オキシトシを増やす出し方の全て!女性も男性も【必須】オキシトシンの効果や作用,食べ物で爆発的に増やす出し方とはのページにようこそ。

オキシトシを増やす出し方の全て!女性も男性も【必須】オキシトシンの効果や作用,食べ物で爆発的に増やす出し方とは

[効果絶大]オキシトシンとは?効果、危険性、副作用&爆発的に増やす出し方や食べ物
[効果絶大]オキシトシンとは?効果、危険性、副作用&爆発的に増やす出し方や食べ物
広告

これであなたも、オキシトシンとは?がよくわかる

これであなたも、オキシトシンとは?がよくわかる
これであなたも、オキシトシンとは?がよくわかる

オキシトシンとは、NHKのためしてガッテンなどで紹介されてから、その名は全国に広がり、ネット上でも多くの情報が掲載されるようになった。

 

オキシトシンとは、視床下部という場所で合成され、下垂体から分泌されるホルモンである。

 

オキシトシンは、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンで、幸福や愛情を感じさせることから、

 

「幸せホルモン」

 

「愛情ホルモン」

 

とも呼ばれている。

 

だが:

 

 

嬉しいことにオキシトシンには、ストレスを緩和してくれる作用がある。

 

このようにオキシトシンは、愛情や、幸せを感じさせるだけでなく、もっと私たち役立っている作用がある。

 

 

何か?

 

 

 

人間関係や信頼の構築である。

 

ここで今日、書いて、あなたにお伝えしたこととは、

 

まさに、

 

精神病をも完治させてしまうオキシトシンの全てだ。

 

 

オキシトシンとは:

 

 

人や動物の団体行動や、社会性の生業を潤滑にするためにもあるのだ。

 

人間社会とは、何も世間や他人との繋がりだけではない。

 

自分の家族もそうである。

 

子供は特に、親と触れ合うことでオキシトシンを出したり、脳で作用することを学んでいく。

 

私たちが:

 

 

初めに愛情を感じ、つながりや、信頼を寄せるのは・・・・:

 

 

親なのだ。

 

 

このオキシトシンをどこよりも豊富な文章量と、情報量、

 

そして、

 

重度のうつ病や、統合失調症、パニック障害などの精神病を、自分の手で完治させた体験から、オキシトシンをお話ししよう。

 

こうご期待の内容である。

 

広告

オキシトシンは家族の愛を育む

オキシトシンは家族の愛を育む
オキシトシンは家族の愛を育む

オキシトシンはやがて家族から、色々な場面で分泌されるようになる。

 

私たちのオキシトシンの分泌はやがて、家族から他人へと広がり、範囲を拡大し成長していく。

 

例えば:

 

 

女性が幼い子供見るとオキシトシンの分泌が促進したりするのもそうだ。

 

また、介護や看護などでも分泌されやすいという。

 

 

さらに:

 

 

私たちがやがて愛して結婚する人は必ずと言っていいほど、他人だ。

 

オキシトシンの作用が家族だけだった人間関係を、やがて社会へと広がりを持たせてくれるのだ。

 

オキシトシンは人間関係を育む

オキシトシンは人間関係を育む
オキシトシンは人間関係を育む

オキシトシンは人と人が触れ合ったり、見つめあったりするときに分泌され、それが私たちの脳に信頼関係の構築を知らせる役割をする。

 

信頼関係の構築が脳内でされた場合:

 

 

人同士が社会性を保ったうえで、お互いが安心して生活できるようになる。

 

そのためオキシトシンは戦争や争う場面では分泌することは出来ず、オキシトシンがない身体環境の中で平和的な解決手段を見出すことは困難なのである。

 

オキシトシンは戦争や争い、競争では分泌されない。

 

 

 

しかし:

 

 

 

オキシトシンは分泌量を増やせばよいというものでもない。

 

 

なぜか?

 

 

オキシトシンの効果と作用が発揮されるには、オキシトシン受容体が必要なのだ。

オキシトシン受容体とは

オキシトシン受容体とは
オキシトシン受容体とは

オキシトシン受容体とは、中枢神経、子宮、乳腺、さらには腎臓、心臓、胸腺、膵臓、脂肪組織でも発現が確認されている。

 

 

それぞれの臓器などでオキシトシンが結びつけば、オキシトシンの働きが初めて発揮される。例えば子宮では子宮の収縮作用。

 

乳腺では母乳の放出をスムーズにしたり。

 

 

意外なことに:

 

脂肪細胞では脂肪の燃焼作用などが代表的だ。

 

 

オキシトシンは母乳の分泌を促進する

オキシトシンは母乳の分泌を促進する
オキシトシンは母乳の分泌を促進する

オキシトシン受容体が、先天的な理由で少ない場合がある。

 

そうなると成人になってもオキシトシンの効果や作用を発揮しずらくなる。

 

 

どのようなものか?

 

 

例えば、子供が生まれるときにオキシトシンの受容体が少ない事によって、子宮収縮がうまくいかないことがある。

 

または:

 

 

子供が生まれて母乳を与えなくてはならないのに、母乳がスムーズに出てくれないなどがある。

 

 

つまり:

 

 

女性にとって、オキシトシンの分泌量だけでなく、オキシトシンの受容体も大変重要な要素なのだ。

 

 

自分のオキシトシン受容体が多くあるのかどうか不安になる思いもあるかもしれない・・・。

 

ところが:

 

 

オキシトシンの受容体は、子供のころに大きく関係している。

 

オキシトシンの受容体は幼いころの親の愛情と関係しているといわれている。

 

幼いころ親からたくさんの愛情を受けた子供は、オキシトシンの分泌が多く、それに伴ってオキシトシン受容体も増える。

 

このようにオキシトシン受容体は、家族の愛情で量が決まる。

 

 

ところが:

 

 

親からの愛情に不足している子供は、オキシトシンの分泌不足から、オキシトシン受容体も少ない傾向があるのだ。

 

これは脳内でも同じで、親の愛情に飢えて育った子供には、オキシトシン分泌量もオキシトシン受容体も少ない傾向がある。

 

オキシトシンを増やすには、幼少期の親の愛情が大きいほど、多くなることが分かっている。

 

 

だが:

 

 

すでに成人してしまっていてオキシトシンの分泌量を増やすことは可能なのだろうか?

