今日、私たちがここであなたにお伝えしたい事とはまさに、オーガニックコスメの原料となる、オーガニック栽培(有機栽培ともいう)の実態である。

【Stop!】げげっ!知らないとヤバい国産ブランドのオーガニックコスメの原料について

有機農法は農薬散布が許されている画像
有機農法は農薬散布が許されています。
広告

私がこんなこと言うと、あなたは賛同してしまうかもしれない。

 

それは:

 

 

オーガニックコスメは国産ブランドなら安心だと感じている。

 

いかがだろう?

 

もちろん国産の中には安心なものもあることは事実だ。

 

ところが:

 

ここに書かれていることを読んだ後、あなたのこの意見はまるで違うものに変わってしまっていることだろう。

 

今日、私たちがここであなたにお伝えしたい事とはまさに、オーガニックコスメの原料となる、オーガニック栽培(有機栽培ともいう)の実態である。

 

これが国内、海外のオーガニックコスメの原料に使用され、あなたはこれからそれを使用している。

 

ではその驚愕の真実とは?

 

 

こうご期待だ。

選ぶ前に知っておきたい国産オーガニックコスメブランドの実態

選ぶ前に知っておきたい国産オーガニックコスメの実態
選ぶ前に知っておきたい国産オーガニックコスメの実態

 

最近、ふとしたときに感じる、老化現象が気になり始めている・・・。

 

でも:

 

 

化学的に合成されたコスメを使用するのは肌も傷むし・・・。

 

そんな悩みを抱える頃になると、肌に優しいオーガニックコスメやスキンケアを試してみたくなる。

 

オーガニックコスメやスキンケア商品は国内、海外ブランド様々なものがあり、販売されている。

 

最近ではプチプラオーガニックコスメといって、無印良品、ディスカウントショップ、ドラッグストアで多くの安くて手ごろなオーガニックコスメが販売されている。

 

あなたがどのようなオーガニック製品を選ぶかはわからないが、オーガニックコスメの基準とは実はバラバラなのである。

 

日本オーガニックコスメ協会のHP
日本オーガニックコスメ協会のHPより画像引用

日本オーガニックコスメ協会のHPによれば、国内にはオーガニックコスメの認定基準や定義がなく、それぞれの基準でオーガニックコスメを製造販売しているという。

 

また、海外のオーガニックコスメ事情も統一した規格はまだ存在しておらず、消費者はメーカー側の意向に賛同できるかできないかで選んでいるのが現状だ。

 

つまり:

 

 

オーガニックコスメとは、特に日本においてはっきりしたものがない。

 

そのため、安心のレベルはメーカーの製品よって違うのである。

 

国産ブランドのオーガニックコスメも多くあるが、海外産の原料を使用しているものや、化学的な美容成分を配合しているものある。

 

私自身も安心できるのが国産であり、オーガニックコスメの良い点だと思っていた。

 

だが、中には危険性のあるものや、農薬を使っているものもあることを知り、驚いたのが本音だ。

 

私たちは食品グループ会社として農業にも参入しており、独自の農法も特許を申請している。【特願2017-062861】

 

農業に参入し自分たちで作ってきたからこそ、そこでわかった事実をがあるのだ。

 

 

では話をすすめよう。 

広告

国産オーガニックコスメの原料とは?

国産オーガニックコスメの原料とは?
国産オーガニックコスメの原料とは?

国産オーガニックコスメの原料とは、国内で製造したものや、国内ブランドであっても原料は海外からの輸入されているものがある。

 

海外ではそれぞれオーガニックの認定基準が異なるが、中には非常に厳しいものもある。

 

そのようなオーガニックコスメなら安心できるのかもしれない。

 

だが、中には質の良くないものもあるのも注意したい。

 

質の良くないものとは:

 

 

 

国内で生産された農産物を使ったオーガニックコスメの中にある。

 

オーガニックコスメは、オーガニック栽培、有機栽培という農法で作られた原料を用いて製造されたコスメ製品である。

 

国内産の原料をオーガニック原料を使用というものがある。

 

 

だが、実は:

 

 

日本ではオーガニック栽培および有機栽培は向いていないのだ。

 

私たち消費者には、国産の野菜や農作物は安全だというイメージがあるが、これは必ずしもそうと言いきれない。

 

いや:

 

 

実は農薬の使用によりかなり汚染されていることが多い。

 

まずは、日本の農薬の使用量を確認してみよう。

http://xn--110-rf4b302pzd3bcnm.com/column/column-50/より画像引用
http://xn--110-rf4b302pzd3bcnm.com/column/column-50/より画像引用

これは世界の農薬使用量を計算したデータである。

 

国際機関のOECD(経済協力開発機構)の統計では農薬の使用量は常に世界で三本の指に入るのが日本で、その差はダントツであることがわかる。

 

 

あれ?

