「正官」2019年 運勢,性格などから引き寄せる現実と波動を徹底診断!四柱推命

四柱推命正官】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。正官の芸能人も紹介。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

 

1 「正官」とは?

 

正官とは、行動性と言われ、性格や印象的に品があり、真面目なタイプが多い。

 

でも、細かなことに気をとられて多少、神経質なところがある。

 

正官は位が高い星で、マジメで責任感がある人が多い。

 

曲がったことは嫌いで、秩序を重んじ、品がある。

 

礼儀正しく、また責任ある仕事を任されることが多いだろう。

 

上司などの信頼は厚い。

 

でも、まじめすぎて融通が利かないという面もあるようだ。

 

真面目な働きぶりは、世のため人のためや、社会貢献のために努め、自分への見返りも求めない。

 

誰かのために生きる、素晴らしい品格の持ち主だ。

 

ただ、自由な発想や柔軟性には乏しく、言われたことはきっちりとやるが、創意工夫が足りない部分がある。

 

そのため、仕事の向き不向きも、クリエイターではなく、同じ作業を、ミスなくきっちりとこなすタイプが良いだろう。

 

冒険心はなく、変化にも弱い。

 

また突発的なトラブルへの対処が苦手だ。

 

品の高さは自分だけでなく、恋愛や結婚相手にも求め、肩書や、家柄、教養の有無などを重んじるようだ。

 

プライドが高く、一般的な人との交わりには参加せず、対人関係は良好な方ではないだろう。

 

男性の正官は特に、気品とプライドが高く、仕事は出来るタイプだ。

 

女性になると、相手を上手に立てる女性が多い。

 

 

2 「正官」の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

3 年柱、月柱、日柱、時柱とは

 

四柱推命で生年月日を計算した時に産出される年柱、月柱、日柱、時柱とは、あなたの年代における運勢や、性格を示している。

 

それぞの年代は以下の通りだ。

 

年柱、

 

 あなたが壮年から晩年期(50歳~65歳)

 

月柱、

 

 中年期から壮年期(30代~40代)

 

日柱、

 

 主に初年期(10代~20代)

 

時柱、

 

 時柱は最晩年期(65歳~)

 

である。

 

それぞれの年代ごとにどのタイプがあるかで、あなたの年代的な性格の変化が分かるといわれている。

 

それでは、年代別に、簡単に運気を見ていこう。

4 年柱に「正官」がある

 

年柱に正官がある場合、自分の名誉や名声、地位などを考える傾向が強まる。

 

 人からの評価をとても気にし、それを手に入れようとするようだ。

 

しかし、晩年に表彰をされるなど、努力は最後に評価されることが多い。

 

また、地位や名誉の代わりに、長生きすることがある。

 

5 月柱に「正官」がある

 

月柱に正官がある場合、人から注目を集めたいという願望が強い傾向がある。

 

そのため人にはよく世話をし、感謝されるような行いをする。

 

自分の生きがいは、感謝されることになり、感謝されないことや、認めてもらえないこと、自分を無視されることを非常に嫌う。

 

このようなプライドが高い一方で、生活はかなり庶民派のようだ。

6 日柱に「正官」がある

 

日柱に正官がある場合、自分に、他人に厳しい厳格な人が多い。

 

自分の生き方を強要したり、それから外れることを許さない。

 

品格や秩序を重んじるので、それを理想の家庭として、家族にも強要するようになる。

 

7 時柱に「正官」がある

 

時柱に正官がある場合、プライドが非常に高く、自分は特別な人間だ、という意識を非常に強く持っている。

 

地位と名誉を求め、ひたむきに努力し、時間をかけてでもじっくりと、目標を達成しようとする。

 

他人と自分は違う、という感覚が強いようだ。

 

8 「正官」の芸能人とは

 

内田篤人 1988年3月27日生まれ

 

竹野内豊 1971年1月2日生まれ

 

速水もこみち 1984年8月10日生まれ

 

池上彰 1950年8月9日生まれ

 

伊藤賢治 1968年7月5日生まれ

 

諏訪内晶子 1972年2月7日生まれ

 

秋元才加 1988年7月26日生まれ

 

大島優子 1988年10月17日生まれ

 

沢尻エリカ 1986年4月8日生まれ

 

佐藤寛子1985年2月17日生まれ

 

では、これより、あなたの波動の診断へといこう。

 

心の準備はよろしいだろうか?

