【夢占い】赤の夢の意味&引き寄せる現実と波動を診断

【完全無料】夢占い!ここでは、あなたが見た【赤の夢】の意味を分析し、あなたの現実を引き寄せる波動を【無料】で診断している。これは、ここにしかない全く新しい夢診断&夢辞典である。

【夢占い】赤の夢 赤い服を来た人 女性と男性 赤い布 赤い光 赤い文字 血などの夢占いの意味とは
【夢占い】赤の夢 赤い服を来た人 女性と男性 赤い布 赤い光 赤い文字 血などの夢占いの意味とは

赤が夢の中で持つ意味とは?

赤色のものが、夢の中で持つ意味とは:

 

 

あなたの、

 

怒り、

 

情熱、

 

感情、

 

を表している。

 

さらに:

 

頻繁に夢で赤色が出てきて、印象が深いようなら、

 

あなたの感情がすでに、

 

抑えきれないレベルに到達していることを暗示している夢だ。

 

これは:

 

 

人間関係でのトラブルを予見している。

 

強いエネルギーや生命力の高ぶりも意味しているのが、赤の夢だ。

 

だが:

 

 

夢での出現の仕方によって、夢占いでは解釈が異なってくるので、ぜひ色々なパターンを知っておいた方が良いだろう。

 

 

では:

 

 

あなたが見た赤の夢のパターンをそれぞれ見ていこう。

 

また、

 

こうした関連の夢は、またすぐに見る可能性が高い。

 

なので、

 

かなり良く出現する赤の夢の、すべてのパターンを頭に入れておくと良いだろう。

 

以下がそのすべてだ。

赤色の服を着た人が出てきた夢

赤い服を来た人が出てきた場合の夢占いとは:

 

あなたの、

 

性的な欲求が高まっている。

 

ということを暗示している夢だ。

 

異性なら特にこの傾向があり、かなり欲求が高まっていることを示している。

 

赤色の洋服を自分が着ている夢となると、意味合いが変わってくる。

 

それは以下のとおりである。

自分が赤色の服を夢で着ている意味とは

あなたが赤い服を着ているなら:

 

あなたの情熱が高まっており、周りからの評価を求めている。

 

という暗示している夢だ。

 

つまり:

 

 

心理的に、感情的にも、

 

あなたは、

 

自己主張が激しくなっている、あるいは、なってきているという事を示している。

 

この夢は特に:

 

 

注目されたい気持ちが強すぎて、

 

アウトローな手法に出ることも警告している。

 

自己主張が欲しいという心理状態や思考状態は、自分が評価されていない、という意識を強めている。

 

その強まった意識が、

 

よりあなたの評価を下げる結果に繋がっている。

 

人にわかってもらう前に、

 

 あなた自身が、

 

あなたを理解してあげて、

 

今のあなたを認めてあげることで、

 

自己主張する必要性が薄れてくるだろう。

 

赤い服を着た男性または女性

赤い服を来た男性や女性の夢を見たら:

 

 

以下のような意味と、夢占いでは解釈されている。

 

それは、

 

もし、

 

その人が知っている人なら、

 

その人に対する嫉妬心が高まっている。

 

または、

 

知っている人で異性なら、

 

その人に対して性的な欲求が高まっている。

 

とういことを暗示している夢だ。

 

次に:

 

 

知り合いでない男性か女性なら、

 

あなたの怒りや、情熱、嫉妬心が、

 

人間関係に不和を引き起こすことを、暗示している夢になる。

 

夢の中で出現する男性も女性も、

 

知り合いか、

 

そうでないかという事が大切になってくる。

 

知り合いで、近しい人ほど、自分の映し鏡と夢占いでは解釈している。

 

 

他人であると、

 

赤色の服なら、あなたのフラストレーションが高まって、誰かに当たり気持ちが高まっているようである。

 

感情的にならない人間などいない。

 

あなたの高ぶっている感情が、

 

あなたの正義感や正しいものに忠実であるなら、

 

それは大切な、あなたの価値観であり、

 

武器だ。

 