 

 

国内産の作物は安心なんじゃないの?

 

そう疑問に思ったあなたは、頭が軽くパニックになっているかもしれない。

 

なにせこのデータではあの中国が7位で、日本との差に大きな開きがあるからだ。

 

中国の場合、本当の情報を提供しているかどうかは別問題として、私たちの国はかなり多くの農薬を使用している事実に変わりはない。

 

ではなぜ?日本はこんなにも多くの農薬を使用しなければならにのだろうか?

 

その理由とは:

 

 

日本の気候にある。

 

日本は高温多湿で、湿気が多い。

 

これは私たちが普段食べている野菜にとって、適してない環境なのだ。

 

畑野菜は湿気を嫌う。

 

湿気が多くなると、多くの畑野菜は根が傷み、生育が遅れたり、病気になりやすくなる。

 

病気になるのを防ぐ、あるいはなってしまった病気を止めるという目的で、何度も何度も農薬は散布される。

 

海外の土壌は乾燥している所が多く、さらに大地が広大であるほど、ミネラル分を多く含んでいる。

 

一方:

 

 

日本の土壌は豊富な雨により流れ出されてしまっている。

 

野菜や作物はミネラルの養分によって大きさや、味、品質が高まるが、日本の場合は肥料として人為的に与えるしないのである。

 

肥料を与え続けると、こんどは虫がわきやすくなる。

 

虫の食害はすさまじいもので、葉をかじられれば成長は遅くなり、果実(商品)をかじられれば売ることが出来ない。

 

多くの野菜は農薬をまかなければまともに成長が出来ない環境、それが日本なのだ。

 

だからこそ:

 

 

今の野菜のほとんどは、元をたどれば海外から来たものばかりなのだ。

 

 

 

また:

 

 

有機(オーガニック)栽培の基準に対しても、有機JASなどが有名だが、農薬の使用は認められている。

 

有機JASの場合は、化学合成されていない農薬の使用は認められており、それを三年以上使用していないと認定がされない基準を設けている。

 

もちろん化学的でない農薬はヒトが食べても安心かというと、そうではない

 

こういった農薬を使用すれば、残留する可能性が高く存在しているのは当然となってくる。

 

そしてさらに:

 

 

 

国産のオーガニック栽培の現場では、化学合成した肥料分も使用を規制されているため、牛や豚や鶏などの堆肥を使った有機栽培を行っている農家さんがほとんどだ。

 

実をいうと:

 

 

 

この堆肥が作物に大きなダメージを与え、品質を悪くし、化学的でないにしても農薬を必要にさせているのだ。

 

 

 

つまり:

 

 

 

国産オーガニックコスメでも、海外のオーガニックコスメでも、化学合成でなければ全て安心というわけではないのだ。

 

日本のオーガニック栽培がなぜ農薬を使用しなければないのか?

 

それは:

 

 

同じく上述した気候によるものもあるが、もう一つ大きな要素があるのだ。

 

それこそ:

 

 

堆肥の使用である。

 

堆肥の使用は循環農法であるとか、エコで地球に優しいというイメージを私たちは持っている。

 

ところが:

 

 

堆肥は肥料分が非常に高く含まれ、土の状態を悪化させるのだ。

 

悪くなった土では農作物を育てるはずの微生物の働きが悪くなり、小動物も減少していく。

 

つまり堆肥とは、土壌の生態系を崩す。

 

土の生態系が崩れると、作物の成長は遅れ、収穫量が減ってしまう。

 

国内の有機栽培のほとんどが、この堆肥を使った有機栽培、あるいはオーガニック栽培を行っており、海外でも使用されている。

 

私たちの考えでは:

 

 

 

本当の安心は土にいる微生物や、小動物が証明している、というものだ。

 

それはたとえ化学的に合成された肥料を使っても、生態系が崩れていけらば大丈夫なのだ。

 

つまりほんの少しの肥料分さえあればあとは、土壌にいる菌が作物を育てくれる。

 

作物は自然の中で与えられた栄養素を十分に吸って、丈夫に育ち、農薬の使用も一切不要となる。

 

作物にもよるが、海外から伝来された畑野菜は気候の問題があるので、非常に難しいこともあるだろう。 

 

国産オーガニックコスメや国内ブランドは、本当に種類が多くなったが、国産のオーガニック栽培では、かなり無理がある農法であることが現状である。

 

私たちは自分たちで作っているからこそ自信を持って言える。

 

 

それは:

 

 

 

堆肥を使った有機農法では、良質な原料は生まれない。と。

海外または海外の原料の国産オーガニックコスメは大丈夫?