 

 

それは:

 

 

残念ながらオキシトシンの受容体が成人後増えるのか?

 

という情報は確認できていない。

 

しかしながら:

 

 

体内のオキシトシンが増えることで、受容体が増えない可能性も100%否定はできない。

 

 

さらに:

 

 

オキシトシン受容体が減少するほどの育児は、相当なケースのものだ。

 

それらは:

 

 

・虐待

 

・抑圧

 

・育児放棄

 

などである。

 

普通に育てられてきた場合はそのような現象は見られないので安心してほしい。

女性のオキシトシンの作用 女性は母乳と子宮に関係している

オキシトシンは女性では作用と効果が非常に重要なものがある。

 

特にオキシトシンは女性が出産する場合、特に重要になってくる。

 

女性が子供を産むとき、大量のオキシトシンが分泌される。

 

 

なぜか?

 

子供をスムーズに産むためなのだ。

 

子供のためのオキシトシンの作用とは?子宮の収縮だった。

それは子供のためのオキシトシンの作用とは?子宮の収縮だった。
それは子供のためのオキシトシンの作用とは?子宮の収縮だった。

オキシトシンは出産時の子宮収縮の作用がある。

 

出産時、子宮を収縮する事で胎児を外に出すのだが、これにオキシトシンの分泌が関係しているのだ。

 

オキシトシンの分泌が薬などの使用により、自発的に出来なくなってしまった場合、子宮収縮が上手くいかなくなることがおきやすい。

  

また:

 

 

オキシトシンは胎児が生まれてからも大きな作用と役割を果たしている。

それは上述したように、

 

 

母乳の分泌促進だ。

 

 

オキシトシンは母乳が出やすくする作用があることが分かっている。

 

つまり:

 

 

オキシトシンとは女性において、必要不可欠なホルモンなのだ。

 

広告

心におけるオキシトシンの効果と作用とは

心におけるオキシトシンの効果と作用とは
心におけるオキシトシンの効果と作用とは

オキシトシンには人が社会生活を営むことで、大切な要素がたくさんある。

 

ところが:

 

 

オキシトシンが多すぎても、実は副作用を持っている。

 

副作用においては後述するので、そちらを参照してほしい。

 

主に知られているオキシトシンの効果にはいくつかあるのをご存知だと思う。

 

 

それらは:

 

・信頼

 

・愛情

 

・幸福

 

・絆

 

・平和

 

・社会性など

 

という効果が有名だ。

 

これらはあなたも一度は聞いたことがあるものばかりだろう。

 

 

またさらに:

 

オキシトシンが増えると以下のような効果を得られやすくなる。

 

・話す人の感情を察知する能力が高まる

 

・食欲のコントロールが出来るようになる

 

・他人の警戒心を薄れさせる

 

・感情が安定する

 

・社交性を上げる

 

・他社への恐怖感が和らぐ

 

・他人へのやさしさや気配りができるようになる

 

・脳機能、特に記憶力を高める

 

・ネガティブな怒りやイライラなどを抑える

 

・愛情豊かになる

 

・ストレスに強くなる

 

などなどの効果だ。

 

人間関係や人間社会においてよりよく生きるためにも、非常に嬉しい効果があるのだが、これは数多くの論文からも証明されている。

 

簡単に一部を紹介したい。

 

国内外のオキシトシンと自閉症への効果を証明した論文では・・・

国内外のオキシトシンと自閉症への効果を証明した論文では・・・
国内外のオキシトシンと自閉症への効果を証明した論文では・・・

 

日本や海外の論文では、オキシトシンはある病気に効果があるとされている。

 

 

それは:

 

 

自閉症への効果だ。

 

オーストラリアでは、12から18歳の自閉症の小児を対象にしたオキシトシンの研究がある。

 

ところが:

 

 

結果としては、オキシトシン投与群とプラセボ群との間にデータ的な明らかな差は見られなかった。

 

しかし:

 

 

オキシトシン投与群の保護者が興味深い結果を実感しているのだ。

 

被験者であった自分たちの子供がオキシトシン投与後、社会性や行動発達、情動的行動などすべてが明らかに改善されたという家族証言が多数あった結果を得ているのだ。

 

これは数値としてではなく、実感として得られた良好な結果だ。

 

 

次に:

 

 

日本のオキシトシン研究に関する論文をご紹介したい。

 

日本の研究では、18から55歳というかなり幅のある、かつ成人を対象にした研究論文がある。

 

こちらの研究結果ではオキシトシン投与群とプラセボ群とでは、明らかに優位な差が見られたという報告が上がっている。

 

ところが:

 

 

この研究でも少し違った、独特の見解を示しているのだ。

 

それは:

 

オキシトシン投与によって被験者のコミュニケーション能力が上がったわけではない。

 

というのだ。

 

むしろ:

 

 

オキシトシン投与群の言語性の知能が低下したから、ではないかと見られているのだ。

 

とはいえ、オキシトシンと自閉症の研究にはまだ段階が必要な状態である。

 

では、長らくお待たせした。

 

オキシトシンを増やす方法をお伝えしたい。

オキシトシンを増やす方法とは

オキシトシンを増やす方法とは
オキシトシンを増やす方法とは

オキシトシンを増やす方法はネットでも多くあるのはご存知だろう。

 

しかもオキシトシンというと幸せホルモンや、愛情ホルモンと呼ばれ、私たち一般の人々にも認知が広がってきている。

 

ところが!

