オキシトシンを増やさないマッサージとは?効果のあるマッサージと効果のないマッサージについて解説!

オキシトシンを増やさないマッサージとは?効果のあるマッサージと効果のないマッサージについて解説!のページへようこそ。

オキシトシン マッサージ
オキシトシン マッサージ
広告

あなたにこんなことをいうと、きっと同意してくれるだろう。

 

それは:

 

 

マッサージで本当にオキシトシンは増えるのか、疑問だ。

 

 

事実、オキシトシンはマッサージで増やすことが出来る、という情報は多い。

 

ところが:

 

 

マッサージなら何でも良いわけではない。

 

今日、ここであなたにお伝え痛いことはまさに。

 

オキシトシンを増やすマッサージとそうでないマッサージである。

 

マッサージは確かに効果的である。

 

間違ったマッサージ をせず、オキシトシンをしっかりと増やすマッサージを選んでいただきたい。

 

そして:

 

 

あなたに幸福感がほんの少しでも増えることを願っている。

 

こうご期待だ。

 

オキシトシンの分泌を増やさない 痛いツボ押しマッサージ

オキシトシンの分泌を増やさない 痛いツボ押しマッサージ
オキシトシンの分泌を増やさない 痛いツボ押しマッサージ

オキシトシンの分泌を増やさないものとして、痛いツボ押しがある。

 

人間の体は痛みはそのままストレスとして受け取る。

 

つまり:

 

 

痛みを伴うことは、オキシトシンの分泌のどころの騒ぎではない。

 

オキシトシンの分泌のマッサージはあくまで、ソフトなタッチや、気分の良い、心地よいタッチでのマッサージだ。

 

リラックスする音楽と雰囲気の中、オイルなどを塗って、優しく滑らかに行われるマッサージが良い。

 

オキシトシンの分泌を増やさない 痛いツボ押しマッサージ
オキシトシンの分泌を増やさない 痛いツボ押しマッサージ

オキシトシンの分泌を増やさない 痛い指圧などのマッサージ

オキシトシンの分泌を増やさない 痛い指圧などのマッサージ
オキシトシンの分泌を増やさない 痛い指圧などのマッサージ

オキシトシンの分泌を増やさないマッサージは、とにかく痛みを生じるものだ。

 

私は:

 

 

痛みをあえて生じさせる事で、体の不調を改善させるマッサージをやってもらった事があるが、これはまったくオキシトシンとは関係のない治癒方法だ。

 

しかし:

 

 

不調の改善効果においてはかなりの効果があるので、これは違う治癒方法としての利用をお勧めしたい。

 

また、最近では指圧も痛くなる手前で止めるものも増えてきている。

 

そのようなマッサージなら:

 

 

リラクゼーションを感じることが出来るし。

 

 

事実:

 

 

痛みを感じる手前は施術者の手がやさしく触れて、さらに心地よい刺激ため、オキシトシンの分泌に繋がるだろう。

 

広告

オキシトシンの分泌を増やさない あかすりマッサージ

オキシトシンの分泌を増やさない あかすりマッサージ
オキシトシンの分泌を増やさない あかすりマッサージ

あかすりマッサージもオキシトシンの分泌を増やす事はない。

 

あかすりも上述したように:

 

 

皮膚に痛みを伴うものだ。

 

同じように人の手でやっているとはいえ、それはソフトリーなタッチとはかけ離れた、強烈な摩擦を生じさせる。

 

この強烈な摩擦は、人体にとってストレスに反応する。

 

あかすりのあと、体がすっきりする感じがする。

 

それは:

 

 

皮膚の軽い炎症が空気にあたって冷たく感じるからだ。

 

オキシトシンの分泌を増やさない 信頼の置けない施術者によるマッサージ

オキシトシンの分泌を増やさない 信頼の置けない施術者によるマッサージ
オキシトシンの分泌を増やさない 信頼の置けない施術者によるマッサージ

たとえどれほどリラックスするマッサージであれ、信頼の置けない施術者によるマッサージではオキシトシンの分泌は増えない。

 

もしあなたが:

 

 

この人にやってもらうとまるで違う。

 

この人にやってもらいたい。

 

という、あなたの感覚にあった施術者がいれば、その人に毎回マッサージをお願いするのが、オキシトシンの分泌を増やすのには効果的になる。

 

なぜか?

 

 

オキシトシンの作用は信頼であり、他者との絆を育むホルモンだ。

 

信頼が明けるという事は、その時点でオキシトシンは分泌されている。

 

そのような人から、最高のひと時を送れるようなマッサージを受ける事ができる。

 

つまり:

 

 

一番のオキシトシンの分泌を増やす硬貨に繋がる。

 

広告

まとめ

以上、4つのオキシトシンを増やさないマッサージを紹介した。

 

オキシトシンにはマッサージが良いといわれてまさか、痛みの伴うマッサージに行く人も少ないかもしれないが、人はついつい行きつけだったり、自分の考えの中で判断し、動きがちだ。

 

実はマッサージというと、じゃぁここでと、オキシトシンの分泌を増やす目的とは全く関係のないところへ炒ってしまう人も少なくない。

 

痛みを伴うマッサージは、それはそれなりの効果と、メリットがある。体の不調や、痛みを軽減したり、治癒という観点では痛みを伴っても、こちらのマッサージが有効だろう。

 

オキシトシンの分泌を促進し、リラックスと信頼の中でストレスを解消するのは、やはりリラクゼーションマッサージや、リフレクソロジー、エステのようなものが望ましいだろう。

 

もちろん信頼関係を築けている施術者であることはどのマッサージを受けるにしろ、最重要なポイントである。

 

 

しっかりとしたマッサージによって、オキシトシンを増やし。

 

 

 

あなたが幸福に満たされることを願っている。