「亢宿」2019年 宿曜占星術,運勢,性格から,引き寄せの波動を徹底分析!(宿曜占星術)

宿曜占星術亢宿】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

 

 

まだ、あなたが波動の法則を知らないのであれば、宿曜占星術のトップページの「波動の法則」に詳細を記載してあるので、それを参照してほしい。

 

あなたはどんな波動の持ち主で、どんな現実を引き寄せているのか?

 

それは望むものとできるのか?

 

そのすべてをこのページに書いたつもりだ。

 

さぁ、

 

本題にいこう!

 

 

あなたのこれからの人生をより良くするであろう、その旅への切符が、目の前にある。

 

 

今日という日はあなたの、

 

望まない人生、

 

最後の日である・・・・

2「亢宿」とは?

 

 亢宿(こうしゅく)のあなたは、自分の信じた道を突き進む強さがあり、どんなことがあっても、決してぶれないあなたの強い姿には、多くの人が魅了されるだろう。

 

正直、真面目、不正を許さず、自分の正しいという世界観を生きて、貫きと押す。

 

でも、それを人に押し付けようとしたりはせず、あなたの中でしっかりと完結している。

 

このように正義感が強く、一途に貫き通すあなたは、大きな権力や組織にも、立ち向かっていき、不正を許さない行動と、実行力は、驚異的である。

 

 

本来、持っている内面的には、そんなに感情的にならない方だが、感情が高ぶり、正義感を強く持ちすぎて戦おうとすると、自分の世界観だけしか見えなくなり、視野が狭く、周囲を無視してしまう事もあるようだ。

 

理想を貫き通すことが、人生の美学なので、生き方としては、柔軟性に欠け、狭い生き方となることが多かったり、偏屈な人生となりやすいだろう。

 

そんな亢宿の波動は、いったいどのような波動を発していて、現実を引き寄せているのか?

 

もしあなたが、今、望まない人生だ、という実感を持っているなら、波動の法則を知り、波動と現実の引き寄せを改善した方が良いだろう。

3「亢宿」の波動パターンを診断・・・

 

 

亢宿のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、精神力がよほど強ければ良いだろうが、そうでない場合、最終的には潰れてしまうかもしれない。

 

なぜか?

 

あなたは、頑なに自分の真実を追求しようとし、それを他人にも強要せず、ひたすら自分の道を進むようだ。

 

この行為自体、よほどの精神力がないと不可能だろうが、このときに発しているあなたの波動が、あなたを蝕み、潰しにかかる現実を引き寄せることが多くある、といえるからだ。

 

波動とは、私たちがイメージするようなものと特徴が全く異なり、波動には物理的な概念が、全くない。

 

例えば、これは良い事だとか、これは悪い事だとか、そのような概念も持たないし、いかなる優劣の概念もない。

 

またさらに、多いとか、少ないという量的な概念、長いとか、短い、大きいとか、小さい、早いとか、遅い、という物理的な概念もないのだ。

 

 

そして、残念ながら、あなたの大切にしている、正義も、こだわりも、波動には概念がなく、全くそれを評価しない。

 

 

ところが、あなたの正義感やこだわりが、全くの無駄で、非効率的なことをやっている、と言いたいのではない。

 

確かにそんな意味のないことをして、何の得があるのだと思っただろうが、それはそれを重要な役割を果たしている。

 

何か?

 

 

あなたが本当に望むことを、明確にしてくれているのだ。

 

しかし、あなたは物理的な概念ばかりで、人を見て、世の中を見て、現実を見ている。

 

あなたの波動はいつも、

 

 

「おかしい。」

 

「不正だらけだ。」

 

「こんな世の中は間違っている。」

 

 

という波動を発している。

 

 

そして、あなたが引き寄せて、体験する現実とは、

 

「おかしい現実」

 

「不正だらけの現実」

 

「間違った世の中だと感じる現実」

 

ばかりだろう。

 

あなたはもっとこうでありたい、という望みはありながら、引き寄せている現実は、全くの逆なことが多くあるだろう。

 

それが時間の経過とともに、徐々に多くなり、いつしか、そのような角度でしか物事を見れなくなっていく。

 

これが、あなたを蝕み、潰されてしまう傾向を強くしているといえる。

 

これは果たして、あなたが本当に望む人生の形だろうか?

 

この時間を良い機会に、一度考えてみてはどうだろう。

 

 

そして、あなたの答えが、これは望んだ結果ではない。

 

もっとこう・・・・というものがあるのなら、

 

物理的な概念で、物事や、世の中を判断することを、いったん忘れ、波動の法則を知り、波動的な概念と解釈で、物事を、世の中を、そして、(何よりも大切な事だが、)

 

 

あなた自身を見て見てはどうだろう。

 

では、これより、あなたの人生を望む姿へと好転するために、波動の法則をお伝えしていこう。

 

まずは、あなたが良かれと思ってやっていることが、なぜ?

 

望まない現実を引き寄せるような波動を発してしまうのか?

