セロトニンを増やす食べ物と方法とは?注意!実は意味がない??運動、食べ物、日光浴や太陽などを解説!のページへようこそ。

セロトニンを増やす食べ物と方法とは?注意!実は意味がない??運動、食べ物、日光浴や太陽などを解説!

セロトニン アテンション
セロトニン アテンション
広告

セロトニンを増やす方法をあなたはご存知だろうか?

 

大抵の情報では:

 

トリプトファンの多く含まれる食べ物を食べて、

 

日光に当たって、

 

リズム運動して・・・

 

などなどご存知の情報もたくさんあるかもしれない。

 

ところが:

 

 

セロトニンを増やす方法は、そんな単純な方法だけでは根本的に増えない。

 

いや正確に言うと:

 

 

根本的な方法ではない。

 

セロトニンはアドレナリンのホルモン分泌や、交感神経が優位の状態にめっぽう弱い。

 

この状態を解決しないことには、セロトニンは一瞬増えても満足なレベルを維持できない。

 

不規則な生活を避けようとか、睡眠はしっかりとろうとか言っている情報やコンテンツは多いが、そもそもそうなってしまったのも、セロトニンが不足したからである。

 

そして:

 

 

交感神経が優位な状態が慢性化したからである。

 

私たちが今日、ここで、あなたにお伝えしたいセロトニンを増やすための根本的な解決とは、あなた自身の自律神経の改善だ。

 

これなくしてセロトニンは増えないのが、私たちの経験から得られた事実だ。

 

セロトニンを増やすには、自律神経

セロトニンを増やすには、自律神経
セロトニンを増やすには、自律神経

セロトニンを増やすには、自律神経の交感神経と、副交感神経との関係が大切だ。

交感神経はドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンという神経伝達物質が働き、興奮状態や怒り、または恐怖の感情を司っている。

 

一方:

 

 

副交感神経はセロトニン、メラトニン、成長ホルモンなどが分泌しやすく、リラックスや安心、恋愛感情などを司っている。

 

現代社会はストレス社会といわれ、当然交感神経が優位な状態が頻繁である。

 

つまり:

 

 

交感神経が優位な状態が慢性化すると。

 

セロトニン、メラトニンなどの分泌が低下し、

 

不眠となり、

 

寝不足は疲労となり、

 

疲労は様々な精神と身体の病気へとつながっていく。

 

大概の人は:

 

 

コーヒーなどのカフェインや、エナジードリンクなどで脳や、身体を覚醒させて仕事や学業に打ち込んでいる。

 

しかし:

 

 

これは諸刃の剣で、事態を回復へ進めることはあり得ない。

 

またストレス解消でアルコールを飲む人が多いが、アルコールはさらに事態を悪化させる。

 

当然:

 

 

喫煙もしかりだ。

 

現代の日本人の成人男女は8割がアルコールを飲んでいる。

 

特に女性の飲酒が増えてきている。

 

カフェインに至ってはまず缶コーヒーのサイズがどのメーカーも大型した。

 

さらに:

 

 

カフェインを高濃度に含むエナジードリンクも続々と登場している。

 

この時代の流れの理由も、もう動けない、これ以上無理だ、体も心も安めなければ・・・。

 

という中で無理矢理に動かし続けるために需要が高まり、商品として成り立ってきている。

 

私たちのライフスタイルの根本とは:

 

 

交感神経の優位を維持させ続け、仕事をこなし続けることが当たり前になった。

 

セロトニンを増やすには、交感神経がここまで高ぶっている状態では不可能に近い。

 

というよりセロトニンを増やす努力をしただけ無駄に終わる。

広告

自律神経の交感神経は増え続けるだけ、副交感神経は減っていくだけ。

自律神経の交感神経は増え続けるだけ、副交感神経は減っていくだけ。
自律神経の交感神経は増え続けるだけ、副交感神経は減っていくだけ。

 

セロトニンを増やすのに、自律神経の交感神経の話をした。

 

だが:

 

 

自律神経とは、例えるならマックスが100%で、それが交感神経と、副交感神経に割り当てられている。

 

というイメージが分かりやすかもしれない。

 

自律神経とは:

 

 

人によって個人差はあるが、例えば交感神経60%、副交感神経40%というように、どちらかに割合がふられているようなものだ。

 

この割合は寝ているときや、運動しているとき、仕事、試合などでもちろん違ってくる。

 

だが、問題は:

 

 

交感神経の割合は年齢とともに増え続け、副交感神経の割合はその分減っていくことだ。

 