 

 

幸せホルモンであるオキシトシンを増やす方法に、あまり効果がないものや、私たちの経験から間違いあるいは、危険さえ感じる方法があるのだ。

 

私たちには、オキシトシンを爆発的に増やす方法を知っている。

 

そして:

 

 

その効果は絶大だ。

 

なぜか?

 

 

それを詳しく解説しよう。

 

実をいうと:

 

 

私たちは重度の精神病を乗り越えてきた。

 

私たちが医者から宣告された病名がいくつかある。

 

それらは:

 

・うつ病

 

・パニック障害

 

・適応障害

 

・統合失調症

 

である。

 

 

どれも深刻な精神病との診断学だった。

 

さらに:

 

 

私たちに処方されてきた精神薬は、これ以上は無理という濃度レベルの強力なものだった。

広告

強力な精神薬を服用してきた

強力な精神薬を服用してきた
強力な精神薬を服用してきた

今思い出しても非常につらい日々だった。

 

しかし、最終的には医者も薬にも頼らず、独自の方法を用いながら完治させた。

 

自分で完治させる。

 

そのために私たちは人間の精神を司るホルモンの専門的な論文をあさり読み、医者でも教えてくれないような方法を実践してきた。

 

だから:

 

 

私たちはオキシトシンの増やし方を、本当の意味で知っている.

 

ぜひそのすべて読んでいただきたい。

私たちは、オキシトシンを爆発的に増やす方法を知っている

私たちは、オキシトシンを爆発的に増やす方法を知っている
私たちは、オキシトシンを爆発的に増やす方法を知っている

効果の薄いことをいくらやっていても、満足した結果は得られない。

 

そればかりか、時間の無駄だ。

 

ネットでも転がっている代表的なオキシトシンを増やす方法があるが、どれも根本的な改善が抜けている。

 

代表的なオキシトシンを増やす方法として以下のような方法を知っているだろう。

 

・他者とふれあう

 

・会話やスキンシップ

 

・ペットと触れ合う

 

・家族団らんで食事などする

 

・友達とおしゃべりする

 

・友達とハグする

 

・友達と趣味やスポーツをともにする

 

・マッサージ

 

・エステ

 

・親切な行動をする

 

・人を褒める

 

・感動する

 

・感動的な映画を見る

 

・大自然に触れる

 

・憧れの人に会う

 

・恋愛ドラマ・小説を見る

 

などなど・・・

 

かなり多くの一覧を上げてみたが、これらはどこかで一度は聞いたことがあるものが多いと思う。

 

ところが!

 

 

ある一つの方法を除いて、オキシトシンを増やすには効果的に働くことがある。

 

しかし:

 

 

それは危険となることが多い。それを紹介する前に、それぞれ簡単にご紹介したい。

他者とふれあってオキシトシンを増やす

他者とふれあってオキシトシンを増やす
他者とふれあってオキシトシンを増やす

他者と触れ合うことで、オキシトシンは増やすことが出来ると考えられており、事実多くの研究結果もこれを証明している。

 

ただ、他人や信頼のおけない人では無理で、むしろ逆効果になる。

 

さらに:

 

 

 

うつ症状が出ている場合は、むしろ他者との触れ合いは避けたいものだ。

 

せめて:

 

 

心がポジティブに傾いたときに効果的と言える方法であり、作用である。

 

会話やスキンシップでオキシトシンを増やす

他者と会話やスキンシップをすることでも、オキシトシンは増やすことが出来る。

 

これは上述した触れ合う事とも同様になるが、会話が弾んだりすることでもオキシトシンの分泌を増やすには効果的だ。

 

この方法は、知らない人や、初めてあった人でも、会話が少しずつ盛り上がっていくことで、それまでには分泌されなかった

 

オキシトシンも増やすことができる。

 

ただし:

 

 

オキシトシンが少ない、あるいは分泌しない関係からのスタートになるので、オキシトシンが増えて、会話が盛り上がるまでには時間が要するし、時にプレッシャーも感じる。

 

ペットと触れ合ってオキシトシンを増やす

ペットと触れ合うことは、非常にオキシトシンを効果的に高める。

 

特に:

 

 

生後2か月や3か月の犬でいうとパピーの時点から買い始めて、長い期間一緒にいる場合は特に効果的だ。

 

さらに:

 

小さいころからの思い出や関係がお互いの信頼を築いているので、オキシトシンを非常に増やしやすい。

ペットと触れ合ってオキシトシンを増やす
ペットと触れ合ってオキシトシンを増やす

家族団らんで食事などでオキシトシンを増やす

家族だんらんで食事をすることもオキシトシンを増やす。

 

しかし:

 

 

家族の仲が良い場合だ。

 

また家族の仲が良くてもアルコールを飲みながらだと、最終的にこれはむしろオキシトシンを下げる事に繋がる。

 

アルコールはオキシトシンと同様の幸福効果として推奨されるような研究結果もあるが、私たちからすればこれはかなり危険な方法だ。

 

またオキシトシンが増えると、アルコールや刺激物への依存性は和らぐ研究結果も報告されている。

 

家族団らんで食事などでオキシトシンを増やす
家族団らんで食事などでオキシトシンを増やす
広告

友達とおしゃべりしてオキシトシンを増やす

友達とおしゃべりすることはオキシトシンを増やすには、即効性があり、効果的だ。

 

ただし:

 

 

ポジティブで楽しい会話に限りだが、友達とは信頼関係がすでに成り立っているので、お互いがオキシトシンを分泌しやすい状況にある。

 

