「偏財」2019年 運勢,性格などから引き寄せる現実と波動を徹底診断!四柱推命

四柱推命偏財】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。偏財の芸能人も紹介

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

 

1 「偏財」とは?性格や特徴

 

偏財とは、財星といい、社交的で、好奇心が旺盛な人が多くいる。

 

またなんでも浅く広く物事と向き合うため、対人面でも表面的な付き合いをすることも多い。

 

社交的な部分は人気者になりやすく、様々なことに興味を示し、行動していく。

 

そのため、初めての場所、初めての相手でも人当たりはよく、誰とでも仲良くなる。

 

八方美人的な面も強く、人との付き合いは広いが、浅い。

 

自分よりも人のことを優先する考えが強く、なんでも断り切れずに、イエスと答える傾向があり、相手が悪い場合は、特に騙されやすい。

 

かなりお人よしと言える。

 

 

偏財は、財が偏るという意味で、お金は溜まるというより、来ては流れていくような使い方になるだろう。

 

時に散財もするが、気を付けていれば何ら問題はない範囲だろう。 

 

社交的な部分が強いのは、女性よりも男性の偏財のほうで、楽しく誰とでも話せるので、かなりモテる。

 

でも、浮気をしやすいと言われている。

2 「偏財」の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

3 年柱、月柱、日柱、時柱とは

 

四柱推命で生年月日を計算した時に産出される年柱、月柱、日柱、時柱とは、あなたの年代における運勢や、性格を示している。

 

それぞの年代は以下の通りだ。

 

年柱、

 

 あなたが壮年から晩年期(50歳~65歳)

 

月柱、

 

 中年期から壮年期(30代~40代)

 

日柱、

 

 主に初年期(10代~20代)

 

時柱、

 

 時柱は最晩年期(65歳~)

 

である。

 

それぞれの年代ごとにどのタイプがあるかで、あなたの年代的な性格の変化が分かるといわれている。

 

それでは、年代別に、簡単に運気を見ていこう。

4 年柱に「偏財」がある

 

年柱に偏財がある場合、お金があるときは、気前が良く、お金がない時は、同情を利用するタイプが多い。

 

目立つ存在なので、それでも注目の的になる人だ。

 

5 月柱に「偏財」がある

 

月柱にある場合、動物や命を大切に案る博愛主義者で、気の毒な人や困っている人を見過ごす事ができないタイプが多い。

 

非常に優しく、お人よしだ。他人の子供でも親切に面倒を見たり、地域のためなら、と面倒な役目も買って出たり、引き受けるようなタイプだ。

 

でも、自分よりも相手のことを大切にしすぎてしまい、自分の家族をおざなりにしてしまう事もあるので、注意が必要だ。 

 

6 日柱に「偏財」がある

 

 日柱にある場合、愛情が豊らで、あなた自身、愛にあふれていて、相手に尽くすタイプだろう。

 

相手のために生きて、相手のために行動し、相手の喜んだ顔を見たいと願っている。

 

相手がいない場合は、常に自分が必要とされる人や、場所を求めて探し回るタイプのようだ。

 

7 時柱に「偏財」がある

 

時柱に偏財がある場合、自分の評価を重んじ、そのために努力するようになる。

 

そしてその結果のために、金銭や、愛情を注ぐようだ。

 

家庭も厭わず、それに没頭するため、大きな負担を家族は強いられるが、肝心要の本人は、全くそれに気が付いていない、と言うことが多い。

 

8 「偏財」の芸能人とは?

 

マツコデラックス 1972年10月26日生まれ

 

松田龍平 1983年5月9日生まれ

 

松井大輔 1981年5月11日生まれ

 

福永洋一 1948年12月18日生まれ

 

五郎丸歩 1986年3月1日生まれ

 

大久保佳代子 1971年5月12日生まれ

 

水卜麻美 1987年4月10日生まれ

 

佐藤江梨子 1981年12月19日生まれ

 

滝川クリステル 1977年10月1日生まれ

 

しのざき美知 1968年6月24日生まれ

 

では、これより、あなたの波動の診断へといこう。

 

心の準備はよろしいだろうか?