タイミングを見計らって、それを相手に告げた方が良いだろう。

 

感情が高まっている状態では、

 

脳は視野を狭め、

 

思考の幅を小さくしてしまう。

 

これが、

 

感情的な喧嘩になる要因だ。

 

タイミングは見て、しっかりと言うべき時をまとう。

好きな人が赤い服を着ている夢とは

好きな人が夢の中で、

 

赤い服を着ていたら:

 

 

あなたのその人に対する愛情が、非常に高まいることを暗示している夢だ。

 

 

あなたの思いはかなり極限まで、高まっているだろう。

 

早く告白したい。

 

付き合いたい。

 

手をつなぎたい。

 

触れ合いたい。

 

そのような感情が、

 

高まりに高まっていると察することが出来る。

 

好きな人に告白するときは、

 

もちろん、

 

冷静さを取り戻してから告白しよう。

 

感情の高ぶり状態は、脳の思考と視野を狭める。

 

深呼吸と、

 

呼吸に集中することで、落ち着きは取り戻せる。

赤い布の夢の意味とは

赤い布の夢占いとは:

 

 

これから、

 

近い将来に、

 

あなたにお祝い事があることを暗示している夢だ。

 

赤い布は種類は問わないのが、夢占いの解釈である。

 

カーテン、

 

赤いじゅうたん、

 

赤い雑巾、

 

紅白の幕、

 

何でも同じような意味合いを示している。

 

 

ただ:

 

 

サテン、しゅす織のような、光沢のある赤い布の場合、

 

あなたがうらやましがれたい。

 

人がうらやむような生活を手にしたい。

 

という欲求の高まりを示している。

 

赤い文字、赤いペンが出てくる夢の意味とは

夢の中で、

 

赤い文字や、

 

赤いペンが出てきた時の夢の意味とは:

 

 

あなたが何か期待に応えたいが、周囲の過剰な期待で、プレッシャー感じている。

 

ということを暗示している夢だ。

 

時にそれは、

 

追い詰められている。

 

重圧に負けそう。

 

という状態に陥っていることも考えられる。

 

これは受験前や、就職など、自分だけでなくて、周りの期待も集まるようなときに特に見やすい夢だ。

 

 

リラックスるすることが大切で、

 

 

強力、

 

かつ、

 

おすすめの方法を以下よりご紹介したい。

 

おススメのリラックス方法とは

これは赤い文字の夢を見ていない人でも、効果はあるし、赤い夢を見たという事自体、あなたの感情の高ぶりを示している。

 

なので、

 

取り入れると良い方法だ。

 

ではその方法の説明にいこう。

 

それは:

 

 

簡易的な瞑想方法である。

 

本当に簡単で、自分の呼吸に集中する事だ。

 

詳しい説明は:

 

 

息を吸う時は、「吸って・・・」と、心で唱えながら、吸い。

 

吐くときは、「吐いて・・・」と、これも心で唱えながら息を吐く。

 

これだけである。

 

このとき、呼吸している自分を意識できるだろう。

 

これを、一日、リラックスミュージックなどに身をゆだねながら行えば、あなたの精神は改善と開放に向かうだろう。

 

おススメのリラックスミュージックは以下である。

 

赤い血の夢を見たら

あなたが赤い血の夢を見たら:

 

 

何らかのエネルギーの高まりを意味しているようだ。

 

赤い血とは:

 

夢占いで人の持っているエネルギーを示している。

 

夢での血は良い意味が多く含まれているのだ。

 

 

 

夢で見た血が、

 

赤ければ赤いほど、

 

それは全体的なエネルギーが高まっている状態を示している。

 

それらエネルギーとは:

 

 

経済的な金運、

 

仕事などの仕事運、

 

勉強運、

 

健康運、

 

生命的な活力、

 

などなど、トータルにエネルギーが高まっている。

 

次に:

 

ネガティブな意味合いを持つ、

 

赤い血の夢占いの内容がある。

 

あなたがどのように赤い血を夢で見たかを確認してみよう。

 