そのため、この方法は知らず知らずにオキシトシンを増やすことを促している。

友達とハグしてオキシトシンを増やす

友達とハグしてオキシトシンを増やす
友達とハグしてオキシトシンを増やす

これも良い方法だが友達とハグする場合は、個人によってとらえ方が違うので、効果的かというと一概には言えない。

友達と趣味やスポーツをともにしてオキシトシンを増やす

友達に限らず、チームを組んで何かスポーツをしたり、何か目標を目指すことはオキシトシンの分泌に繋がる。

 

競争相手や、倒す敵がいる場合は、その相手とはオキシトシンを増やすことは出来ない。

 

だが:

 

 

チームでのプレーで、チームが一丸となって勝利を目指す場合は逆にオキシトシンを増やすことにつながる。

友達と趣味やスポーツをともにしてオキシトシンを増やす
友達と趣味やスポーツをともにしてオキシトシンを増やす

マッサージでオキシトシンを増やす

マッサージもオキシトシンを増やすには効果的に働く。

 

だが:

 

 

ツボを無理矢理押して痛いようなマッサージはオキシトシンを増やす効果はほぼない。

 

しかし:

 

 

痛いマッサージでも、何回も通ったり、不調が完璧に治ったなど、施術者との信頼関係が生まれていたら、この限りではないだろう。

エステでオキシトシンを増やす

エステはリラックスできるようなエステの種類ならオキシトシンを増やすのに効果的に働く。

 

音楽や雰囲気が落ち着けるものがおすすめだ。

 

これも痛い施術だとしたら効果は薄れる。

親切な行動をしてオキシトシンを増やす

親切な行動をすることは、オキシトシンを増やす効果としては、半々だ。

 

オキシトシンは親切な行動をしたから増えるのでなく、オキシトシンが増えたから親切な行動につながる。

 

つまり:

 

 

重たい荷物を持っているお年寄りをみて、オキシトシンが分泌されたから、よし持ってあげようと自己犠牲を払い行えるのがオキシトシンが増えた時の効果だ。

 

ところが:

 

 

無理矢理に他者に親切にすることは、自分自身にプレッシャーを背負いかねない。

 

さらに:

 

 

それが出来なかった自分を自己否定することも良く生まれる。

人を褒めてオキシトシンを増やす

人を褒めることも、上述したように褒めたいと思う時はオキシトシンの分泌が増えている。

 

上記の親切な行動とも似ているが、褒めたからオキシトシンが増えるというのは少し間違った捉え方だ。

感動する、感動的な映画を見てオキシトシンを増やす

感動する、感動的な映画を見てオキシトシンを増やす
感動する、感動的な映画を見てオキシトシンを増やす

 

実は・・・・:

 

 

これが危険な方法だ。

 

これについては後述する。

広告

大自然に触れてオキシトシンを増やす

大自然に触れることで、オキシトシンを増やすことは出来るだろう。

 

ストレスが溢れかえる日々の生活や社会の中で、雄大な自然に触れ、そのような感動することはオキシトシンを増やす効果を上げる。

 

つまり:

 

 

ストレスからの解放や、緩和によってオキシトシンの分泌が増やすくなるのだ。

大自然に触れてオキシトシンを増やす
大自然に触れてオキシトシンを増やす

憧れの人に会ってオキシトシンを増やす

憧れの人に会ってオキシトシンが増えるかについては、様々なパターンが個人差であるため、言及できない。

恋愛ドラマ・小説を見てオキシトシンを増やす

この方法でオキシトシンを増やすには、ストーリーの内容によっては危険なこともある。

 

なぜか?

 

 

後述する感動でも同じことが言えるが、悲しみや、怒りなどを伴い、やがて恋愛が成就したり、またはそのような小説内容だと危険かもしれない。

 

その理由とは:

 

 

オキシトシンは増えるどころか、ストレスホルモンが増える可能性が高まる。

 

もしこの方法でオキシトシンの分泌を増やすのなら、女性でいうところの胸がキュンとするようなストーリーが望ましいだろう。

 

以上、簡単に代表的なオキシトシンを増やす方法をご紹介したが、先ほど危険なものが一つあるといった。

 

危険な方法とは:

 

 

感動することである。

 

感動する、感動的な映画を見るという、これはオキシトシンを増やす方法としては非常に危険な方法だ。

 

感動は、私たち誰もが否定の余地さえない、「感動」だ。

 

そのため:

 

 

感動はオキシトシンを増やすので、感動する映画や、ドラマを見ましょう。

 

というネットの情報は沢山ある。

 

しかし:

 

 

精神病を経験している私たちからすると、もっとも危険な方法に近い。

オキシトシンと感動とは

オキシトシンと感動とは
オキシトシンと感動とは

オキシトシンと感動の関係は、一時はオキシトシンが増える事がある。しかし、問題は涙を流すほどの感動は禁物なのだ。

 

涙を流すほどの感動は、実はストレス反応として処理されているのをご存知だろうか?

 

そして涙は、ストレスで増大したストレスホルモンの「コルチゾール」が脳内に侵入しないように、体外に排出する作用がある。

 

涙を流す最大の理由がこれにある。

 

何か?

