「虚宿」2019年 水晶玉子占いのルーツ!宿曜占星術,運勢,性格から,引き寄せの波動を徹底分析!(宿曜占星術)

水晶玉子の占いルーツにもなっている宿曜占星術虚宿】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

 

2「虚宿」とは

 

虚宿(きょしゅく)のあなたは、頭がとてもよく、駆け引きが得意だ。

 

人の考えや心を鋭く読む能力が凄い。

 

仲間を大切にし、人生に愛を求めたり、夢やロマンを大切にする。

 

それは、経済力、誰もがうらやむような生活、成功などに強い願望として育まれ、ロマンと現実的でリアルな価値観を併せ持っているようだ。

 

 

基本的には頑張り屋で、努力家である。

 

でも、対人関係や人間関係の構築はあまり得意ではなく、自分から頭を下げることが出来ないプライドが高さや、相手を喜ばせるための、ちょっとした気の利いた嘘もつけない。

 

 

いきなり成功する人もいるが、意地を張ったり、プライドが邪魔して長続きしなかったり、まっ逆さまに落ちてしまう人もいるようだ。

 

 

頭が良く、勝負運があり、勝気なため、すぐに張り合おうとする性格があるので、対人関係には特に苦労するタイプといえる。

 

そんなあなたの波動は、どのようなもので、引き寄せる現実とはいったい・・・それを知るために、以下の事を一つ一つ読んでいこう。

3「虚宿」の人生とその波動を診断・・・・

 

 

虚宿のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、良い所まで行くが、すぐに幸運が手から離れていき、時間の経過とともに、望む人生を手に入れることが、難しくなっていくだろう。

 

なぜか?

 

 

波動は、あなたの現実を常に引き寄せて、あなたに体験させるものだが、そのあなたの波動が、あなたが気が付かないうちに、望まない人生を引き寄せる波動になっていることがある、という事があるからだ。

 

 

これを改善するためには、あなたは波動に着目し、物理的な努力ではなく、波動的な努力を行う必要がある。

 

まずはあなたのあなたの波動の正体からお話ししよう。

 

 

あなたの波動の正体は、あなたが普段、考えたり、思ったりする思考とは異なる。

 

また、あなたのポジティブから、ネガティブまで感じ取る感情でもない。

 

むしろ、それらの奥にあるもので、思考や感情、そして行動は、そこから生まれるのだ。

 

そう、それが、あなたの認識である。

 

 

 

認識とは、あなたが「これはこうだ」とか、「私はこうだ」と事実として認めている意識の事である。

 

こういうと簡単なように思えるが、認識はあなたの願望や思いとは、全く逆のことが多くあるのだ。

 

例えを挙げて説明しよう。

 

 

ものすごくわかりやすい例として、あなたが何か高価なものに魅了され、欲しいと感じた時が分かりやすいだろう。

 

あなたが高価なものに魅了されたり、それをすでに持っている人をうらやましがったり、手に入れるために、何かしらのアクションや、努力、行動を起こしている時、きっと、あなたの頭の中では、「あれを手に入れるために頑張るぞ」という思考や、感情が生まれているだろう。

 

では、このときの認識はどうだろう?

 

このときのあなたの認識とは実は、「私は今、あれ(欲しいもの)を手にしていない」という認識であることがほとんどなのだ。

 

 

だから、あなたの思考や感情は、

 

「欲しい」

 

「手に入れたい」

 

「持っている人がうらやましい」

 

という類のものばかりが生まれ、さらには、それら思考や感情によっておこる行動は、

 

 

「手に入れるために頑張ろう」

 

「もっと努力しよう」

 

 

などなどばかりになる。

 

しかし、これでは中々手に入れることは出来ないのだ。

 

なぜか?

