「婁宿」2019年 水晶玉子占いのルーツ!宿曜占星術,運勢,性格から,引き寄せの波動を徹底分析!(宿曜占星術)

水晶玉子の占いルーツにもなっている宿曜占星術婁宿】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

 

2「婁宿」とは

 

 婁宿(ろうしゅく)のあなたは、かなり器用な人で、なんでも普通に出来てしまうマルチな才能を持っている。

 

湧き上がるアイディアも豊富でかつ、独特のものがあるようだ。

 

周囲の人からも人気があり、あなたの周りには人が集まってきて、あなたも気配りできるので、良好な人間関係を築いている。

 

自分にも人気運が高いという自覚があるようで、たまに上から目線で調子に乗ってしまう事もあるようだ。

 

でも、度が過ぎると、人を批判したり、陰口を言ったり、自分が上だという自覚は、他の人たちを蹴落とすかのような行動にもつながりやすい。

 

そういう面では、かなりの負けず嫌いといえるだろう。

 

だから、人気者で、友人が多く、人から好かれやすいのに、本心を打ち明けれる人は少ないようだ。

 

本心を言えるのは家族だけ、という事も少なくなく、家族に対してはわがままで、かなりきつい事や口調で言ってしまう。

 

社会に出たら、行動力と発想、なんでもそつなくこなす器用さがあるので、どこでもやっていける力はあるだろう。

 

そんな婁宿のあなたの、波動とはどのようなものだろうか・・・・ 

 

それを知り、人生が、もっとスムーズに、そして好転が出来るなら。

 

その始まりは、今からである。

3「婁宿」の波動診断の結果・・・

 

 

婁宿のあなたの波動を診断してみると・・・・あなたの人生は、はじめは良い現実を引き寄せて、トントン拍子に事は進んでいくようだが、月日の経過とともに、陰りが見え、望むように人生は運べなくなっていくだろう。

 

なぜか?

 

 

あなたの現実を引き寄せる波動とは、あなたの物理的な行動ではなく、あなたの認識であり、その認識の状態が、ほぼ、あなたの現実や、人生に反映されているからだ。

 

あなたは器用で、なんでもできて、自分に自信もある。

 

ところが、上から目線になり、人を見下すような態度をしたり、陰口を言ったり、蹴落とすような真似をするようになると、あなたの認識状態、つまり、あなたの波動の状態は変わり、引き寄せる現実も変わるのだ。

 

ではどのように変わるのか?

 

 

それを知るには、あなたの認識に着目していく必要がある。

 

あなたが、人を見下すような態度するときや、人を蹴落とすような、悪口、陰口などが多くなった時の、あなたの認識の多くは、

 

 

「私は劣っている存在だ」

 

「私はあの人よりも、劣っている」

 

「私は、弱い。」

 

という認識があることが多い。

 

このような認識は、あなたの物理的な現実を引き寄せる前に、

 

あなたの感情、

 

あなたの思考、

 

あなたの行動、

 

などなど、認識の通りになるようなそれらすべての要素も引き寄せている。

 

これはこれは全く自然にしか感じられないので、あなたはつい、望まない波動が引き寄せた要素の中で、望まない行動をしている。

 

なぜ?

 

あなたの認識が、

 

「私は劣っている存在だ」

 

「私はあの人よりも、劣っている」

 

「私は、弱い。」

 

というものが多いかと言うと、この逆のパターンを想像してみると、よりつかみやすいだろう。

 

逆のパターンとはつまり、

 

「私は優れてた存在だ。」

 

「私はあの人よりも優れている。」

 

「私は、強い」

 

というものだ。

 

もし、このような認識があなたにあり、「私はそうだ!」と強く実感していたら、あなたは誰かを見下す必要はなくなる。

 

また批判する必要も、陰口を言って蹴落とする行為も、全て不要になるのだ。

 

あなたには、

 

「私は劣っている存在だ」

 

「私はあの人よりも、劣っている」

 

「私は、弱い。」

 

という認識が、自分でも気が付かないところで、「私はそうだ!」と認めている認識がある、だから、人を見下して、自分が上だと証明する必要が生まれ、蹴落として自分が上になろうとする必要が生まれ、実際に当然のことのように、そうしてしまうのだ。