 

 

脳を委縮させないためだ。

 

もう少し詳しく言うと、大量のコルチゾールが脳内に到達すると、脳の海馬を萎縮させる。

 

海馬とは以下のような位置にある脳の一部を言う。

脳はこの海馬の萎縮を歓迎しない。そのため到達する寸前で出来る限り涙で体外にコルチゾールを排出しようとする。

 

涙は水分が殆ど占めていると思っている人が多いが、それだけではない。

 

涙には:

 

 

大量のコルチゾールが含まれているのだ。

 

あなたが主人公のストーリーに心痛を感じ、涙しそうなとき、脳はこれ以上、感情を揺さぶらせるな。といっている。

 

涙するほど、心が締め付けられるのは、もう止めなさい。と、脳が心臓にまで影響を及ぼし私たちを止めているのだ。

 

つまり感動も:

 

 

オキシトシンを増やす方法としては危険である。

 

私たちも出来る限り、涙をしないように感動や情動を激しく揺さぶるものは避けてきた。

 

その代わり、楽しいものを常に行うように気をつけていた。

 

だから気を付けてほしい:

 

 

脳下垂体の機能が低下すれば、オキシトシンの分泌にも影響が出てくる。

 

一方で:

 

 

私たちがここであなたにおススメしたいオキシトシン分泌を増やす方法がある。

 

さらに読み進めてほしい。

 

安心してオキシトシンを増やす方法は以下だ。

オキシトシンを最も自然に、安心に増やす方法とは?

オキシトシンを最も自然に、安心に増やす方法とは?
オキシトシンを最も自然に、安心に増やす方法とは?

オキシトシンを最も自然に、安心に増やす方法とは?

 

それは:

 

 

ズバリ生活習慣である

 

 

 

ところが、

 

生活習慣は改善するのが大変である。

 

あなたもきっと:

 

 

早く寝れたら・・・。

 

こんなにストレスがなければ・・・。

 

もっと疲れない生活だったら・・・。

 

このような思いで、生活習慣を改善したてくても、それはかなうことが出来ず、生活習慣がつい乱れがちではないだろうか。

 

もちろん喫煙やアルコールの取りすぎ、カフェインの摂取も含まれるが、ストレス解消のつもりで摂取しているこれが、さらに生活習慣を悪化させてしまう。

 

なぜか?

 

 

それは脳内ホルモンのドーパミンとノルアドレナリン、アドレナリンというホルモンが関係している。

広告

脳内のドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン

脳内のドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン
脳内のドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン

これらのホルモンは脳や身体、特に運動機能を活性化させる。

 

ところが:

 

 

これが分泌するあとには必ず、先ほどのストレスホルモンのコルチゾールが分泌される。

 

コルチゾールは脳内の海馬を委縮させることは上述したが、それ以外に自律神経の交感神経を優位にさせる。

 

これらのホルモンが交感神経を刺激し続けると、オキシトシンともう1つのホルモンの分泌が阻害される。

 

そのホルモンとは:

 

 

セロトニンである。

 

セロトニンも幸福や幸せのホルモンと言われ、心や精神に落ち着きを与えてくれるホルモンだ。

 

ところが:

 

 

このホルモンの分泌が阻害され、少なくなると、人はドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンの分泌により、以下の行動をとってしまいやすくなる。

 

それは:

 

 

快楽と欲求の暴走である。

快楽と欲求の暴走は止まらない

快楽と欲求の暴走は止まらない
快楽と欲求の暴走は止まらない

ストレス解消でたしなんでいたものが、よりストレスを加えていき、最終的には快楽と欲求の暴走へと駆り立てる。

 

これは、人の理性を非常に弱くさせ、セロトニンの分泌を抑える。

 

セロトニンの分泌が抑えられると、オキシトシンの分泌も減少してしまうのだ。

 

こうなると:

 

 

生活習慣を治すのはより困難になっていく。

 

生活は快楽と欲求を満たすことがメインとなり、それら無しでは到底生きては生きていけないとさえ感じるからだ。

 

そのような人のために、私たちが見つけた最高の方法をお伝えしたい。

あなたは食べ物でオキシトシンを増やすことが出来る

あなたは食べ物でオキシトシンを増やすことが出来る
あなたは食べ物でオキシトシンを増やすことが出来る

あなたは食事よりも、外的なストレスよりも、生活習慣よりも何よりも先に、改善しなければならないことが残っている。

 

これを改善しなければ、あなたは自然にオキシトシンを増やすことは不可能に近くなる。

 

なぜか?

 

 

オキシトシンの分泌はストレス状態を非常に嫌う。

 

ストレスに強くなるオキシトシンだが、ストレスにさらされ続けると、オキシトシンの分泌は弱まってしまうのだ。

 

ストレスは自律神経を交感神経を優位の状態にしてしまう。

 

ドーパミンやノルアドレナリンなどのホルモンはストレスに傾ける作用があるホルモンだ。

 

自律神経が交感神経優位になると、脳内と体内にはコルチゾールが分泌され続ける。

 

さらにコルチゾールは:

 

 

交感神経を高めてしまう。

 

そのため、ストレス環境下から抜け出すことは困難なばかりか、オキシトシンなど分泌は皆無だ。

 

ストレスではオキシトシンは増えない。

 

ホルモンの分泌とはそれだけ大切であり、あなたの為人(ひととなり)を、性格を。

 

そして:

 

 

人生さえ変える。

 

私たちが自力で、精神病の中でも難病と言えるうつ病、パニック障害、統合失調症という病気を克服できたのは、まさにホルモンの分泌に着目したからに他ならない。

 

それだけホルモン分泌は強力に作用する。

 

だからこそ:

 

 

根本的な改善が大切になってくる。

 

これを言うと、あなたは夢のようだと思うかもしれない。

 

それとは:

 

 

1禁煙もせず

 

2禁酒もせず

 

3生活はとりあえずはそのまま

 

それで、根本的なストレスを、一瞬で改善できたら・・・。

 

いかがだろう?

 

そんな夢のようなことはない。

 

そう信じてやまない人がいる。

 

しかし:

 

 

私たちはどん底から這い上がってきた人間だ。

 

あなたがいくら信じまいと、

 

可能だ!

