セロトニンの少ない人へ、うつ病、頭痛の不足症状は、薬に頼らず解消できる!

セロトニンの少ない人へ、うつ病、頭痛の不足症状は、薬に頼らず解消できる!のページへようこそ。

セロトニン不足の症状とは
セロトニン不足の症状とは
広告

こんなことをいうと、あなたの同意を頂けるかもしれない。

 

それは:

 

 

自然と幸せを感じるに事は、非常にむずかしい!

 

いかがだろう?

 

セロトニンが不足すると、どうしてお幸福感を感じにくくなる。

 

セロトニンの不足は、幸福感の減退だけでなく、快楽の暴走などを引き起こしやすくなる。

 

今日、あなたにここでお伝えして事とはまさに、セロトニン不足で引き起こされるリスクだ。

 

セロトニンは簡単に増やしたり、改善することが可能だ。

 

あなたにこのページを見て、それを人生に活用いただければ幸いである。

 

こうご期待だ。

セロトニン不足の症状とは

セロトニンが不足すると、様々な身体的な症状と、精神的な症状が引き起こされることが分かっている。

 

まずは身体において起きる症状としては、たくさんある。

 

それらは:

 

 

・疲れやすくなる

 

・疲れが取れない

 

・食欲の歯止めが効かない(食べ過ぎや食べなさすぎなど過食と拒食)

 

・不眠

 

・寝つきが悪い

 

・日中に居眠りしやすい

 

・扁頭痛や肩こり

 

・便秘

 

・下痢

 

・老化

 

・低体温

 

・免疫力の低下

 

などなどが引き起こされる。

 

次にセロトニンが不足した場合の精神的な症状をあげよう。

 

それらとは:

 

 

・感情の起伏が激しい

 

・怒りやすい

 

・不安になりやすい

 

・落ち込みやすい

 

・くよくよしやすい

 

・感情的になりやすい

 

・過敏または過剰に反応しやすい

 

・緊張感が高まる

 

・ストレスを感じやすい

 

・依存性に弱い

 

などなどである。

 

これらの症状は主に脳内でのセロトニンの量が不足しているか、分泌する量または分泌能力が落ちている可能性が高いといえる。

 

 

広告

寝不足の症状が特に注意

寝不足の症状が特に注意
寝不足の症状が特に注意

セロトニンの不足症状で問題なのは:

 

 

寝付きを悪くし、睡眠を浅くしてしまうことだ。

 

不眠の症状が現れ始めたら、身体的症状と、肉体的症状の悪化と進行はさらに加速的になる。

 

不眠症状に陥りやすい理由も、セロトニンは眠りを誘うホルモンでもあるメラトニンの原料として作用している。

 

このメラトニンが少なくなればなるほど、寝付きは悪くなり、寝れたとしても眠りは浅くなってしまうのだ。

 

寝不足になると、あらゆるホルモンのバランスが崩れる。

 

ホルモンバランスが崩れると、交感神経と副交感神経のバランスがかたより、交感神経のほうが高まりやすくなる。

 

こうなると:

 

 

夜の寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなるのだ。

 

お年寄りは年齢が重なるにつれ、交感神経が高い状態になってくる。

 

つまり:

 

 

副交感神経が作用しにくくなるのだ。

 

だから、朝白起きたり、夜中に目を覚ましてしまう。

 

この自律神経のバランスは非常に大切で、セロトニンを増やす方法や、そのための努力をしても意味がなくってしまう。

 

このことはリンクページにあるので、そちらを参照頂きたい。

 

セロトニンが不足することで、もっとも危険な事がある。

 

それとは:

 

 

セロトニンが不足した状態で、深い眠りにつくことが難しいことだ。 

 

セロトニンは眠りのホルモンでもある。

 

眠りを誘うメラトニンの原料となったり、安心感を得ることで、眠りに入りやすくなる。

 

ところが:

 

 

いくら寝ようとしても、セロトニンの不足があると、寝られないのだ。

 

やがて:

 

 

済睡眠不足が重なり。

 

それは、慢性疲労へと繋がっていく。

 

過食と拒食の症状、欲望の暴走について

過食と拒食の症状、欲望の暴走について
過食と拒食の症状、欲望の暴走について

セロトニンの不足は快楽の暴走を起こしやすくなる。

 

なぜか?