 

波動の法則は、あなたの認識が波動となり、波動はそれと似た現実をあなたに引き寄せ、体験させる。

 

つまり、このような場合に、あなたの認識と、あなたが引き寄せ、体験する現実の多くは、

 

 

「私は今、あれ(欲しいもの)を手にしていない現実」

 

とか、

 

「欲しいものから遠ざかる現実」

 

「手に入らない前提の現実」

 

ばかりなのだ。

 

 

そのような現実を多く体験すると、

 

「欲しいものを手に入れるのは、難しいことだ。」

 

とか、

 

「結局頑張っても手に入らない。」

 

という否定の認識を重ねることになる。

 

これが、あなたが時間の経過とともに、望む人生をつかむのが、難しくなっていく、それが現実となる望まないサイクルの始まりとなる。

 

あなたが経済力、誰もがうらやむような生活、成功などに強い願望を育み、それを手に入れるために、周囲の人とも競争し、対人関係や、人間関係を構築できないのも、あなたの認識が、

 

「ない」

 

「欲しいものが今、ない」

 

「私は今、不満足だ」

 

という認識と、波動が発しているからであり、 余計に意地になって、自分の殻に閉じこもって、あなたをすんなりと望む場所へ連れて行ってくれる、多くのチャンスや、多くの幸運に、気が付きになくなっていくのだ。 

 

あなたの「ない」「足りない」「不満足」の認識は、あなたが自分で、今のあなた、あなたの人生、あなた本人を、自己否定している認識になっている。

 

否定の認識は、もちろん、否定の波動となり、否定の現実を創造し、引き寄せるだけである。

 

 

もし、あなたがすでに、自分の人生がうまく回っていない・・・・

 

そう実感するなら、あなたは物理的な努力を抑えて、波動的な努力を試みる必要があるだろう。

 

波動的な努力とは、まさにあなたの認識を否定から肯定的な捉え方に変えることであり、自然と自分を自己肯定する事にある。

 

その肯定の認識は、肯定の波動となり、肯定の現実を創造し、あなたの人生を肯定的なものにしてくれるのだ。

 

その方法をこれよりお伝えしていこう。

 

まず波動の法則は、認識がやがて、あなたが体験する現実になる、これが波動の法則の基本的な部分である。

 

つまり、あなたは、あなたの認識の通りの人生を、送っているのだ。

 

波動は物理的なものを創造しているが、波動と、物理の境目は、(私たちは感じてしまうが)本来はない。

 

あなたは波動的な存在であり、同時に物理的な世界に、物理的な身体を持った、物理的な存在でもある。

 

 

私たちが波動をリアルに感じ取れないのは、この物理的な身体によって、物理的なもの、すなわち、時間や空間、大きさ、分量、などなどを、波動よりもリアルに、物理的な身体の脳や感覚神経が処理しているからである。

 

波動には、私たちが慣れ親しんでいる物理的な感覚や、概念は、全く持っていなく、波動の概念とは、

 

 

「今、全てが、ここにある」

 

 

というものなのだ。

 

 

今、全てが、ここにあるというのは、あなたの望む現実、望む人生も、望まない人生も、そして、あなたの過去も、未来も、すべてが、今に、あり、今というこの瞬間に、全てが重なり合っている、ということなのだ。

 

その重なり合っているどの現実に、あなたの焦点が合っているか?

 

それが、今、物理的に体験している現実になる。

 

そして、その焦点、あるいは、焦点の役割を果たしているものこそ、あなたが事実として認めている意識、「認識」が、焦点となっているのだ。

 

この認識という焦点が変われば、あなたは自動的に、違う現実に移動するかのように、望まない現実から、望む現実へと移動していく。

 

でも、波動は、物理的な概念が全くないので、移動したとは言っても、物理的な身体によって、波動を感じ取ることができない私たちからすると、どこに移動したのか、いったい何が変わったか、それらは、見た目では分からない。

 

しかし、あなたの思考と、感情、そして行動は自然と変わっていき、あなたが引き寄せる現実も、自然と、自動的に、変わっているのだ。

 

あなたの認識を変えるのは、非常に簡単である。

 