以下の内容以外だったら、おおむね良好な夢占いとなる。

ケガなどして出血した夢

赤い血の夢は良い夢が多いが、

 

ケガなどで出血した夢は:

 

 

金銭的な問題が起こりうることを暗示している夢だ。

 

また、金運が低下している時に見やすい。

 

財布のひもをしめて、管理をしっかりとしよう。

ケガをしたが血が出ない夢

上述と違い、

 

ケガをして血が出ない夢とは:

 

かなり不調があり、

 

色々な事をしても何も良い結果を得られない。

 

ということを暗示している夢だ。

 

ストレスや、身体の不調が溜まっているのだろう。

 

体をいたわる習慣を取り入れてもらいたい。

血を吐く夢

血を吐く夢は:

 

 

あなたがお金を必要以上に使ったり、無駄遣いが増えていることを暗示している夢だ。

 

さらに:

 

 

健康的にもダメージがあるようだ。

 

自覚症状があるところは、医者に行ってすぐに完治させてしまおう。

自分に血が付ている夢

あなたの服や体に血がついている夢とは:

 

 

あなたが、

 

罪悪感を抱いている。

 

ということを暗示している夢だ。

 

何か後ろめたい気持ちや、罪悪や罪の意識を感じていることはないだろうか?

 

早めに処理して、心をスッキリさせていこう。

他人が血を流している夢とは

あなたではなく、

 

他人が血を流している夢の意味とは:

 

 

あなたが精神的、体力的に疲れていることを暗示している夢だ。

 

疲れは早くとるにこしたことがない。

 

上述した瞑想方法とリラックスミュージックで、一日の疲れをいやしていこう。

 

赤の夢を見たあなたの波動・・・

 

赤の夢を見たあなたの波動状態とは、

 

大きな不足感を抱き、

 

不足の波動と、不足の現実を引き寄せている、

 

と言えるだろう。

 

なぜか?

 

 

赤の夢の特徴には、何らかの感情的高まり、

 

または欲求的な高まりがあるとき、

 

見やすい夢である、ということが夢占いでわかっている。

 

感情や欲求の高まりは、人間である限り必ずあることだ。

 

それが目的を達成する力やエネルギーになったり、

 

プラスの要素も多く考えられる。

 

でも、

 

 

これは物理的な価値観で見ると、そのような側面が言えるが、

 

波動的な価値観で見て見ると、

 

少し異なる様相を呈する。

 

それとは、

 

感情や欲求の高まりには、

 

不足の現実を引き寄せやすくなる、

 

ということである。

 

詳しく見ていこう。

 

上述したように、

 

波動とは、あなたの認識であり、

 

認識は感情や、思考の奥になるものである。

 

あなたが強く、無意識的、意識的にかかわらず、

 

事実として認めている意識が、

 

認識である。

 

つまり、

 

感情の高まりは、認識が生みの親となっており、

 

認識の内容のいかんによって、

 

感情や欲求の高まりを生むことになる。

 

では、

 

それらが高まるあなたの認識とは、

 

どのようなものが多いか?

 

それは、

 

 

「私は今、満たされていない!」

 

 

という認識であることが多いと言えるのだ。

 

その理由とは、

 

 

あなたが感情と欲求を高まらないケースをイメージすると、

 

よりわかりやすいかもしれない。

 

例えば、何かが欲しい、

 

あれがしたい!

 

これがしたい!

 

という感情と欲求が高まらない状況をイメージしてみよう。

 

あなたの感情と欲求が高まらず、

 

平然としている時は、

 

「それをする必要性がない」

 

「もうすでに私は、それを持っている」

 

という状況であることが多いだろう。

 

 

つまり、

 

あなたが「自分はすでに望みがある」ということを、

 

または「自分はそうである」と、

 

自分自身を(事実として)認めている認識があると、

 

感情と欲求が高まる必要が、

 

ほぼなくなるのだ。

 

もうおわかりのように、

 

あなたの感情と欲求が高まるのは、

 

あなたの手元に、欲しいものが「ない!」

 

と、強く認識している時で、

 

欲しいという欲求が高まり、

 