 

 

セロトニンは三大神経伝達物質のドーパミンとノルアドレナリンを抑制する効果もある。

 

これは両者が拮抗して作用しあうためだ。

 

ドーパミンとノルアドレナリンの分泌が多い時は、セロトニンの分泌は妨げられる。

 

つまり:

 

セロトニンの不足が慢性化して、ドーパミンとノルアドレナリンの分泌量が長期的に増え続けた場合、快楽の暴走を起こしやすい。

 

それらは:

 

 

過食が主に引き起こしやすい。

 

また:

 

 

拒食を示すケースもある。

 

これはドーパミンよりも、アドレナリンが高まったときにおこりやすい。

 

アドレナリンは空腹を抑える働きがある。

 

そのため、食べなくても平気でいられるようになる。

 

ところが:

 

 

この状態はもちろん大きなしっぺ返しを食らう事になる。

 

ダイエットをしたい人には朗報に聞こえるかもしれない。

 

だが、アドレナリンが高まると、交感神経の優位が続く。

 

この交感神経の持続は、体内で大量の活性酸素を生む

 

 

 

大量の活性酸素は、体の細胞やDNAを傷つける。

 

これは:

 

 

老化現象へとつながっていく。

 

詳しく話すと、交感神経の時に働く免疫細胞が問題なのだ。

 

交感神経の時、人の免疫機能は顆粒球という免疫細胞が働く。

 

これが働くと、働いた分だけ活性酸素を生んでしまうのだ。

 

逆に:

 

 

副交感神経の場合は、白血球という免疫細胞が働く。

 

白血球は働いても活性酸素を生まない免疫細胞だ。

 

以上の様に:

 

 

セロトニン不足は暴飲暴食を招くか、拒食と身体ダメージを招くことになる。

 

次に:

 

 

セロトニン不足は依存症を招く恐れがあるのだ。

 

 

依存とは:

 

 

主にドーパミンの作用で引き起こされる。

 

ドーパミンは快楽ホルモンとして有名だ。

 

主な働きと作用は、手に入れたい欲求を、行動を促し手に入れれば、幸福が待っている。

 

と脳に指令を与えるためである。

 

気を付けてほしいのは。

 

これは:

 

 

幸福が手に入るだろう。という指令であって、幸福そのものではない。

 

つまり:

 

 

ドーパミンの作用によって、幸福(快楽)を早く得たい!と行動を促すためのものなのだ。

 

脳はドーパミンの指令(作用)を受けて、是が非でもそれを手にしようと身体環境を仕向ける。

 

この行動に必要なものがノルアドレナリンで、筋肉を収縮させ、瞳孔を開き、さらに俊敏に体が動くようにアドレナリンの分泌も促進させる。

 

そして:

 

 

これらドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンという一連の働きによって、人はまさに欲求を手にするための行動が促されるのだ。

 

ドーパミンはノルアドレナリンの原料となり、ノルアドレナリンはアドレナリンの原料となる。

 

そのため:

 

 

ピラミッド式に興奮ホルモンと交感神経の高ぶりは増えていく。

 

ドーパミンとノルアドレナリンが沈静化するには、欲求を手に入れて幸福感と快楽を味わうなどしたときだ。

 

こうしてセロトニンが分泌量を増加し、これ以上の行動を控えるように仕向けるの。

 

だが:

 

 

セロトニンが慢性的に不足していると、このブレーキが利かないのだ。

 

そのため人は過食を繰り返したり、欲望が暴走しやすくなる。

 

セロトニンの不足はやがて、睡眠にも影響を出し、慢性疲労状態にさせ、やる気を著しく低下させる。

 

人によってパターンは違ったり、欲望の暴走と、拒絶が交互に繰り返されることもある。

 

主に:

 

 

欲望の暴走は、ノルアドレナリンの作用により攻撃性を高めたり、常に恐怖を感じていたりなど、人間的に非常に不安定な状態とさせてしまう。

 

セロトニンの不足は、うつ病や、パニック障害、統合失調症とも関連性がある。

 