まず、あなたが「ない」や「足りない」「不満足」という認識を持ったら、その時すでに、(自然と)ネガティブな感情が引き寄せれていて、気分の悪さを感じている。

 

その時は、あなたが何らかの否定的な認識を持っている証拠である。

 

そしてネガティブな感情は、あなたを望まない現実の体験から、望む現実を体験させるための、大きなサインとなっている。

 

これに気が付き、それを「ダメだ」と否定するのではなく、このように自分に認めて見よう。

 

 

「私は、今、望まない(否定の)認識をしているようだ。」

 

 

このようにあるがままをまず認めることは、あなたの今を肯定する事に繋がる。

 

そして、 否定の認識による、否定の波動は、この肯定により、止めることが出来るのだ。

 

 

なぜなら、波動の法則からすれば、あなたの人生の中に、これはダメだとか、私はダメだとか、否定する要素など何一つとして、ない。

 

 

もちろん否定の認識は、あなたの気分を悪くさせたり、怒りや悲しみ、苦しみや、辛さを生むが、それは波動にとっては、区別などないのだ。

 

「今、全てが、ここにある」という概念は、全てを「イエス」として、あらゆる存在を肯定的に認めているのだ。

 

 

あなたが本来の波動パターンを取り戻すには、この波動の根本的なパターン、「ある」という肯定的に存在を認めることから始まる。

 

「ない」と感じることは悪い事ではない。

 

「ない」を感じたり、「ない」という現実を体験できるのは、それが実際に「ある」からだ。

 

あなたが、望む人生の足掛かりとなるのは、あなたが、あなたの「ない」が「ある」という存在を認めることである。

 

そして、その肯定の認識は、自然と、あなたに肯定的な思考や感情を引き寄せる。

 

このとき、自分に対して、以下の様に自問してみるといだろう。

 

それは・・・・

 

 

「望みが全くないわけじゃないだろ?」

 

「満足する量ではなくても、1パーセントはすでに望みは手にしているじゃないのか?」

 

 

このように、あなたの今、という瞬間に、「望みがすでにある」と実感できるくらい、基準を下げて自問してみるのだ。

 

そして、

 

「もちろん!それくらいな絶対にあるといえる!」

 

という確信的な実感と、認識を起こしてみるのだ。

 

なぜなら、波動は全く物理的な量の多さや基準などを無視している。

 

波動が気にしているのは、量の多さや、あなたがこれくらいあれば満足、これ以下なら不足と感じる基準ではなく、あなたが、今、

 

「ある」か「ない」か、

 

どちらを認めているか?

 

という事だけである。

 

 

あなたが「ある」と認めるなら、波動は「ある」という肯定的な波動になり、「ある」という現実を引き寄せて、あなたに体験させる。

 

 

「今、全てが、ここにある」

 

 

という波動の概念からすれば、あなたの望みは、すでに、そこにあるわけであって、あなたがそれを見つけられないはずはないのだ。

 

そして、あなたが満足いくか、不満足かは置いておいて、あなたが「絶対にある!!」と、確信的に実感できるまで、基準を下げていくと良いだろう。

 

波動は、あなたの認識の強さに比例して、波動も強くなる。

 

あなたが、1パーセントならあるか?ある。

 

 

では、0,001パーセントならなあるか?ある!

 

 

ではでは、0,000001パーセントなら、絶対にあると認められるか?

 

 

それは絶対ある!!

 

と自分がネガティブな感情に気が付くたびに、「ある」ことを、強く認識し、強く実感していけば、あなたは本当に自分の望みが、足元や、 目の前に、すでに「あった」という事に気が付くだろう。

 

 

 

これに気が付き、上記の方法を習慣にしていく中で、あなたの波動は、肯定の波動となり、それに支配されていく。

 

そして今度は、あなたの望みに向かうのに、より肯定的な現実の中で、あなたは次々と、望みを手にしていくだろう。

 

望みを手にして味わうこと、これが、あなたの本当の人生なのだ・・・・・