海外または海外の原料の国産オーガニックコスメは大丈夫?
海外または海外の原料の国産オーガニックコスメは大丈夫?

海外のオーガニックコスメブランド、または海外の原料で作った国産オーガニックコスメは大丈夫なのだろうか?

 

それは:

 

 

海外では非常に厳しく審査され、厳しい認定基準が存在している。

 

例えば、ドイツのBDIH

 

BDIHはオーガニックコスメの世界初の認定機関で、動物実験や化学合成の原材料を使用しないことを条件している。

 

農法においては出来る限り有機栽培のものを使用、あるいは野生の原料を使用する事、としている。

 

またメジャーなオーガニックコスメの認定協会としては、オーストラリアのACO、アメリカのUSDA(これは食品の基準をコスメにも応用したもの)、フランスのエコサート、コスメビオ、イギリスのソイルアソシエーション、イタリアのイチェアなどがある。

 

ざっくりとだが:

 

 

 

これらを大きくまとめると、三年以上農薬と化学肥料を使っていないところで育った作物であり、原料の50%から80%は天然由来成分を使用していること。といった感じである。

 

細かい所は個別に違いがあり、保存料の有無や、染料、香料などの基準が設けられている。

 

すべて統一した基準を作ることは難しいのが現状のようだ。

 

というのも、保存料の有無は品質が悪化していく原因となり、それが肌や皮膚のトラブルにもつながることもある。

 

全てオーガニックで天然原料というのも、今の時代デメリットに働くこともあるので、使用する方のライフスタイルで選んだほうが良いだろう。

 

一方: 

 

 

日本のように基準がないは、大きな問題かもしれないが、基準が厳しいというのは野生原料を使っていることも多く、お肌がチクチクするとか、荒れてきた、という声もある。

 

基準も大切な要素の一つではあるが、それだけが重要ではないというのが私たちの考えだ。

 

広告

私たちが思う、本当に信頼できる国産オーガニックコスメの違う所とは

私たちが思う、本当に信頼できる国産オーガニックコスメの違う所とは
私たちが思う、本当に信頼できる国産オーガニックコスメの違う所とは

本当に信頼できる国産オーガニックコスメの違う所は、上述したように基準ではないかもしれない。

 

基準はベースとして大切だが、私たちは十分条件とは考えていない。

 

農業に携わる私たちの考えは:

 

 

あくまで「土」である。

 

土は、全ての作物を育てる源である。

 

そして土は非常に正直だ。

 

土の良し悪しが、作物の品質にそのまま反映されている。

 

作物は土無くしては良質な原料として育ない。

 

つまり:

 

 

 

土で育った作物を食べたり、化粧品として使用する私たちは原料ではなく、土の良し悪しによって左右されているといえる。

 

国内のオーガニック栽培は土の状態を良くするどころか、悪化さえさせる危険性がある。

 

つまり三年以上、農薬や化学肥料を使わないということは、土の状態が最高である指標とはならないのだ。

 

土までが良好な状態を示しているオーガニックコスメを見つけるのは難しいが、それを見つけ、使用した時の幸福感や安どの気持ちは何者よりも代えがたいものだろう。

 

オーガニックコスメを始めるにあたり、最初は心の安心のために、厳しい基準をもった海外ブランドのオーガニックコスメあるいは、それを原料にした国内産のオーガニックコスメを使用してみるのも良いかもしれない。

 

 

そしてやがて:

 

 

土から安心できるものを見つけて、あなた自身の肌にしっかりと浸透させてほしい。

 

女性はスキンケアを始めてから何十年とケアし続ける。

 

最大で70年ほどになるだろう。

 

その期間、いったいどんなものを使用していたか?

 

そして:

 

どんな感情で使用しているか?

 

ということが積み重なって、結果として表れていくように思う。

 

感情とは非常に大切な人生の構成要素である。

 

それは感情こそが、幸せな時間だったかどうかを決める、唯一の作用素だからだ。

 

私たちはこれから何万回、何十万回と使用されるスキンケア化粧水やコスメについて、あなたを幸せにしてくれるものを選んでいただきたいと思っている。

 

そして:

 

 

女性に生まれてよかった。

 

と、心か感情が沸き起こる人生を過ごして頂けたら幸いである。