 

あなたの人生はここから、変わっていく・・・・

9 「正官」の波動とは

 

正官のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、秩序や理想を手に入れるどころか、それから遠ざかる人生となるかもしれない・・・

 

なぜか?

 

 

その理由とは、あなたの波動が、あなたの望みを引き寄せる言事を難しくしてしまう、そのような波動を発しやすいといえるからだ。

 

波動とは残念ながら、あなたの物理的な概念でははかり知ることができないもので、あなたがいくら正しいと思って行っていることでも、発している波動は、あなたの望む結果を引き寄せない内容であることが多くある。

 

物理的な概念で計り知れないといったのは、物理的な感覚、すまり、それは、あなたの思考や、感情、それに伴う行動、そして物理的な価値観では、波動を知ることは難しい。

 

それどころか、波動の理解から遠く離れてしまう。

 

波動の正体とは、あなたの認識であり、認識がそのままあなたの波動となり、波動はそれと似た現実を引き寄せ、あなたに体験させる。

 

これが波動の法則の基本的な作用である。

 

ところが、あなたの認識と、あなたの物理的な感覚には、「ずれ」があるため、あなたがどれだけ望んでも、願っても、望んだ現実を引き寄せることが難しくなっている。

 

なぜなら、あなたの認識に多くあるのは、「私は今、不足している。」とか、「私は今、人よりも劣っている」という認識が多くある、と言えるからだ。

 

認識とは、あなたが深層心理ともいえる部分で、

 

「これはこうだ!」

 

「私はこうだ!」

 

と事実として認めている意識の事である。

 

これはあなたの感情や思考の奥にあり、感情や思考はむしろ、認識によって生まれている(引き寄せている)のだ。

 

もう少しわかりやすく説明すると、あなたがプライドが高く、気品や秩序を人にも求めたり、自尊心を傷つけられるとネガティブな感情が沸き起こるのは、あなたの認識、つまり現状への捉え方が、あなたの気が付かないところで、

 

 

「私は今、不足している。」

 

「私は今、この人よりも劣っている」

 

 

という認識になっているから、不足を補おうと、人に何かを求めたり、劣っていると感じた自分を、何とか回復させようと、怒ったり、いらいらしたり、プライドを取り戻そうとする。

 

あなたの認識は現状によって、コロコロと変わることが多いが、大抵は、時間の経過とともに、望まない現実を引き寄せる現実になっていくことが多い。

 

あなたが目の前の現状、目に見える物理的な状態だけで、あなた自身を判断していると、あなたの望む現実を引き寄せる波動を、発していくのは難しくなっていくのだ。

 

なぜなら、波動にはいかなる物理的な法則も、物理的な概念もなく、あなたの現状が何であれ、全く関係ない。

 

関係しているのは、あなたが、物理的な現状をどのように捉え(認識し)たか?

 

または捉え(認識し)ているか?

 

というものが、純粋に波動になるのだ。

 

 

そのため、あなたの現状が、たとえ他人から見て、最悪極まりないと思われても、あなたの現状の捉え方が、

 

「私は今、満たされている」

 

という認識になっていて、実感があるだけで、あなたの引き寄せる現実は、その瞬間から変わっていく。

 

そして、現状への捉え方、つまり認識が、

 

「私は今、満たされている」

 

と肯定的になることが、あなたの人生に臨んだ現実を、自然と、スムーズに、引き寄せる全てのスタートであり、ゴールとなるのだ。

 

波動には、物理的な法則と概念がない。

 

波動とは、

 

「今、全ての事が、ここにある」

 

というものである。

 

つまり、あなたの現実は、過去も未来も、全ての望みも、最悪な結果まで、全てのパターンがある無限に広がる現実が、今、そこにいるあなたに、同時に存在している。

 

これが物理では計り知れない、波動の法則である。

 

あなたがどの現実を味わっているか?

 

あなたがこれからどの現実を味わうのか?