 

ところが、あなたの引き寄せる現実とは、あなたの認識に似た現実である。

 

だからこの場合は、

 

「私は劣っている存在だと知らしめる現実」

 

「私はあの人よりも、劣っている現実」

 

「私は、弱いということを感じる現実」

 

などなどである。

 

このような現実の中で、あなたが誰かより、あるいは、自分自身で、自分は素晴らしい人間だと証明する努力は、苦悩と苦労生みやすくなる。

 

 

あなたの認識に、本当に心から納得する形で、自分は実力がある。

 

自分は素晴らしい存在だ。

 

自分は強い。

 

という事を認識していれば、あなたの感情も、思考も、行動も、引き寄せられるすべて物は、自然と変わり、あなたが味わい、体験する物理的な現実も変わっていくのだ。

 

あなたがこれから、自分の人生をより良いものや、あなたの望むものにしていくなら、あなたは認識に気が付き、望む認識に変えて、すでに、そうなっている。

 

という確たる実感をしている必要がある。

 

その方法をこれからお伝えしていこう。

 

あなたが望まない現実を引き寄せる認識を、望む現実を引き寄せる認識に変えていくには、「私は、今、すでにそうなっている」と自分を認めている必要がある。

 

ところが多くの場合、物理的に目で見て、全くそうなっていないのに、すでにそうだ、と認識したり、実感するのは難しいと感じていることが多くある。

 

これは私たちが物理的な身体を持った、物理的な存在であり、私たちを支配している脳は、あくまで物理次元のものだけを、真実として認識してしまうからだ。

 

例えば、あなたが「高級ブランドバッグ」に一目ぼれし、欲しい!身に着けたい!と感情が高まったとしよう。

 

欲しいや、身に着けたい!という感情が高まったことは、それ自体が悪いわけではないが、欲しいとか、身に着けたいと強く欲求が生まれていることは、あなたが今、自分で、

 

「私は今、それを手にしていない。」

 

「私は今、それを持っていない。」

 

 

ということを認めて(認識して)いるからだ。

 

そして、実際に持ってもないものや、「持っていない」と強く認識していることに対して、「私は今、すでに持っている」という認識になることも、強く実感することも難しいと感じるのも理解できる。

 

ところが、波動には、物理的な概念である、

 

「ある」とか「ない」

 

という概念が、全くない。

 

波動には、「ある」という答えしかない。

 

また波動の法則を言うと、量や、大きさ、過去や未来といった時間、遠いとか、誓いなどの距離、といった、私たちが真実だと思い込んでいる物理的なものや、物理的な法則、物理の定理、それらは一切、ないのだ。

 

波動の法則は、全く物理の法則を無視していて、さらにははるかに凌駕している法則である。

 

その物理を凌駕した波動が、私たちの本質なのだ。

 

先ほどのたとえで、あなたが高級ブランドバッグを引き寄せるのに、あるいは、そのような現実を体験するのに、実際にあなたが持つ必要もなければ、頑張って仕事を掛け持って収入を増やす必要もない。

 

あなたが実際にそれを手にする必要もないし、手にしなくてはならないこともない。

 

あなたの認識が、「私は今、すでに手にしている」という認識になっていれば、あなたの認識がそのまま波動になり、あなたの波動は、それと似た現実を次々と引き寄せて、あなたに体験させる。

 

あなたの発した波動にしか、物理的な現実は姿を変えることができない。

 

これが波動の法則なのだ、これは言い換えれば、そう、私たちの人生とは、誰もが、認識通りの人生を、歩んでいるのだ。

 

あなたが、「私は今、すでに持っている」と認識するには、実際にそれがある必要などない。

 

例えばあなたが、その高級ブランドバッグ(ここでは25万円にしよう)を買うまで、(今は物理的に手元になくても、)

 

「あと10万円あれば、あのバッグが手に入る」

 

という状況の時、あなたはすでに、 15万円分は、そのバッグを手にしていることになっている。

 

 

多くの場合、実際に物理的に手にしないと、(この場合は、物理的にそのバッグを手にしていないと、)