手に入れたらどれだけ幸せだろう、

 

という感情が高まるのだ。

 

そして、

 

それを手に入れようとする必要性が生まれ、

 

それ相応の思考が生まれ、

 

選択や行動が生まれる。

 

これは認識によって、欲求も、感情も、

 

思考も選択と行動も、

 

必要なすべてが引き寄せられる、ということを意味している。

 

そう、

 

 

認識は波動になり、

 

認識と同じような現実を体験するために、

 

全ての要素を引き寄せるのだ。

 

だから、

 

赤の夢を見たあなたは、感情と欲求が高い状態にあるとすれば、

 

「ない」

 

「足りない」

 

という不足感の認識を強くしている可能性があり、

 

そのような現実を引き寄せ始めていると言えるのだ。

 

ところが、

 

あなたの認識と波動は、すでにそうなっていることは事実なのだが、

 

幸運なことに、

 

 

あなたはそれを夢で、それを引き寄せて、体験した。

 

夢と波動の関係とは、

 

物理的な現実と同じ、真実の体験である。

 

しかし、

 

私たちは夢は空想で、物理的現実は真実だと区別している。

 

そして、

 

夢での体験、つまり、夢に反映されたあなたの波動が、

 

物理的現実になるまでは、

 

それなりに同じ波動が積み重ねるか、

 

強くならないと、

 

物理的現実にまでなれないのだ。

 

不足の認識があり、

 

波動となり、

 

それによってあなたが赤の夢を見て、

 

 

物理的な体験になるまで、

 

時間がまだまだかかるということは、

 

あなたは、

 

望まないことが、自分の物理的な現実になる前に、

 

それを避けることができる、

 

ということなのだ。

 

これは物理的に生きる、

 

または物理的な人生を送る、

 

私たち全ての人間において、同じことで、

 

うまくすれば、

 

望まないことは最小限に、

 

望むことを多く引き寄せる人生にできることを、

 

意味している。

 

 

それを可能にするのも、

 

やはり、

 

あなたの認識を変えていくことである。

 

では、

 

どのように変えるのか?

 

それが、

 

物理的に認識するのではなく、

 

波動的に認識する、

 

ということなのだ。

 

物理的にではなく、

 

波動的に認識することは、

 

波動の法則と同じように、自分自身を認識することである。

 

波動の法則とは、

 

過去や、未来という時間軸を持たず、

 

今という瞬間に、すべてが同時にある。

 

という法則である。

 

波動には、今という瞬間だけが存在する。

 

私たちは時間軸を如実に感じて生きているが、

 

それは、

 

今という瞬間の重なりであり、

 

今という瞬間に、連続的に現実を創造し、

 

引き寄せているからである。

 

つまり、

 

これをあなたの人生に置き換えると、

 

「今という瞬間は、あなたの全て」

 

ということである。

 

今という瞬間だけが、

 

あなたの全てだとしたら、

 

あなたは全てにおいて、

 

今、

 

すでに満たされている。

 

未来を夢見ず、

 

過去にとらわれず、

 

今という瞬間だけを切り取り、

 

それが全てだと認識してみよう。

 

そして何度も、

 

自分の体や、周囲を見ながら、

 

「今、これが私の全て。」

 

「今、これが私の全て。」

 

「今、これが私の全て。」

 

と繰り返し自分に話しかけてみると良い。

 

そうすると・・・・

 

 

あなたは未来や将来への恐れが薄れ、

 

安心感と、充足感を感じるだろう。

 

それが、

 

 

「すでに満たされた自分」

 

 

になったあなたの物理的状態(感情、心境、あり方)なのだ。

 

 

これを意図的に、1日に一回から始めて、

 

習慣になっていくと、

 

あなたの認識と波動は、

 

すでに満たされたものに変わっていく。

 

そしてその波動が、あなたに満たされた現実を引き寄せて、

 

体験させていくだろう。

 

やがて、

 

あなたが想像できる以上の、

 

幸福と、

 

安心感と、

 

人生のあり方、

 

本当の自分、

 

それらが明らかになっていく・・・・