「偏官」2019年 運勢,性格などから引き寄せる現実と波動を徹底診断!四柱推命

四柱推命偏官】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。偏官の芸能人も紹介。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

1 「 偏官」とは?

 

偏官とは、行動星といわれ、性格的に活発で活動的、メンタルも強靭なものを持っている。

 

そのため、強引でせっかちという印象もあるようだ。

 

偏官はかなり活発に生きていく特徴があり、行動力は抜群だ。

 

頭で考えるよりも、体が先に動くタイプで、のりと勢いでなんでもこなしてしまう。

 

この力は多くの人から信頼にもつながるが、基本的に細かな戦略はない。

 

兄貴肌、親分肌で、下の面倒はよく見るタイプのようだ。

 

物事は若干、無理矢理感があり、強引に進めようとする。

 

場面を絞ればよい時もあるが、いつもそれだと嫌気を指されることも多くあるようだ。

 

そのため、周囲の意見もあまり聞かず、とにかく自分でなんでも動いてしまう。

 

リーダーの素質はありながらも、なかなか任せてもらえないのは、そういう部分かもしれない。

 

女性で偏官の場合、とにかく恋愛運が良く、元気で、おっちょこちょいなところが男性に受けるようだ。

 

2 「 偏官」の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

3 年柱、月柱、日柱、時柱とは?

 

四柱推命で生年月日を計算した時に産出される年柱、月柱、日柱、時柱とは、あなたの年代における運勢や、性格を示している。

 

それぞの年代は以下の通りだ。

 

年柱、

 

 あなたが壮年から晩年期(50歳~65歳)

 

月柱、

 

 中年期から壮年期(30代~40代)

 

日柱、

 

 主に初年期(10代~20代)

 

時柱、

 

 時柱は最晩年期(65歳~)

 

である。

 

それぞれの年代ごとにどのタイプがあるかで、あなたの年代的な性格の変化が分かるといわれている。

 

それでは、年代別に、簡単に運気を見ていこう。

4 年柱に「 偏官」がある

 

年柱に偏官がある場合、猪突猛進的な性格は少し影を潜め、他人を介して王道したり、勝負に挑むことがよくある。

 

気性は基本的に短気で、よく怒る。

 

そのため周囲との衝突が絶えないだろう。

 

気が休まることも少なく、疲れやすい。

 

疲労感が溜まったときは交通事故などを起こしやすい。

5 月柱に「 偏官」がある

 

月柱に偏官がある場合、何事も勢いのあるものが好きで、喧嘩でもなんでも野次馬として自分から飛び込んでいくようだ。

 

これは流行りものにもそうで、ミーハーなタイプが多い。

 

 またまっすぐな気持ちで、なんでも飛び込むため、時に良からぬ仲間の中に入ってしまい、後悔することもあるようだ。

 

 

6 日柱に「 偏官」がある

 

日柱に偏官がある場合、じっとしていられない性分で、動かないとストレスが溜まることが多くなる。

 

動いている時はポジティブな性格で裏を返せばとても働き者だ。

 

静かな時はなく、常にせわしなく動いている。

 

そのため一緒に暮らしている人は大変だろう。

7 時柱に「 偏官」がある

 

時柱に偏官がある場合、前向きに生きるタイプだ。

 

人生の起伏はかなり激しいが、特に深く考えずに努力と行動をしていく。

 

問題の解決や良い結果を得やすいといえるが、根性や根気にかけるので、持続力が必要だ。

8 「 偏官」の芸能人とは

 

葉加瀬太郎 1968年1月23日生まれ

 

遠藤憲昭 1971年10月21日生まれ

 

宮﨑駿 1941年1月5日生まれ

 

うな加藤 1968年6月21日生まれ

 

樋口徹 1968年6月18日生まれ

 

藤原紀香 1971年6月28日生まれ

 

吉高由里子 1988年7月22日生まれ

 

綾瀬はるか 1985年2月4日生まれ

 

栗原はるみ 1947年3月5日生まれ

 

宮沢りえ 1973年4月6日生まれ

 

では、これより、あなたの波動の診断へといこう。

 

心の準備はよろしいだろうか?

 

あなたの人生はここから、変わっていく・・・・

 

あなたが引き寄せやすい現実や、これから現実に起こりうることを占う。

 

この、どこにもない新しい要素を取り入れた占いが、波動占いである。

 

まずは、あなたを知る手掛かりとして、ここでは占いの結果を分析し、活用している。

 

さぁ、あなたもさっそく、自分の波動が気にならないだろうか?

  

果たしてあなたは、どのような波動の持ち主だろうか?

 

 

そして今日、あなたの人生の行く先が、分かるかもしれない。

9 「 偏官」の波動パターンとは

 

偏官のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、 望むものを手に入れようとして、突き進むが、それが手に入るのは、かなり難しい人生となるだろう・・・・ 

 

なぜか? 

