「傷官」2019年 運勢,性格などから引き寄せる現実と波動を徹底診断!四柱推命

四柱推命傷官】2019年あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。傷官の芸能人も紹介。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

 

1 「傷官」とは?

 

傷官とは、遊星といわれ、センスが良く、アーティスト肌で、顔が整っている人が多くいる。

 

そのため恋人相手を選ぶ際も、面食いな人が多い。

 

他にも、繊細な性格で、感情の起伏が激しい。

 

センスの良さは素晴らしく、その点ではかなり頭の回転が速く、きれている。

 

何事もてきぱきとこなし、上司顔負けの仕事ぶりである。

 

傷官は、官、つまり男性や上司、上の人を傷つけるという意味があり、それだけ能力に長けている、と言う意味である。

 

ところが、時に毒舌をはき、能力の高さもあり、対人関係はあまり良好ではないようだ。

 

それでいて、自分が責められるときは、すぐに傷つくという打たれ弱さがあり、感情的な起伏が激しい。

 

女性の傷官は美人、面食いで、毒舌、デリケートで繊細な心の持ち主といったタイプが多い。

 

 人間関係のトラブルはよくあり、それは仲間だけでなく、仕事上の部下や上司とも多くあるようだ。

2 「傷官」の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

3 年柱、月柱、日柱、時柱とは、

 

四柱推命で生年月日を計算した時に産出される年柱、月柱、日柱、時柱とは、あなたの年代における運勢や、性格を示している。

 

それぞの年代は以下の通りだ。

 

年柱、

 

 あなたが壮年から晩年期(50歳~65歳)

 

月柱、

 

 中年期から壮年期(30代~40代)

 

日柱、

 

 主に初年期(10代~20代)

 

時柱、

 

 時柱は最晩年期(65歳~)

 

である。

 

それぞれの年代ごとにどのタイプがあるかで、あなたの年代的な性格の変化が分かるといわれている。

 

それでは、年代別に、簡単に運気を見ていこう。

4 年柱に「傷官」がある

 

年柱に傷官がある場合、孤独で寂しがり屋な傾向がある。

 

ところが本人はそれを認めようとしないようだ。

 

そのため、自分で自分の殻にこもりがちになり、恋愛面では苦労するかもしれない。

 

5 月柱に「傷官」がある

 

月柱に傷官がある場合、才能に恵まれた人が多い。

 

好きなことをとことんやり、極めれば、大きな成果を手に出来るだろう。

 

勘も鋭く、独特の感受性を持っている。

 

それえゆえに、普通なことを嫌う傾向がある。

 

苦手は苦手なままでも良く、好きなことを突き詰めて行くと良いだろう。

6 日柱に「傷官」がある

 

日柱に傷官がある場合、強すぎる個性によって孤立を招きやすい。

 

自分の世界に没頭し、一人になっても、それを極めていくことで、人から認められるという順番の人が多いだろう。

 

一方で、自分のやりたい事をガンマンすると不満や、ストレスが多くなり、自分らしく生きれなくなるだろう。

 

7 時柱に「傷官」がある

 

時柱にある場合、孤独で寂しがりな傾向が強い。

 

感情も不安定になりやすいので、自分ひとりで楽しめる趣味や、特技を極めると楽しく生きられるだろう。

 

8 「傷官」の芸能人

 

片岡愛之助 1972年3月4日生まれ

 

長谷川博己 1977年3月7日生まれ

 

山本一郎 1973年1月4日生まれ

 

中山幸一 1968年6月4日生まれ

 

紘川淳 1968年6月19日生まれ

 

堀北真希 1988年10月6日生まれ

 

五嶋みどり 1971年10月25日生まれ

 

小野恵令奈 1993年11月26日生まれ

 

ローラ 1990年3月30日生まれ

 

スザンヌ 1986年10月28日生まれ

 

では、これより、あなたの波動の診断へといこう。

 

心の準備はよろしいだろうか?

