【夢占い】いじめの夢の意味&引き寄せる現実と波動を診断

【完全無料】夢占い!ここでは、あなたが見た【いじめの夢】の意味を分析し、あなたの現実を引き寄せる波動を【無料】で診断している。これは、ここにしかない全く新しい夢診断&夢辞典である。

いじめの夢の意味とは

いじめの夢の意味とは、あなたの、今の人間関係を表している。

 

いじめをする夢も、いじめられる夢も、人間関係の不和とストレスが増加している時に見やすい夢である。

 

このときのあなたの波動は、非常に、他人対して攻撃的だ。

 

過去のいじめのトラウマで夢を見ることも多いが、いじめの内容で、夢占いでは様々な内容に分かれていく。

 

まず、シカトや無視などの内容は、真実から逃れようとする心理の表れだと、夢占いでは解釈している。

 

孤立を生じ、人間関係から離れていく、あるいは離れ始めているという意味合いが強い。

 

あなたのいじめの夢はどのような内容だろうか?

 

以下に全て説明してあるので、よく読んでいただきたい。

 

また、ここに記載がなくても、関連した夢は比較的、近い将来に見やすい。

 

そのために、準備しておくとすぐに判断がつくので良いだろう。

いじめを助ける夢の意味とは

いじめを助ける夢の意味とは、あなたが今の環境や、状況から抜け出したい!と、強く思っている。ということを暗示している夢だ。

 

あなたは現在、人間関係にかなりのストレスを感じてはいないだろうか?

 

そのような場合に見やすい夢の一つである。

 

 

人間関係の問題は非常に難解だ。

 

これを解決した人は、歴史上いない。

 

 

つまり、あなたが人間関係を悩むことは、答えのない問題に取り掛かるようなもので、かなりの時間のロスになるだろう。

 

 

では、どうするか?

 

 

人と比較をすることをやめるのだ。

 

人間関係の問題や、トラブルは、相手と自分がいて成り立つものだ。

 

あなたの心の中では、相手がいて、自分を判断している部分が多くないだろうか?

 

一度、相手は相手。と、割り切ってみよう。

 

意外と、問題はなくなっていくものだ。

 

子供がいじめられる夢

夢占いで子供は、あなたの分身を意味している。

 

つまり子供がいじめられる夢とは、あなた自身が、いじめられていることを暗示している夢だ。

 

いじめられている時に、どのような判断や行動をしたらよいかが分からない。

 

なぜ自分はいじめられているのか?

 

その理由さえよくわからない。

 

じつは、いじめている相手も良く分かっていない。

 

なぜあなたをいじめているのか、「やめて」と言っているのになぜやめないのか、なぜどんどんエスカレートしていくのか、それらの理由は、相手もわかっていないのだ。

 

相手はただ、あなたのリアクションが面白く、それを何度も見たい。という切り口がほとんどである。

 

「あいついじめたら楽しいから、やろうぜ!」

 

なんていう感じがほとんどである。

 

 

だから、あなたは、無視することだ。

 

あなたは、被害者ではない。

 

被害者のふりをすれば、するほど・・・

 

余計に相手に力と楽しみと、喜びを与えてしまう。

 

ほんの少しだけ強くなろう。

 

ほんの少しでいいんだ。

 

辛いように見えても、誰が見てもあなたが被害を受けている。

 

そう思われても、あなたは被害者ではないのだから。

 

無視しよう。

 

あなたの楽しいことを考えよう。

いじめられて泣く夢

いじめられて泣く夢の意味とは、あなたがすでに相手にされたことで、傷ついている。

 

ということを暗示している夢だ。

 

あなたは人間関係に問題や不安、悩みを抱えており、すでにショックを受けている状態のようだ。

 

泣くという事は、悲しみやさみしさ、傷ついている感情を表に出す行為だ。あなたには心のケアが必要な段階である。

 

でも、それは簡単だ。

 

人は一日中思考している生き物だ。

 

思考なしでは時間を過ごしていないほど、あなたの頭、脳は思考している。

 

この思考を止めることで、多くのストレスから解放されることが可能だ。

 

 

