「食神」2019年 運勢,性格などから引き寄せる現実と波動を徹底診断!四柱推命

四柱推命【食神】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。

 

 

食神の波動と引き寄せアドバイス

 

 

以下より先は、あなたの基本的な性格や、運勢、恋愛などを分析し解説している。

1 「食神」とは?

 

食神とは、遊星といい、世渡りがうまく、感覚で生きる人が多くいる。

 

でも、いつも感覚が当たるわけではなく、楽観的過ぎるところは注意が必要だろう。

 

食神自身は、食神は、通変星の中で一番の幸運の持ち主と言われている。

 

着るもの、住むところ、食べるもの等には困ることはなく、子供にも恵まれる。

 

私生活は特に問題も少なく、充実しているだろう。

 

世渡りがうまく感覚的に生きるところは、サービス精神にもつながっていて、人と接するサービス業や、会話が必要とする職種では、かなり重宝される存在となる。

 

でも、感覚的なものではない、頭や計算を多く使ったり、小難しいことを考えるような仕事は、あまり向かないようだ。

 

専門職、技術職など、実力だけを問われる分野だと、人づきあいは良くても、仕事的な評価に繋がらず、性に合わないかもしれない。

 

食神のあなたは、楽しいことが好きで、楽しいか、そうでないかが価値基準である。

 

多くの場合、ぎりぎりにならないと重い腰を上げられないというタイプで、集団行動では、迷惑をかけることもあるようだ。

 

 

2 「食神」の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

3 年柱、月柱、日柱、時柱とは、

 

四柱推命で生年月日を計算した時に産出される年柱、月柱、日柱、時柱とは、あなたの年代における運勢や、性格を示している。

 

それぞの年代は以下の通りだ。

 

年柱、

 

 あなたが壮年から晩年期(50歳~65歳)

 

月柱、

 

 中年期から壮年期(30代~40代)

 

日柱、

 

 主に初年期(10代~20代)

 

時柱、

 

 時柱は最晩年期(65歳~)

 

である。

 

それぞれの年代ごとにどのタイプがあるかで、あなたの年代的な性格の変化が分かるといわれている。

 

それでは、年代別に、簡単に運気を見ていこう。

4 年柱に「食神」がある

 

年柱にある場合、楽観主義と気ままな性格が強くなる。

 

さらに甘え上手で、周囲の助けを借りながら自分の欲求や、目的を果たしてしまう。

 

ストレスも感じにくく、感じたとしても発散が上手である。

 

ピンチになっても独特な手法で乗り越えて、問題を解決する。

5 月柱に「食神」がある

 

月柱に食神がある場合,枠にはまらない生き方をする傾向が強くなる。

 

自分では自然体で、気分がいいのだが、頭の固い人には全く理解されないことが多いだろう。

 

何とかなる、という意識が強く、危機に対してもおおらかに受け止めている。

 

怠けやすいが、それでいてなんだかんだ上手くいってしまうのが不思議なところだろう。

6 日柱に「食神」がある

 

日柱に食神がある場合、集中力が高く、趣味に没頭しやすい。

 

基本的に根性はないが、楽しい事なら朝から晩まで集中してやってしまう。

 

ただ、気分が乗らないときはまったくやらない。

 

自然が好きで、自然を大切にする心があり、優しい心の持ち主だ。

 

 

7 時柱に「食神」がある

 

時柱にある場合、基本的におおらかで、血のにじむような努力とは無縁だ。

 

本人もそんなことは望んでいないが、それなりの報酬を得てしまうようだ。

 

世渡りがうまく、トラブルは真っ先に回避する。

 

考え方も自由で、魅力がある人になる。

 

では、これより、あなたの波動の診断へといこう。

 

心の準備はよろしいだろうか?

 

あなたの人生はここから、変わっていく・・・・

8 「食神」の人生の波動パターンとは・・・・

 

 

 

食神の波動と引き寄せアドバイス

 

 

 

今日の各運気診断へ

 

あなたの今日の運勢、恋愛、仕事運とそれぞれの引き寄せ波動のアドバイスが診断されます。

 









 

四柱推命で他の人を占いたい

 

まだ自分や占いたい相手のタイプがわからない場合、

四柱推命のタイプの決め方

 

 

「比肩」

 

 

「劫財」

 

 

「食神」へ

 

 

「傷官」

 

 

「偏財」

 

 

「正財」

 

 

「偏官」

 

 

「正官」

 

 

「偏印」

 

 

「印綬」