 

 

と言いたい。

 

では:

 

 

あなたに教えてあげたい。

 

 

何も生活習慣を見直さず、根本的なストレスを改善出来る方法を。

何も改善せず、解決する方法とは

マグネシウムを摂取する
マグネシウムを摂取する

実は、それはある栄養素を取り入れるだけでよいのだ。

 

その栄養素は:

 

 

マグネシウムというミネラルである。

 

マグネシウムは基本的に、海水から塩を作るときに遠心分離で得た水分に大量に含まれている。

 

これを:

 

 

「にがり」という。

 

マグネシウムを摂取するのは、実のところ非常に大切だ。

 

なぜなら:

 

 

マグネシウムは体内の300もの酵素の働きや代謝にかかわっている。

 

これは数あるミネラルの中でおそらく最高レベルの仕事率だろう。

 

このマグネシウムが不足すると身体では、非常に大変なことが起きているのだ。

 

それは:

 

 

人はマグネシウムが不足していると、それだけで身体はストレス状態を感じる。

 

広告

マグネシウムが不足しただけでストレスとなる

マグネシウムが不足しただけでストレスとなる
マグネシウムが不足しただけでストレスとなる

マグネシウムの不足は、それだけで、身体をストレス反応にさせる。

 

ストレス反応とは、コルチゾールが分泌される状態の事を言う。

 

つまり:

 

 

マグネシウム不足は、ストレス状態はコルチゾールを大量に分泌し続ける。

 

コルチゾールの作用の中には、食べ物からの栄養素を吸収することは難しくさせる。

 

さらに:

 

 

すでに体内にある栄養素(主にタンパク質、コラーゲン)を分解し、エネルギーに使うか体外に排出する。

 

そうこれが、ストレスによる肌荒れの原因である。

 

さらに:

 

 

ストレス環境下の免疫反応は、白血球ではなく、顆粒球という免疫細胞が活性化する。

 

この顆粒球も免疫として働いてくれるのだが、問題は顆粒球が働くことによって産出される大量の活性酸素だ。

 

この活性酸素は、細胞や細胞のDNAを傷つけてしまい、最悪の場合、再起不能にしていしまう。

 

この細胞とDNAの損傷があらゆる病気に繋がっていく。

 

つまり:

 

 

マグネシウム不足は、ただそれだけで、深刻な身体ダメージを持続的に引き起こす要因となるのだ。

 

ところが:

 

 

マグネシウムさえ足りていれば、上記した問題は直ちに回復に向かう。

 

オキシトシンを増やすための食べ物はたくさんあるが、体がストレス状態ではコルチゾールの作用によりうまくオキシトシンの合成と分泌が出来ない。

 

 

さらに:

 

マグネシウムが不足すると、身体ダメージだけでなく、精神的なダメージも引き起こされる。

 

以下を見てほしい。

医療教育研究所より引用
医療教育研究所より引用

マグネシウムの不足が精神機能に影響を与えることが分かってきたのだ。

 

マグネシウムは現代の日本人では:

 

 

全ての世代で摂取量が不足している。 

 

つまり:

 

 

全ての世代が、身体にストレスを生み続け、精神を蝕んでいる。

 

これはマグネシウムの不足分を摂取すれば、一気に改善する問題だ。

 

このマグネシウムの摂取と、ストレスの根本的な改善がオキシトシンの分泌量に関連していくのだ。

 

そしてもう一つ:

 

 

マグネシウムの摂取と並行して、あなたにお勧めしたいオキシトシンを増やす方法をここでお伝えしたい。

 

それは:

 

 

化粧水のスキンケア方法だ。

 

これは自分で簡単にできるだけでなく、効果は絶大である。

 

上記したオキシトシンを増やす方法のほとんどは、相手や、何か他のものが必要だが、これは一切要らない。

 

その方法は:

 

 

タッチングやパーミングという方法をスキンケアの時に応用する方法である。

 

簡単に説明すると、化粧水などを手に伸ばしたら顔を優しく覆う方法のことだ。

 

このとき、目をつむり、両目を手で覆うのも効果的だ。

 

なぜなら:

 

 

目をつむるだけで副交感神経が優位になり、両手で優しく覆う事でオキシトシンの分泌が促されるからだ。

 

他のカテゴリーなどで詳しく紹介しているので、ご覧いただきたい。

 

次に:

 

 

上述の感動のほかに、絶対にやめてほしいオキシトシンの増やし方があるので、そちらをご紹介したい。

 

絶対にやめてほしいオキシトシンの増やし方がある

絶対にやめてほしいオキシトシンの増やし方がある
絶対にやめてほしいオキシトシンの増やし方がある

あなたには絶対やめて欲しいオキシトシンの増やし方がある。

 

それは:

 

 

オキシトシンスプレー、オキシトシン点鼻薬などでオキシトシンを増やす方法である。

 

実は、オキシトシンの効果を実感できるオキシトシンスプレーがあり、普通に販売されている。

 

オキシトシンスプレーはヤフーショッピングで購入できる

オキシトシンは社会性や人間関係、人とのつながりを形成するもので、自閉症の方など向けてだけではなく、愛情が不足した夫婦関係の改善のためにも、このようなオキシトシンスプレーが販売されているようだ。

 

オキシトシンや内分泌型のホルモンは非常に強力である。これを使用し続けると、私たちの経験上大変な過ちを犯すこととなる。

 

それは:

 

 

自分でオキシトシンを生成できなくなってしまうということだ。

 

オキシトシンを増やす目的で、安易に使用すると、脳はオキシトシンを生成するのをやめてしまう。

 

これは精神薬で強力かつ有名な、SSRIというセロトニンの再吸収阻害薬と同じ副作用があると、私たちは体験上危惧している。

 

オキシトシンを増やそうというスプレーや点鼻薬はまだまだある。

 

これらはほんの一部の抜粋だ。

 

あなたには、このような方法でオキシトシンを増やしてほしくはない。

 

 

オキシトシンを増やして幸せになるためには、安心して増やし、根本を改善する方法はある。

 

ぜひこのページにリンクしてあるページも読んで、他では語られない方法をマスターしていただきたい。

 

広告

オキシトシンとセロトニンを同時に増やす食べ物が!その効果とは?分泌を増やす食べ物や食材,違い,作用や出し方など解説、女性も男性も必見!