だから:

 

 

このような精神病患者には、脳内セロトニンが不足しないような精神薬が処方されるのだ。

 

広告

セロトニンが不足しやすい体質とは

セロトニンが不足しやすい体質は、主にストレスが多い人や、女性である。

 

女性はセロトニンの分泌量が男性の半分以下や10分の1ともいわれている。

 

その原因とは:

 

 

脳の違いと言われている。

 

さらに:

 

 

女性の生理で分泌されるホルモンがセロトニンを不足させる要因となっている。

 

 

簡単に説明すると:

 

 

女性の生理周期で分泌されるプロゲステロンというホルモンが、セロトニンの分泌を妨げている。

 

プロゲステロンは、生理前の1週間や10日でピークを迎えるホルモンだ。

 

このホルモンは、やがてコルチゾールというホルモンに変換する。

 

コルチゾールとは:

 

 

人がストレスを感じた時に分泌されるホルモンだ。

 

別名をストレスホルモンと言われているホルモンである。

 

女性はこの生理前の時期になると、どうしてもストレスに過敏になりやすい。

 

それは:

 

 

プロゲステロンがストレスホルモンに代わってしまうからだ。

 

ひどくなると、PMSといい、生理前症候群と呼ばれる症状を引き起こす。

 

この生理前症候群の症状とはまさに:

 

 

コルチゾールの症状であり、セロトニン不足の症状なのだ。

 

以上の事から、女性はセロトニンがどうしても不足しやすい。

 

セロトニンを増やすことは女性にとって大切な事なのだ。

セロトニンが不足するとなりやすい病気

セロトニンが不足するとなりやすい病気
セロトニンが不足するとなりやすい病気

セロトニンが不足するとなりやすい病気は身体的なことで言えばアレルギー症状などが悪化することもあるそうだ。

 

だが:

 

 

主に精神的な病気の方が多くなるだろう。

 

それらは:

 

 

うつ病、

 

パニック障害、

 

統合失調症、

 

などに代表される精神病はセロトニンの不足が総じてあることが分かっている。

 

さらに睡眠と食欲、排便の障害や病気も併せて持っている人が多くいる。

 

このほかに:

 

 

上述した交感神経の高ぶりや、免疫細胞の活性酸素の増加など。

 

これらが重なることで、セロトニンの不足はありとあらゆる体調不良と、病気を招く恐れがある。

 

セロトニンが不足すると、痛みが強く感じる?

セロトニンが不足すると、痛みが強く感じる?
セロトニンが不足すると、痛みが強く感じる?

セロトニンが不足すると、痛みを強く感じる、あるいは強く感じやすくなる。

 

実はセロトニンには:

 

 

痛みを和らげる作用がある。

 

痛みを和らげることで、少々のストレスも痛みも大丈夫になり、人は前に進めるのだ。

 

だが:

 

 

セロトニンが不足すればこれら痛みをまともに感じやすくなるのだ。

 

つまり:

 

 

セロトニンは、感じる痛みの増減を担っている。

 

広告

セロトニン不足の解消法

セロトニン不足を解消するには、色々なサイトでも取り上げられている。

 

だが:

 

 

本質や根本を改善しない限り、これらの行為はあまり意味がないにも事実だ。

 

それはこのページにリンクしてあるページや、他のページを読んでいただければわかるようになる。

 

ここでは一般的に知られているセロトニン不足の解消方法をお伝えする。

太陽光に当たる。日光浴または日光でセロトニン不足を解消する

太陽光に当たる。日光浴または日光でセロトニン不足を解消する
太陽光に当たる。日光浴または日光でセロトニン不足を解消する

セロトニンは日光浴によって不足を改善できる。

 

その理由も:

 

 

太陽光にある紫外線や、青い波長の光には、メラトニンを分泌させる作用があることが分かっているからだ。

 

メラトニンはセロトニンを原料としているため、メラトニンが増えるように仕向けると必然的にセロトニンの量も増える。

 

セロトニンがメラトニンに変化されるのは時間帯とは:

 

 

夕方6時を過ぎたころである。

 

そのため:

 

 

日光によってメラトニンの分泌増やすように日光浴や、外の自然光の光を見たり、浴びたりすれば、セロトニンはその間に分泌を増やすことになり、不眠の症状も改善されてくる。

 

また:

 

 

紫外線を浴びると日焼けを指せるメラミンという物質があるが、これもメラトニンを原料としているため、日光によってセロトニンの分泌が増えるのだ。

 

運動でセロトニン不足を解消する

運動でセロトニン不足を解消する
運動でセロトニン不足を解消する

運動でセロトニン不足を解消するには、リズム運動が良いということを聞いたことはないだろうか?