 

あなたの人生はここから、変わっていく・・・・

9 「傷官」の波動パターンとは・・・・

 

傷官のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

あなたの人生は、浮き沈みの激しい人生となり、最終的には、あなたの幸福を実現するのは、難しいかもしれない・・・

 

なぜか?

 

 

あなたの感情の起伏の激しさには、あなたの波動と、波動の元となる、あなたの認識が深く関係していて、それが、あなたの波動を、望まない現実を引き寄せる波動にしている、と言えるからだ。

 

あなたの発する波動の正体とは、あなたの認識である。

 

あなたの認識は、あなたの波動となり、波動はそれと似た現実を引き寄せ、あなたに体験させる。

 

認識とは、あなたが「こうれはこうだ!」とか、「私はこうだ!」と強く事実として認めている意識で、これはあなたの思考と感情、そして行動までも引き寄せている。

 

あなたはこの認識に気が付かないと、自然に認識の通りに動いていて、いつまでも自分の現実を望むものにすることが、難しくなっていく。

 

さらに、認識に気が付かないうちは、認識通りの現実ばかりを引き寄せて、体験し続けるので、

 

 

「人生とはこんなものか・・・」

 

「望む人生を叶えることは、難しい、無理だ。」

 

という認識を強めてしまい、波動の法則からすれば、望む人生が目の前にあるのに、どんどんと見えなくなっていくのだ。

 

あなたが望む人生や、望む現実を引き寄せるには、あなたの認識に、自分で着目して、望まない波動を生んでいた認識に気が付くことである。

 

そして、望む認識を持てるように、一日に最低一度は、波動の調整するために、波動的な努力をすることだ。

 

物理的な努力と、波動的な努力は全く異なる。

 

物理的な努力は、あなたが実際に動いたり、望まない現実の中で、無理矢理に人生を変えようとすることに値する。

 

一方で、波動的な努力は、あなたの認識を変えて、あなたが望む現実や、望みが叶いやすい現実を引き寄せて、あなたが自然と、望みへ進むような、そんな現実と環境を整えることである。

 

あなたが感情の起伏が激しく、それで望まない波動を出している理由は、あなたの認識にある。

 

このような時のあなたの認識の多くには、

 

 

「私は今、不足している」

 

「私は今、満たされていない」

 

 

という認識があるのだ。

 

 

なぜかいうと・・・・逆にあなたが「すでに私は満たされている」という認識だったら、あなたの感情は起伏が激しくなったり、または毒舌を吐いたり、人を傷つける必要性が生まれるだろうか?

 

あなたもすでにお分かりの様に、それはきっとないはずだ。

 

 

あなたは自分で、

 

「私は今、不足している」

 

「私は今、満たされていない」

 

と事実として、自分自身を認識している。

 

だから、傷つけたり、傷つけられたり、目の前の出来事に敏感になり、感情が大きく揺さぶられてしまう。

 

あなたが目の前の物理的な現実や、あなたの目の前に起きている現象、それらに対して、不足の認識や、満たされていない、というように認識すれば、それは波動となり、あなたが不足を感じる現実、あなたが満たされない現実、などなどを引き寄せ、あなたに体験させるのだ。

 

あなたが目の前のことに敏感に反応してしまうのは、あなたが今、満足していない、という認識であることが多く、それが、あなたに満足しない現実を引き寄せる力になっている。

 

あなたがこれから行う事は、どんな状況でも、どんな現実であっても、「私は今、すでに満たされている。」という認識を持っている必要がある。

 

でも物理的に満たされていない現実の中で、すでに満たされているなど、どのようにすれば認識できるのだろうか?

