【夢占い】"意欲活発" 何かを開ける夢 ドアを開ける ふすまを開ける 勝手に開く 鍵が開くなどの夢占い&夢診断

夢占い【完全無料】ここでは、あなたが見た【開ける夢】の意味を分析し、あなたの現実を引き寄せる波動を【無料】で診断している。これは、ここにしかない全く新しい夢診断&夢辞典である。

何かを開ける夢とは
何かを開ける夢とは

ではさっそくだが、

 

あなたの夢占いはじめよう。

 

まずは、これらの夢の全ての意味を見ていき、

 

最後に、あなたがどのような現実を引き寄せる波動をしているか?

 

その(波動)診断をしていこう。

 

もしあなたが、

 

当サイトの夢占いや、それに関する、

 

「現実を引き寄せる波動の法則」

 

を知らない場合は、

 

夢占いトップに詳しく書いてあるので、そちらを参照していただきたい。

 

 

それでは、

 

本題に入ろう・・・・

 

 

 

開ける夢とは

何かを開ける夢とは:

 

 

あなたが活発になっている、

 

または、

 

活発になり始めている。

 

という状態を示している。

 

意欲ややる気、

 

チャレンジ精神、

 

好奇心などが高まっているようだ。

 

運気においても上昇傾向である。

 

 

ポジティブに、かつ積極的になんでも取り組んでいけば、成果が出るだろう。

 

 

だが:

 

 

開けた時に何があったか?

 

または、

 

開けた先に何が広がっていたか?

 

という事が大切な要素となることも注意だ。

 

もし、

 

雨た後で、ネガティブな感情を抱くようなら、運気は下降気味の可能性がある。

 

それでも:

 

 

何かを開けるという行為は、好奇心や、積極性を象徴するので、慎重なうえで、取り組めば大丈夫だろう。

 

 

チャレンジすることでしか、

 

道は開けないのだから。

 

 

次に:

 

開けるもので色々な意味合いが、夢占いにはある。

 

それを詳しく見ていこう。

 

それらは:

 

あなたが、

 

すでに見た夢かもしれないし、

 

これから見る夢かもしれない。

ドア(扉)を開ける夢

ドアを開ける夢とは:

 

あなたの努力がようやく実り、

 

願望実現が近い。

 

ということを示している。

 

だが:

 

 

ドアを開けた先が、気分を害するような景色や空間だったり、

 

目的のものがなかったりすると、

 

 

期待外れに終わることを意味している。

 

厳しいかもしれないが、

 

努力は必ずしも、

 

報われるものではないかもしれない。

 

でも:

 

 

あなたのドアはこれから無限に広がっているはずだ。

 

ドアを開け続けること自体を楽しんで、進んでいこう。

 

ドア(扉)が勝手に開く夢は

ドアが勝手に開く夢は:

 

 

あなたに、

 

幸運が向こうからやってくることを示している。

 

ドアは夢占いで、可能性を意味している。

 

開かれたドアの先が、心地よい感情を与えるものなら、

 

それは、

 

 

素晴らしことがこれから起きることを暗示しているだろう。

 

逆に:

 

 

ネガティブな感情が沸き起こるようなら、

 

残念ながら、期待だけが大きく膨らんでおいて、中身は薄いと感じるかもしれない。

 

 

だが:

 

 

以前知り合った、

 

超実力者の占い師が言うには、

 

人の運は、全て「1」だという。

 

上がったり、下がったりして、全てをイコールにすれば皆、

 

「1」

 

のようだ。

 

次に期待して、

 

楽しみながら人生を歩んでいく姿勢が大切だ。

ドア(扉)が閉まらない夢とは

ドアが閉まらない夢とは:

 

 

あなたが今、

 

集中できていないことを示している。

 

気楽に物事を進めているなら、

 

問題はない。

 

さらに:

 

 

リラックスをして物事を進めることは大切だ。

 

そうなれば、

 

 

アイディが浮かびながら、前に進めれる流れが出来るだろう。

 

逆に:

 

 

ドアが閉まらなくて、ネガティブな感情が夢で起きていたら、

 

それは運気の下降を意味しているかもしれない。

 

 

やる気が低下したり、集中力が欠如して、

 

物事がうまく進んでいないようだ。

 

やる気をそがれることは、多くある。

 

立ち向かうことも大切かもしれない。

 

でも:

 

 

あなたが自分らしいと感じる道を選べば、

 

 

やる気は、

 

やる気の方から湧いてくるだろう。

トイレのドアを開ける夢は

トイレのドアを開ける夢は:

 

 

あなたが一人にしてほしい。

 

という心理状態を示している。

 

トイレとは現実でも、夢占いでも、

 

プライベートで無防備な場所の意味合いがある。

 

そこに自ら入るという事は、

 

今は、そっとしておいてほしい。

 

という心境が高まっているのかもしれない。

 