あなたにこんなことを言うときっと同意をくれるだろう。

 

それは:

 

 

オキシトシンやセロトニンを増やす食べ物で、本当に分泌は増えるの? 

 

食べ物だけじゃ、絶対に難しい!

 

いかがだろう?

 

私たちがここで、今日あなたにお伝えしたい事とはまさに、超簡単にオキシトシンを増やせる事実を伝えることだ。

 

さらに:

 

ストレスを根本から改善し、より多く分泌できる身体を手に入れる方法だ。

 

あなたの人生に、今まで以上の愛と幸福が訪れる内容である。

 

オキシトシンとセロトニンを同時に増やす食べ物が!その効果とは?分泌を増やす食べ物や食材,違い,作用や出し方など解説、女性も男性も必見!

オキシトシン点鼻薬スプレー通販購入はお勧めしない!自閉症に良い?その使い方、作用と副作用とは?

こんなことを言うと、あなたに同意してくれるかもしれない。

 

それは:

 

 

手軽に愛情や幸せを増やすことが出来れば、人生もっと楽なのに・・・。

 

 

オキシトシンがその作用をしてくれるホルモンだ。

 

オキシトシンの増やし方は色々とある。

 

その中に:

 

 

使用するだけでオキシトシンの作用や効果を実感できるオキシトシンスプレーが存在する。

 

だが:

 

 

 

これには作用と副作用を考えれば、かなり危険なケースがあると危惧している。

 

オキシトシン点鼻薬スプレー通販購入はお勧めしない!自閉症に良い?その使い方、作用と副作用とは?

オキシトシンを増やさないマッサージとは?効果のあるマッサージと効果のないマッサージについて解説!

あなたにこんなことをいうと、きっと同意してくれるだろう。

 

それは:

 

 

マッサージで本当にオキシトシンは増えるのか、疑問だ。

 

 

事実、オキシトシンはマッサージで増やすことが出来る、という情報は多い。

 

ところが:

 

 

マッサージなら何でも良いわけではない。

 

オキシトシンを増やさないマッサージとは?効果のあるマッサージと効果のないマッサージについて解説!

マジやばい!オキシトシンは不幸ホルモン?少し危険なオキシトシンの作用とは?

オキシトシンは幸福ホルモンや、愛情ホルモンと言われている。ところがこれが増えると少し厄介で危険な作用もあるのだ。

 

オキシトシンを増やして、愛情や友情、さらには絆などを高めたり、ストレス耐性を高めたりしてご自身の人生に活かそうとは感じていないだろうか?

 

まさか薬やサプリメント、スプレーなどでオキシトシンを増やそうとまで思っているかは定かではないが、自分の範疇を超えてオキシトシンが増えると危険なこともあるので注意していただきたい。

 

ここでは少し危険なオキシトシンの作用をご紹介したい。

 

マジやばい!オキシトシンは不幸ホルモン?少し危険なオキシトシンの作用とは?

全ての世代が間違っている!?そのオキシトシンの出し方や増やし方、違いますよ!

オキシトシンが近年話題となり、オキシトシンの分泌量を高めて、女性では女子力アップや、心身ともに快適な人生を目指す人が増えてきている。

 

もちろん心身共に快適な人生を送るには、老若男女ともにオキシトシンの分泌は必要だ。

 

愛情、絆、友情、社会性などを育むオキシトシンは、私たち人間にとって欠かせない作用をもたらしてくれる。

 

ところがオキシトシンの出し方や増やし方において、あまり効果がないというか、持続的でなく、瞬間的な方法が紹介されていることが多く見受けられる。

 

これは全ての世代で言えることかもしれないのだ。

 

オキシトシンは持続的に出されなくては、人生を豊かにするようなレベルまで到達しない。

 

そこでここでは、オキシトシンの出し方として、根本から解決し、オキシトシンの分泌量を増やす方法を紹介する。

 

全ての世代が間違っている!?そのオキシトシンの出し方や増やし方、違いますよ!

広告

一体どこが違う?オキシトシンとセロトニンの作用や増やし方?

オキシトシンとセロトニンが近年注目を浴び、NHKのためしてガッテンや、そのほかテレビ番組、またテレビに出演する医者や専門医などもセロトニンとオキシトシンを解説したりするようになった。

 

セロトニンとオキシトシンは同じ時期に脚光を浴び、メディアでも同時に説明される事も多い。

 

また愛情や幸福を感じさせてくれるという作用も同じで、何が違うかはっきりと分かっている人は少ない。

 

ここではセロトニンとオキシトシンの違いを紹介しながら、それどれの増やす方法の違いもご紹介したい。

 

一体どこが違う?オキシトシンとセロトニンの作用や増やし方?

[まとめ]本当に幸せホルモン?経験に基づいたオキシトシンを増やす方法の間違い

オキシトシンを増やす方法はネットでも多く、しかもオキシトシンというと幸せホルモンや、愛情ホルモンと呼ばれ、私たち一般の人々にも認知が広がってきている。

 

ところが幸せホルモンであるオキシトシンを増やす方法に、あまり効果がないものや、私たちの経験から間違いあるいは、危険さえ感じる方法がある。

 

あなたもオキシトシンを増やして、日々のイライラや日ストレスを癒し、愛情や幸福の溢れる人生を求めていないだろうか?