 

この理由からお伝えしよう。

 

波動は、上述したようにいかなる物理的な概念がない。

 

波動は、良いとか悪いという優劣を評価しないし、あなたがどんな世の中が正義か、という価値観さえ、評価しない。

 

波動が評価するといえば唯一、

 

 

「すべてはある」

 

 

という肯定的な評価だけだ。

 

それに良いだの悪いだの、多いだの少ないだの、あらゆる評価を下すのは、あなた自身であり、これはあなたの物理的な概念を超えることのない、物理的解釈である。

 

 

こればかりに頼って、自分の人生を生きていくと、つまり、物理的な解釈が度重なると、それはあなたの認識を形成していき、認識が形成されると、

 

「これはこうだ」

 

「あれはああだ」

 

という信じてやまない事実として、認める意識を構築することになる。

 

このように、認識が構築されていくと、波動はますます強まり、あなたに現実を引き寄せて、体験させていく。

 

そう、あなたの認識は波動となり、波動は、認識の通りの現実を創造し、あなたに引き寄せて、体験させるのだ。

 

言い換えればあなたは、自分の認識の通りの人生を送るのだ。

 

 

物理的な解釈は、あなたの理想や、正義に満たされた現実が、

 

「ある」か「ない」という解釈をする。

 

しかし波動の解釈は、両方とも「ある」なのだ。

 

つまり、あなたが、あなたの理想と正義がない、不正の現実を体験できるのは、実際にそれが存在していて、

 

「ある」からだ。

 

 

波動的な解釈と、波動的な評価、波動的な認識の在り方とは、この「ある」という肯定的な認識だけなのだ。

 

ところが、あなたが波動的な肯定の認識ではなく、物理的な概念しか存在しない、否定的な認識を多く持つと、あなたの体験する現実は、否定的なものばかりになっていく。

 

あなたが行うべき事とは、本当に簡単で、あなたがこれまでに、

 

 

「不正だ。」

 

「悪いことだ。」

 

「こんな世の中はダメだ。」

 

と否定の認識をしていたことを、

 

一つ一つ、

 

 「それはある。」

 

 

と存在を認めてあげることなのだ。

 

 

これは、あなたの引き寄せた現実や、あなた自身、あなたの今いる現状を、肯定することになる。

 

この肯定から生まれる肯定の認識は、そのまま波動となり、肯定の波動は、あなたに肯定の現実を創造し、引き寄せて、体験させるのだ。

 

あまりにも簡単で、単純すぎて、全く信じられないだろうが、何度も言うが、波動には、いかなる物理的な概念などない。

 

波動からすれば、一つは同時に、全てであり、全ては、一つともいえる。

 

つまり、あなたが一つを肯定的に認識したことは、全てに広がり、あなたの人生のすべてが肯定的になる事を示している。

 

 

波動に物理的な概念がないからこそ、物理的に生きている私たちには、その特徴がつかみずらい。

 

波動はまた、信じられないほど、人生を単純に好転させてくれる。

 

なぜなら、あなたが肯定する事から始めることは、すなわちゴールを意味する。

 

肯定こそ、始まりであり、それと同時に、肯定こそ、ゴールなのだ。

 

だから、あなたはこれまで否定してきたことや、それらの存在を、

 

 

「それはある」

 

 

と肯定すればよいだけで、肯定的に認識すればよいだけなのだ。

 

それ以外の物理的な行動は全く必要ない。

 

 

肯定の認識が自然と、あなたに肯定的な感情を生み、肯定的な思考を生み、肯定的な行動を生む。

 

そして、勘違いしてほしくないことは、肯定とは、否定したものに自分がなることでも、否定したことを自分がやることでもない。

 

 

「存在している」

 

 

という認識なのだ。

 

だから、あなたの意見も感情も思考も否定しないことだ。

 

あなたが嫌だと感じることも、良いと感じることも、それはすべて「ある」のであって、悪い事でもなんでもない。

 

あなたは自分の持つすべてを認め、認めることで、あなた自身を自己肯定することになる。

 

無理矢理自分を凄いと思う必要もないし、ダメだと否定する必要もない。

 

それらを感じた時はいつも、

 

 

「そう、それはあるだけだ。」

 

 

と存在を認める(肯定の認識をする)だけだ。

 

 

波動からすれば、人生を良くする機会は誰にでも平等に、そして豊富にあるのだ。

 

 

そう、あなたが本当に望む人生を歩むために必要なことは、ずっと前から、今も、これからも、いつまでも、あなたに存在していたのだ。

 

今まで否定してきたことを認めるのは、はじめは怖いかもしれない。

 

 

でもたった一つでよい。

 

そのたった一つが、全てであり、はじめ利は同時にゴールになる。

 

そして、あなたは、否定してきたことをいくら認めても、望まない現実が引き寄せられないことを、実感するだろう。

 

 

なぜなら、現実とは、あなたが発した波動にしか、合わせることができないからだ。

 

 

あなたが「それはある」と、否定の認識が生まれるたびにすれば、あなたの肯定の波動に、現実は合わせて、多くの肯定の現実を引き寄せ、肯定の中で、あなたはこれから生きていくことになる。

 

そして、肯定の中で、あなたは本当のあなたを見出し、本当のあなたの人生が明確になるだろう。

 

あなたの人生とは、一つの肯定から始まるのだ・・・・

 

他の人の宿と波動を知りたいなら

 

占いたい人や自分の宿曜を知らない場合

宿曜早見表

 

 

「昴宿」

 

「畢宿」

 

「觜宿」

 

「参宿」

 

「井宿」

 

「鬼宿」

 

「柳宿」

 

「星宿」

 

「張宿」

 

「翼宿」

 

「軫宿」

 

「角宿」

 

「亢宿」

 

「底宿」

 

「房宿」

 

「心宿」

 

「尾宿」

 

「箕宿」

 

「斗宿」

 

「女宿」 

 

「虚宿」

 

「危宿」

 

「室宿」

 

「壁宿」

 

「奎宿」

  

「婁宿」

 

「胃宿」

 

 

占いたい人や自分の宿曜を知らない場合

宿曜早見表

 

   の波動診断トップへ

 

   宿曜と波動について

 

   宿曜タイプ一覧