お年寄りは朝早く起きるとか、夜中に何回も目を覚ますことが多くなる。

 

これは:

 

 

交感神経の割合が、副交感神経よりも大きくなったためだ。

 

その結果、夜に何回も起きたり、朝早く起きてしまうのだ。

 

セロトニンを増やすにはこの交感神経が優位な状態を、改善することが一番大切だ。

 

そのためには:

 

 

人生で一切のカフェインと、アルコール、タバコを止めること以外に、効果的な方法はない。

 

もちろんこれは不可能だと思い込んでいる方が多いだろう。

 

難しいことは分かっているので。

 

セロトニンとは、を説明しているページや、セロトニンを増やす食べ物では、これら趣向品の問題をどのように解決できるかを詳しくお伝えしている。

 

驚くべききことに:

 

 

とりあえずは一切のこれらの制限と、さらには、生活習慣の改善も無視した状態で、根本的な改善が出来る方法をお伝えしている。

 

是非読んでいただきたいページだ。

 

ただ交感神経を高ぶらせる趣向品は、セロトニンの分泌に大きくかかわっている。

 

以下よりそれを解説したい。

セロトニンを増やす方法とカフェイン摂取

セロトニンを増やす方法とカフェイン摂取
セロトニンを増やす方法とカフェイン摂取

セロトニンを増やす方法として、カフェインの摂取をやめることがある。

 

これは控えるのではない。

 

一切やめることをおすすめしたい。

 

なぜか?

 

 

カフェインは飲むと、アデノシンレセプターという、アデノシンホルモンの受容体にくっつく。

 

この理由はカフェインの形と、アデノシンというホルモンの形がそっくりのためだ。

 

アデノシンの作用は、体の筋肉を緩ませたり、身体を物理的にリラックス状態にさせる。

 

つまり:

 

 

カフェインはこのアデノシンのリラックス作用を阻害することで、覚醒状態にする。

 

さらに:

 

 

カフェインはアドレナリンと、ドーパミンを脳内で分泌させ、身体を興奮状態にする。

 

興奮状態とは、交感神経を優位にするだけでなく、カフェインによって分泌されたドーパミンに大きな問題がある。

 

というのも:

 

 

ドーパミンは快楽ホルモンといい、脳内に分泌された場合、欲望の高まりとそれを手に入れようとする意欲を、全身につたえる。

 

ドーパミンは欲求が満たされる前段階のホルモンであり、ドーパミン自体が快楽物質なわけではない。

 

ドーパミンはあくまで、「欲求が満たされたら快楽になるだろう」という手前の信号しか送らない。

 

つまり:

 

 

快楽になるだろうという信号を受けて、脳はそれを手にするためにノルアドレナリン、アドレナリンの分泌を高めていく。

 

そしてドーパミン自体もノルアドレナリン、アドレリンへと変化されていく。

 

つまりカフェインの覚醒作用には、実態はない

 

あくまで:

 

 

快楽が得られるかもしれない。という無責任な暴走反応なのだ。

 

またカフェインを摂取し続けると、自らドーパミンを分泌しにくくなる。

 

こうなると、意欲がわかないばかりか、以前のような快楽の気持ちが手に入らない。

 

そのため:

 

 

カフェイン量は増えてく。

 

この段階に来ると、カフェイン量は増えていくことはあっても、減っていくことは稀だ。

 

カフェイン中毒とは、このような気力の低下を取り戻そうという働きの中からスタートする。

 

こうしてカフェイン中毒がスタートし、交感神経ばかりが高まり、副交感神経の姿は薄れていく。

 

もちろん:

 

 

セロトニンの分泌は低下していく一方となる。

 

広告

セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やす方法として、アルコールの摂取をやめることがある。

 

これもカフェインと同じ、控えるのではない。

 

一切飲まないことだ。

 

日本人の成人の8割が飲酒をしている。

 

アルコールの怖いことは:

 

恐ろしい中毒性にある。

 

飲酒は週末だけの楽しみという飲み方はほとんどの人が経験することだ。

 

だが:

 

 

やがて日常になる。

 

なぜか?