 

しっかりとしたオキシトシンの増やす方法をすれば、きっとそれは叶うはずだ。

 

しかし効果の薄いことをいくらやっていても、満足した結果は得られないかもしれない。

 

ここではオキシトシンの増やし方の間違いをまとめているので、ご紹介したい。

 

[まとめ]本当に幸せホルモン?経験に基づいたオキシトシンを増やす方法の間違い

やっとわかった!女性にオキシトシンが必要な理由!オキシトシン受容体がカギ

オキシトシンがNHKのためしてガッテンなどで取り上げられてから、多くの注目を浴びている。

 

オキシトシンには愛情や幸福といった作用のほかにも、友情、絆といった社会性を築く作用があることが分かっている。

 

またオキシトシンには子宮の収縮作用もあり、これが子供を産むための卵子まで精子を送る役目を果たしている。

 

その他では子供を出産するときにオキシトシンの子宮収縮作用がある。

 

オキシトシンの作用が起こる場所には必ず、オキシトシンの受容体がある。このオキシトシン受容体にオキシトシンのホルモンが結合することで、オキシトシンとしての作用が初めて起こるのだ。

 

そしてオキシトシンとオキシトシンの受容体が、女性には大変重要で、かつ必要なのだ。

 

やっとわかった!女性にオキシトシンが必要な理由!オキシトシン受容体がカギ

専門医も間違い?体験者が語るオキシトシン分泌の危険な真相とは?

オキシトシンの分泌を増やそうという女性が増えてきた。

 

オキシトシンは、愛情、幸福、絆、社会性、友情などを育む上で、私たち人間には大切なホルモンであることは間違いない。

 

ところが、オキシトシンの分泌を増やすことにおいて、多くの場合はあまり効果的でないものが紹介されているのを多く目にする。

 

私たちは包み隠さず自己紹介をするなら、重度のうつ病、パニック障害、適応障害、そして統合失調症という診断を受けたことがある。

 

専門医も間違い?体験者が語るオキシトシン分泌の危険な真相とは?

精神病を乗り越えた私達が語る。オキシトシン副作用 危険な離脱症状と脳内ジャック

オキシトシンは現在、オキシトシンスプレー、オキシトシン点鼻薬などとして一般の人でもネットで手に入るよう販売されている。

 

オキシトシンを治療の目的で使う事は医療の法律では禁止されているのだが、オキシトシンを増やしたい人からはオキシトシン関連の商品を購入する人が多くいる。

 

また自閉症の症状を改善したいという声も多くあるらしい。

 

しかし私たちはオキシトシンを外部から増やす事には反対したい。

 

なぜなら、脳内に働くホルモン物質を外部からの摂取などで直接増やす事は大きなリスクが伴うからだ。

 

ここではオキシトシンを外部から分泌を増やしたり、コントロールしたりする上での注意点と、副作用の危険性を伝えたい。

 

精神病を乗り越えた私達が語る。オキシトシン副作用 危険な離脱症状と脳内ジャック

それダメ!危険なオキシトシンの増やす方法を体験者が語る

オキシトシンを増やす方法は、今やネットの中で沢山情報が転がっている。

 

しかし、どれも短期的なものや、根本的なオキシトシンの分泌改善に繋がるとは思えない。

 

私たちは重度の精神病だと診断され、一番強力な薬を処方されていた。

 

しかし最終的には全て自力で完治させた。

 

完治できた理由も、医者が薬だけを処方する治療法に疑問を抱え、自ら立ち上がり、根本を改善してきたからだ。

 

ここでは他で紹介されている危険なオキシトシンを増やす方法を例に出しながら、

 

他では語られないような根本的な改善方法もご紹介したい。

 

それダメ!危険なオキシトシンの増やす方法を体験者が語る

広告

幸せホルモン オキシトシン以上の効果!?誰でもできる幸福感の本当の増やし方

幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンがNHKのためしてガッテンなどで脚光を浴びた。

 

その他のメディアやネットでもオキシトシンは話題になり、多くの女性がオキシトシンの効果を欲するようになった。

 

オキシトシンとは、人が触れ合ったり、ペットと見つめあったりするだけでも分泌が高まることが分かっており、幸せホルモンのほかに絆ホルモン、社会性ホルモン、愛情ホルモン、信頼ホルモン、友情ホルモン、ラブホルモンなどと呼び名はたくさんある。

 

オキシトシンの効果は、他人相手でも自分に分泌されれば、その人を信頼し信用しやすくなる効果だ。

 

幸せホルモン オキシトシン以上の効果!?誰でもできる幸福感の本当の増やし方

オキシトシン まとめ

人は愛情や幸福を感じるようにできている。

 

そして:

 

愛と幸福を人生で感じながら、誰もが生きることが出来る。

 

それが:

 

 

オキシトシンだ。

 

オキシトシンを増やす方法や情報は、多くがネットを見れば転がっている。

 

これさえすれば、オキシトシンが増える。

 

という類の情報ばかりが目立つが、これらはあまり意味のない方法だと、私たちは経験を通じ、実感している。

 

今、あなたは:

 

 

身体のマグネシウムの不足により、悲鳴を上げているかもしれない。

 

マグネシウム不足は身体から精神までを蝕むことが分かっている。

 

この身体環境で、オキシトシンを増やす方法をいくら実践しても、根本的な解決にはならないのだ。

 

そして:

 

 

いたずらに自律神経を揺さぶる感動は危険だ。

 

もう一つ:

 

 

オキシトシンスプレーのようなもので増やす方法も危険である。

 

オキシトシンを分泌することを、脳や身体が忘れてしまう。

 

オキシトシンは非常に大切なホルモンである。

 

特に:

 

 

女性に必要なホルモンだ。

 

このページや、他のページが、あなたのオキシトシン量を増やす助けになることを願ってやまない。

 

そして何より:

 

 

あなたの幸福と愛の溢れる人生を、

 

願っている・・・。

 

 

広告