる。

 

そして:

 

この中にグリセリンを溶かしておけば、本格的な自家製手作り米ぬか化粧水だ。

 

メリットしては作り置きが出来、冷蔵庫で一週間ほど保存がきく。

 

さらに:

 

 

コストパフォーマンスが高いということで、やっている主婦も少なくないのだ。

 

デメリットは使用までにお湯が冷めるまで時間がかかるため、時間的な余裕がある人にとって望ましいことだろう。

 

しかし:

 

 

一度作っておけばなくなるまですぐ使えるという大きなメリットもある。

米ぬかパックのまとめ

米ぬかパックのまとめ
米ぬかパックのまとめ

原料は出来るだけトレースがとれ、安心が確認できるものを選ぼう。

 

パックは効果的だが、パッチテストを行ってから試してみると良いだろう。

 

簡単な方法として化粧水をパックにする、米ぬか成分をお湯で抽出してパックに使用するなどある。

 

だが:

 

 

これらも農薬と酸化劣化のないものを確認して選びたい。

 

たくさんの美容成分を一気に浸透させることが出来る米ぬかだから、酸化したものや農薬の危険性があるものではなく、安心出来るものに注意したい。

 

 

 

米ぬかパックが成分をしみこませるのに効果あり

美容成分をたくさんの種類配合している米ぬかは、パックにしても効果的だ。

 

 

米ぬかにはセラミドという成分があり、ヒアルロン酸よりも潤い効果があるといわれている美容成分だ。

 

セラミドはヒアルロン酸よりも小さな分子で、肌の角質層にも含まれている潤い成分だ。これを直接パックとして浸透させてあげると、セラミドが十分にお肌に浸透し、潤い効果を持続させてくれる。

 

またペプチドという肌細胞を活性化せ、再生をもたらしてくれる成分も、このとき同時に浸透される。

 

だから:

 

 

潤いをキープさせるだけでなく、肌細胞の再生と活性化までを効果的にしてくれる。

 

農薬と酸化、劣化の少ない米ぬかを手にした際は、贅沢に、十分に、パックにしみこませてお肌に与えてみてほしい。

 

パックは面倒という方は。

 

米ぬか化粧水をご使用してみてほしい。

 

それもやはり:

 

 

安心で安全なものを選ぼう。

 

結局お肌に浸透させるものだから、薬品が出来る限りなく、酸化の少ないものがおすすめだ。

 

 

他のリンクページにも記載したが、米ぬかが実際に化粧品なるまで、かなりの期間放置されていることが多くある。

 

これは:

 

 

運送業者さんのコスト上仕方のない事ですが、原料の時点から酸化したり残留農薬の危険があるものは、結果的にお肌のダメージになるので、米ぬか化粧水を選ぶ際にはこのことを注意してほしい。

 

また:

 

 

米ぬかそのものを使用する場合も、ホコリやゴミなどが付着してることが多くある。

 

軽く水でゆすいでから使用しよう。

 

いかがだろうか?

 

米ぬかには隠された美肌の可能性がある。

 

それこそ:

 

 

昔から米ぬかが女性のスキンケアとして親しまれてきた理由だ。

 

あなたの素敵な人生に、このページが役立つことを願っている。

 

 

 

素敵な人生をあなたが送ることを心より願って・・・。

 

 

 

広告