「翼宿」2019年 宿曜占星術,運勢,性格から,引き寄せの波動を徹底分析!(宿曜占星術)

 

宿曜占星術翼宿】2019あなたの運勢,性格,相性,恋愛,方位,仕事運などをさらに独自分析し、あなたの人生と現実を引き寄せる【波動】を無料診断しているページである。

 

 

 

これより先を読む前に

 

 

 

 

いきなりだが、

 

今、

 

あなたはどんな気持ちで、ここのページを見ているだろう。

 

期待だろうか?それとも、不安だろうか。

 

ここでは、あなたの占い結果を分析した後、どのような現実を引き寄せているか?またどんな波動をしているか?

 

それらを無料で診断しているページだ。

 

 

これより先を読んだ後、あなたは今まで知らなかった自分や、聞いたこともなかった波動の法則を知ることになる。

 

 

あなたはそれを知った時、自分の人生をどのように生きていくべきか、それがきっと明確な答えとなって浮かんでくるだろう。

 

 

さぁ、今より、

 

本当のあなたを知る時間である。

 

 

そして今日から早速、

 

人生を変えていこう。

 

 

2「翼宿」とは・・・

 

翼宿(よくしゅく)のあなたは、理想が高い理想主義者で、正義感も強く、人からの信頼がある人だろう。

 

人は人、自分は自分。と、割り切ってみることが出来、比較をしない。

 

本音でしか語ることができなほど、かなりストレートな言い方で、時に周囲を困惑させたり、誤解をさせることも多い。

 

あなたは自分に正直であることを大切に思い、曲がったこと、不正を許せない真面目な性格である。

 

これはさらに、完璧主義者ともいえるほど、完璧や完全を求め、神経質過ぎる一面を育んでいるようだ。

 

そのため、自分だけでなんでも抱え込んでしまい、誰かに任せることが出来ず、苦しくなることも多いようだ。

 

 あなたのこのような特性が、波動では一体どのような結果を人生に与えるのか?

 

知りたくはないだろうか?

 

あなたの人生が、運命が変わるときとは、今である・・・・

3「翼宿」の波動パターンを診断すると?

 

 

翼宿のあなたの波動を診断してみると・・・・

 

 

あなたの人生は、頑張った分だけ報われるというよりも、孤独と、疲弊感の多い人生になるだろう。

 

なぜか?

 

 

あなたは、理想が高い理想主義者で、正義感も強く、人からの信頼がある人だろう。

 

人は人、自分は自分。

 

と、割り切ってみることが出来、比較をしない。

 

しかし、この旺盛な独立心は、こだわりが強く、正直であることを大切にし、曲がったこと、不正を許せないようだ。

 

さらに、完璧や完全を求め、責任感も強いので、神経質になりすぎる一面に通じている。

 

そのため、なんでも自分で抱えこんでしまい、誰にも任せることが出来ず、独りで苦しんでしまう。

 

 

ちなみに、実を言うと、これが直接的にあなたの人生の問題なわけではない。

 

もっとも原因として働いているのが、これらを生み出している、あなたの認識にあるのだ。

 

認識とは、思考や感情とは異なり、その奥底にあるものである。

 

これはあなたが「これはこうだ」

 

「私はこうだ」

 

と事実として認めている意識の事で、ある意味、思考や感情、全ての行為の前提となっているものだ。

 

そして認識は、そのまま波動となり、波動は、認識に似た現実を引き寄せて、あなたに体験させる。

 

これが波動の法則であり、一番の基本となる部分である。

 

つまり、あなたは、自分の認識の通りの人生を送っている、という事なのだ。

 

 

では、あなたの認識はどのようなものなのか?