 

あなたの人生はここから、変わっていく・・・・

 

さぁ、ここではその波動を診断し、あなたが引き寄せやすい現実や、これから現実に起こりうることを占う。

 

この、どこにもない新しい要素を取り入れた占いが、波動占いである。

 

まずは、あなたを知る手掛かりとして、ここでは占いの結果を分析し、活用している。

 

さぁ、あなたもさっそく、自分の波動が気にならないだろうか?

  

果たしてあなたは、どのような波動の持ち主だろうか?

 

 

そして今日、あなたの人生の行く先が、分かるかもしれない。

9 「偏財」の波動パターンとは?

 

偏財のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、自分の望む人生を、引き寄せにくいといえるだろう。

 

それはお人好しな部分が、原因なのかもしれない。

 

なぜか?

 

 

まず波動とは、あなたの性格そのものが波動となるわけではない。

 

あなたの性格は、あなたの発する波動の生産物で、波動の状態があなたの性格を含めた、多くの要素を決めている。

 

その性格的な部分が、全く関係していないわけではないが、もっと着目すべきは、あなたの性格の奥にある部分、そう、あなたの波動となる部分なのだ。

 

そしてあなたが、望みを引き寄せにくい理由とは、お人よしな性格の奥底にある、あなたの認識というものが、そのような現実を招いている、といえるのだ。

 

あなたの波動の正体とは、じつは、あなたの認識である。

 

認識は波動となり、波動はそれと似た現実を引き寄せて、あなたに体験させる。

 

そう、あなたは、あなたの認識通りの人生を、送っている、ということである。

 

あなたのお人好しな性格の、奥にある認識、それは一体どのようなものが多いかと言うと、

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

という認識が多くある。

 

これをもっとわかりやすく言うなら、あなたが頼まれごとなどを断り切れずに、つい引き受けてしまうとき、

 

 

「本当は嫌だけど・・・」

 

 

という思考や感情が湧いているときがあると、この認識が強く働いている証拠である。

 

認識とは、あなたが「私は今、こうだ」とか、あるいは、「これはこうだ!」というように、あなたが物理的な現状を体験して、事実として強く認めている意識である。

 

あなたには、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

という認識があるから、

 

「嫌だな」

 

と言う思考や感情が生まれる。

 

逆に、あなたの認識が、

 

 

「私は今、望んだ現実にいる」

 

「私は今、自由だ」

 

 

ということを自分で認めていら、たとえ頼まれごとをされても、本当は嫌だな・・・

 

という思考と感情は生まれにくい。

 

あなたが例え、人の良さで、引き受けて、しっかりと頼まれたことを完遂したとしても、

 

あなたの発している波動は、あなたの認識である、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

というものだ。

 

 

あなたの認識は、波動になり、あなたが体験する現実を引き寄せる。

 

これは変わることのない波動の超基本ルールである。

 

だから、あなたが引き寄せ、体験する現実とは、(たとえあなたが真面目に、頼まれごとをやっていても、)あなたが自由ではない現実、自由になれない現実、望まない現実、そして、あなたが望む現実から離れる現実、などなどになっていくのだ。

 

 

あなたがすでに、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

という実感があるとするなら、あなたは波動の法則を知り、

 

認識を変えていき、波動を変え、引き寄せる現実を、望まない現実から、望む現実に変えていく必要があるだろう。

 

そして、その方法とは、いたって簡単で、すぐに出来るのだ。

 

あなたの認識は、最も日常にあり、そしてリアルに感じてしまう、あなたの思考や感情ではない。

 

上記のように、それらは認識によって生まれる(引き寄せられるもの)だ。

 

あなたの認識は、物理的な現実を体験して、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

というように捉えている。

 

ところが、波動の法則には、

 

「~ない」という否定はない。

 

波動の法則、波動の概念とは、物理の法則と概念がまったくなく、それは、

 

「今、全てが、ここにある」

 

というすべてが「~ある」という肯定の答えしかない。

 