 

例えば上下運動をするスクワットや、外で日光も浴びながら一定のペースで歩くウォーキングなどが有名だ。

 

その他にも:

 

 

リズムよく噛む租借運動も効果が高いといわれている。

 

ガムなどを噛むとストレスが和らぐといわれる。

 

これも:

 

 

この租借によるリズム運動がセロトニンの分泌を促したからとされている。

 

定期的かつ適度な運動を取り入れてもらいたいが、セロトニン不足でそんな気がしない場合、食事でセロトニンを増やすという選択もありだ。

 

食事や食べ物でセロトニン不足を解消する

食事や食べ物でセロトニン不足を解消する
食事や食べ物でセロトニン不足を解消する

セロトニン不足は食事や食べ物でかなり改善が期待できる。

 

事実:

 

 

私たちも食事や食べ物に気を使ってきた。

 

その結果:

 

 

 

重度の精神病と診断されながらも、すぐに回復へと転じることが出来た。

 

実際にセロトニンを増やす食べ物は、溢れかえるほど種類は多くある。

 

ところが:

 

 

これを上手にセロトニンの増加へと繋げることができないのだ。

 

なぜなら:

 

 

セロトニンの原料となるのはトリプトファンというアミノ酸だ。

 

だが:

 

 

トリプトファンを体内でセロトニンに変化させるには、あるミネラルが必要なのだ。

 

このミネラルは、マグネシウムというミネラルである。

 

実は:

 

 

マグネシウムは日本人のすべての世代で必要量の3分の2以下と、かなり深刻的に不足している。

 

世界基準の400mgからすると、半分もみなマグネシウムが不足しているのだ。

 

マグネシウムのほかにもビタミンB6もセロトニンを作るのに必要されている。

 

だが:

 

 

マグネシウムは体内の酵素の働きや合成など300以上もの広範囲で作用している。

 

だから:

 

 

マグネシウム不足状態は、ただそれだけで身体を過度なストレス状態へとさせてしまうのだ。

 

せっかくこの記事を読まれているあなたには、このマグネシウムの存在を大切にして、セロトニンの増加に取り組んでいただきたい。

 

マグネシウムの不足はセロトニン不足をより深刻にし、精神病への引き金を引くことが分かっている。

 

広告

まとめ 女性はセロトニンが不足しやすい

上述したが、女性は生理周期があり、ホルモンの分泌内容が180度かわる。

 

そのため:

 

 

セロトニンの不足状態が引き起こされやすいのだ。

 

女性の生理前ではプロゲステロンという女性ホルモンが分泌ピークを迎える。

 

このプロゲステロンは交感神経優位にさせるコルチゾールという別名ストレスホルモンを分泌させやすくする。

 

この理由も、プロゲステロンが分泌されるには、コルチゾールが必要であり、プロゲステロンはコルチゾールを原料にしているからだ。

 

つまり:

 

 

生理前のPMSという月経前症候群でいわれる様々な症状は、コルチゾールの増加のため引き起こされているのだ。

 

コルチゾールは身体をストレス環境下にするため、生理前、プロゲステロンが必要になればなるほど、女性は何もしなくてもストレス環境下にさらされるのだ。

 

 

また脳内セロトニンの量も、男性と比べると10分の1~半分程度しかないといわれている。

 

 

だからこそ:

 

 

セロトニンを増やすために根本から改善してもらいたい。

 

その効果と改善による気分はけた違いに異なる。

 

 

あなたの幸福にこのページが少しでも役に立てば幸いである。

 

 

 

 

心よりあなたの素敵な人生を願って・・・。