 

あなたは自分でなんでも抱えて込み、人に任せることが出来ず、独りで苦しんでしまうようだ。

 

 

このような思考や感情、そして行為をとったりする場合は大抵、

 

 

「誰にも任せることができない」

 

 

という思考が先にあり、それを生む認識の多くは、

 

 

「今の環境がとても不足している。」

 

「今にとても不満足や不足な状態である。」

 

 

という認識が多くある。

 

このような認識は、上述した思考や、感情と行動だけでなく、あなたの発する波動になり、あなたが不足する現実、不足を感じる現実、不満にする現実、不満に感じる現実を、引き寄せて、体験させる。

 

波動とはそのためなら、どんな要素だって引き寄せる。

 

それは出来事、

 

事象、

 

環境、

 

人物、

 

時代、

 

タイミング、

 

などなどだ。

 

しかし、あなたの認識が、まったく逆に変われば、それもそのまま波動となり、あなたに、それを体験させるために、全ての要素を引き寄せるのだ。

 

あなたが、

 

 

「今の環境がとても不足している。」

 

「今にとても不満足や不足な状態である。」

 

 

と認識していれば、当然、他人に何かを任せるよりも、自分で行動したり、任せるよりも、抱え込んだ方が安心感が得られるかもしれない。

 

でも、 それは結果的に、たとえあなたがいくら頑張っても頑張っても、それ相応と思える納得のいく結果や、評価を得られることは難しく、孤独と疲弊、疲労感が募るだけだろう。

 

 

その理由も、今、あなたが引き寄せ、体験している現実が、あなたを不足にさせる現実であり、あなたを不足に向かうことが前提の環境だからだ。

 

このような環境で、あなたが努力することは、かなりの労力を要するだけでなく、一方的に不利である。

 

まるで、負けが前提の試合を、たった一人で挑んでいるようなものだ。

 

あなたは、あなたの奥にある認識を、不足や、不満と言った否定的な認識から、肯定的なものに変えていく必要がある。

 

そして、幸運なことにそれは、驚くほど簡単なことなのだ。

 

 

 

波動は、あなたの認識が波動となることは上述した通りだが、私たちは、ついつい否定的な認識を持ってしまう事がある。

 

つまり、あなたに限らず、物理的な身体を持ち、物理的な概念で生きている私たちは、否定的な認識が、まったく消えるという事はないのだ。

 

それでも、波動の法則は、物理的な私たちにしっかりと働いていて、それを利用することの方が、物理的な手法で改善していくよりも簡単だ。

 

言い換えれば、あなたが今、望まない人生の中にいると感じているなら、それは、否定的な認識の積み重ねによって、波動を発し続け、望まない現実を体験し、それが現実だとさらに認識を強めてきた結果と言える。

 

否定の認識、波動と体験は、時間の経過とともに多くなり、定着していき、その中だけで生きることができない、という錯覚さえさせる。

 

しかし、これはあなたがそう思うたびに気が付けばよいだけの話である。

 

あなたは、否定的な認識が働き始めた時、否定的な感情、否定的な思考、否定的な行動を起こす。

 

これらはむしろあなたが、

 

「また否定的な認識をしているよ」

 

という合図である。

 

あなたは、その合図に気が付き、

 

 

「私は今、否定的な認識だった。」

 

 

と、それを否定することなく、肯定的にとらえることのだ。

 

あなたはきっと、

 

「そんなことをすれば、また否定的な認識と波動になる・・・」

 

と考えてしまうかもしれない。

 

ところが、波動の法則は、私たちが、知っているような物理的な概念が、一切ない。

 

波動では、1足す1は1にはならないし、0という数字や、0という「ない」という概念もない。

 

全ては存在し、全ては一つであり、一つは、全てであるのだ。

 

しかし、物理的な身体を持つ私たちは、個別であり、あるとか、ないとかを実感し、認識しているし、波動の要素など、全くリアルとは思えない不思議な存在にしか思えないだろう。

 

それはあなただけではなく、ほぼすべての人がそうである。

 

それでも、波動はいたって平等で、誰にでもこの法則が働いていて、あなたの現実になっているのだ。

 

あなたが、否定的な認識が「ある」と、肯定的にとらえることは、肯定の認識を生むことになる。

 

肯定の認識は、あなたの波動を肯定的にし、引き寄せ、体験する現実も、肯定的になるのだ。

 

あなたにとって肯定的なものが何で、どのようなものか、それを知る必要さえない。

 

それはすでに、足元にあることに気が付き、ずっと、あなたに見つけられることを待っていたかのようだ。

 

 