つまり、あなたの今には、

 

あなたの過去も、

 

あなたの未来も、

 

あなたの望む現実も、

 

あなたの望まない現実も、

 

全てが今、そこにいるあなたに存在しており、そのどれかの現実を、あなたは体験していることになる。

 

そして、どの現実を体験するかを決めるのが、あなたの認識なのだ。

 

あなたの認識が、

 

 

「私は今、望んだ現実にいない」

 

「私は今、自由ではない」

 

というなら、望んだ現実がない、自由がないという現実を引き寄せて、体験する事になる。

 

そしてあなたが「~ない」という否定の現実を体験できるのは、それが、実際に「ある」からなのだ。

 

波動は全てが「イエス」としか答えない。

 

だから、たとえ現実が全くそうは思えなくても、たとえ他人があなたを可笑しな目で見ていても、あなたは、

 

「私は今、すでに望みを手にしている」

 

「私は今、すでに自由を手にしている」

 

 

という認識になる必要があり、そのような認識でしか、あなたの望む現実を引き寄せることは出来ないし、あなた自身が、体験する事も出来ないのだ。

 

では、物理的に全く逆にしか思えない状況で、どのようにすれば、

 

 

「私は今、望みを手にしている」

 

「私は今、自由である」

 

といった認識になることができるのだろう?

 

物理の法則や、物理的な概念で判断すれば、これは不可能だが、波動の法則と概念なら、簡単に出来るのだ。

 

まず、物理的な概念では、あなたが実際に手にしているか、していないか、または、あなたが今、手にしているものが、満足度を満たしているか、満たしていないか、などなど、あらゆる量的な基準で考えて、

 

「すでにある」

 

とか、

 

「ない」

 

という認識を持っている。

 

 

つまり、物理的な概念だけで生きてい行くことは、あなたが実際に手に入れるまでは、満足した量を満たすまでは、あなたの認識はずっと・・・・・

 

「ない」

 

という認識で生きていくことになるのだ。

 

当然、あなたの認識は波動となり、あなたの体験する現実になる。

 

そのため、あなたの望みを実現することは、かなり難しくなっていくのだ。

 

大切な事は、あなたが確実に「ある」と、あなた自身が納得でき、確信できるものを見つけることである。

 

あなたが物理的に100パーセント、望みを手にしている必要はない。

 

また、あなたが満足するような分量である必要もない。

 

あなたが、

 

 

「ここまでは、すでに、確実にある!」

 

 

と事実として認めれば、波動は「ある」という現実をあなたに持ってくるのだ。

 

波動のは、物理的な量など全く関係がない。

 

物理の法則など、全く無視だ。

 

だから、あなたの僅かでも、一部分でも、たた1パーセントでも、「ある」という事実を認めることは、無限に広がるあなたの現実の「ある」という現実に、あなたを連れて行く波動を、まさに生んでくれる。

 

あなたのすべての現実は、今、そこにいるあなたに、「ある」のだ。

 

あなたが認識が、あなたが体験する現実を連れてくる。

 

あなたの認識だけが、あなたの人生を決定する。

 

それが波動の法則である。

 

これからあなたが行う事とは、上記の事を、一日の終わりや、始まり、または、「ない」と感じた時、最低1度は、今のあなたの現実に、望みがすでに(これだけなら)ある・・・・と、肯定の認識を持ってみることだ。

 

もちろん、出来る限りの場面で行えたら良いが、はじめは一度の肯定だけで十分だ。

 

その一度は、あなたの感情と思考を肯定にし、いままでにないくらい、心地よく、安心した気分を与えてくれるはずだ。

 

そして、もっとこの感じを、人生で味わいたい。

 

そう思うだろう。

 

やがて、自分の今を肯定的にとらえること、肯定の認識と、肯定の波動に、あなたが包まれ始めた時、あなたは気が付けば、自分の最高の人生の、まさに道の上にいて、このまま進めば、必ず、望みへとたどり着ける。

 

そう実感することだろう。

 

そしてそれはすでに、

 

始まっているのだ・・・・・