 

 

また:

 

 

トイレのドアが開かない夢、

 

トイレに入れない夢は、

 

恋人や、信頼のおける近しい人との関係が、ネガティブになっていることを示している。

 

トイレのドアが開かずに、恐怖を抱いてる場合は、

 

運気の低迷をも意味している。

 

相手と話し合いの機会を得るか、大切にしていることを伝えて見てはどうだろうか。

ドア(扉)がこじ開けられる夢とは

ドアをこじ開けられる夢とは:

 

 

あなたが今、

 

大切にしているものに対して、危険が及んでいることを示している。

 

無理矢理にこじ開けられる場合は、

 

侵入者がきて、あなたの心理的に、または物理的にも、大切にしているものに対して、危険を及ぼそうとしているようだ。

 

ところが:

 

 

こじ開けられて良い印象が夢の中であったのなら、それはあなたを救くために、侵入者がやってきたことが多い。

 

物理的なものは、取り返しが効く。

 

でも:

 

 

内面的な問題は、自分の力とコントロールが必要なものだ。

 

侵入者に入られても、恐れなければ、

 

相手の奪うものはなくなるのだ。

ふすまを開ける夢なら

ふすまを開ける夢とは:

 

あなたの、

 

プライバシーや秘密を守りたいが、守り通せどうにない。

 

という事を示している。

 

あなたは今、

 

ゆっくりと、

 

誰にも干渉されない空間や、時間を求めているのではないだろうか?

 

 

その時間は大切だ。

 

もし、それを大切にしたいなら、相手のことを意識から遠ざけることが必要かもしれない。

 

 つまり:

 

 

日常で、何も考えない時間を設けることだ。

 

 

それは:

 

実は簡単である。

 

簡易的な瞑想で、それは実現できるのだ。

 

 

プロも行う、簡易的な瞑想方法がある。

 

これは簡易的だが、瞑想やリラクゼーションの根本を成している部分である。

 

だから、

 

 

この方法だけで、あなたの日常にとらわれている精神状態は解放に向かう。

 

では方法だ:

 

 

本当に簡単で、自分の呼吸に集中する事だ。

 

息を吸う時は、「吸って・・・」と、心で唱えながら、吸い。

 

吐くときは、「吐いて・・・」と、これも心で唱えながら息を吐く。

 

このとき、呼吸している自分を意識できるだろう。

 

これを、一日、リラックスミュージックなどに身をゆだねながら行えば、

 

あなたの精神は改善と開放に向かうだろう。

開ける夢を見たあなたの波動状態とは?

 

ドアを開ける夢を見た、あなたの現在の波動状態とは、

 

望む現実を引き寄せるために、あと一歩の波動状態といえるだろう。

 

決して悪くはない波動の状態であり、

 

コンディションも悪くはない。

 

そして目の前に、あなたの望むことはすでに物理的距離感を縮めていて、

 

本当に近い場所まで来ているだろう。

 

だが、

 

 

それが今後のあなたの波動次第で、掴めるか否かが決まっていくのだ。

 

好奇心と期待感が高まりすぎると、かえって望む現実を引き寄せにくくなることが多い。

 

なぜか?

 

 

その理由とは、

 

好奇心と、期待感とは、

 

感じている本人には、かなりポジティブな感覚を味わせてくれるものだが、

 

波動は逆の波動を放っていることが多くあるからだ。

 

波動とは実を言うと、

 

あなたの認識であり、

 

認識が波動となり、それが積み重なることで、

 

やがてあなたの体験する現実を引き寄せる。

 

つまり、

 

あなたの認識の状態や内容の如何が、

 

波動になり、それと似た現実となるのだ。

 

認識とはまた、

 

あなたが「これはこうだ」とか、

 

「私はこうだ」という事実としてとらえていること、

 

事実として認めている意識で、

 

それはあなたが感じやすい感情や感覚、

 

または思考の奥にある。

 

 

そして感情や感覚、思考は、

 

認識によって生まれる産物であり、

 

現実を引き寄せる波動とはならない。

 

先程の好奇心や期待感というものは、

 

つまり、

 

あなたの波動とはなっておらず、

 

期待通りの現実が引き寄せられる可能性は、

 

かなり少ないのだ。

 

あなたの好奇心と、期待感を、

 

そのまま期待していたような現実、

 

期待していたような望む現実を体験するには、

 

あなたがこれから積み重ねる波動と認識を、

 

少し変えていく必要がある。

 

まず夢と波動の関係から話すと、

 

あなたの見た「開ける夢」は、

 

あなたの認識がすでにそうなっており、

 

(好奇心と期待感が膨れている)

 

その認識が波動となり、

 

まずはじめに夢として引き寄せて体験した、ということである。

 

私たちは物理的な生命であり、

 

物理的な身体と脳機能によって暮らしている。

 

そのため、

 

夢は夢、

 