その方法としてプロも行う、簡易的な瞑想方法がある。

 

これは簡易的だが、瞑想やリラクゼーションの根本を成している部分である。

 

だから、この方法だけで、あなたの日常にとらわれている精神状態は解放に向かう。

 

では方法だ。

 

本当に簡単で、自分の呼吸に集中する事だ。

 

息を吸う時は、「吸って・・・」と、心で唱えながら、吸い。

 

吐くときは、「吐いて・・・」と、これも心で唱えながら息を吐く。

 

このとき、呼吸している自分を意識できるだろう。

 

これを、一日、リラックスミュージックなどに身をゆだねながら行えば、あなたの精神は改善と開放に向かうだろう。

 

いじめを見る夢の意味

誰かがいじめられていて、それを見ている夢は、あなたがいじめられているのと同じ。という意味の夢になる。

 

 

上述した子供がいじめられる夢と同じような内容になるが、少し違うのは、あなたが周囲から理解されていない。

 

あるいは、理解を得たいと強く渇望している所だろう。

 

他人からの理解を求める気持ちは、あなただけではない。

 

でも他人から理解されるのは非常に困難な方法ばかりだ。

 

なぜか?

 

 

人は、自分の事しか考えていないからだ。

 

これは脳がそのように思考しているのであって、その人の人間性が低いとか、悪いとかという次元の問題ではない。

 

結局は、自己防衛本能が勝っている。

 

それが私たち人間である。

 

では、どうするかと言えば、そのままにさせてあげる。

 

というスタンスでいることだ。

 

詳しく言うと。あなたの事を文句やいちゃもんを付けたり、嫌いだったりしても、相手を無理矢理に動かさないことだ。

 

そのような人には、あなたを嫌いなままにさせてあげよう。

 

文句を言いたいように言わせてあげよう。

 

そういうスタンスになることで、あなたの波動は変わり、引き寄せてくるポイントが変わりはじめる。

 

まずは1分から。

 

そのようなスタンスで心を持っていくだけでいいだろう。

 

意地悪される、いじめられる夢の意味

意地悪やいじめをあなたがされる夢とは、あなたの人間関係が、非常に悪化している。ということを暗示している夢だ。

 

だが、意地悪されて、あなたが何も感じていない夢の場合は、人間関係に信頼が育くまれることを暗示している夢だ。

 

あまり期待もしていなかった人から、援助や助けをもらったり、頼りにされて、リーダーになったり・・・と、色々な意味で好転することだろう。

 

 

 

もう一方は、現実世界でも人間関係が悪化し、攻撃されている。ということを暗示している夢だ。

 

あなたが嫌だ!と夢の中で抵抗すればするほど、相手の存在を大きくしてしまう。

 

相手を意識することは、あなたがいじめられる、意地悪されやすい波動を強めることになる。

 

意識を自分や、自分の好きな事にすぐにそらしてみよう。

 

それだけで、以外に避けれることは多くある。

いじめから助けられる夢の意味

いじめから助けられる夢の意味とは、例え反感を買っても、大事には至らない。ということを暗示している夢だ。

 

でも調子に乗って、人を小ばかにはしないように気を付けよう。

 

また、嬉しい感情が高い場合は、他力本願、自分で努力を怠っている。という意味合いの夢になってくる。

 

自分の力よりも、誰かの力に依存する人生は、あまりお勧めしない。

 

あなたには、しっかりとした精神力があるのだ。

 

 

それを開花させるように努めていこう。

 

友達や知り合いにいじめられる夢の意味

友達や知り合いにいじめられる夢とは、あなたとその人がこれから仲良くなる。ということを暗示している夢だ。

 

 

言い換えれば、仲良くなれたのに、ただタイミングなどがお互い合わなかっただけ。といえるだろう。

 

お互いの積極性がなかっただけの問題かもしれない。

 

意外と悪い夢ではないので、安心していただきたい。

友達にハブられる、仲間外れにされる夢とは

あなたが友達にハブられたり、仲間外れにされる夢とは、意外にも、現在の人間関係が充実していることを意味している。

 

人間関係は充実しながらも、もっと良くしたい。

 

もっと相手を知りたい。

 