 

あなたの場合は、あなたにとtって自分のペースで物事が進んでいるように見えても、本質の波動では、全く逆の事が起きている、ということが多くあるからである。

 

波動とは、あなたの行動や、思考、感情ではなく、それらは、波動がむしろ引き寄せた結果といえる。

 

あなたは強引に物事を進ませて、自分の思い通りになっていると思っているだろうが、それは実は違っていて、あなたの思い通りには、なかなかならない現実を引き寄せている、という事を知ると、きっと驚きを隠せないだろう。

 

そのような事態が起きてしまう理由も、波動の正体とは、あなたの認識であるからなのだ。

 

認識はあなたが感じたり、あたまで考える思考ではない。

 

あなたが奥底で、

 

「これはこうだ!」

 

「私はこうだ!!」

 

と強く自分自身で認めている意識なのだ。

 

 

あなたは自分の思い通りにしようとして、多少強引にでも物事を動かしていくが、このような時のあなたの認識の多くには、

 

 

「私は今、思い通りにいっていない」

 

「私は今、満足していない」

 

という認識があることが多くある。

 

 

認識は波動となり、あなたに全ての要素を引き寄せる。

 

つまり、

 

「私は今、思い通りにいっていない」

 

という認識だからあなたは、無理矢理に、多少強引に、物事をすすめようとする必要性が生まれ、考え(思考)が生まれ、実際にそのように行動する。

 

これとは、逆に、あなたの認識が、

 

「私はすでに思い通りに生きている。」

 

という認識があれば、あなたに上記のような要素は、ほとんど生まれない。

 

さらに、あなたの認識は、波動となり、波動はそれと似た現実を引き寄せ、あなたに体験させる。

 

「私は今、思い通りにいっていない」

 

といった認識で、あなたが引き寄せて、体験する現実の数々とは、「あなたが思い通りにいかない現実」ばかりとなり、より一層あなたは、無理矢理に物事をすすめたり、強引な手法を行いて行くようになっていくのだ。

 

あなたがどんどん無理矢理に事をすすめたり、強引な手法に頼っていくことは、あなたの認識が強力に、

 

 

「私は今、思い通りにいっていない」

 

 

となっていることを示している。

 

 この認識が月日とともに強力になっていき、あなたが望むものをつかめそうで、結果的に、掴むことができない、または、きわめて難しい理由となる。

 

 

あなたに必要なこととは、どのような状況であろうと、「私は今、思い通りにいっている」という認識になることであり、それを実感できることである。

 

なぜ実感が必要かと言うと、あなたが望まない認識、つまり、

 

 

「私は今、思い通りにいっていない」

 

という認識においても、

 

実感があり、実感があるから、他の方法がアイディアとして生まれず、

 

実感があるから、それが真実として、より認識を強めていくからだ。

 

このことは、あなたが望む現実を引き寄せることも同じく言える。

 

だから、あなたが実感できることが、あなたの認識を事実として認めることに、大きな助けとなり、大きな波動の変化を与えてくれるのだ。

 

あなたが望む現実を引き寄せる認識、つまり、「私は今、すでに思い通りになっている」という認識になり、実感をするには、あなたの目の前の物理的な現状がなんであるか、それから目をそらすことである。

 

なぜなら波動の法則には、物理的な法則は一切ない。

 

私たちがリアルで真実だと思っているのは、波動には全くなく、物理的な法則ばかりで判断していると、波動を変えることは難しいからだ。

 

物理で波動を説明することは出来ない。

 

物理的な価値観だけで波動を見ると、それは矛盾と不可思議なことばかりになる。

 

あなたの認識は波動になり、やがてあなたの体験する現実になる。

 

あなたが現実を変えるには、本質の波動の法則を知る必要があり、それにマッチした波動的な波動的な努力をする必要があるのだ。

 

そのために、目の前の現状から目を離し、あなたが、今、どれくらいなら思い通りになっていると思えるか?というものを見つけることである。

 

波動は物理的にいう所の、量とか、大きさとか、基準とか、それらは全くない。

 

さらに言えば、あなたが満足する量とか、あなたの満足度を満たすかという事も、全く関係がない。

 

関係するのは、どんな現状であれ、あなたが、

 

「すでに思い通りになっている」

 

という認識と実感があるかどうか、

 

それだけが、あなたの現実を率い寄せる波動となり、

 

「あなたが思い通りになる現実」

 

それを引き寄せてくれるのだ。

 

そのために、現状から目を離して、あなたがこれくらいなら、思い通りにはできている、という事実を見つけることである。

 

「これだけはすでに、上手くいっている。」

 

「ここまでなら、すでにうまくいている」

 

あなたの望みを引き寄せるには、100パーセントそれを満たしている必要はない。

 

100パーセントである必要など、どこにもない。

 

あなたが1パーセントでも、「すでにそうなっている」という認識と実感が、あなたの現実を変える唯一のエネルギー、波動となるのだ。

 

これを一日のどこかで、一回だけ行う事からはじめてみよう。

 

一人になったとき、または、

 

「思い通りになっていない」

 

と感じたとき、寝る前、通勤や、通学の電車の中、どんな場所で、どんな時でも構わない。

 

一回から始めてみよう、波動は物理の法則はない。

 

この一回が、全てに広がり、あなたを確実に変えていく一歩になるのだ。

 

もちろん物理的に生きている私たちは、ついつい、物理的な現状にばかり目を奪われてしまう。

 

だから、 一回から始めたら、習慣になっていくように、回数を徐々に増やしていく必要はある。

 

 

そして、あなたの認識が変わり、「すでに上手くいっている」という認識が当たり前になったころ、あなたの目の前の現状は、大きく違うように見えて、感じて、考えれるようになっていて、あなたがうまくいく行動を、自然としていることに気が付くだろう。

 

あなたはもう、無理矢理に、強引に、物事を進める必要などなくなり、自然と物事は進み、自然と、あなたの望む現実へ、あなたの望む人生へ、歩んでいくのだ・・・・・・