 

物理的な判断だけで見れば、それは不可能に近いだろう。

 

でも波動的な判断をしてみれば、それは可能なのだ。

 

波動は物理的な概念を一切、持っていない。

 

むしろ、私たちが日常的に体験しているような物理の法則では、波動の法則は、全く理解できないことばかりだ。

 

波動の法則は、

 

「今、全てのことが、ここにある」

 

というものだ。

 

それはあなたの過去も、未来も、あなたの選択してこなったすべての人生のパターンも、今、そこにいるあなたに、同時に存在している。ということだ。

 

普通に(日常の物理的に)考えると、そんなことはない、とか、全く信じられない、という感覚なるのも無理はない。

 

波動は、私たちの知っている物理の概念を、はるかに凌駕しているからだ。

 

だから、たとえ、

 

「全く満たされていない!」

 

と思えるような現実でも、

 

「すでに満たされている」現実は、同時に、そこに存在している。

 

あなたがどの現実にいて、どのような現実を体験しているか?

 

ということを決めているのが、あなたの認識である。

 

あなたが上記のような、不足だとか、満たれていないという認識で、今を認めていると、それはその通りになる。

 

だから、あなたは、たった僅かでも、1パーセントでも、それでもしっくりこないなら、0,000001パーセントでもよい。

 

「ここまでなら、すでに、私は満たされていると心から思える!」

 

という事実を見つけることである。

 

波動の法則からすれば、あなたは満たされていないものなど、何一つない。

 

あなたがそれを認めないで、否定しているだけなのだ。

 

たとえ、不自由に思えても、苦しくて苦しくて、もうどうにも出来ないと思えても、そこには、同じ分だけ、満たされた、あなたの望んだ現実もあるのだ。

 

 

物理的に目に見える必要はなく、また、物理的に100パーセント、あなたが手にしている必要もない。

 

さらに、あなたの満足度を完璧に満たしている必要もない。

 

なぜなら、波動には、物理的な概念でいう、量や大きさなどないからだ。

 

あなたが唯一、ほんのわずかでも、「ある!」と認めれば、それは波動となり、あなたに、「ある」現実を引き寄せて、体験させる。

 

あなたが、自分の今を「ある」と肯定する事は、あなたの波動を肯定的にし、現実を肯定的にしていく。

 

肯定の認識は、波動の本質と同じである。

 

波動には、否定などない。

 

 

「今、全てのことが、ここにある」

 

 

という無限にある全ての存在を、今、肯定しているものだ。

 

これと同じように、あなたの「ある」という認識が、あなたの本来の波動状態であり、あなた本来の姿であり、あなたそのものなのだ。

 

 

波動に「ない」はない。

 

「ない」という否定が存在しないんだ。

 

分かりやすく言うと、あなたが物理的な現状を見て、「ない!」といくら叫んでいても、波動は「ない」現実をあなたに体験させる。

 

あなたが「ない」という現実を体験できることは、それが実際に「ある」からである。

 

 

だから、「ない」という認識と、「ない」という部分を見るのをやめて、

 

「すでにあるもの」

 

「すでにあること」

 

それに、あなたの認識を持っていくのだ。

 

これからあなたは、上記したことを、今日の終わりや、一人でいるとき、または、「ない」と認識して、もがいている時などに、一度、物理的に見えるものから目を離し、

 

「すでにあるもの」

 

「すでにあること」

 

を見つめて見よう。

 

量に関係なく、満足するかに関係なく、である。

 

そしてやがて、あなたが「ある」という認識慣れたら、今案では少ないとか、足りないと思っていたものが、

 

「結構あるんだ。」

 

「なんだ、全然十分にあるじゃないか。」

 

と感じるようになってくる。

 

少ないとか、足りないというのは、物理的な世界だけの、幻想である。

 

これに気が付くと、あなたの波動はより一層強くなり、あなたの体験する現実は、あなたの望む現実になって行くだろう。

 

それは、あなたが今、あなたの現状を肯定する事から始まり、肯定する事が、同時に、あなたのゴールでもある。

 

あなたの望む人生は、今も、あなたの足元に、目の前に、その手の中にあり、

 

あなたが見つけてくれるのを、

 

ずっと待っているのだ・・・・・