 

 

飲酒もドーパミンを大量に分泌させるように仕向けるからだ。

 

かつ飲酒は一度飲むことを覚えると、はじめは週末や休みの日だけでも、次第にアルコールの量が増えていく傾向が強い。

 

というよりも:

 

 

増える場合がほとんどだ。

 

なぜなら:

 

 

飲酒は大脳系とくに前頭前野の働きをマヒさせる。

 

 

 

前頭前野は理性や理性的な判断を司っている部分である。

 

アルコールによって理性的な判断が鈍るということは、やがて我慢ということが出来なくなる。

 

つまり:

 

 

快楽に任せて酒を飲むようになるのだ。

 

夏の日に冷えたビール。

 

仕事の後の一杯。

 

寝る前にお酒。

 

楽しむために酔っぱらう。

 

これらは度重なる飲酒により、理性の判断がかけてくると出てくる欲求だ。

 

そしてこの欲求は:

 

 

次第にエスカレートしてくる。

 

理性がかけるとは:

 

 

普段抱えているストレスやうっぷんといったものを理性を超えて言動にすることができる。

 

アルコールが原因で喧嘩や問題が勃発するのは、理性的のマヒが原因だ。

 

このようなマヒ状態とドーパミンの快楽や欲求の高まりに人はめっぽう弱い。

 

それだけでなく:

 

 

人を操る脳もめっぽう弱い。

 

やがてカフェインと同じように、アルコールを飲まないと気がすまなくなっていく。

 

このように人は次第にアルコールの摂取回数と、アルコール濃度が高まっていく。

 

だが:

 

 

摂取回数とアルコール濃度が高まると、ドーパミンの量も増え、さらにはドーパミンがノルアドレナリンとアドレナリンの分泌に繋がる。

 

こうなると:

 

 

セロトニンはノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミンなどのカテコールアミン系のホルモンと拮抗した働きをするため、セロトニンが分泌されることはまずありえない。

 

 

自律神経は当然、交感神経優位が持続的になり、やがて人は快楽の暴走、暴力的になりる。

 

酒乱と言われる人々は:

 

 

アルコールにより交感神経が優位な状態に陥り、ドーパミンからアドレナリンまでの分泌スピードが速く、かつ大量のヒトだ。

 

アルコールをたしなむことを人は幸せの象徴のようにとらえているが、全くの幻想だ。

 

アルコールで人は、いや人の脳は、幸せだと騙されている。

 

これに文字通り脳は酔いしれ、あなたをさらに奥のアルコールの世界へといざなうのだ。

 

そうなれば:

 

 

セロトニンを増やすことなど、到底限界があり、無理だ。

 

多くのネットなどで紹介されているセロトニンを増やす方法や食べ物を紹介しているが、それを行っていても満足する結果は得られない理由は、

 

これにある。

セロトニンを増やす方法2

セロトニンを増やすためにはタバコもやめるべきだ。

 

タバコは上述したカフェイン、アルコールが分泌させるドーパミンを一番強力に分泌させる趣向品だ。

 

もしかすると:

 

 

タバコほど、脳が騙され、中毒の魔の手から抜け出しにくいものはないかもしれない。

 

タバコは一番ドーパミン的な中毒症状を脳に引き起こすだけでない。

 

もっとも大きな問題は:

 

 

服用頻度にある。

 

タバコはカフェインやアルコールと違って、朝昼晩の区別が最も少ない服用物だ。

 

カフェインは大抵朝から昼、それも1から2杯というものだ。

 

アルコールはたいていの場合、夜だけになる。

 

タバコはどうだろう?

 

 

タバコは何か作業をする前、

 

作業した後、

 

いらいらした時、

 

ムカッとした時、

 

ほっとした時、

 

食前、

 

食後、

 

休憩時間、

 

1本ならず2本3本と、吸っていることが多い。さらに時間の許す限り吸える特徴がある。

 

 

 

タバコを吸う人はいつも言う。

 

それは:

 

 

「こんなストレスの中でタバコを止めるなんてできない。」と。

 

残念なことに、この世の中でストレスを感じないことなどない。

 

つまり:

 

 

タバコを吸っている人は一生、タバコと付き合う事になる。

 

さらに:

 

 

タバコはストレスを減らすどころか、増やしている。

 

それも上述したようにストレス以外にも、何かの作業の前後、食事の前後、飲み物を飲むとき、などなど何か事あるごとに、タバコを吸い、ドーパミンを強烈に分泌させる。

 

タバコが常習化すると:

 

 

これも自分自身でドーパミンの分泌コントロールが出来なくなっていく。

 

ドーパミンはやる気などのノルアドレナリンの前駆体で、ドーパミンがうまく分泌できなくなっていくと、やる気も出にくくなっていく。

 

そこで:

 

 

毎回タバコが必要になっていく。

広告

 

当然自律神経のバランスはおかしくなり、イライラした状態でもタバコを吸えば気持ちがリラックスることを覚えるようになる。

 

ちなみに:

 

タバコを止めると太る人がいる。

 