という欲求が高まっているようだ。

 

現状、いたってトラブルも少なく、人間関係も良好なのだが、それが心に余裕を持たせているのか、さらなる高みを目指したいようだ。

 

 

でも欲求が強くなりすぎると、相手にへの不満や、孤独を生む恐れがある。

 

今あること、今実現していることに、満足していれば、あなたの波動は、満足と満たされている波動を発するようになる。

 

 

その波動が、あなたの交友関係や人間関係をより豊かにしてくれる。

 

いじめの夢を見た、あなたの波動状態

 

いじめの夢を見たあなたの波動状態とは、あなたにとって望まない現実を引き寄せやすい、そんな波動状態と言える。

 

なぜか?

 

 

あなたはかなりの恐怖心を、すでに募らせていて、その原因は人間関係によるものであることが多いようだ。

 

あなたが人間関係をきっかけに、かなりのストレスや、思い通りにいかないこと、恐れ、不安など、その認識を積み重ねて、それが「いじめの夢」という引き寄せを起こした。と言える。

 

 

あなたの認識は波動になり、現実を引き寄せる力になる。

 

それは物理的な現実だけでなく、夢も同じことが言える。

 

波動からすれば、物理的なものと、夢という空想的なものの違いは、全くない。

 

どちらも波動の創造物であり、現実なのだ。

 

私たちは物理的な現実だけを、リアルだと実感する。

 

ところがどちらも実在する現実であり、それは同じ波動が毎日繰り返されたり、強力になればやがて、私たちがリアルだと実感する、物理的現実になるのだ。

 

 

あなたがいじめの夢を見たことは、あなたの日常での体験が認識になり、それはストレス、恐れ、不安となっている。

 

あなたの認識は特に、「私は今、思い通りの人生じゃない!」という認識を募らせていて、引き寄せる現実も、思い通りにならない現実、思い通りではないと、感じざるを得ない現実、そのようなものが多くなる。

 

ところが、上述したように、あなたの人生は物理的ではなく、波動的で、それは日頃積み重ねた認識が反映したものだ。

 

あなたの人生を変えるには、日頃の認識が、自分を満たしたものであるか、思い通りの人生ではないという不足したものであるか、その認識の選択と、積み重ねだけなのだ。

 

波動は、時間の概念がなく、今という瞬間しかない。

 

つまり、あなたが認識を選択するチャンスとは、今なのだ。

 

今であり、次の今であり、その繰り返しである。

 

波動は不思議な概念を持っているように感じるが、要約すると、あなたにこんなことを教えたいのだ。

 

それこそ・・・・

 

 

「あなたは今のあなた、それだけで、

 

 人生を十分に、かつ最も楽しめる。」

 

と。

 

そして波動の法則はさらに教えてくれる。

 

「あなたは、認識の積み重ねだけで、良くも悪くもできる。

 

 あなたの人生は、あなただけが舵取りができる」ということだ。

 

あなたが今、自分を満たす認識を選択をするか、そうではない認識を続けるか、これは次のあなたに、直接関係している。

 

なぜか?

 

 

私たちの物理的な人生を、別の言い方をすれば、今という瞬間の積み重ね、それだけが、物理的な人生となるだけだから。と言えるだろう。

 

あなたの今は、認識を変えても、急に周囲の環境まで変わることはないかもしれない。

 

しかし、その繰り返しが、認識と波動を強化させ、そうならざるを得なくさせる、それが波動の法則である。

 

あなたの人生は、今という連続が決め、今、あなたが自分を満たすことの繰り返しだ。

 

 

あなたは自分を見て、こう話かけて見てほしい。

 

 

「私は今のままで、十分だ。」

 

「私は今のままの私で、全てを楽しめる存在だ。」

 

「私は今のままの私で、満たされている」

 

これを繰り返した時、あなたが今までよりも安心感を感じたり、ホッとすることができたら、自分を肯定した認識を持てた証拠である。

 

この肯定の認識が、波動を肯定にし、その波動は、肯定的な現実だけしか、引き寄せることはできない。

 

あなたの今、今のあなた、それだけで、すでに十分なのだ。