現実は現実、

 

という区別を明確につけている。

 

時に、起きた時あまりにもリアルすぎて、

 

「本当に体験したようだ」

 

という感覚を生む夢があるが、

 

「あぁ、夢か。」

 

という処理をする。

 

ところが、

 

 

そのようなとき、波動はすでに現実を引き寄せていて、

 

あなたに体験させているのだ。

 

私たちは、夢と物理的な現実を区別していても、

 

波動には、物理的な現実と夢のような空想的な現実の区別はない。

 

波動からすれば、あなたはすでに夢と同じ認識があり、

 

夢と同じ波動を発していて、

 

それをすでに体験したことになるのだ。

 

そして、これが最も気になることだが・・・・

 

その夢や夢を見させた波動が、物理的現実になるには、

 

時間と積み重ねが必要、

 

という事だ。

 

あなたが今朝見た「開ける夢」は、好奇心と期待感が高まっていることを示しているが、

 

認識は少し異なる。

 

「開ける夢」を見るような認識は、実は以下のようなものがあることが多い。

 

それらは、

 

 

「私はまだ、望みを掴んでいない!」

 

「私はまだ、現実が変わっていない!」

 

というものだ。

 

あなたのわくわくするような好奇心と期待感とは裏腹に、

 

あなたの認識は、「まだそうなっていない」というもので、

 

認識が波動になり、それと似た現実を引き寄せるのだから、

 

「まだそうならない現実」

 

「まだ望みをつかんでいない現実」

 

「まだ達成してない現実」

 

それらを引き寄せ、体験し続けるようになる。

 

 

だから、待てど暮らせど、

 

好奇心と期待感でうきうき、わくわくしていても、

 

望んだ現実は一向に引き寄せられないことが多発するのだ。

 

あなたはこれに気が付き、

 

「すでにそうなっている」

 

という認識に変えていくことと、

 

その積み重ねで、

 

望むものを引き寄せることができるようになるだろう。

 

そしてその方法とは、二つある。

 

その二つの方法をこれよりお伝えしたい。

 

まず一つ目は、

 

本当に簡単な方法で、忘れることだ。

 

あなたはすでに認識が波動になり、

 

それを夢で体験済みだ。

 

そのため、

 

それがいつ来るか、

 

いつ叶うか、

 

どれくらいの期間が必要か、

 

などということを考えなくても、

 

波動では「すでにそうなっている」状態だ。

 

だから、

 

もういつ来るとか、いつ叶うとか、そのようなことは忘れた方がよっぽど、

 

あなたの波動は乱されることはなくなる。

 

いつだいつだと気にしている思考と感情の奥にある認識には、

 

「私はまだ手にしていない」「私はまだ叶えていない」

 

という認識があるからであり、だからこそ、

 

「まだ」かと待つ行為が生まれるものだ。

 

だから一旦忘れて、

 

すでにそうなっている波動に身をゆだねてみることをしてみよう。

 

次に二つ目は、

 

 

あなたが自分自身で、

 

あなたの望みが、あなたが満足するレベルに関わらず、

 

事実として、

 

どこまでなら確実に満たされているか?

 

というものを見つけてみる事だ。

 

これを見つけることは、あなたの望む現実を引き寄せる波動を、

 

かなり強める要素がある。

 

多くの場合、

 

100パーセント、または理想の形や、満足する形で、

 

自分の望みを手にしないと、

 

不満が生まれることが多い。

 

残念だが、

 

そのようなことはまずありえないし、

 

それは「まだそうなっていない」という認識と波動を強める結果となる。

 

実は、あなたの望みが現実化されるのに、

 

あなたの理想の形である必要や、

 

100パーセントである必要など、

 

どこにもない。

 

それよりも、

 

100パーセントではないけど、

 

10パーセントなら、すでにそうなっている。

 

という事実を認め、認識を強くする方が波動的に「すでにそうなっている」

 

という波動を強力に発している。

 

波動は物理的な量や、物理的な法則、概念はまったく無視する。

 

そのため、どれくらいあるか?どれくらいそうなっているか?ということよりも、

 

あなた自身がたとえ(物理的に見て)わずかな量でも、

 

確実に「これだけは、すでにそうなっている」

 

という確信できる認識のほうが、望む現実を引き寄せる波動になり、

 

それを引き寄せる力も強力になっていく。

 

 

上記した二つの方法のどちらかを行ってもよいが、

 

二つ目の方法は、

 

あなたが人生で悩んだとき、

 

道に迷ったとき、

 

先が真っ暗で、希望さえ失ったとき、

 

あなたと、あなたの進みたい道を、

 

柔らかく照らす月明かりのような役割を、

 

果たすことだろう。

 

そしてこの二つ目の方法が、あなたの習慣になり始めた時、

 

あなたの夢は、

 

すでに、

 

そこにあるはずだ・・・・