この理由とは:

 

 

ドーパミンの分泌が自分でコントロールできなくなり、ドーパミンの量が減ったとき、タバコの代わりにドーパミンを出してくれる刺激物を求めるようになるからだ。

 

その刺激物とは、主に糖質が多い。

 

特に甘いもの、血糖値を上げるものを刺激として欲しがるようになるのだ。

 

その他も:

 

タバコをやめた反動で、アルコールの量が増えたり、カフェインの量が増え、さらには食事も増えたりする。

 

味の濃いものや、甘いものを欲するようになり、それが止まらなくなったりする。

 

私の周りでも禁煙と同時に体重が10キロくらい増えた人が、何人かいるほどだ。

 

 

タバコは:

 

 

一日で服用する回数が非常に多く、日常的なストレスを緩和し、さらにドーパミンまでを高める。

 

これが代替え品を欲求してしまう原因となる。

 

タバコの問題と言えば副流煙や受動喫煙などの他人への健康被害も大きいが、本人への脳へのダメージは計り知れない。

 

ちなみに私も:

 

 

やめるのに一番苦労したのがタバコだった.

 

だが:

 

 

脳の洗脳を解けば、ニコチン中毒や、吸いたい衝動と戦う必要などない。

 

 

それでも一番苦労したのが、タバコを吸うシーンがあまりにも多すぎたからだ。

 

タバコの洗脳は解けても:

 

 

朝から晩までひっきりなしにタバコの記憶がよみがえってくる。

 

そのたびに洗脳だと気が付き、タバコを吸う必要のない自分を取り戻すのに苦労したものだ。

 

脳は常に何かに洗脳されている。

 

タバコとは、手軽なだけにタバコの強い作用を、朝から晩まで享受してしまいがちだ。

 

当然自律神経も、バランスを崩し、セロトニンを増やす方法などやっても根本的な解決にはならない。

 

根本的にセロトニンを増やす方法とは

根本的にセロトニンを増やす方法とは
根本的にセロトニンを増やす方法とは

根本的にセロトニンを増やす方法とは:

 

 

自律神経のバランスを取り戻す事である。

 

上述したように、アルコール、タバコ、カフェインはセロトニンを減らし、さらに中毒性がることで、魔の手から抜け出せなくなる。

 

つまり:

 

 

この状態でセロトニンを増やす努力をいくらしてもあまり意味がない。

 

ところが:

 

 

とりあえず、これらを制限しなくてもセロトニンを増やせる方法があることはあるのだ。

 

本音を言えば、これらは全てやめた方が当然良い。

 

だが:

 

 

現実的にそれが難しいという人は、まず身体の根本的なストレスを取り除いてほしい。

 

身体の根本的なストレスは実はすべての世代で抱えているものだといえる。

 

だがそれは:

 

 

ある栄養素が不足しているだけなのだ。

 

その栄養素とはマグネシウムである。

 

マグネシウムの摂取を高めれば、あなたの身体は根本的なストレス状態を改善し、さらにはセロトニンの分泌を「増やすことも出来る。

 

なぜか?

 

 

理由は二つだ。

 

一つは:

 

 

マグネシウムが不足しているだけで、ヒトの体はストレス反応を示し、ストレスホルモンを分泌し続ける。

 

マグネシウムの摂取で、身体はストレスから解放され、ストレスホルモンも収まるのだ。

 

これで、自律神経は交感神経から副交感神経優位にシフトできる。

 

二つ目は:

 

 

マグネシウム自体が、セロトニンの原料であるからである。

 

正確な表現は異なるかもしれないが、マグネシウム無くして、セロトニンは増やすことが出来ない。

 

この栄養素の摂取を増やすだけで、大きな効果を期待できるのだ。

 

具体的な情報や、摂取方法はセロトニンを増やす食べ物を参照してもらいたい。

広告

まとめ

いかがだろうか?

 

セロトニンを増やすには、交感神経ではなく副交感神経の状態が大切だ。

 

副交感神経の状態を邪魔するのは、ストレスだったり、アルコール、カフェイン、タバコなどだ。

 

これらを改善していけば、ネットであるような運動や、日光浴、リズム運動、トリプトファンの含む食べ物など、セロトニンを増やす方法が効果を発揮してくるだろう。

 

またリンクしたページや他のページを読んでい頂けると、セロトニンを増やす方法が完璧にお分かりいただけるともう。

 

あなたの素敵な人生のために、このページが役に立てれば幸いである。

 

 

 

 

あなたの素敵な人生を心より願って・・・。