肯定的にあなたの持っている否定も、肯定も認識できるようになると、あなたを取り巻く現実は、あなたの発した波動に合わせるしかないのだ。

 

波動には、物理的な概念が全くない、と言ったが、あなたがこれを体験するなら、あえて気合を入れて、

 

 

「あれもこれも、認識を変えよう!」

 

とか、

 

「全部の認識を肯定的にしよう!」

 

と意気込む必要もない。

 

 

たった一つ、そう、あなたが望むたった一つの状態の、否定も肯定も、「私にはある」と肯定的に認識するだけでいい。

 

波動に大きさや量の概念もない。

 

たった一つは、全てであり、たった一つの肯定の認識は、あなたの全てを肯定する。

 

あなたの「ない」や、「不足している」という概念は、実在している。

 

つまり、事実として「ある」のだ。

 

「ある」から、

 

あなたは、いかなる「ない」を体験できるのだ。

 

あなたが「ない」や「不足」の認識や現実に遭遇したときはいつも、

 

 

「ないが、ある」

 

 

と認識してみよう。

 

もし、(人生を良くしたい人の多くがそうだが、)「ない」ほうが沢山見つけやすく、「ない」「足りない」という否定の方が、すでに沢山「ある」と実感が強いなら、

 

 

「ないものが沢山ある」

 

「ないものならすでに、いっぱい持っている。」

 

という認識を持ってみよう。

 

あなたの波動は、全ての存在を「ある」と肯定した、肯定的な波動になり、「ある」という現実を引き寄せる。

 

そして何か一つ、あなたが手にしたいものに対して、(それは大概「ない」と強く認識しているものだから、)これを行ってみることだ。

 

あなたは欲しいものが、望む現実が体験できるだけでなく、それはあなたのすべてを肯定的にし、あなた自身が受け止め、本当のあなたの姿を見せてくれることにつながるだろう。

 

波動に物理的な優劣はない。

 

波動に物理的な差は、存在しない。

 

波動は、あなたが純粋に、肯定的に認めるだけで、あなたの望む全てを引き寄せるのだ。

 

一日の終わりに、自分の認識がどうだったか振り返って、「そうそう、それがあるんだ・・・」とやってもも構わない。

 

なぜなら、波動には時間の概念もない。

 

これは何を意味しているのか?というと・・・

 

 

あなたはいつでも、いつだって、これから先も、いつまでも、自分の望む人生の扉を開く事が出来る。ということだ。

 

あなたが肯定した一回が、全てになり、全てが、一回になる。

 

波動の法則は、これが本質だ。

 

でも、私たちは、物理的な概念と、物理的な体験を消し去ることは出来ない。

 

そのため、否定的な概念が、私たちから消えることはない。

 

 

だから、ある程度の上下を繰り返して、あなたは望むあなたになっていくことだろう。

 

もっと言えば、物理的な概念が消えないことは、あなたにとって大きなプレゼントである。

 

 

「ない」

 

 

という否定を認識するたびに、また一つ、「ある」という豊かさを手に入れるからだ。

 

あなたが一度の肯定をすること、それがスタートであり、同時にゴールなのだ。

 

あなたはこの繰り返しによって、

 

本当のあなたになっていくのだから・・・・

 

他の人の宿と波動を知りたいなら

 

占いたい人や自分の宿曜を知らない場合

宿曜早見表

 

 

「昴宿」

 

「畢宿」

 

「觜宿」

 

「参宿」

 

「井宿」

 

「鬼宿」

 

「柳宿」

 

「星宿」

 

「張宿」

 

「翼宿」

 

「軫宿」

 

「角宿」

 

「亢宿」

 

「底宿」

 

「房宿」

 

「心宿」

 

「尾宿」

 

「箕宿」

 

「斗宿」

 

「女宿」 

 

「虚宿」

 

「危宿」

 

「室宿」

 

「壁宿」

 

「奎宿」

  

「婁宿」

 

「胃宿」

 

 

占いたい人や自分の宿曜を知らない場合

宿曜早見表

 

   の波動診断トップへ

 

   宿曜と波動について

 

   宿曜タイプ一覧