 

これを決定するのが、あなたの認識なのだ。

 

あなたのプライドが高く、人と比べて自分を上に持っていこうとしたりすることは、

 

「私は今、劣っている」

 

という認識があるからで、あなたの認識は、波動となり、波動は、「あなたが劣る現実」を引き寄せて、あなたに体験させる。

 

あなたが人に求めるときもそうだ。

 

「私は今、満足してない」

 

という認識が、「あなたが満足できない現実」を引き寄せる。

 

あなたのすべての思考と感情、そして行動は、あなたの認識によって引き寄せられ、認識の通りの行動をし、認識の通りの選択をし、認識通りの現実を引き寄せて、それを繰り返していく。

 

そう、あなたは、自分の認識通りの人生を送っているのだ。

 

 

「そんなのは嫌だ」

 

とか、

 

「それは認めない」

 

といくあがいたところで、波動の世界に「ノー」はない。

 

あなたが「不足だ」「劣っている」「望みがない」という現実を、あなたの体で、物理的に体験できるには、実際にそれが「ある」からだ。

 

波動の法則は、今、あなたに、全てのことが、同時にある。

 

つまり、全てが「イエス」という肯定であり、これしか答えがない。

 

 

あなたが望む人生を手にするには、「すでにそうなっている」「すでに満たされている」という認識と実感が必要だ。

 

そしてそれはとても簡単なことである。

 

なぜなら、波動には物理的な法則が一切ないので、あなたが望みを100パーセント叶えている必要などない。

 

あなたにとって、満足にあったり、満足度を満たしている必要もない。

 

または、他人から評価を受ける必要もないし、それを充てにする必要もない。

 

 

もっと言えば、あなたが望みが「ここまでならある」と思えるまで、あなたが実際に、達成している事実を見つめることだけでいい。

 

 

波動の答えは全てが「ある」である。

 

あなたが達成していないと思い込んでいるだけだったり、達成している量が少ないとか、不足しているとか思っているだけで、事実、あなたは何かしら達成しているのだ。

 

そこに目を向けて、今の現状を肯定的にとらえてないと、あなたの認識は変わることはなく、ずっと「不足」か「ない」という現実を体験するだけである。

 

あなたは、これから不足感や、望みがないという思考と感情が起きた時は、すぐにそれに気が付き、「私は不足の認識をしていた。」ということを認めて見よう。

 

そして、波動の法則の基本とは、あなたの認識が、あなたの引き寄せる現実、あなたの体験する現実を決めるのだ。

 

 

だから、あなたが満足する量かどうかはさておき、事実として、どこまでならあなたは、望みを叶えていると思えるか?

 

達成していると思えるか?

 

すでに手にしていると思えるか?

 

すでに満たしていると思えるか?

 

それを見つけて見よう。

 

「ここまでなら、絶対に!私はすでに望みをつかんでいる!」

 

という実感が出来るものを見つけるだけでよい。

 

あなたの波動は、それまでの7「不足」や「ない」という否定から、「すでに、ここにある」という肯定に変わる。

 

もし、つい物理的な現状に目を奪われて、認識と波動を変える事が出来なかったら、その後、落ち着いたときでもよいし、一人になれた時でもよい。

 

または、夜寝る前でもよい。

 

波動には、時間と言う物理的な概念も、一切ない。

 

だから、あなたが、一日のどこかで、「今、すでにここにある」という認識と実感をもつ機会があればいい。

 

 

つまり、あなたは、自分の人生を変える機会が、いままでも、これからも、今も、いつまでも、「ある」のだ。

 

波動は物理的な法則で見られるような、不平等など全く存在していない。

 

あなたの人生は、いたって平等の世界にあり、あなた次第で、人生はいつだって変えていける。

 

これがあなたの本質の波動の法則である。

 

 

これをやがては習慣にして、あなたの波動が、望む現実を引き寄せる波動に変わっていけば、あなたの発している波動に、全てのことが帳尻を合わせる。

 

あなたの過去も、未来も、今も、周囲の環境もである。

 

なぜか?

 

あなたの発した波動にしか、現実は合わせることは出来ないからだ。

 

その変化は、すでに、始まっている・・・・・