「私は今、すでに持っている」と認識することができないし、物理的にあなたの手元に行くまでは、

 

あなたの認識も、「私は今、それを持っていない」という認識を継続させる。

 

物理的な判断だけで、この状況を見れば、誰が見ても、あなたは高級ブランドバッグを「持っていない」ことになるだろう。

 

ところが、波動の法則は、全くそれを無視している。

 

波動に物理的に「ある」とか「ない」は、全く関係ない。

 

ここでの問題は、あなたが欲しいと思うものが、物理的に手に入るまで、「ない」と認識することは、「手に入らない」波動を生み、「手に入らない」現実を引き寄せ続け、手に入れることを、余計に難しくしていることである。

 

そしてそれが収まるのは、あなたが「手に入らない現実」に、打ち勝ち、(本来は不要な)苦労と、苦悩、多大なる努力によって、最後まであきらめずに、実際に手にした時だ。

 

そうなるまでは、あなたは「手に入らない現実」と、戦い続けることになる。

 

あなたは「ない」という波動を生み続けることで、「ない」認識と波動を生み続けてしまう。

 

あなたが「高級ブランドバッグが、手元にない」という現実を体験できるのは、「ない」という現実が、事実上、「ある」からである。

 

波動の法則に、「ない」世界などないのだ。

 

「ない」ことを体験できる現実を作り上げているのは、あなたであり、あなたの認識であり、現状の捉え方だったのだ。

 

 

あなたはつい忘れてしまうのだ。

 

あなたが、すでに、(高級ブランドバッグの、)15万円分を手にしている事実を。

 

 

あなたが自分で、「私は今、15万円分は手にしている」という認識になり、実感できれば、あなたの波動は、「私は今、すでに手にしている」という波動になるのだ。

 

なぜか?

 

 

波動に物理的な量の概念は、全くないからだ。

 

あなたがたとえ一部でも、ほんのわずかでも、「これくらいなら、私はすでに持っている!」と強く認識すれば、波動は、「それはある!」と答えて、現実を「ない」から「ある」に変え、「それが、すでにある現実」をあなたに引き寄せて、体験させる。

 

これは不思議なことに、あなたが望む人生を手にする、そのことにおいても、全く同じ方法である。

 

あなたが自分の人生を望むものにしてくには、望むものがすでに、「ここまでなら確実にある!!」と、自分で肯定的になるだけである。

 

あなたの望みが、100パーセント、目の前にある必要はないし、あなたが手にしている必要もない。

 

1パーセントでもいいし、それでしっくりこないなら、0,000001パーセントでもいい。

 

あなたが事実として認識できれば、波動は、「ある」にだけなるのだ。

 

何度も言うが、現実とは、あなたが発した波動の通りにしか、姿を変えることはできない。

 

 

あなたの望む人生や、現実は、全く「ない」わけではない。

 

必ず、わずかばかりは「ある」のだ。

 

あなたは今まで、望むものが今、

 

「ない!」

 

「ない!!」

 

「ない!!!」

 

と否定的に自分の現実を見ていて、自分の今いる状況を否定していて、さらには、自己否定をしていただけである。

 

この否定の認識は、否定の波動を生み、否定的な現実を引き寄せて、あなたに体験させるだけである。

 

あなたが、上述した高級ブランドバッグのように、「〇〇分は、すでに手にしている」という認識になれたり、自分の望む人生に対して、

 

「ここまでなら、すでに達成している」

 

「ここまでは、すでに手にしている」

 

というように、今の自分を肯定的に認識し、捉えることは、あなたの波動を肯定的にし、肯定の現実が、 あなたに引き寄せられ、体験するようになるのだ。

 

 

これを習慣にして、一日の寝る前や、一日のどこかで行う事から、まず始めてみよう。

 

あなたが、あなたを肯定した認識は、あなたの人生を肯定的にしていき、その機会が増えれば増えるほど、あなたは、きっと、こんな足元に、自分の望んだものがすでにあったのか・・・と驚きの発見をすることだろう。

 

あなたはすでに、望む人生の道を、歩んでいるのだ・・・・